ゴミ屋敷の片付け費用ってどれくらい?費用を抑える4つの方法も解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ゴミ屋敷の片付け費用ってどれくらい?費用を抑える4つの方法も解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ゴミ屋敷の片付け費用ってどれくらい?費用を抑える4つの方法も解説!

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
ゴミ屋敷掃除がTV番組で紹介されました!!
ゴミ屋敷掃除がTV番組で紹介されました!!

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ゴミ屋敷の片付け費用ってどれくらい?費用を抑える4つの方法も解説!

ゴミが溢れかえってしまっている状態の家を『ゴミ屋敷』と呼びます。

ゴミは放置すると大量の害虫を呼び寄せてしまったり、火災を招いたりしてしまいます。

もし自分の家や実家、親戚の家がゴミ屋敷になってしまっているのであれば、一刻も早く対処すべきでしょう。しかし……

「ゴミ屋敷の片付け費用ってどれくらい?」
「見積もりを出してもらったけどなんでこんなに掛かるの?」
「業者に頼むとしてもどうにかして費用を抑えられない?」

こういった費用面の不安や悩み、疑問から、今一歩片付けに踏み込めない方もいるかと思います。

この記事では、そんな謎の多いゴミ屋敷の費用について詳しく解説!ゴミ屋敷の片付け費用の目安や内訳、費用を抑える方法をご紹介しております。

費用面の不安が解消できれば、業者への片付け依頼もしやすくなるはず。ぜひこの記事をご参考くださいね!

ゴミ屋敷の片付け費用の目安

ゴミ屋敷と一括りにしてもそのレベルはさまざまです。まずは自分の家や実家がどんな状態のゴミ屋敷なのかしっかり把握しましょう。

レベル1:部屋の床にゴミが少し散らかっている
レベル2:部屋から玄関までゴミが散乱している
レベル3:部屋の天井までゴミが積み重なっている
レベル4:部屋から溢れ出たゴミが敷地外に飛び出している

レベル2以上はゴミ屋敷の傾向があると言えますね。

そんなゴミ屋敷の片付け費用はゴミの総量によって変動します。当然ゴミの量が多ければ多いほど、費用が掛かります。そのほか、片付ける部屋の数・広さも考慮する必要があります。

この2点をまずは覚えておきましょう。

【費用の目安】

~1K
12,000円~17,000円
1K~1DK
30,000円~35,000円
1DK~1LDK
50,000円~55,000円
2LDK~3DK
100,000円~

費用の目安は、1K~1DKの広さの部屋であれば1トントラックに収まるゴミの量だと想定できるので、約30,000円~35,000円と導き出せます。

ただし、必ずしも業者が掲載している料金表の通りになるわけではありません。ゴミの量や間取りなどは状況によってさまざまだからです。あくまでこの費用は目安と考えておきましょう!

ゴミ屋敷の片付けに掛かる費用の内訳

ゴミ屋敷の片付けに掛かる総額費用の中には、人件費・車両費・処分費・オプション費 などが含まれます。

一体これらは何なのか、ゴミ屋敷の片付けに掛かる費用の内訳もご説明していきます。

人件費

ゴミ屋敷の片付けには人手が必要です。業者が作業をおこなう場合は、ゴミの総量にもよりますが約1人~5人の作業員が対応にあたります。

当然人が作業をおこなう以上、人件費の発生は避けられません。この人件費は作業員の人数分発生します。

さらに、片付けをしている時間や回収したゴミを処分する時間なども考慮されます。片付けに掛かった時間にもよりますが、人件費はおおよそ1日10,000円~発生します。

ゴミ屋敷の片付けを依頼する際は、どれくらい時間が掛かるのか、何人作業員が必要なのか、こういったポイントも確認しておきましょう。

車両費

ゴミ屋敷から回収したゴミはトラックに積み込まれます。このトラックを処分場に持って行くにあたって発生する、ガソリン代や高速道路代、駐車場代などは車両費として依頼者に請求されます

ゴミを積み込むトラックの台数が増えれば、ガソリン代や高速道路代も倍になります。

もちろん、依頼予定の業者が家の近くある場合や家に駐車場がある場合は、車両代は少なくなるでしょう。工夫次第で車両費は抑えられるものです。

処分費

回収したゴミの処分費は依頼者持ちとなります。当たり前ですが、ゴミの量が多くなるほど処分費は高くなります

また、一般廃棄物処理業の許可を受けていない業者にゴミ屋敷の片付けを依頼する場合、ゴミの処分は処理業の許可を受けている別業者に委託されるため処分費が若干高くなる傾向にあります。

ゴミ屋敷の片付けを依頼する業者がすでに決まっている、もしくはこれから業者を選ばれる方は、業者が一般廃棄物処理業の許可を受けているか確認しておくべきでしょう。

費用を気にされている方は必ずチェックしておきたいポイントです

オプション費

ゴミ屋敷の片付けと一緒に清掃や部屋の消臭・脱臭作業、害虫駆除、収納整理などの依頼を検討されている方もいらっしゃると思います。

これらはオプション費用として追加料金扱いされることがあります。

オプションを付ければ付けるほど料金は高くなります。オプションを追加する場合は、本当に必要か一度しっかり考えましょうね

【注意点】ゴミ屋敷の片付け費用はゴミの総量に左右される

人件費とかオプションとか色々あるけど、結局のところ費用は何で決まるんだっけ?

このように少し混乱してしまった方もいらっしゃるかもしれませんね。

あらためておさらいするとゴミ屋敷の片付け費用を決める最大のポイントは「ゴミの総量」です。人件費や車両費などはゴミの総量に左右されます。

ゴミの量が多いほど費用は高くなると覚えておきましょう。

なおゴミの総量はゴミ屋敷によって異なるので、具体的な金額をネットの情報だけを参考にして出すことは難しいです。

よって、具体的な金額を知りたいのであれば、まずは業者に一度見積もりをお願いしてみましょう。無料で見積もりを出してくれる業者があるので、そういったところに頼むとよいですよ。

ゴミ屋敷の片付け費用を抑える4つの方法

「できる限り業者に支払うゴミ屋敷の片付け費用を抑えたい……!」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

ここからはゴミ屋敷の片付け費用を抑える方法を4つご紹介します。

少しの一手間で費用は抑えられるので、ぜひ取り入れていきましょう。

①できるだけ自分で処分しておく

ゴミ屋敷の片付け費用はゴミが多いほど高くなります。ということは、業者に依頼するまでの間にできる限りゴミを減らせば費用は安くなります

空のペットボトルや弁当箱、チラシ、着ていない衣類など、片付けられそうな物から処分しましょう。小さな物は自力で処分して、タンスやベッドなどの大きな物は業者に処分してもらうようにすると片付けもスムーズです。

とはいえ、そもそも片付けが苦手な人もいらっしゃるでしょう。そういった方は友人や知人、家族に手伝いを頼んでみるのも手です。1人で抱え過ぎて無理はしないでくださいね。

②土日祝日・引っ越し時期・年末年始を避ける

もし日程に融通が利くようであれば5月~11月の平日に依頼するようにしましょう

土日祝日や引っ越しが多くなる3月、年末年始などは、業者への依頼が集中して料金が割り増しになることがあるからです。

少しでも費用を抑えたいのであれば、上記のような混雑する日を避けましょう。ちょっとしたことですが、これを意識するだけで費用をグッと抑えられる可能性がありますよ。

③複数の業者に見積もりを依頼する

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する際は、複数の業者に見積もりを出してもらいましょう

一社のみの見積もりだと提示された費用が高いのか、安いのか判断が難しいです。複数の業者に見積もりを出してもらえば、費用感を掴むことができます。

さらに「他社より高いようであれば教えてください」と打ち出している業者は少なくありません。複数の業者に見積もりを出してもらえば、各業者に費用の交渉ができるようになります。

交渉次第で片付け費用は抑えられる可能性があります。ぜひ臆せず費用の交渉を持ち掛けてみましょう。

④ゴミ屋敷現場の近くにある業者に依頼する

ゴミ屋敷の片付け費用の内訳には「車両費」が含まれる場合があるとお伝えしました。

この車両費はガソリン代や高速道路代などが挙げられます。当然、お願いする業者の拠点から、ゴミ屋敷現場までの距離が遠いほど車両費は高くなってしまいます

よって費用を少しでも抑えたいのであればゴミ屋敷現場に近い業者に依頼すべきでしょう。まずは「エリア名+ゴミ屋敷片付け」で検索をかけて近隣にある業者を調べてみてくださいね。

まずは業者に無料見積りをお願いしておおよその費用を把握しよう

ゴミ屋敷の片付け費用はゴミの総量に左右されます。ゴミの量がどれくらいあるかによって、人件費や車両費、処分費などは変動します

ゴミが少なければ費用は安くなりますし、逆にゴミが多ければ費用は高くなります。

実際に片付けようと考えているゴミ屋敷のゴミの総量はどれくらいなのか、まずは軽く確認してみましょう。

なお、ゴミ屋敷の片付けに掛かる費用を安くする方法もあります。

依頼日までにできるだけゴミを減らしておく、土日祝日・引っ越し時期、年末年始を避ける、複数業者に見積もりを出してもらって費用の交渉を持ち掛けるなど。

これらのポイントを意識するだけで グッと費用が安くなるかもしれませんよ

もちろん「お助け屋」でもゴミ屋敷の片付けを承っています。

お助け屋の魅力

・ゴミ屋敷の片付けスペシャリストが対応
・お見積りやご相談は何度でも無料
・他社より1円でも高い場合はご相談可能
・片付けと共に消臭・脱臭作業も可能

ゴミ屋敷の片付けをご検討されている方は、ぜひお助け屋にご連絡ください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
現場ビフォーアフター公開
現場ビフォーアフター公開

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事