実家がゴミ屋敷化した時の対処法を解説!片付け方から親の説得法まで | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

実家がゴミ屋敷化した時の対処法を解説!片付け方から親の説得法まで | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

実家がゴミ屋敷化した時の対処法を解説!片付け方から親の説得法まで

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
ゴミ屋敷掃除がTV番組で紹介されました!!
ゴミ屋敷掃除がTV番組で紹介されました!!

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
実家がゴミ屋敷化した時の対処法を解説!片付け方から親の説得法まで

「実家がゴミ屋敷になってしまったけど、どうすれば良いかわからない」

この記事では、そんなお悩みを抱えている方のための情報をまとめています。

実家のゴミ屋敷をきれいにするのは想像以上に至難の業。

こんな問題を解決しませんか?

・親に掃除するように言っても聞いてくれない
・親が高齢のため自力でゴミ屋敷の片付けができない
・実家が遠方なので片付けに通えない
・親が亡くなる前に実家をきれいにしておきたい

上記で挙げたような実家のゴミ屋敷問題を解決したい方は、ぜひ自分たちだけで抱え込まずに、この記事を参考にして状況を改善していきましょう。

まずは実家のゴミ屋敷問題の全体像や考えられる対処方法を把握してから、実際にどうしていくか決めていきましょう

そもそも実家がゴミ屋敷になる理由って?

「自分が実家に住んでいたときはゴミ屋敷とは無縁だったのに、別居してからすごいことになっていた……」というケースは珍しくありません。

親の高齢化や生活環境の変化によって、実家が徐々にゴミ屋敷になってしまう事態はわりとよくあるのです。

実家がゴミ屋敷になってしまう原因は主に以下の3つが考えられます。

認知症やセルフ・ネグレクトの症状が出てしまっているから

高齢化が進むと、それまでできていた当たり前のことができなくなる疾患を発症する可能性があります。

「認知症」や「セルフ・ネグレクト」はその最たる例。

【認知症】
認知機能の障害により、日常生活や社会生活が困難になる状態です。
記憶障害や失認・物事への無関心・遂行機能の障害といった症状が出ると、家をきれいに保つことが難しくなります。

【セルフ・ネグレクト(自己放任)】
充実した生活を送ろうとする意欲が低下し、生活に必要なゴミの分別や物の整理などの作業ができなくなってしまいます。
特に孤独な環境に陥りやすい一人暮らしの高齢者に見受けられます。

こういった疾患は徐々に症状が現れるため、別居していると気づきにくいものです。

そのため、気づかぬうちに症状が進行して実家がゴミ屋敷となってしまうケースが後を絶ちません。

物を捨てられなくなる「ためこみ症」だから

ためこみ症は所有物を捨てることができなくなる疾患で、傾向としては女性に多いと言われています。

月日を追うごとに症状が進行し、高齢になってから重くなる例が目立つようです。

ためこみ症の人は、他人から見れば「ゴミ」としか思えないような物も宝物のように収集してしまうので、自然と家が物に溢れてゴミ屋敷になりがち。

また、昔からの価値観による「まだ使える物を捨てるのはもったいない」が積み重なり、いつしか家が物で溢れてしまったなんてケースもあります。

体調や生活環境の変化で片付け・掃除ができなくなってしまったから

高齢化による体力・判断力の低下で掃除やゴミの分別が億劫になった結果、だんだんと家がゴミ屋敷になってしまうパターンです。

配偶者との死別や家族との別居により家事能力がない親だけが残されてしまって、実家がゴミ屋敷化してしまうケースも。

このように体調や生活環境が変わったことをきっかけにゴミ屋敷が生まれる場合も珍しくありません

実家のゴミ屋敷を再発させない方法

実家のゴミ屋敷化問題は、生活環境の変化、高齢化、疾患といった理由が絡んできます。

根本的な問題を解決しない限り、片付けてもしばらくすると同じサイクルを繰り返してしまい、ゴミ屋敷に逆戻りする可能性が高いです。

そのため、ゴミ屋敷の再発を防ぐためには掃除をした後のフォローも大切
できる限りこまめに実家を訪れたり、電話で連絡を取り合ったりして、ゴミ屋敷が再発しないようにサポートしてあげましょう。

実家のゴミ屋敷を放置しておくと出てくる問題点

実家のゴミ屋敷は「遠くて掃除しに行けないから」「面倒だから」と放置しておくと、以下のようなさらに厄介な問題に発展するケースもあります。

場合によっては親族全体にも影響が及ぶ可能性があり、「家が汚い」以上に深刻な問題も絡んでくるので、見て見ぬフリをするのは得策とは言えません

近所や行政から苦情が来る

「ゴミが路上にまで溢れていて景観が悪い」「害虫や臭いの被害が隣の家にまで及んでいる」などの近隣に実害が出ている場合、遅かれ早かれクレームが来るでしょう。

そこから住民同士のトラブルに発展したり、大家さんから立ち退きを要求されたりといった事態に発展する恐れがあります

また、「ゴミの強制撤去」に関する条例を出している自治体の場合、条例に違反すると行政による指導が入ったり、ゴミの強制撤去が行われたりすることもあるようです。
指導に従わない際には氏名の公表がある自治体もあり、放置のリスクは高いと言えるでしょう。

人間関係が悪化して孤立しやすくなる

ゴミ屋敷は近隣にも実害が出るケースが多いことから、ご近所との人間関係が悪化しがち。

ゴミ屋敷がきっかけで近所から孤立してしまえば、親本人の精神面にも影響が出ますし、認知症を発症しやすくなったり症状の進行が早まったりする恐れも

メンタルケアや介護が必要となると、親族への負担はゴミ屋敷の片付けの比ではなくなってしまうでしょう。

火災や災害の被害を受けやすくなる

ゴミが所狭しと積まれているような家は、火災が起きやすくなります。

物に引火すればあっという間に物から物へと燃え移りますし、屋外に放置されているゴミは放火のターゲットにされてしまうリスクが大

また、地震や台風をはじめとする自然災害時に落ちてきた物でケガをしたり、避難が遅れてしまったりといった危険性も出てきます。

健康を損なう可能性が高くなる

生ゴミを放置していると害虫・害獣、異臭、カビなどが発生し、健康被害に発展する恐れもあります。

最悪の場合、害虫を介した感染症にかかるリスクもゼロではありません。

また、単純に物が多いと、床の物につまずいて転倒したり、倒れてきた物の下敷きになったりしてケガを負ってしまうケースも。

当たり所が悪い場合は寝たきりになってしまう事態もあるので、高齢者がゴミ屋敷で生活する危険性はかなり高いと言えます。

実家のゴミ屋敷の対処法

実家のゴミ屋敷を放置すると、多方面で問題が出てくることがおわかりいただけたと思います。

実家のゴミ屋敷は発覚した時点で可能な限り早く対処するべきです。

まずは親と話し合って説得をする

実家のゴミ屋敷を片付ける際は、自分の家よりも考えるべき点が多いです。

まずは住民である親の考えをヒアリングして、できるだけもめないようにゴミ屋敷を片付ける方向で話し合いましょう

実家のゴミ屋敷の掃除をするように説得するコツ

・このままではリスクが大きいことを伝えて「親が心配」である点を強調する
・なぜ物を捨てられないのかそれとなく理由を聞いて対策を考える
・親の気持ちに配慮して、ある程度は譲歩・妥協をする

コツはできるだけ親の意向を尊重してあげることです。

親を責めるような言い方をしてしまったり、勝手に物を全て処分してしまったりといった強引なやり方は親子関係を悪化させてしまいます。

親の説得をよりスムーズにするために

「なんでこんなに片付けられないの?」「こんな物、絶対使わないでしょ」「いらない物しかないよね」と親自身や物を否定する言動は絶対に避けましょう。

「どれは残しておきたい?」「今使う分だけ残そうか」「とりあえずすぐに使わない物は整理しようか」と親の意思を尊重するそぶりを見せるのが吉です。

物を整理する際は、「部屋の一部分にいつもの空間を残しておく」という配慮をすると、安心感が生まれます

親の説得ができたら、以下の3つの選択肢から対処方法を検討しましょう。

①軽度なレベルのゴミ屋敷なら「自力」で片付けることも可能

ゴミ屋敷は条件次第ではあるものの、自力での片付けも可能です。

他人に頼まずに処理したい場合、以下の条件に当てはまっていれば自力で片付ける方法を視野に入れても良いでしょう。

自力でゴミ屋敷を片付けられる基準

・家の間取りが3LDK以内
・水道や電気が使える環境
・人が住める環境

しかし、「人手や時間を確保できない」「ゴミの量が多すぎる・家が広すぎて片付けが困難」といった場合、自力での片付けは難しいと言っても過言ではありません。

【ゴミ屋敷を自力で片付ける方法はこちらの記事をチェック!】
ゴミ屋敷の片付けは自力でできる?掃除のコツから業者に頼むべき基準まで解説

②こだわりがないなら「行政」に頼る手もある

「親が高齢でゴミの撤去ができない」「子供世代の手伝いも難しい」際は、行政の支援に頼るのも手です。

自治体によって対応が異なりますが、ひとまず役所の福祉関係の窓口に相談してみましょう

自治体によってはアフターフォロー・ケアをしてくれるところもあります。

とは言え、行政は「不用品の分別に時間をかけたい」「不用品は廃棄ではなくできれば売りたい」「ハウスクリーニングもしてもらいたい」といった要望には対応してくれません。

細かい要望がある場合は、多少お金がかかっても希望を全て叶えてくれる業者を探して頼むべきでしょう。

③手間をかけずに希望通りにきれいにするなら「ゴミ屋敷の片付け業者」を頼る

「不用品の処分方法にこだわりがある」「ハウスクリーニングや生前整理も頼みたい」「できるだけ安い業者を厳選したい」など、実家のゴミ屋敷の対処に何かしらの希望がある方は、業者を探しましょう。

おすすめはゴミ屋敷の片付けから不用品回収・買取、掃除までトータルで請け負っている業者です。

一括で請け負ってくれる業者であれば、各方面にいちいち依頼をしたり交渉をしたりする必要はありません

結果的にコストも安く抑えることができる可能性が高いです。

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

実家のゴミ屋敷を片付ける際は業者に頼むのが良い理由

実家のゴミ屋敷を楽に早く解決するのであれば、専門の業者に頼んでしまう方法をおすすめします。

その理由は以下です。

第三者視点でサクサクと片付けが進む

物を捨てるという行為は、物に思い入れがあるほど難しくなります。

「本当に捨ててもいいのか」と必要以上に悩んでしまうため、なかなか捗りません。

時間を短縮するなら、 第三者のクリーンな視点で、効率良くいる物といらない物を選別してもらいましょう

「まだ使える物や売れそうな物以外は全部捨ててもらうようお願いする」こともできるので、不用品の選別に難航しそうならぜひ業者を頼ってください。

もちろん、本当に大事な物はとっておくべきです。捨てずに絶対にとっておきたい物はあらかじめリストアップしておくとスムーズでしょう。

短時間で終わるので実家に親が住んでいる場合も生活に支障が出ない

ゴミ屋敷の掃除は自力でやろうとすると作業に何日もかかってしまいます。

目安として「3DKまでの間取りで水と電気が使える家」なら、数日を費やせば自力での片付けも不可能ではありません。しかし、想像以上に大変な作業になります。

さらに、現在も親が住んでいる家だと、数日にわたる大掛かりな作業は日常生活に支障が出かねません

ゴミ屋敷の片付けOKな業者に頼めば、こういった問題は解消できます。

片付けのプロを何人も手配できるので、数時間で作業を終わらせることも可能だからです。

ハウスクリーニングを頼めば掃除の手間も省ける

前述の通り、生ゴミを長年放置していた家は害虫や悪臭、カビなどが発生しています。

そのままでは健康的な生活をするのは難しい環境なため、実家に今後も住み続けるのであれば清掃作業も必須です。

しかし、頑固な汚れや強い悪臭は通常の掃除ではなかなか落ちず、特殊な道具や知識が必要となることもあります

何より手間がかかるので、こちらも業者に任せて一気にきれいにしてしまった方が良いでしょう。

不用品回収・買取、遺品整理なども一緒に頼める

不用品の分別や廃棄、買取依頼を全て自力で行う労力はかなりのもの。

ゴミ屋敷の掃除から不用品の処分・買取までトータルに頼める業者を呼べば、一回の連絡で全て任せられます

また、実家を片付けるついでに「遺品整理もしたい」「今のうちから生前整理までしておきたい」といった希望を叶えられる業者もあります。

何度も違う業者を検討したりやりとりをしたりする手間を省いて、一気に実家を片付けてしまいましょう

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

実家のゴミ屋敷は業者に頼んでしまうのが圧倒的に楽です

実家のゴミ屋敷は「子供世代が遠方に住んでいて片付けの対応ができない」といった点を含め、さまざまな問題が出てきます。

自分の家がゴミ屋敷化になってしまった場合よりも片付け作業やアフターケアが難しいので、無理に自分たちだけで解決しようとする必要はありません。

業者に頼めることは頼んでしまって、実家のゴミ屋敷問題を速やかに解決しましょう

『お助け屋』はゴミ屋敷の片付けから不用品回収・買取、遺品整理まで対応OK!

ゴミ屋敷の対応のプロだから、高齢者のお宅での作業ノウハウ・経験も豊富。

無料で見積り・ご相談いただけますので、話だけ聞いてみたいという場合も大歓迎です。
ぜひ一度お問い合わせくださいね。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
現場ビフォーアフター公開
現場ビフォーアフター公開

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事