ドアの処分方法は難しい?処分の費用や注意点を徹底解説してみた | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ドアの処分方法は難しい?処分の費用や注意点を徹底解説してみた | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ドアの処分方法は難しい?処分の費用や注意点を徹底解説してみた

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ドアの処分方法は難しい?処分の費用や注意点を徹底解説してみた

引越しをすることになった、部屋をDIYしたいと思った時に、家具だけでなくドアも処分しなければなりません。

家具や家電と違い、「ドアの処分については考えたことがない」という人も多いと思います。

結論として、ドアは基本的に、粗大ゴミとして処分することが可能です。

小さく解体すれば燃えるゴミとしてだせたり、専門の業者に依頼すれば回収や買取も行ってくれたりと、家具や家電と同じような処分の取り扱いとなります。

  • ドアの処分方法はむずかしいのか
  • ドア処分にかかる不要はどれくらいか
  • ドア処分をする際の注意点

など、今回の記事ではドア処分の気になる実態についてまとめてみました。

処分費用については自治体や業者ごとになりますので、あくまで目安としてご覧ください。

ドアの処分方法は難しい?処分方法4つを解説

ドアの処分方法は素材により異なりますが、大きく分けると下記の4つに分かれます。

  • 家庭ごみの燃えるゴミとして出す
  • 自治体の粗大ゴミとして出す
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 専門の買取業者に依頼する

玄関ドアだけでなく、雨戸や網戸、アルミサッシ、ふすまなども、ドア処分と同じ方法で処分ができます。

特殊な形の折り戸(アコーディオンカーテン)や引き戸なども同様です。

ルールさえ把握していれば、どんな形のドアも処分は簡単であり、難しいことは一切ありません。

では、代表的な4つのドア処分方法別に、方法を詳しく解説していきます。

①家庭ごみの燃えるゴミとして出す場合

木製のドアは、小さく解体すれば燃えるゴミとして処分することができます。

木製の場合でも、家庭ごみとして出すことのできる大きさの範囲外のものは粗大ゴミとなります。

また、取手や金具部分については燃えないゴミの分類になるので注意が必要です。

自治体指定のゴミ袋(有料)に入れて、指定の日に出すことで処分ができるので、大きなコストがかからないことが最大のメリットです。

規定は自治体により多少異なりますが、一般的に縦・横・高さがそれぞれ30cm以内に収まっていれば、燃えるゴミで出すことができます。

ただし、1辺でも規定を超えていると、収集してもらえない可能性があるので注意しましょう。

燃えるゴミとして出すときは、解体後の木材の断面で袋が破れたり、収集する人が怪我をしないように、ガムテープ等で切断面を保護するといった配慮が必要です。

あまりにも量が多くなる場合は、収集する方だけでなく、同じゴミ捨て場を利用する地域の方にも迷惑になるので、別日に収集に出すか、粗大ゴミとしての破棄を検討しましょう。

おすすめの人

・できるだけコストを抑えたい人
・ドアを小さく解体でき、比較的出るゴミの量が少ない場合

②自治体の粗大ゴミとして出す場合

木製以外のドアは、基本的に粗大ゴミの取り扱いになります。

自治体で粗大ゴミを処分する方法は、「戸別回収」と「持ち込み回収」の2つに分かれており、それぞれ下記のような内容となっています。

戸別回収(行政指定業者が自宅まで回収に来てくれる方法)

戸別回収は次のような流れで行われます。

回収当日は立ち合いの必要はなく、大体どの自治体でも8時〜15時頃までには回収されます。

  1. 「一般廃棄物収集運搬許可業者」に、電話やインターネットなどから回収の予約をする
  2. オペレーターに回収する粗大ゴミの種類やサイズ、素材などをわかる範囲で的確に伝える
  3. 回収費用の提示があるので、コンビニなどで販売されている「粗大ゴミ処理券」を必要分だけ購入
  4. 回収するものに粗大ゴミ処理券貼り付けて指定の場所に出す

粗大ゴミ処理券には、名前、受付番号(予約時に教えてもらえます)、収集予定日を必ず記載して下さい。

記入漏れがあったり、粗大ゴミ処理券が剥がれていたりすると、回収してもらえないことがあるので注意が必要です。

予約時に、回収の日時や回収場所なども指定されますので、必ずメモを取り、間違いのないように出しましょう。

自治体によっては、自宅前に回収に来てくれるところもあります。

一般廃棄物収集運搬許可業者の問い合わせ先は、各自治体のホームページまたは役所の専門窓口などで確認することができるので、チェックしてみてください。

おすすめの人

・時間に余裕があり、ゴミ出しの指定日に対応できる人
・コストを抑えたい人
・安心できる業者に処理を依頼したい人

持ち込み回収(自分で回収施設へ持ち込む方法)

持ち込み回収の場合、行政が指定する処理施設であれば回収が可能です。

収集のために係員が訪問する手間がなく、不要な手数料がかからない分、戸別回収よりも費用が安くなっています。

粗大ゴミを移動できるだけの人員と、ドアを積むことが出来る車の確保が可能な方には、コストも安くておすすめの方法です。

回収場所よって、持ち込みできる曜日が限られていますので、必ず電話などで確認をとってから持ち込むようにしましょう。

支払いについては、戸別回収と同様に、「粗大ゴミ処理券」を購入して貼り付けることで対応します。

戸別回収のように、大きさや重さで金額が決められておらず、「1点につき◯円」というように、持ち込み点数で金額が決められています。

基本的には申込者本人が持ち込む必要があり、本人確認のため免許証や保険証の提示を求められ流ようになっています。

必ず身分証を持参し、仮に申込者と別の人が持ち込む場合は事前に連絡を入れておきましょう。

おすすめの人

・時間に余裕のある人
・コストを抑えたい人
・重労働が苦にならない人

③不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収業者とは、家具や家電などの不用品を有料で回収してくれるサービスのことです。

自治体よりも回収費用は割高ですが、「電話1本で無料見積もり」「最短即日回収」など、見積もりから回収までのスピードが圧倒的に速いことがメリットです。

「引っ越しが今週なのにうっかり回収の依頼を忘れていた」「忙しくて処分にかける時間がない」という方にはとても嬉しいサービスです。

中には24時間回収を行ってくれる業者もあり、昼夜問わずどんなライフスタイルの方でも利用できるのが特徴です。

業者側で人員を確保して搬出も行ってくれるので、人手が少なく、1人での処分が難しい場合にもおすすめです。

全国各地に様々な店舗があり、無料の見積もりから相談できるところが多いので、複数社見積もりを出して、納得のいったところに依頼をするのが良いでしょう。

ドア処分以外にも、引越しに伴う他の家具・家電や、処分時に出たゴミの回収なども行なってくれるので、処分したいものが複数ある場合はぜひ利用を検討したいサービスです。

引越しシーズンの3〜4月と9月頃は料金が高くなることもあるので、利用するなら閑散期がおすすめです。

おすすめの人

・忙しくて時間があまり取れない人
・多少コストがかかっても楽さを求める人
・自分で搬出ができない人

④専門の買取業者に依頼する場合

インターネットで「ドア専門買取」と検索すると、全国の建具(たてぐ)買取業者が表示されます。

あまり知られていませんが、建具専門の買取業者というものがあり、要らなくなったドアやドアパーツを買取してくれているのです。

建具とは、ドアやふすま、網戸やサッシなど、部屋を区切るために取り付けられているものの総称を指しています。

近年、リノベーションやDIYがブームで、中古の建具は大変注目されており、とても需要のあるパーツです。

高さが合わないものは適切なサイズに切って使われたり、反対に高さの足りないものは袴(はかま)をはかせて高くして使われるのが一般的です。

購入や取り付けからあまり年数が経っていないもので、比較的状態の良いものであれば高確率で買取をしてくれます。

YKK、AP、LIXIL、三共アルミなどの有名メーカーや、デザイン性のある、アンティークなドアも高価買取される場合があります。

依頼する業者や、地域によって買取価格は様々ですので、まずは見積もりを依頼してみるのが良いでしょう。

おすすめの人

・忙しくて時間がない人
・まだドアが新しく、買取を希望する人

ドア処分の費用はどれくらいかかるの?

ドアの処分にかかる費用は、処理を依頼する自治体や業者によって費用やプランが異なるため、まずは電話での問い合わせや無料見積もりなどを利用して相談することをおすすめします。

自治体の粗大ゴミとして出す場合は、各自治体のホームページや役所の専門窓口、不用品回収業者や専門の買取業者に依頼する場合はホームページの電話番号や問い合わせフォームから相談することができます。

大まかな回収費用の目安は下記の通りです。(依頼する業者や自治体により異なる)

  • 家庭ゴミ…0円(ゴミ袋代は有料)
  • 粗大ゴミの戸別回収…200〜3,000円程度で回収
  • 粗大ゴミの持ち込み回収…200〜2,000円程度で回収
  • 不用品回収業者…5,000〜20,000円程度で回収

では、どのように処分費用が定められているのか、処分方法別に解説していきます。

①家庭ごみの燃えるゴミとして出す場合

家庭ゴミの燃えるゴミとしてドアを処分する場合は、実質費用はかかりません。

地域指定のゴミ袋(有料)を使い、決められたサイズまで小さく解体して処分すれば、燃えるゴミの日に回収してくれます。

木製のドアであれば、解体にかかる時間はおよそ30分程度。必要なものは、ドライバーやノコギリです。

ドアノブや蝶番などのパーツを全て外してから、指定のサイズになるまで細かく切るだけで解体は完了です。

金属部分については、燃えるゴミとして出すことができないので、自治体に処分方法を確認しましょう。

YouTubeなどで、ドアの解体方法を紹介している動画があるので、そちらも参考にしてみてください。

解体しても、一度に大量のゴミを出してしまうと、燃えるゴミとして認識されずに回収してもらえないケースもあります。

ゴミ捨て場を利用する他の方にも迷惑になりますので、一度に大量処分することは避けましょう。

②自治体の粗大ゴミとして出す場合

東京都の杉並区を例に挙げると(2022年現在)、最大1辺が概ね30cmを超えるもの且つ220cm以内のものが粗大ゴミとして回収できるものとされています。

戸別回収の場合、回収するものの大きさ・重さ・素材などにより料金が定められており、1枚200円の「有料粗大ゴミ処理券A」と1枚300円の「有料粗大ゴミ処理券B」を組み合わせて料金を支払います。

「粗大ゴミ処理手数料一覧表」を見れば、五十音順に回収できるもののリストが記載されているので、費用の目安を知る参考になります。

実際に見てみたところ、ドアに該当する製品はありませんでしたが、近いものだと「建具(アルミサッシ及びガラス戸を除く)400円」と「建具(アルミサッシ及びガラス戸)800円」というものがありました。

このように、一覧表を参考にして目安を確認し、詳細は電話等でオペレーターに確認したりして見積もりを出すことができます。

大きさの基準さえ満たしていれば、布団やソファー、タンスや自転車など、大抵のものは回収してくれるようです。

ゴミの出し方については、各自治体によって異なるので、予約時に確認しましょう。

③不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収業者の回収費用は、利用する会社によって異なりますが、下記のように大きさや荷物の量に応じたパック料金で提示されることが多いようです。

  • 一人暮らしで荷物が少量の場合…税込10,000円程度
  • 小さなトラック1台に積める大きさ…税込20,000円程度
  • 大きめのトラックに積むほど大きさ…税込30,000円程度

不用品回収業者は、引越しやオフィスの移転などで利用されることが多く、いくつかまとめて回収することを前提としているため、料金は割高です。

しかし、搬出を行ってなってくれたり、回収の際に出た他のゴミも回収してくれたりと、自分1人では難しい人や時間がない人にとっては、たとえ割高でも利用したくなるサービスが多いのも事実です。

回収するものが比較的状態の良いものであれば、買取をその場で行ってくれる場合もあり、上手くいけばプラスになる可能性もあります。

全国各地に店舗があり、どこにいても利用できるサービスであり、価格も業者によって様々なことから、自分にあった業者を選べるという選択肢の多さも嬉しいメリットです。

急な引越しで時間がない方や、1人の引越しで人手が欲しい方、地方在住の方などにはおすすめの処分方法です。

④専門の買取業者に依頼する場合

ドア専門の買取業者は、ドア・ドアパーツ(ドアノブ、蝶番、ドアチェーンなど)・引き戸・折れ戸・障子・ふすまなど、ドアに関するものであれば大抵のものを買取、回収してくれます。

店舗によって買取条件が定められており、使用年数やドアの状態などから買取価格が査定されます。

大手メーカー(YKKやLIXILなど)や、デザイン性の高いアンティークのドアなどは高価買取の対象となります。

残念ながら買取の査定がつかなかった場合でも、有料で回収処分してくれる業者もあります。

近年、リノベーション住宅や個人でのDIYが流行していることから、ドア買取の需要は高まっています。

長年使用した愛着のあるドアで、処分するのが名残惜しいという場合でも、誰かの元で長く使われるというメリットもあります。

まずは無料の見積もりに出し、回収の対象になるか、いくらで買取をしてもらえるのかなどを確認するのが良いでしょう。

もちろんドアパーツのみの買取もOKです。

ドア処分の注意点!法律を知り正しく処分しよう

粗大ゴミのみならず、「ゴミの処分」については法律により細かく内容が定められており、知らずに処分すると法に触れ、罰則を受ける恐れがあります。

法律全てを把握する必要はありませんが、ポイントを抑え、注意して処分する心がけが大切です。

一般家庭から出るゴミと、オフィスから出るゴミは取り扱いが異なりますので、法人の方は特に注意が必要です。

こちらの内容は、主に法人向けとなっておりますが、一般家庭でゴミ出しをする場合でも使える知識となっております。

この機会に、ゴミ出しに関する正しい知識を身につけましょう。

①粗大ゴミに関する法律を知る

粗大ゴミに関する法律で押さえておきたいのが、「廃棄物処理法」です。

正しくは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」と呼ばれるもので、1970年に制定され、その後は時代の変化や生活様式などに合わせて改定されてきました。

この法律は、廃棄物の排出を抑制することと、処理を適正化することにより、生活環境の保全を目的として作られています。

1900年代頃は、伝染病の蔓延を防ぐことがゴミの収集を義務付ける目的でしたが、1960年代の高度経済成長に伴い、大量の廃棄物が生まれたことにより、今の法律へと変化していった歴史があります。

その中でも特に注意すべきは、「廃棄物処理の許可等」についての項目です。

こちらの項目では、「廃棄物の収集・運搬・処分を行う業者は許可を受けなければならない」という趣旨の内容が詳しく記載されています。

大まかに言えば、廃棄物の処理を行う業者は必要な許可を得なければならないという内容で、それぞれ以下の通りとなっています。

一般家庭から出たものと、オフィスから出たものでは処分に必要な許可が異なりますので、よく読んでおきましょう。

一般家庭から出た粗大ゴミは、資格を得た専門業者であれば処分が可能です。

資格を得ている業者かどうかは、自治体のホームページを見るとリストが掲載されていますので参考にしてみてください。

一方で、オフィスから事業活動によりでた粗大ゴミは「産業廃棄物収集運搬業許可」という、特別な許可が必要です。

産業廃棄物収集運搬業許可とは、廃棄物処理法の第14条によって定められており、都道府県知事(あるいは政令指令都市の市長)から許可を得た者に発行されます。

産業廃棄物と聞くと、工場などから出た有害物質や廃油のような、環境に直接悪い影響を与える物質を想像しがちですが、仕事で使われた紙くずや家具なども同じ取り扱いです。

休憩時間に食べた弁当の空などは一般ゴミ、仕事中に使った書類やお客様に出したコーヒーの空きカップは産業廃棄物となります。

あくまで「オフィスで業務の目的で使用されたもの」は全て産業廃棄物の分類となるのです。

ここでポイントとなるのが、一般家庭から出た粗大ゴミを、誤って無許可の業者に依頼してしまった場合、依頼者は罰則の対象にならないということ。

しかし、法人が誤って無許可の業者へ回収を依頼してしまった場合は「無許可業者への処理委託」ということで罰則を受けることになるというところです。

5年以下の懲役または1000万円以下の罰金もしくはその両方という、重い罰則になるので甘く考えていると後から痛い目を見ることになります。

法人で粗大ゴミを処分する場合は、委託先の業者がきちんと許可を得て活動しているところであるか、十分確認する必要があります。

②マニフェストについて知る

法人がゴミ処理に関する過ちを起こさないためには、「マニフェスト」を正しく活用することが対策になります。

マニフェストとは、産業廃棄物が正しい方法で処理されているか確認するために使う書類です。

産業廃棄物の内容や量、依頼した業者の情報、配送先、処分を依頼する業者の情報などが細かく記載されています。

業者に産業廃棄物の処理を依頼した時点で交付され、処理が終わるまで産業廃棄物とともに移動することで、不当な処理が行われることを防ぎます。

処理後も、依頼主と業者側の双方ともに5年間マニフェストを保管する義務があり、記録として残されます。

マニフェストを作成せずに処理を行なった場合、業者だけでなく依頼者側も違反による厳しい罰則を受けることになるので要注意です。

このように、産業廃棄物はただ廃棄すれば良いのではなく、きちんとその処理が行われたかどうかまで見届けることが重要であることがわかります。

③処分の価格が適正か見極める

不用品回収業者や専門買取など、ドアの処分を民間の業者に委託する場合、複数社の見積もりを取ることは必須です。

複数社に見積もりを出すことで処分価格の相場がわかり、適正な価格で損のないように処分ができるというメリットがあります。

ほとんどの業者が無料見積もりを行っており、納得いくまで何度でも相談可能です。

うやむやにせず、「不要なオプションがついていないか」「なぜこの価格になるのか」など気になる点は遠慮せずに質問して、契約前に解消しておきましょう。

近年は、悪徳な不用品回収業者により、回収後の不適切な廃棄や金銭トラブルなど、数多くの被害が出ているという報告もあります。

  • 見積もりと違った高額費用を請求された
  • チラシの内容と異なるサービス内容だった
  • 過剰なオプションがつけられていた

など、不用品回収業社との間で金銭が絡む大きなトラブルも後を耐えません。

見積もりを依頼するときは、相手に任せすぎず、自分で主導権を握るのがポイントです。

相手はプロであるからと言って、自分が下手に出過ぎる必要はありません。

双方合意の上で、適正価格で処分を依頼できるよう、契約前にきちんと話し合いましょう。

見積もり時のチェックポイント

・価格は適正であるか
・プラン内容の詳細
・オプションは必要なものだけつけられているか
・保証内容は十分であるか

まとめ

今回は、不要になったドアの処分方法についてご紹介しました。

  • ドアは解体すれば燃えるゴミ、それ以外の場合は粗大ゴミとして出すことが出来る
  • ドアは不用品回収業者や専門も買取業者に依頼して処分ができる
  • ドア処分の費用は自治体や業者により異なるが、電話などで無料の相談や見積もりができる
  • ドア処分を依頼する場合、専門資格のある業者であるか見極める必要がある

意外と知られていない、ドアの処分方法についてですが、粗大ゴミ以外にも買取や不用品回収としてのサービスが対象になっているとは驚きでした。

リノベーション住宅やDIYの人気も上がってきており、ドアは処分だけでなく、リサイクルして使われる未来もあり得るということがわかりました。

粗大ゴミは処分することも大切ですが、いかにゴミとして出さず、活用できる未来を作っていけるかも、私たちにとって重要な課題となりそうです。

今回紹介したドア回収の費用や回収方法についてはあくまで目安であり、自治体や業者によって内容が異なる場合があります。

まずは無料の相談や見積もりから、ご自身の納得いく処分方法を検討してみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事