セニアカーの処分方法6選|正しい処分方法と注意点について | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

セニアカーの処分方法6選|正しい処分方法と注意点について | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

セニアカーの処分方法6選|正しい処分方法と注意点について

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
セニアカーの処分方法6選|正しい処分方法と注意点について

不用になったセニアカーの処分についてお困りではありませんか

高齢者の増加に伴い、お買い物や毎日の散歩など移動のサポートをしてくれる快適な乗り物として登場したセニアカーは、近年とくにその利用者も増加の一途をたどっています。バッテリーで電動で動いてくれるセニアカーは、とても便利な移動手段ですが、いざ、処分するとなるとどうして良いのか悩んでしまうことも多いようです。

定期的なメンテナンスを行っていても、雨風に晒されたり何らかの故障などで動かなくなってしまったりすることもあるかもしれません。

そこで今回は、セニアカーを正しく処分するための6つの方法と、処分の際の注意点について詳しく解説します。

セニアカーってなに?処分するタイミングとは

セニアカーは、高齢者向けの電動イスです。車椅子とは異なり、バッテリーで動く電動式の乗り物なので、上り坂や下り坂でもスピードをコントロールしながら高齢者の移動をサポートしてくれる便利な移動手段です。特に必要な免許もなく値段も手頃なので、高齢者の増加とともに近年その需要も増えています。

セニアカーはシニアカーとも呼ばれており、大手の車メーカーや専門のセニアカー・電動車いすメーカーなどがさまざまなタイプのセニアカーを販売しています。

セニアカーを処分するタイミングとしては、バッテリーの寿命があげられます。一般的なバッテリーの寿命は5年と言われています。5年を過ぎると、使用年数とともにバッテリーも劣化していくため「バッテリの減りが早くなってきた」「スピードが出にくくなった」などの症状が出てきたら、まずはメンテナンスでバッテリーの点検を行い、必要があれば買い替えを検討しなければなりません。

また、使用していた人がセニアカーを使わなくなった場合も処分のタイミングです。何らかの事情で、もうセニアカーを使うことがなくなったら、そのまま放置しておくよりも必要に応じて寄付したり、処分したりなど早めの対処をしておくのがよいでしょう。

セニアカーの処分方法

セニアカーを処分する主な方法は6つです。

買い替えなどでまだ乗れるセニアカーを処分したいのか、壊れて使えなくなったセニアカーを処分したいのかによって方法は異なります。

ここでは、廃棄したいセニアカーがどの方法に適しているのかを考えながら処分の手順や方法などについて考えながら処分方法の参考にしてください。

セニアカーの処分方法6選

1.粗大ゴミとして処分
2.ゴミ処理施設に持ち込んで処分
3.リサイクルショップで売却
4.メーカー・販売店で引き取ってもらう
5.譲渡する
6.不用品回収業者に依頼する

1.粗大ゴミとして処分

まず、一般的な大型の家庭ゴミとして考えられるのが、自治体の粗大ゴミとして回収してもらう方法ではないでしょうか。セニアカーは、免許を必要としない乗り物なので、自転車のように粗大ゴミとして回収してもらうことができるのではないかと考える人も多いかもしれません。

しかし、多くの自治体では現状セニアカーの回収には対応していないところがほとんどです。粗大ゴミとして回収できるものは、手押しの車椅子や一般的な自転車のみで、バッテリー式の電動タイプの回収は受け付けてくれない場合が多いようです。

それでも「ダメ元で確認してみたい」「回収に対応してもらえる自治体である可能性がある」という場合は、以下の手順を参考に問い合わせてみるのが良いでしょう。

  • 1.自治体の窓口に問い合わせる
    各自治体では、粗大ゴミの回収の申し込みを受け付ける窓口が設置されています。まずはそこに電話をかけてセニアカーの処分が可能であるかどうかを確認してみましょう。
    役所の営業時間内に連絡するのが難しい場合は、ホームページの粗大ゴミ申し込みフォームからメールで問い合わせてみるのも良いかもしれません。
  • 2.処分費用を確認する
    セニアカーを粗大ゴミとして回収してもらえる場合は、そのまま処分費用を確認しましょう。回収日や粗大ゴミの出し方、受付番号などをしっかりメモしてルールを守って回収してもらえる準備を進めます。
  • 3.粗大ゴミ券を購入する
    セニアカーを粗大ゴミとして回収してもらえる場合、処分に必要な処理券を必要枚数購入します。粗大ゴミ処理券は、地域のコンビニやスーパー、郵便局の窓口などで購入することができます。購入後の返金には応じてくれませんので、金額を間違えないよう慎重に購入しましょう。
  • 4.粗大ゴミ処理券を貼付する
    粗大ゴミ処理券はシールになっています。購入した粗大ゴミ処理券に受付番号を記入し、目立つところに剥がれないようにしっかりと貼り付けておきましょう。
  • 5.回収してもらう
    回収日当日の朝、指定場所に時間を守って運び出しておきましょう。

2.ゴミ処理施設に持ち込んで処分

大型ゴミとして処分しなければならないセニアカーは、住んでいる地域のゴミ処理施設を利用して直接ゴミ処理施設に持ち込んで処分してもらうことができます。

各自治体では、ごみの最終処分場が設置されており、直接そこに不用品を持ち込むことで安く処分してもらうことができます。

ただし、持ち込みの際には車での搬入が必要になるため、大型のセニアカーを運べるくらいのトラックや人員を確保しておく必要があります。

また、ゴミ処理施設は平日の日中しか搬入に対応していないところが多いため、事前に場所や営業時間帯などを確認しておく必要があります。

ゴミ処理施設を利用する場合の手順は、以下を参考にして下さい。

  • 1.ゴミ処理施設に問い合わせる
    自治体の窓口やゴミの分別ガイドラインなどに記載されているゴミ処理施設に直接問い合わせて、営業時間や回収場所などの確認をしておきましょう。
  • 2.セニアカーを積み込む
    用意したトラックの荷台にセニアカーを積み込みます。運ぶ途中、セニアカーが倒れたり荷台から落ちてしまったりすることのないよう、しっかり固定して安全を確保した状態で運び出しましょう。
  • 3.ゴミ処理場で受付をする
    ゴミ処理施設についたら、住んでいる地域を証明するために運転免許証や保険証の提示を求められることがあります。忘れずに持参しておきましょう。また、受付では必要事項を記入する書類が用意されているので、指示に従って記入を済ませ、セニアカーを積んだ状態で車両の重さを測ってもらいます。
  • 4.廃棄場所まで移動する
    受付が済んだら、指定された場所までセニアカーを運んで行きます。最終廃棄場所についたら自分たちでセニアカーをおろして指示に従って廃棄を行います。バッテリーは別に処分することも考えられるので、事前に取り外しておくようにしましょう。
  • 5.精算する
    廃棄が終わったら、受付に戻って再度車両の重さを測ります。廃棄したセニアカーの重さを算出し、処理費用を支払って処分完了です。

3.リサイクルショップで売却

セニアカーの買い替えなどで不用になったものを処分したい場合は、リサイクルショップで売却するという方法もあります。

セニアカーは高齢者に人気の乗り物なので、買取ってもらえる可能性は十分です。特にメーカーものや人気のモデルなどは、高く買い取ってもらえる傾向にあるようです。ただし、状態によっては買い取ってもらえない場合もあるので、その際にはそのまま持ち帰って別の処分方法を検討する必要があることも理解しておきましょう。

リサイクルショップでできるだけ高く買い取ってもらうためのポイントは以下の通りです。

  • 電源を入れて動作に以上なく使用することができること
  • 汚れはきれいに拭き取っておくこと
  • バッテリー充電器などの付属品などはすべて取りまとめて一緒に売却すること
  • 説明書や保証書なども一緒に持ち込むこと

また、リサイクルショップでセニアカーを売却する時の手順は以下の通りです。

  • 1.セニアカーを持ち込む
    近くのリサイクルショップにセニアカーを持ち込みます。もし、直接持ち込むのが難しい場合は、出張買取に対応しているリサイクルショップに依頼して、自宅で査定してもらうのが良いでしょう。
  • 2.査定してもらう
    ショップに持ち込んだセニアカーを査定してもらいます。土日や祝日は、査定が混み合っていることも考えられるので、時間に余裕を持って査定してもらうようにしましょう。
  • 3.買い取ってもらう
    査定額に納得ができたら、そのまま買取をしてもらいます。買取対象にならなかった場合は、リサイクルショップで引き取ってもらうことはできないため、自分たちでそのまま持ち帰ることになります。

4.メーカー・販売店で引き取ってもらう

セニアカーを処分するなら、メーカーや販売店に問い合わせて引き取りを依頼する方法があります。セニアカーは、大手の車メーカーや電動イスを専門に取り扱うメーカーから発売されているものがほとんどなので、しっかりした保証が設定されています。保証期間であれば、修理に対応してくれますし、引き取りにも対応してもらえる可能性もあります。
新しく買い替えをする時は、特に交換という形で引き取りに応じてくれる可能性があるので、事前に確認してみることをおすすめします。

また、場合によっては、バッテリーの買い替えだけで修理が可能であることも考えられるので、「故障かな」と思ったら、まずは販売店に問い合わせてみるのが良いでしょう。

メーカーや販売店に不用なセニアカーを引き取ってもらう際の手順は以下の通りです。

  • 1.メーカーや販売店に問い合わせる
    まずは、セニアカーのメーカーや販売店を調べ、直接電話をしてみましょう。新しく買い替えるのか、引き取りだけなのかによっても対応が異なるので、引き取り費用の有無なども合わせて確認しておきましょう。
  • 2.回収してもらう
    引き取りに対応してもらえる場合は、日程を調整して都合の良い日に引き取りに来てもらいましょう。お店によっては出張費がかかることもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

5.譲渡する

使わなくなったセニアカーは、欲しい人に譲ったり、寄付したりして処分を考えることもできます。まずは、身近な友人や知人に欲しい人がいないかどうかを聞いてみましょう。

もし、寄付しても良いと考えるなら、老後施設や慈善団体、地域の掲示板などに掲載してもらって、欲しい人を探すという方法もあります。

無料でセニアカーを処分できるだけでなく、次に使う人に喜んでもらえるという満足感を得ることもできるのではないでしょうか。

セニアカーを誰かに譲る場合は、すぐに気持ちよく使ってもらえる状態にしておくことが大切です。リサイクルショップに持ち込む時のように以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • 電源を入れて動作に以上なく使用することができるか
  • 汚れはきれいに拭き取っておくこと
  • バッテリー充電器などの付属品などはすべて取りまとめて一緒に譲り渡すこと
  • 説明書や保証書なども一緒に譲り渡すこと

6.不用品回収業者に依頼する

使えなくなったり壊れてしまったセニアカーは、不用品回収業者に依頼して処分する方法がおすすめです。

不用品回収業者とは、セニアカーや車椅子、自転車、バイクなどの乗り物からアウトドア用品や生活用品、家具・家電などあらゆるものを回収してくれるサービスを提供している業者です。どんな状態のものでも回収・処分してもらうことができるので、不用なものをまとめて処分したい時などには最適です。

また、見積もりや急ぎの回収などにも対応してくれるので、急な引っ越しや断捨離などで大量の荷物をすぐに処分したい場合などにもおすすめです。セニアカーのような大型の不用品でも業者がすべて行ってくれるので、自分たちで分別したり、搬出作業をする必要もありません。

不用品回収業者を利用してセニアカーを処分する際の手順は、以下を参考にして下さい。

  • 1.不用品回収業者に問い合わせをする
    まずは、セニアカーの処分を依頼したい不用品回収業者に問い合わせをします。インターネットで検索すると、たくさんの不用品回収業者が表示されるので、どの業者を選べば良いか迷ってしまうかもしれません。まずは、住んでいる地域に対応している不用品回収業者を選んで問い合わせをしてみます。
  • 2.見積もりをしてもらう
    問い合わせの際には、処分したいセニアカーの大きさやセニアカー以外にも処分したいものがあるかどうかを全て伝え、処分費用の見積もりをしてもらいましょう。
    不用品回収業者では、重さによって料金が異なるため、ある程度の量をまとめて処分した方がお得になる場合が多いようです。
  • 3.回収依頼をする
    見積価格に納得ができたら、回収の依頼をします。こちらの都合に合わせて日時を調整してもらえるので、急ぎの場合には、その旨伝えておくのが良いでしょう。
  • 4.回収してもらう
    セニアカーの回収日当日は、処分したいものを特にまとめておく必要はありません。全て業者が運び出してくれるので、立ち合いをして不用品を回収してもらうことになります。

セニアカーを処分する際の注意点

セニアカー処分の注意点

セニアカーを正しく処分する時には、いくつかの注意点を理解しておく必要があります。ここでは、基本的な注意点から処分方法別の注意点、セニアカーの処分費用について詳しく確認してみましょう。

セニアカーを処分する時の注意点とは

セニアカーは、高齢者の移動手段として便利な乗り物です。自転車のように免許などを必要とせず、歩行者と同様に扱われるため、多くのシニア世代から注目を集めています。

セニアカー本体は、ミラーやカゴ・椅子・本体ごとにさまざまな素材が使われているため、解体して分別することは非常に難しく危険が伴います。お金をかけずに処分したいからといって、自分たちで無理に解体するのは危険なので絶対にやめましょう。

また、セニアカーにはバッテリーが装着されています。どの処分方法を選択する場合でも必ずバッテリーは取り外した状態で持ち出すようにしましょう。
特にゴミ処理施設などに直接持ち込む場合、バッテリーがついた状態で廃棄してしまうと思わぬ事故を引き起こす可能性もあるので、十分に注意しておくことが必要です。

壊れたセニアカーを自分たちで運び出すのは危険です。かなりの重量があるため、万が一倒れてしまうと思わぬケガをしてしまう可能性もあります。可能な限り人員を確保して搬出を依頼することをおすすめします。

セニアカーの処分方法別にみる注意点

セニアカーを処分する場合には、処分方法別の注意点についてもしっかり理解しておかなければなりません。いざセニアカーを処分しようとするときになってあわててしまうことのないよう、しっかり確認しておきましょう。

処分方法注意点
粗大ゴミとして処分セニアカーを粗大ゴミとして回収してくれる自治体はほとんどありません。バッテリーを取り外したからといって無理に回収に応じてもらうような依頼をするのはやめましょう。
また、上記にも記載した通り、セニアカーを解体して分別するのは大変危険です。事故やケガを引き起こす元になってしまう可能性が高いので、絶対にやめましょう。
ゴミ処理施設に持ち込んで処分ゴミ処理施設には、車での搬入が必須です。車がない場合はレンタカーを借りてセニアカーを積み込みしなければなりませんが、しっかり固定しておかないと運搬の途中で荷台から落ちたり、倒れてしまう危険性があります。
万が一の事故につながることのないよう、積み込みや積み下ろしの際はもちろん、運搬作業についても慎重に行う必要があることを理解しておきましょう。
リサイクルショップで売却セニアカーをリサイクルショップで売却する場合は、原則直接お店に持ち込むことが原則です。出張買取に対応していないお店に持ち込む場合は、車で運ぶか、セニアカーに乗って行かなければなりません。その場合、帰りの交通手段や買い取ってもらえなかった場合の処分方法についても十分確認しておかなければならないことも理解しておきましょう。
メーカー・販売店で引き取ってもらうセニアカーを買った販売店やメーカーに問い合わせても、あまりに古いものや引き取りだけの場合は対応してもらえない可能性もあります。
また、引き取りの際に出張費用を請求される場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。
譲渡するセニアカーを誰かに譲る、寄付する場合、なかなか欲しい人が見つからない可能性もあります。バッテリーをつけたままでいるとバッテリーの劣化が進んでしまうので、必ず外した状態で保管しておくことをおすすめします。しかし、あまりに長い期間放置したままでいると、バッテリーが動かなくなってしまうことも考えられるため、譲渡先が見つからない場合は、他の処分方法を検討した方が良いでしょう。
不用品回収業者に依頼する不用品回収業者は、どんな状態のセニアカーでも回収してもらうことができます。また、セニアカー以外のものもまとめて回収してもらえるので、物置を整理したいときや断捨離などで不用品を処分したい時には最適です。
しかし、業者の一部には、回収したセニアカーを不法に投棄したり、オプション料金を加算して高額な請求をしたりする悪質な業者も存在します。
不用品回収業者を選ぶ時には、
・古物商許可証の資格を持っていること
・わかりやすいホームページを持っていること
・評判が良いこと
・実績が豊富であること
・広い地域に対応していること
・料金プランが明確であること
などのポイントを押さえておくことが重要です。
また、問い合わせをした時の対応なども視野に入れ、信頼できる不用品回収業者を見つけることが大切です。

セニアカーの処分費用

セニアカーを処分するには、それぞれの方法に応じて処分費用がかかるものとかからないものがあります。ここでは、大まかな目安として処分別の費用を確認しておきましょう。

処分方法有料・無料処分費用
粗大ゴミとして処分有料一般的な車椅子の処分費用は3,000円〜が目安となります。
(セニアカーを粗大ゴミとして回収してもらえる場合のみ)
ゴミ処理施設に持ち込んで処分有料1kg単位で計算
(一般的なセニアカーの重さは50~100kg)
リサイクルショップで売却無料買い取ってもらえた金額がそのまま利益になる
メーカー・販売店で引き取ってもらう無料引き取りのみ・出張引き取りの場合は、処分費用がかかることもある(要確認)
譲渡する無料寄付が前提なので、処分費用はかからない
不用品回収業者に依頼する有料重さによって見積もり(業者によって異なる)

上記のようにセニアカーの処分についての注意点をみてみると、新しく買い替えたり、まだ乗れるセニアカーを処分したい場合は、リサイクルショップで売却したり、人に譲ったり寄付したりするのが最適なようです。

壊れて使えなくなったセニアカーをできるだけお金をかけずに処分するなら、ゴミ処理施設に直接持ち込むのがお勧めですが、車の調達や人員の確保、移動の安全確保などを考えると素人がトラックを運転してゴミを搬入するのは難しい面もあるようです。

メーカーや販売店に問い合わせてみるのも良いのですが、「どこで買ったか忘れてしまった」「古くて対応してもらえない」などの可能性も高く、確実に処分できるとは限らないようです。

使わないセニアカーを処分するなら、搬出作業から運搬まで全て業者が一括して行ってくれる不用品回収業者が最適です。車庫の片隅に使わないままのセニアカーを放置しておくよりもスピーディーに回収してもらうことをぜひおすすめします。

セニアカーを処分するなら不用品回収業者がおすすめ

この記事では、高齢者の移動をサポートするセニアカーの正しい処分方法と、処分の際の注意点について詳しくご紹介をしてきました。

歩行が困難な高齢者や、買い物に便利な移動手段として年々需要が高まっているセニアカーは、今後ますます進化を遂げ、さまざまなタイプのものが発売されてくることでしょう。
バッテリーを原動力として動くセニアカーは、その処分方法はいろいろなものがあって、セニアカーの状態でどんな処分方法を選ぶべきなのかという点について理解を深めることができたと思います。

粗大ゴミとして回収してもらうことが難しいセニアカーを手間をかけずに楽に処分するなら不用品回収業者が最適です。電話一本でいつでも受け付けてもらうことができるので、忙しい人や高齢者だけの家庭でも安心して処分してもらうことができます。

まずは、不用になったセニアカーの処分について気軽に相談してみることをおすすめします。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事