敷きパッドの処分方法5選 | 正しい処分方法と費用について解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

敷きパッドの処分方法5選 | 正しい処分方法と費用について解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

敷きパッドの処分方法5選 | 正しい処分方法と費用について解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
敷きパッドの処分方法5選 | 正しい処分方法と費用について解説

「敷きパッドを買い替えようと思っている」、「引っ越しをするので今使っている敷きパッドは処分したい」と考えている方の中には、どのように処分するか分からない人も多いのではないでしょうか。

敷きパッドは使用する分には薄くて使い勝手がいいですが、いざ処分するとなると大きさもあり意外とかさばってしまいます。

この記事では敷きパッドの正しい処分の仕方とその費用について解説させていただきますので、どの方法で処分するのが良いか分かるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。

敷きパッドの基本知識


敷きパッドはマットレスの上に敷いて使用したり、シーツをかける場合はシーツの上に敷いて使用します。

暑い夏でも肌触りがよく、汗をかいても吸湿速乾性に優れているので快適に睡眠をとることができます。

また、冷感素材のものもあるので寝苦しい熱帯夜でもひんやりとして気持ちよく過ごすことができるでしょう。

反対に寒い時期には保温効果や起毛素材であたたかくなる機能性があることによって快適に眠ることができます。

敷きパッドは温度調整に役立つだけでなく、高反発ウレタンを使用した体圧を分散してくれるものや、マットレスの上に敷くことで汗や汚れを直接吸い取ってくれる役割があります。

主に使用されている素材としては綿、羊毛、ポリエステル、麻、シルク、冷感(ポリエチレン、ナイロンなど)が敷きパッドの素材として使用されています。

また、敷きパッドはそこまで高額な商品ではないことと、汗や汚れ、臭いなどが取れにくいこと、劣化の問題があることから買取りで値段がつくことは難しいと考えたほうがいいでしょう。

敷きパッドの処分方法5選

続いて敷きパッドの処分方法について解説させていただきます。

正しい方法で自分に合った処分方法をぜひ選んでください。

敷きパッドの処分方法として以下の5つを紹介させていただきます。

敷きパッドの処分方法5選

①可燃ごみとして小さくしてから出す
➁粗大ごみとして出す
③フリマアプリで売る
④知人や友人に譲る
➄不用品回収業者に依頼する

それでは順番に解説させていただきます。

①可燃ごみとして小さくしてから出す

敷きパッドを折りたたんだり、切断して小さくすることで可燃ごみとして出すことができます。

その際には自治体で定められたルールを必ず守るように注意しましょう。

目安としては一辺が30センチとなるように切断すると良いでしょう。

ふつうのハサミでも切れないことはないですが、裁ちばさみ等があれば切断しやすいです。

あとは指定のごみ袋に入れ、決められた曜日や時間に収集場所に出して完了です。

➁粗大ごみとして出す

敷きパッドの種類によっては厚みがあったり切断しにくいものもあるかもしれません。

そうした場合は粗大ごみとして出すことをおすすめします。

燃えるごみとは違い少し費用はかかってしまいますが、高額なものではありませんので正規の方法で処分しましょう。

手順としては以下の流れになります。

敷きパッドを粗大ごみとして出す手順

①回収対象となっているか確認する
➁管轄エリアの粗大ごみ受付センターへ連絡
③粗大ごみ処理券を購入する
④粗大ごみ処理券に記入
➄収集場所に出す

※自治体によってルールが異なりますので住んでいる地域に必ず確認しましょう

①回収対象となっているか確認する

粗大ごみを出す場合にはまずは回収してもらえるものなのか確認しておく必要があります。

敷きパッドであればほとんどの地域で回収対象になっているかと思いますが、念のため確認することをおすすめ致します。

確認する方法としては、自治体のホームページで確認するか電話で窓口に直接聞くことで確認することができます。


➁管轄エリアの粗大ごみ受付センターへ連絡

粗大ごみを回収してもらう為には、住んでいる管轄エリアの「粗大ごみ受付センター」へ電話もしくはインターネットから申し込みを行う必要があります。

その際に必要な情報としては、「申し込みをする人の情報」、「処分する物の情報」、「処分する物の数」などです。

地域や時期によっては電話窓口が込み合っていることも珍しくはありません。

また、回収してもらえる日も数週間かかってしまう場合がありますので余裕をもって進めていきましょう。

特に大型連休前や新学期、新生活が始まる2、3月は特に込み合うことが予想されますので可能であれば繁忙期を避けて処分するようにしましょう。


③粗大ごみ処理券を購入する

粗大ごみ受付センターへ連絡をすると、処分に必要な料金を教えてもらえます。

料金は「粗大ごみ処理券」を購入することで収集場所に出すことができます。

粗大ごみ処理券は「粗大ごみ処理券取扱店」のステッカーが貼ってあるお店や公共機関で購入することができます。

お住まいの地域のスーパー、コンビニ、郵便局、金融機関などで取り扱いがあります。

いちばん身近で手軽に購入するには24時間営業しているコンビニがおすすめです。

以下のコンビニで粗大ごみ処理券を購入することができます。

粗大ごみ処理券を購入できるコンビニ

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・デイリーヤマザキ
・ポプラ

購入はクレジットカードなどキャッシュレス決済が使えませんので現金が必要となります。

また、購入後は返品、交換ができませんので間違いのないように注意しましょう。


④粗大ごみ処理券に記入

地域によって異なる場合がありますが粗大ごみ処理券には氏名と収集日を記入する必要があります。

シールを張る前に、記入を行いましょう。

屋外などの場合、雨などで濡れてしまう可能性もありますので消えないペンで記入するようにしてください。

記入が終わったら粗大ごみの見やすい場所に貼り付けを行います。


➄収集場所に出す

シールの貼り付けまで終わったらあとは収集日まで待って、当日の朝に粗大ごみを出します。

基本的にはどの地域でも当日出すルールになっていますので、前日の夜などに出すのはやめるようにしてください。

また道路の脇にあるような収集場所では、歩行者や車の通行の妨げにならないようにはみ出したりしていないか最後に確認を行いましょう。

③フリマアプリで売る

いらなくなった敷きパッドを処分する手段としてフリマアプリを利用してみるのもひとつの手です。

冒頭で、一度使用した敷きパッドは買取りが難しいと説明させていただきましたが、使用頻度が少なく状態が良ければその限りではありませんし、中には切れ端を利用してハンドメイドの材料やリメイクをするために購入する人も少なくありません。

敷きパッドの使用頻度が少なく、綺麗な状態であればフリマアプリを活用してみるのも一つの手です。

ちなみに出品されている価格帯としては、使用済みのもので数百円~、未使用品だと2,000~5,000円のものが多いです。

使用済みのものも販売実績がありますが、「キッズ」向けのものであれば需要があるようです。

④知人や友人に譲る

敷きパッドは中古として販売するのが難しくても親戚や友人、知り合いであれば貰ってくれる人がいるかもしれません。

興味を持ってくれる人がいれば、現物や写真を見てもらい必要かどうか聞いてみるのもいいでしょう。

ごみとして処分する必要もなく、フリマアプリなどに出品する手間も省けますので、貰い手がいるのであれば一番楽な手段と言えます。

もちろんマナーとして、引き渡す前には洗濯やクリーニングに出すなど心遣いがあればお互いに気持ちよく受け渡しができるでしょう。

➄不用品回収業者に依頼する

敷きパッド単体であればそれほど苦労せず自分で処分が可能かもしれませんが、不用品回収業者に依頼する方法もひとつの手段としておすすめさせていただきます。

仮に粗大ごみとして出す場合は、粗大ごみ処理券を買う手間であったり、収集日まで時間が空いてしまったりといったことがありますが、不用品回収業者に依頼すると最短で当日のうちに家まで回収しに来てくれます。

また、もし他にも不用品があるのであれば、この機会にまとめて一緒に依頼をしてみてはいかがでしょうか。

不用品回収業者であれば、どんなものでも一気にまとめてくれますし分別も業者が行ってくれます。

そのまま回収もすべて行ってくれますので、処分の方法の中では一番手間もかからずに楽にできる方法と言えるでしょう。

デメリットとしては、少なからず費用がかかるという事と信頼できる業者に依頼する必要があるということです。

さまざまな不用品回収業者がありますが、「不用品回収のお助け屋」では年間20,000件の実績があり、見積もりはメール、LINEで簡単に行うことができます。

最短で25分で現地に到着してスピーディに回収までを行うことができますのでぜひ利用してみてください。

敷きパッド処分の費用相場

敷きパッドの処分方法について5つの手段を説明させていただきました。

それぞれの処分にかかる費用の相場について、ポイントとともに表にまとめましたのでご覧ください。

処分方法費用相場ポイント
①可燃ごみとして小さくしてから出す無料・30cm四方が目安
➁粗大ごみとして出す300円~500円・処理券の購入が必要
③フリマアプリで売る無料・使用感があると難易度高
④知人や友人に売る無料・貰い手がいれば〇
➄不用品回収業者に依頼する業者による・他の不用品も一緒が〇


敷きパッドの処分にかかる費用としては、もっとも安くて無料でも処分することができます。

また費用がかかる場合でもそれほど負担にはならない金額で処分をすることができます。

不用品回収業者に依頼する場合は、費用がかかってしまいますが他にも不用品がある場合まとめて依頼すると手間や時間もかからずにお得に処分することができます。

敷パッドの処分方法ごとのメリット・デメリット

ここまで敷きパッドの5つの処分方法について説明してきましたが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

比較した上でどの方法が自分に合っているか分かるように、表にまとめさせていただきましたのでご覧ください。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
①可燃ごみとして小さくしてから出す・無料・小さくする手間がかかる
・曜日が決まっている
➁粗大ごみとして出す・トラブルが少ない・処分費用がかかる
・回収まで時間がかかる
③フリマアプリで売る・無料
・売り上げが入る
・確実に売れるか分からない
・状態が悪いと難しい
④知人や友人に売る・無料・貰い手がいない場合×
・状態が悪いと難しい
➄不用品回収業者に依頼する・自宅まで回収にきてくれる
・最短当日回収が可能
・他の不用品もまとめると〇
・費用がかかる


敷きパッドを処分する際のメリット・デメリットについて、このようにして確認してみると、絶対避けた方がいいというような悪い手段は特にありません。

費用をかけずに確実に処分するのであれば、小さく裁断して可燃ごみとして出すことをおすすめします。

フリマアプリや知人に譲る方法も費用はかかりませんが、確実に処分できるとは限りませんのでひとつの手段として参考にしていただければと思います。

また、費用はかかりますが、確実で時間や手間がもっともかからない方法としては不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

自宅まで回収にきてくれてまとめて引き取ってくれるので、他にも不用品があるのであればぜひ一緒に見積もり依頼をして処分ができれば自宅も片付いてすっきりしますね。

敷きパッドを処分する際の注意点

敷きパッドを処分する際に注意しておくべき点を説明させていただきます。

敷きパッドを処分する際の注意点

①市町村のごみ出しルールを守る
➁新品未使用品は買取りに出してみる

①市町村のごみ出しルールを守る

可燃ごみとして処分する場合は必ずお住まいの市町村のルールを守るようにしましょう。

可燃ごみの場合は指定のごみ袋にいれなければ回収してもらえません。

しっかりと袋の口をしばって指定の日に決められた場所に出すようにしてください。

多くの自治体では、週に2回燃えるごみの日がありますので、もし出し忘れてしまった場合でも次回の収集日の朝に出すようにしてください。

➁新品未使用品は買取りに出してみる

一度使用してしまった敷きパッドは需要がないとお話ししましたが、一度も使用しなかった敷きパッドを結局使わずに処分するとなった場合、敷きパッドに値段がつくことがあるため売りに出すことをおすすめします。

パッケージに入れたままの状態であれば、開けずにそのまま出品しましょう。

未開封の新品状態であれば一番価値のある状態で高く売ることができます。

ごみ出しのルールを守らないとどうなる?

ほとんどの方は自治体で決められたルールを守ってごみ出しをしているかと思いますが、中にはルールを守れない人もいます。

決められた時間にごみを出さなかったり分別がされていなかったり、業者さんに迷惑をかけるだけでなく、悪臭や見た目の問題から周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

こういったルール違反は、人目のない時間などに行われる為、当人を特定するのは難しいですが繰り返し行われる悪質な場合は何としても止めてもらいたいものです。

もしごみ出しのルールが守られなかった場合どうなるのか、解説させていただきます。

ごみ出しの問題は大きく2種類

ごみをきちんと分別しなかった場合は回収されずに残ってしまいますし、決められた時間に出さなかった場合も収集日まではその場に放置されていることになります。

この「放置」に関する問題は大きく2つに分けられます。

ごみ出し(放置)の問題は大きく2種類に分けられる

①時間やルール違反のために回収されない
➁粗大ごみが不法投棄されてしまう

順番に解説させていただきます。
                                                    

①時間やルール違反のために回収されない

産業廃棄物とは違い家庭から出る通常の可燃ごみなどは、各自治体が定めるルールに則って回収されることが決まっています。

ごみ収集車は地域で決められた収集日と時間に決められた収集場所に回収に行きますので、このルールを守ってない出し方をすると回収されずにその場に「放置」されてしまいます。

これが「放置ごみ」として問題になってしまうのです。

時間や場所のルールの他、しっかりと分別されているかも大事な問題です。

もし決められた分別の仕方がされていなかった場合、同じようにごみ収集車で回収されずにその場に残ってしまい「放置ごみ」として問題になってしまいます。

➁粗大ごみが不法投棄されてしまう

通常の可燃ごみとは違い、粗大ごみは「粗大ごみ処理券」を購入してシールを張り付けて回収してもらうルールになっていますが、この粗大ごみが不法投棄されてしまうのも大きな問題です。

ほとんどの自治体では通常の可燃ごみとは違うルールを決めて、「料金がかかる」、「回収の予約が必要」、「出せるサイズや種類」、「一度に出せる量」など厳しくルールを決めています。

しかし、このルールを破って粗大ごみが捨てられているケースがあるのです。

また、引っ越しでたくさんの不用品が出てきた場合に、捨て場に困りついルールを破ってしまいがちです。

不法投棄については、「決まった回収場所に出しているが出し方が守られていない場合」と「決まった回収場所に捨てずに民家や道路脇、山中に放置している場合」などがあります。

近隣の住民に迷惑をかけるだけでなく、環境問題にもつながってしまう悪質な問題です。

ごみ出しのルール違反はどうなる?

放置ごみが発生するのは、決められた時間、場所を守っていない場合と、分別のルールが守られていないことが原因とお伝えさせていただきました。

それぞれのケースにおいて違法性はあるのかについて説明させていただきます。

時間や場所を守っていない場合

ごみ出しに関するルールは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」によって定められています。

廃棄物処理法の16条においては、「何人もみだりに廃棄物を捨ててはならない」と規定されています。

決められたルールを無視して自分の都合でごみを捨ててはいけないのは当然のことになります。

廃棄物処理法に違反する可能性がある事例としては以下のようなケースがあります。

廃棄物処理法に違反する事例

・夜中に突然友人が訪問することになり、慌てて路地裏の指定場所ではないところに自宅のごみをおいてしまった。

・朝、ごみを出すのが大変なので前日の夜にごみを出してしまった。

・自分の住んでいるマンションのごみ出しを忘れてしまい、通りすがりの別のごみ捨て場にごみを出してしまった。

・ごみ出しの指定日に旅行の予定があった為、別の曜日にごみを出して出かけた。

・自宅の掃除で粗大ごみがたくさん出てしまったので近隣の林の中に捨てに行った。

廃棄物処理法の罰則としては「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金」が科せられます。

自分だけならいいだろう、という軽い気持ちでルールを破ると周りに迷惑をかけるだけでなく、廃棄物処理法に違反した事件として逮捕される可能性があるのです。

分別ルールが守られていない場合

ごみの分別ルールは自治体によって異なります。

法律は原則として「全国で統一された決まり」であるので分別ルールの違反を法律で取り締まることはできません。

その為、分別ルールの違反については各自治体の条例によって罰則が定められています。

多くの自治体では、条例によって分別ルールを定めていて違反した場合は過料などの罰則が科せられます。

放置ごみの問題で、マンションの管理人や各自治体の管理組合の方は頭を悩ませているかと思いますが以下のような対応をとることができます。

違反者が判明している場合は、個別に通達を行って改善を求めましょう。

違反者が分からない場合は、チラシや案内文などを作成して掲示することで周囲にも注意喚起をすることができます。

また、分別のルールは自治体によって異なるため、転居してきたばかりの住人が以前住んでいた自治体のルールで分別を行っていた場合、故意ではないがルール違反をしてしまっている可能性もあります。

その為、定期的に分別ルールの案内をすることも必要でしょう。

以上のような対応を行ってもルール違反がなくならない場合は、自治体に通報するなどの強固な対応をとっていく他ないでしょう。

粗大ごみが不法投棄されていた場合の対処法

原則として、粗大ごみが不法投棄されていたら自治体に連絡を行いましょう。

一般廃棄物(家庭ごみ)の場合は市町村役場の環境局へ、産業廃棄物の場合は都道府県か政令指定都市の保健所に連絡をしてください。

ごみを見ても一般廃棄物か産業廃棄物か分からない場合もあるかと思います。

そうした場合は各市町村役場か環境省の不法投棄ホットラインに連絡をするようにしてください。

不法投棄をすることは、産業廃棄物法に違反する立派な犯罪になります。

その為、市町村役場だけではなく警察が連携して対応する必要がありますし場合によっては犯人が逮捕されることもあります。

不法投棄に関して自治体に連絡する場合には以下の情報を伝えるといいでしょう。

不法投棄に関して伝えること

・不法投棄がされている場所
・不法投棄を発見した日時
・不法投棄されているごみの種類
・不法投棄されているごみの量
・現場の被害状況

ごみ出しのルール違反や放置問題で悩んだら

マンションを管理している人の多くはごみのルール違反の問題に頭を悩ませていると思います。

犯人が住居人の場合もあれば部外者の可能性もあるでしょう。

部外者の場合、犯人を特定するのはなかなか難しくなってきます。

犯人が住居人の場合でも住民トラブルへと発展し対応に苦慮してしまうことでしょう。

もし、ごみ出しのルール違反や放置問題で悩んだら弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談すれば、放置ごみなどの問題について適切な対応方法をアドバイスしてもらうことができます。

ごみ出しのルール違反は廃棄物処理法や地域の条例に違反する行為になります。

ごみ出しのルール違反は絶対にやめましょう。


敷きパッドを処分するなら手間のかからない不用品回収業者がおすすめ

いかがでしたでしょうか。

敷きパッドを処分する際の方法、費用やメリット・デメリットについて解説させていただきました。

敷きパッドを処分する場合の費用は、多くの場合無料で処分できます。

また、粗大ごみとして出す場合でも数百円の費用で処分することが可能です。

ですがそれも、処分するものが敷きパッド単体だけの話になります。

引っ越しで処分を考えているのであれば、他にも不用品の整理をしてまとめて処分してしまうのが良いでしょう。

劣化して買い替えを検討しているのであれば、この機会に毛布や布団なども処分して新しいものに交換してみることもぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとまった不用品は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

「不用品回収のおたすけ屋」は年間20,000件の実績を持つ不用品回収業者です。

見積もりはメール・LINEで簡単にできる為、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事