レンジ台処分の方法は?メリットデメリットも紹介! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

レンジ台処分の方法は?メリットデメリットも紹介! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

レンジ台処分の方法は?メリットデメリットも紹介!

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
レンジ台処分の方法は?メリットデメリットも紹介!

レンジ台を処分したいと思っても、素材は様々でどのように処分すべきか迷ってしまいます。引越しや新しいものへの買い替えなどレンジ台を処分したい理由は様々ですが、やはり困るのは大型家具の一つということと、自身での処理方法です。素材によっても処分方法が異なるのでまずは処分の際に不要なレンジ台が何で出来ているかを確認してください。間違った処分方法では業者も処分してくれないので注意が必要です。

木製のレンジ台の処分方法

レンジ台を処分する際にゴミとして処分を検討する際、二つの方法があります。まずは、分解をして処分する方法です。木製のレンジ台の場合、ネジなどを外し、のこぎりなどを小さくすれば可燃ゴミとして処分する事ができます。

しかし、例え木製であっても小さくまとめることが難しければ可燃ゴミとして処分することができないので注意が必要です。紐などで縛っても可燃ごみとして処分できません。

少し手間がかかりますが、処分代がかからずに済みますし持ち運びをしやすいのがメリットです。できるだけ自宅で処理をされたい方や車などで運ぶのが難しい方に推奨できます。

燃えるゴミとして処理ができるのは幹の太さが5センチ以内で指定ゴミ袋に入れるものと決められています。住まいにより家庭ゴミとして出せるものの個数が決められています。通常の生活ゴミも捨てることを考えてから処理をして下さい。

また、無理に木製レンジ台を処理するのは大変危険です。高さが高いものやネジなどで連結されていないもの、また違う素材がはいっているものなど複雑な木製レンジ台は自宅処理はやめてください。

①木製のレンジ台の処理方法(業者)

分解する手間やなかなか自分自身で小さく処理をする事が難しい方は、粗大ゴミとして処理をすることができます。粗大ゴミは専用のシールを購入し、業者に電話予約をすることで自宅前まで取りにきてくれます。

自宅から家の外まで自分自身で出さなければいけないのがデメリットですが、解体する手間を省く事が可能です。一般に市が管轄していますので電話番号などがわからない場合はお近くの市役所に訪ねてください。

②金属のレンジ台の処分方法

レンジ台の中でも最も多い種類が金属です。金属製の場合、なかなか自宅で解体することは難しいです。木製のレンジ台同様粗大ゴミとして出すのがベターです。

持ち上げる事が可能なサイズであれば外に出す事ができます。しかし、男性でも持ち上げる事ができないサイズの場合は粗大ゴミとして外に出すのは危険ですので他の処理を選んでください。

その他のレンジ台処理方法

レンジ台の中には一種類の素材だけではなく様々な素材が混ざっているケースがあります。上部と下部で素材が違うだけで自己処理は難しいです。こちらも金属のレンジ台同様の処理をする必要があります。

ゴミとして処理をする場合は、自治体により判断が異なる場合がありますので市役所へ問い合わせをお勧めします。電話にて問い合わせが可能です。

高齢者家庭の場合は?

自宅にお住まいの方が高年齢の方の場合は、市役所にお伝えすると自宅の中のままで粗大ゴミとして処理をしてくれます。無理に動かす必要もなく、安心した処理ができます。

自分自身では処理することが難しいと判断する場合は危険なことを避けて市に相談を選んでください。無理に処理をしようとすれば怪我につながる場合もあり危険です。

ごみ処理センターでレンジ台を処理

自宅で粗大ゴミとして処分するよりもお値段が安くすむのが直接車などでゴミ処理センターへ運ぶことです。大型の車が必要となりますが、力もちの男性などが自宅にお住まいであれば頼めます。

しかしゴミ処理センターも分別は必須とされており、そのまま処分して帰宅できるわけではないようです。自宅での処理ができなかったと伝えるとゴミ処理センターで一緒に処理をしてくれます。

直接車で運びますが、分別が必要な場合は処理施設内で荷物を運ぶ必要があります。時間と手間がかかるので休日に処理をすることをおすすめします。処理には男性の力が必要であり女性には難しいかもしれません。

まだ使えるならリサイクルショップへ

買ってからまもない時であれば、捨ててしまうのはもったいないです。リサイクルショップは様々なものを買い取ってくれます。リサイクルショップによっても引き取るものとそうではないものがあります。

直接むかうのであれば、電話にて買取が可能か確認してください。また可能といわれたのに実際に査定をおこなったら金額がつかないといった場合もありこれでは意味がありません。

自宅まで査定を行う業者に頼むことを推奨します。悪質業者もあるので安心できる業者を選んでください。

【リサイクルショップでの買取価格相場】

100円〜と中古であればあるほど値段がつかない傾向があります。ブランドのレンジ台やオーダーメイドの場合は損する場合もあります。

フリマアプリで処分する

簡単に写真一つで販売することができるフリマアプリを活用して販売することが可能です。状態などを後は記載するだけと簡単なので誰でも出品可能です。欲しい方がいれば少ない額であってもプラスになることが可能ですが、気をつけなければならないのが送料です。

大型家具の発送には送料が高額です。フリマアプリに慣れている方は送料を出品者負担としている場合があります。販売価格よりも自己負担額が多くマイナスになってしまいます。

また早く処分をしたいのに、売れなければずっと処理をすることができないです。早く処分をされたい方には推奨できません。

送料が原因で売れない場合ジモティーなど地域の方々に譲る方法があります。地域広報などで記載することも可能ですが大型家具を持ち運びできる車がが必要となっていきます。

【フリマアプリでの平均販売値段】

  • 中古であれば1000円前後。しかし、オーダーメイド品やメーカーにより値段は変わる場合があります。

家具家電専門店で処分

家具や家電を専門に取り扱うショップであれば、一般的なリサイクルショップに比べて値段がつきやすいです。きちんと掃除をして綺麗な状態で査定を選ぶ事で査定価格も変わっていきます。

一般的に自分自身で運ぶ必要がある為大きなレンジ台であれば一人での持ち運びは難しいです。

【家具家電専門店での処理メリット】

リサイクルショップよりも買取額が上がる

【家具家電専門店でのデメリット】

持ち込みが一般で運ばなければならない

値段がつかない場合がある

販売店にて下取りしてもらう

購入先によっては、新しいレンジ台を購入することで下取りをしてもらう事が可能なショップもあります。新しいレンジ台が欲しいから買い替えのために現在のレンジ台を処理したい方にピッタリです。

インターネットでの購入の場合は、ショップに問い合わせをすることで可能かわかります。購入したいものが下取り可能であれば便利なため良いですね。

引っ越し業者で処分

引っ越しをする際にレンジ台を処分したい場合は、引越し業者にて処分が可能です。移動をする必要もなく、手間を省く事ができます。できるだけ手間をかけることなく処分したい方におすすめです。引っ越し業者に頼む場合は値段が高い事があるので注意してください。

友達にあげる

レンジ台が綺麗な状態であれば友達にあげるといったことも可能です。運ぶ事が条件となりますのでマイカーなどで動かす事が可能であればお願いしても良いかもしれないです。

レンジ台処分費用は?高額?

レンジ台を処分する際に一般的にはどれぐらいかかるのでしょうか?

レンジ台の処分には一般処理と言われるゴミとして処理をした場合サイズにより変わっていきます。例として大阪府の場合レンジ台は700円にて処理と記載があります。

サイズやあるいは地域によって価格が異なるので確認が必要です。先ほどお伝えした通り他の処理方法であっても価格がかかります。不安な方は見積もりを取ってからの処理が必要です。

見積をとったからといって必ず見積りをした業者に頼まなけれっばならないといった事はありません。おかしいと思った場合は必ず断りを入れてください。

レンジ台を新しく購入する際の注意点は?

購入する際は、自分自身が気に入ったものを購入したいと思う事が当たり前です。しかし、考えるのは使用している時ではなく使用後の処理も考えなければなりません。木製のものでセルフにて組み立てが可能なものであればのちに処分する際にも分解が簡単です。

組み立て式のものでなければ、自分自身での分解は難しいと判断した方が良いでしょう。レンジ台をすぐに買い替える事は少ないかもしれませんが、引っ越しを頻繁に行う方は引越し費用がかさむ原因に繋がりかねません。

今使用しているものを処分し再度レンジ台を購入した方が安いかもしれません。購入の際には気を付けてください。即決するとのちに後悔する事になりかねません。

レンジ台の処分事由別処分方法

レンジ台を処分する理由は様々ですが、処分理由により方法が変わっていきます。どう処分するのがベストなのかをお伝えします。なぜ処分したいのか照らし合わせてください。

引っ越しによってレンジ台を処分したい

レンジ台を処分したいと考えるのは様々な理由があるかと思います。まず、引越しによりレンジ台が不要になったあるいはかさばるので処分したいと考える点です。再度処分業者に頼むのが手間の方は引越し業者に頼むのが楽かもしれません。見積もりの際に処分したい家具や家電を伝えることで見積もり価格に含まれて記載してくれます。

ただし注意したいのは、明確な処分額ではない場合です。引越し費用に含まれて記載している見積もりの場合は必ず処分費用がいくらなのか記載してもらうようにしてください。負担額が多い場合は別の業者に頼むことを推奨します。

不安な方は何件か引っ越し業者にて見積を取り、確かめてからお願いするとより安心できます。

買い替えによりレンジ台を処分したい

新しいレンジ台に買い替えたいのでレンジ台処分を検討されている方は、新たな購入先で引き取りが可能か確認してください。新しいレンジ台が手元に届くまで動かす必要がなく業者の方が全てしてくれます。

女性の一人暮らしであっても無理をする事がないのが良い点です。ただし、コスパが良いレンジ台の場合下取りをしていない事が多く、購入先で前回レンジ台を購入したことが条件といった決まりがある場合もあります。下取りがあるからといって無理に高いレンジ台を購入するのはおすすめできません。

通常の処分を選び、新たにコスパが良いレンジ台を購入する方がメリットといえます。お気に入りでありながらコスパの良いものを選んでください。

破損によりレンジ台を処分したい

破損により処分の場合、自分自身で処理するのは危険です。早急に対応してくれる業者に頼んで下さい。

なるべく近くに物を置かないようにして下さい。事情を説明すると早急に対応してくれる業者さんもいます。

破損の状況にもよりますが、倒れてきてしまいそうなほど問題がある場合も同様です。自己処理を諦めた方が賢明です。時間によっては即日に対応してくれる業者もいます。

汚れによりレンジ台を処分したい

汚れの状況により処分を検討されている方は自身で処理をするか業者に頼むか様々な方法で処理ができます。まだ使えるのにと考えられている方は、100均一などのカッティングシートにてリメイクなどで使用も可能です。

レンジ台も時が経てば素材により劣化していきます。買い替えを考えているのであれば素材を確かめて上記とてらし合わせた処分方法を選んでください。

不用品回収業者に頼む理由は?

レンジ台を処分するには様々な方法がありますが、やはり専門業者に頼むのがおすすめです。理由をお伝えします。

1 価格が明確で安心

分かりやすい価格で処分をお願いする事ができます。もちろん、金額が希望に合わなければ処分をお願いする必要はありません。

2 まとめて処分も可能

処分するにあたり専門業者だからこそ任せる事ができます。例えばレンジ台以外にも処分したいと考えられても自己処分であれば手間はもちろん、時間もかかります。専門業者であれば、他に処分されたいものに関しても対応してくれます。

まとめて処分すると自己処理であれば価格が高くなるのに対して、専門業者であれば価格も抑えられます。まずは相談がおすすめです。

3 外に出さなくて良い

小型のレンジ台であれば運ぶことが可能ですが、大型のレンジ台でしたら外に運ぶ事は困難です。自宅の外に階段などがあればなおさらといえます。専門業者であれば玄関先で対応してもらえます。また、移動が困難な場合は相談することができます。

業者に頼む時の注意

様々な専門業者がいる中、安心してお願いできる業者を選んでください。安心できる業者の場合電話などで勧誘やいきなりの訪問などは一切ありません。

電話がかかってきたから丁度良いと頼むのはのちのトラブルに繋がりかねません。

悪徳業者の場合、ありえない価格を提示されることもあります。身分がきちんとわかっている業者であることや見積もり額が明確な業者が安心です。

レンジ台処分のメリットとデメリットを解説

レンジ台の処分方法にはメリットもデメリットも存在します。その中から自分自身にあったものを選んでください。処分にはお金がつきものですが安全性も大切です。

自己処理によるメリット・デメリット

自分自身で処理をするため、木製のレンジ台であれば可燃ゴミとして処分でき費用がかからないのがメリットです。しかし、木製のものであってもサイズが大きいレンジ台はカットする必要があり自宅にスペースがある方や道具がなければ難しいです。

カットをした後も片付けを行う必要があり、時間がある時にしか処理は難しいです。手間が多いので忙しい時には不向きです。怪我をするリスクもあり、不用品回収業者に頼めば良かったと後悔することも少なくありません。

粗大ゴミに出すメリット・デメリット

電話をすることで自宅前まで取りに来てくれるので手間を抑える事ができます。軽いレンジ台であれば困りませんが、重いレンジ台や大きいレンジ台であれば運ぶ事が危険です。高齢の家庭であれば市の補助にて運ぶことが可能ですが、一般的には自身で運ばなければなりません。

また、日にちと時間を決めた時に外に出さなければならず自宅が道に面している場合邪魔になる恐れもあります。力のある男性が日中に入れない場合はデメリットの一つと言えます。

一人では運ぶ事が難しい方には不向きですしあまりお勧めできません。

フリマアプリに出すメリット・デメリット

フリマアプリに出せば収入を得ることができ、使えるのに捨てるのは勿体ないと考えている方にはメリットの方法です。しかし、先程もお伝えしましたがいつ売れるのかあるいは売れないのかも買い手の問題です。

早く処分したいと考えているのになかなか売れなければ意味がありません。現在ではコスパが良いレンジ台が新品でも多くあるので中古品より新品を考えがちです。また送料も業者とは異なり個人ですので高く販売価格よりも送料の自己負担額大きいのがデメリットです。

買い手がついても良い購入者であれば心配いりませんが、途中でキャンセルされてしまえばレンジ台が手元に残ってしまいます。安全に取引が成功するとも限りませんので注意してくだし。

それであればフリマアプリに出品する意味がなくなってしまうのが現状です。同様に地域のフリマであっても送料や運ばなければいけないデメリットや相手の都合もあります。

家具家電専門店で処分

家具家電専門店であれば、リサイクルショップより価格は高めに買い取ってもらえる期待があります。また、足を運ぶことでその中から新たにレンジ台を選べるメリットがあります。

デメリットとしては、価格がつくかどうかです。専門ショップだからこそ、買取価格はあるものの買い手がそのままつくかどうか厳選して見積もりします。このままでは買取がつかないといった専門ならではの厳しい目で検査をされてしまうので買取不可といった結果も珍しく有りません。

リサイクルショップで処分

リサイクルショップで処分するメリットは、多少汚れなどがあっても買い取ってもらいやすい点です。そのまま店頭に出すわけではなく、綺麗に処理をしてから販売にまわすからです。

デメリットとしては価格が非常に安いことです。値段がついても100円程度のことは少なく有りません。ゴミとして処分することは勿体無いからと考えがちですが、車で運ぶ際のガソリン代などを考えると決して得とはいえないです。

友達にあげて処分

欲しいと言ってくれる友達がいれば良いですが、現在使っているレンジ台があればさほど欲しいと言われることも少ないかもしれないです。友達によっては断りにくい方もいますし、あまりおすすめできる方法とは言いにくいです。

ゴミ処理センターで処分

地域にあるゴミ処理センターで処分をする場合、運ばなければいけないといったデメリットがあります。大きな車での持ち込みが可能であればさほど困る事はありませんが、レンジ台が大きければ運ぶことは困難です。

また運んで終わりというわけではなく、自己処理をその場で行う必要があるのも手間と言えます。処理価格はさほど高額ではないですが時間と手間がかかる方法といえます。大きいレンジ台であればより処理も大変ですし

レンジ台の処分は価格じゃない?

ついついレンジ台を処理する際に価格にて判断しがちです。もちろん、安いに越した事はないと考えるのは当たり前かもしれません。しかし、注意する点は安くても何かしらのデメリットが存在するといった点です。

安全に処分できる方法を選べるのが一番です。怪我をしてしまったり、身体に無理をしてしまっては安全な処理方法とはいえません。まずは不用品回収業者に相談してみてください。

不用品回収業者の見積りは無料?

不用品回収業者にお願いしたいと思っても、見積もりをしたらその場で決めなきゃいけないのかと不安もあるかもしれません。悪徳業者でなければ見積もりも親身に行い、もちろん契約するまではキャンセルもできます。

先程お伝えした通り、知らない業者から電話がかかってきたからお願いをするのではなく身分がわかっている業者にお願いするようにしてください。

不安を持った業者に頼んだ結果後悔する事も少なくありません。きちんと身分がわかっている方に頼んでください。

不用品回収は当日?

早くにレンジ台を処分されたいと考えられている方は特に電話してからいつ処分してくれるのだろうと考えます。引越しや壊れてしまっているなど早急に処分したい理由は様々かと思います。

早く処分されたい方には年中無休いつでも対応してくれる不用品回収業者をおすすめします。

電話以外での相談は可能?

遅い時間しか対応がつかない方や電話での相談だと電話番号が知られてしまうのが不安な方もいます。不用品回収業者の中にはLINEなどを活用した相談もできます。こちらであれば電話番号を知られることなく安心することができます。

レンジ台以外も可能?

不用品回収業者にレンジ台処分もお願いしたいけど、他にも処分を検討していれば同時に処分が可能です。自己処理や持ち込みでの処分であれば個数制限などがありまとめて処分しずらいといったデメリットがあります。

不用品回収業者であればまとめて処分した方が得な場合もあり、個数制限などもないので引越し前の処分にピッタリです。

処分したいレンジ台がどのような素材なのか確かめて下さい。

レンジ台処分は不用品回収業者がお勧め

今回はレンジ台処分についてお伝えしていきましたが、安全を考えると専門業者に任せるのが安心です。相談は費用がかからないので相談してみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事