ハロゲンヒーターの処分方法6選【破棄・買取・回収】 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ハロゲンヒーターの処分方法6選【破棄・買取・回収】 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ハロゲンヒーターの処分方法6選【破棄・買取・回収】

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ハロゲンヒーターの処分方法6選【破棄・買取・回収】

「ハロゲンヒーターが壊れた」となったときに、ハロゲンヒーターは何ゴミで捨てるべきなのかを疑問に思ったことはないでしょうか。

何ごみで捨てるのか、どうやって廃棄するのかわからないから、結局家の隅に置いたままということもあるでしょう。

しかし、いつまでも家の隅に置いたままにしておくことはできません。

ハロゲンヒーターの捨て方に困っている人のために、本記事ではハロゲンヒーターの捨て方について詳しく解説していきます。

この記事を参考にして、処分に困っているハロゲンヒーターを廃棄しましょう。

ハロゲン ヒーターの処分方法6選

ハロゲンヒーターは、毎日1日中使っていれば1年程度で壊れてしまうかもしれませんが、よほどでない限り使うのは冬季の間だけでしょう。

とはいえ、冬の間だけ使用したとしても、3~5年程度で寿命が来てしまいます。

使えなくなった、もしくは新しいヒーターを買って不要になったハロゲンヒーターはどう処分すればいいのかわからないという人もいます。

そのまま、ついつい押し入れの中にしまい込んではいませんか。

ハロゲンヒーターの処分方法は、いくつかあります。

ここでは、処分に困っているハロゲンヒーターの処分方法を、詳しく解説していきます。

ぜひ参考にして、いらなくなったハロゲンヒーターを処分しましょう。

①粗大ゴミに出して廃棄する

自治体で回収してもらいたい、という場合、一般的にハロゲンヒーターは粗大ゴミとして分類されます。

多くの自治体では、粗大ゴミとして出す場合は、粗大ゴミの受付センターへ電話をするかインターネットで申し込むようになっています。

自治体のホームページを見れば電話番号や粗大ゴミとして受け付けてもらえるかどうか、詳しい処分の方法なども記載されていることが多いので、一度確認してみるといいでしょう。

ただし、自治体によっては直接粗大ごみ受付センターに持ち込むことができる場合もあります。

ほかにも一緒に処分したい粗大ゴミがある、という場合は直接持ち込むほうが良いこともあるため、持ち込みが可能かどうかを確認しておくといいでしょう。

直接持ち込みが可能な自治体でも、1回に持ち込める量が決まっている場合もあるので、その辺りも確認しておくのがおすすめです。

粗大ゴミの受付センターへ電話をすると、回収日程の予約を行ってくれます。

電話をした日から、一番近い受付日と処分費用を案内してもらえます。

処分費用は自治体によって違いますが、基本的に100円や200円の粗大ゴミ用の金券がスーパーやコンビニなどで販売されているので、そちらを購入して案内された金額分を貼り付けておきましょう。

案内された日が来たら、朝のうちにゴミを回収してくれる場所までもっていきます。

自治体によって、家の前まで回収に来てくれる場合と、指定された場所までもっていく場合があるので注意しましょう。

ゴミの収集場所に持っていく際には、置くときに道路にはみ出さないように注意してください。

ゴミの回収に関しては、各自治体によってルールが違うため、必ず事前に確認してからが望ましいです。

また、一部自治体では粗大ゴミとしてハロゲンヒーターを受け付けていない場合があるため、そういったときには分解して一般ごみとして出すことになっています。

粗大ゴミとして出すのが向いている人

・安く処分したい人
・分解するのは面倒だからそのまま出したいという人
・ほかにも一緒に処分したいと思っている不用品を持っている人

②不燃ゴミ場合もある

小型のハロゲンヒーターであれば、不燃ゴミとして出せる場合があります。

粗大ゴミとして出す規定の数値以下、もしくは不燃ゴミ袋に入る大きさのハロゲンヒーターは不燃ゴミとして、不燃ゴミ袋に入れて出しましょう。

粗大ゴミに出す場合は、基本的には1辺が30cm×30cmとなっています。

そのため、この数値以下のハロゲンヒーターが通常は不燃ごみとして出すことになります。

ただし、ハロゲンヒーターの場合は分解すれば小さくなるため、もともと粗大ゴミとしては受付しておらず、回収されない自治体もあるため注意が必要です。

ハロゲンヒーターを粗大ゴミとして回収してもらえるかどうかは、役場などに電話で問い合わせてみてください。

もしくは、自治体のホームページを見るとわかります。

不燃ゴミとして出す場合は、多くの自治体で解体が必要となっています。

基本的に自治体で一般ゴミに出す場合には、不燃と可燃、プラスチックの部分を分けて出さなければ回収してもらえません。

分解するときは、ケガなどをしないように手袋をつけてしましょう。

もし分解方法などがわからなければ、自治体の役場などに電話して聞いてみてください。

ゴミとして出すのは面倒ではあっても、無料で回収してもらえるのはポイントです。

ただし、分解した部品の出す先を間違えないようにしましょう。

間違えると、袋が回収されず、また次の回収日に持って出ることになってしまいます。

不燃ゴミとして出すのが向いている人

・分解が苦にならない人
・無料で処分したいと考えている人


③フリマアプリやオークションで買取してもらう

ハロゲンヒーターが壊れているわけではなく、問題なく使える場合ならフリマアプリやオークションで販売することも可能です。

オークションはやり方によってはかなり安く落札されてしまって送料分が赤字になってしまう場合もあるため、出品の仕方に注意する必要があります。

また、あまりに使用頻度が高いものは出品を見合わせるか、使用頻度が高い旨を明記しておく必要があります。

とはいえ、こちらは場合によっては考えている以上の金額で落札されることもあるため、できるだけ高く売りたいと思っているならおすすめです。

フリマアプリは好きに値段が付けられますが、あまり高いと買ってもらえなくなってしまいます。

そのため、相場から大きく離れないような値段をつけることをおすすめします。

値段をつけるのは苦手、よくわからないという人であれば、ほかの出品してある商品を参考にしてみるといいでしょう。

売却する場合は、使用状況や製造年月日、不足品、傷や汚れがあるかどうかなどを詳しく記載しておく必要があります。

いざ商品が買い取ってくれた人の手元に行った時に「書いてあったのと違う」とならないように注意しましょう。

そのほか、写真もきれいにわかりやすく撮影して載せる必要があります。

写真には、商品以外が映り込まないように注意してください。

出品前には、必ず動作確認をしておくことが大切です。

いざ手元に届いた時に、まったく動かない不良品、などということになればほかの商品を売るときにも支障が出てしまうからです。

もしどこか壊れている、電源を入れてもうまく作動しないということがあれば、その旨を記載して「ジャンク品」として出品しましょう。

部品だけ欲しい、という人が購入してくれる可能性があります。

使用頻度が高すぎていつ壊れてもおかしくない、一応動くけどそろそろ寿命というハロゲンヒーターも、ジャンク品として出品しましょう。

きちんと使用頻度が高いこと、今は動くことも明記しておくと、それなりの金額で売れる可能性があります。

壊れているからジャンク品で出す、という場合には、値段はかなり安くする必要があるでしょう。

きちんと状態を明記しておくことで、余計なトラブルを避けることができます。

また、フリマアプリもオークションも梱包し、送る必要があります。

梱包する前には、隅々まできれいにしておきましょう。

最後に、アルコールなどで消毒しておくことをおすすめします。

また、きれいにするだけでなくクッションになる素材を入れて、ハロゲンヒーターが途中で壊れたり傷ついたりしないように注意してください。

フリマアプリやオークションが向いている人

・できるだけお金にしたい人
・まだまだ使えるのに処分するのはもったいないと感じている人
・出品や梱包・発送などが手間と感じない人

④友人・知人、近所の人に譲る

もしもハロゲンヒーターが壊れているわけではないなら、友人や知人に譲るということも可能でしょう。

いるかいらないかを聞いて、いるといわれたら箱に入れて渡すといいです。

ただし、渡す前にはきちんと隅々まできれいにしておく必要があります。

説明書などがあれば、一緒に渡しておくといいでしょう。

そのほか注意事項があれば、きちんと伝えておくことが大切です。

友人知人だけでなく、地元のコミュニティでほしい人がいれば譲るのもいいのではないでしょうか。

まだまだ使えるのであれば、公民館などに寄付するのもおすすめです。

場合によっては、地域のフリーマーケットに出品するのもいいのではないでしょうか。

ただし、フリーマーケットなどであれば問題はありませんが、友人や知人に譲る際には、金銭などを絡ませると後々トラブルになりかねないため、やめておきましょう。

また、どこに譲るにしてもどの程度使用しているのかは事前に伝えておくことが大切です。

ハロゲンヒーターには寿命があり、すでにいつ壊れるかわからないという状態のものを譲ってもトラブルのもとになるだけです。

友人や知人に譲るのであれば、使用頻度の低いものにしておきましょう。

友人・知人、近所の人に譲るのが向いている人

・交友関係が広い人
・地元のコミュニティによく顔を出す人

⑤リサイクルショップに買取してもらう

壊れていなければ、リサイクルショップに買い取ってもらうという方法もあります。

リサイクルショップまで自分で持っていかなくてはならないという手間はかかりますが、買取してもらえればお金になるうえに処分に頭を悩ませなくてもいいのでおすすめです。

ただし、持っていく場合にはハロゲンヒーターが車の中で倒れて壊れないように注意しましょう。

また、リサイクルショップに買取してもらう際には、説明書や箱が付属しているとなおいいでしょう。

そのほかに付属品があるようなら、全部まとめて持っていくと買取金額が上がる可能性もあります。

とはいえ、箱や説明書が付属していなければ買取自体してもらえないという店舗もあるため注意が必要です。

事前に電話をしておくことで、買取可能かどうかがわかります。そのほか、あまりに製造年月日が古い分に関しては、買取してもらえない場合があります。

また、使い込みすぎて寿命が近いようなハロゲンヒーターも買取してもらえません。

どの程度使っているのかも、電話で伝えておくといいでしょう。

買取してもらえない場合は引き取ってはもらえないため、また持って帰らなくてはならないので、注意してください。

事前に電話して、使用状況や製造年月日、製造メーカーなどを詳しく話すことで、買取できるかどうかがある程度わかります。

リサイクルショップで買取してもらうのがおすすめな人

・できるだけお金に換えたい人
・あまり使っていない人
・持ち込みが苦にならない人

⑥不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に回収してもらう、というのもおすすめの処分方法です。

不用品の回収業者に依頼すれば、費用はかかりますが不要なものはすべて持ち帰ってもらえます。

ただし、事前に費用の確認をしておく必要があります。

また業者を選ぶ際にも、注意しましょう。

歴史や実績、口コミでの評判などを加味して選ぶことをおすすめします。

ハロゲンヒーターに付属品などがある場合は、そちらも持って帰ってもらうことが可能です。

電話をしてすぐ来てくれる即日対応のことも多くあるので、急いでいる人にはとくにおすすめです。

また、そのまま持って帰ってくれるため、当然ハロゲンヒーターも分解する必要はありません。

とくに箱詰めなどをする必要もなく、手間がかからないのもポイントといえるでしょう。

分解が面倒だから、もしくはできないから困っているという人も、不用品回収業者に依頼すれば分解自体必要ありません。

重たくて危ない目をしてまで運び出さなくても、業者が家まで来て運び出してくれます。

手間も労力もかからないので、「運ぶのが大変」「分解の仕方がよくわからない」といった人にはおすすめです。

不用品回収業者がおすすめの人

・面倒が嫌な人
・できるだけ早く処分したい人
・費用が掛かっても手間はかけたくない人

ハロゲン ヒーターの処分費用の相場

ハロゲンヒーターは、処分するのにどの程度費用が掛かるのでしょうか。

あまり高額になってしまうなら、意味がありません。

かといって無料や安すぎるところがいいかといえば、そうでもありません

どこで処分するのがいいのかを見極めて、自分が一番処分しやすい方法を選ぶようにしましょう。

【処分方法】【処分費用】【ポイント】
粗大ゴミに出す200~300円・事前に電話などで予約する
・インターネットでも申し込みができる
・粗大ごみ処理券を貼る
・出すときは道路の方によらないように注意する
・自治体によっては粗大ゴミで取っていないことがある
不燃ゴミに出す無料・自治体によっては分解する必要がある
・そのまま不燃物の袋でだせることがる
フリマアプリやオークションで買取店舗や状態による・金額の設定を間違えると売れない
・安全に気を配る必要がある
・壊れていない
・寿命がまだ残っている
・修理履歴があれば記載
友人・知人、近所の人に譲る無料・必要な人に譲る
・地域のフリマも活用できる
リサイクルショップに買取してもらう幅がある・壊れていない
・キレイに掃除してある
・説明書がある
不用品回収業者に回収してもらう~3000円・費用が掛かる

ハロゲン ヒーターの処分方法ごとのメリット・デメリット

ハロゲンヒーターを処分する方法は、いくつもあります。

しかし、どの方法にもメリットとデメリットがあります。

メリットだけしかない処分方法はないため、メリットデメリットをしっかり把握したうえで、自分に合った処分方法を選ぶようにしましょう。

ここでは、それぞれの処分方法のメリットtでメリットをわかりやすく表にしているので、ぜひとも参考にしてみてください。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
粗大ゴミに出す・費用が安い
・確実に回収してもらえる
・事前に予約しておく必要がある
・回収までに1か月以上かかる場合がある
・指定された場所に指定された日に持って出る必要がある
・自治体によっては粗大ゴミでは回収してもらえない
不燃ゴミに出す・費用が掛からない
・ゴミの日に普通に出せる
・自治体によっては分解しなければならない
フリマアプリやオークションで買取・高く売れる可能性がある・売れない場合もある
・梱包が必要
・発送するために持って出なければならない
・金額設定に注意する必要がある
・細かくコメントを書く必要がある
友人・知人、近所の人に譲る・無料で引き取ってもらえる・キレイに掃除をしておく必要がある
・トラブルにならないように使用期間などを説明しておく必要がある
リサイクルショップに買取してもらう・お金になる・買取してもらえない場合がある
・キレイにしておく必要がある
不用品回収業者に回収してもらう・全部回収してもらえる
・家まで取りに来てもらえる
・対応が早い
・費用かかる

ハロゲン ヒーターを処分する際の注意点

ハロゲンヒーターを処分する際には、いくつかの注意点があります。

ルールや注意点を守ることで、トラブルなく処分することができるでしょう。

どのような点に気をつければいいのかを、一つずつ詳しく解説するので処分の際の参考にしてみてください。

市区町村でルールが違う

ハロゲンヒーターを自治体の区分にのっとって処分したい、と考えている人もいるでしょう。

しかし、自治体と一口に言っても市区町村で定められているルールが違っています。

とはいえ、ハロゲンヒーターは多くの自治体で、家庭ごみの区分に分類されています。

粗大ゴミとして区分されている自治体もありますが、基本的にはハロゲンヒーターの大きさによって粗大ゴミになるか不燃ゴミになるかが決まっています。

とはいえ、ハロゲンヒーターのようにパーツごとに分解が可能な商品の場合は、細かく分解して不燃ゴミとして出さなくてはならない自治体もあります。

どこに分類されているかわからないという場合は、役場に電話して確認してみるのがおすすめです。

また、ゴミの出し方などは自治体のホームページにも記載されているため、電話は苦手、という人はホームページを先に確認してみてください。

自治体によっては、粗大ゴミとして出しても受け付けてもらえない、粗大ゴミの区分ではないから回収してもらえないという場合もあるため、必ず事前にどの区分になっているかを確認してください。

販売する場合は状態や使用期間を明確にしておく

フリマアプリやネットオークションなどで販売したい場合には、状態や使用期間を明確にしておく必要があります。

というのも、ハロゲンヒーターの場合は、冬の間だけ使用したとして、その寿命は約3~5年程度です。

「既に購入してから4年程度経過している」「冬の間はいつも使っていた」などという場合、いつ壊れてもおかしくないでしょう。

そのような製品をいくらフリマアプリやネットオークションといえども販売してしまうと、書いてからクレームが来る可能性も考えられます。

後々トラブルになって大変なことになってしまう可能性もあるので、使用期間は明確にして、現在どのような状態なのかをきちんと告知しておくようにしましょう。

寿命が近いようなハロゲンヒーターは「ジャンク品」扱いで出しておくと、トラブルを避けることが可能です。

また、写真を撮るときには、余分なものが映り込まないようにしなければなりません。

写真ではわからない製品の状態を、詳しく明記しておきましょう。

製造年月日や製造メーカー・備品には何があるのか・修理をした経歴はあるかどうか・傷があるかどうか、などできるだけわかりやすく相手に状態がうまく伝わるように記載してください。

そのほかにも、どうやって送るのかや何日で発送できるのかなども伝えておくといいでしょう。

梱包する場合は、必ずクッションとなる梱包材を使用するようにしてください。

厳重に梱包したうえでなおかつ、輸送中に傷がついたり壊れたりしても責任はもてないことも、明記しておきましょう。

キレイに掃除する

ハロゲンヒーターを他者に譲る、もしくは売買する際には、細かいところまできれいにしてほこりなどがないようにしておきましょう。

薄汚れた物品を渡してしまうと、後々トラブルになってしまいます。

汚れがないようにしっかりきれいにし、なおかつアルコールで消毒しておくと安心できます。

分解できる部分は分解し、中まできちんと掃除するのがおすすめです。

移動は冷めてから

ハロゲンヒーターは、スイッチを入れるとすぐに暑くなり、電源を切るとさっと電気が消えるのが特徴です。

電気が簡単に消えるため、ついついすぐに移動したくなります。

しかし、電気はすぐに消えてもハロゲンヒーター自体が冷めるわけではないため、すぐに触るのはやめておきましょう。

不用意に触るとやけどしかねないため、ある程度時間をおいて冷めてから運ぶようにしてください。

運ぶときは二人が安心

ハロゲンヒーターはそこまで重くないものが多いですが、バランスが良くありません。

そのうえ、コードがあるため、運ぶときにはコードを引きずらないようにし、傷をつけないように気を付けて運ぶ必要があります。

そのため、二人で運ぶことで安定して運べるでしょう。

また、車に乗せて移動するときなど、一人が支えておくことで安心して運ぶ事ができるでしょう。

ハロゲン ヒーターを手間をかけずにすぐに処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ハロゲン ヒーターを、手間をかけずにすぐに処分するなら不用品回収業者がおすすめです。

ハロゲンヒーターの処分方法はたくさんあるものの、だからといってどの処分方法でもいいというわけではありません。

それぞれの特徴を良く把握して、もっとも自分が処分しやすい方法を選ぶようにしてください。

不用品回収業者に依頼するということは、費用はかかるものの分解の必要はないということです。

そのうえ、梱包や発送する必要もなく、わざわざ運び出す手間もかかりません。

そのため、ハロゲンヒーターの処分には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事