クローゼットの処分方法7選|正しい処分方法とメリット・デメリット | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

クローゼットの処分方法7選|正しい処分方法とメリット・デメリット | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

クローゼットの処分方法7選|正しい処分方法とメリット・デメリット

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
クローゼットの処分方法7選|正しい処分方法とメリット・デメリット

古くて使えなくなったクローゼットの処分にお困りではありませんか?

クローゼットは、大切な服やアイテムを保管してくれる、とても便利な収納スペースです。スーツやワンピースなどのフォーマルな洋服からニット、Tシャツ、パンツ、デザインによっては靴やバッグ、ネクタイやスカーフなどを収納して毎日利用している人も多いことでしょう。

ほとんどのクローゼットは、木材で作られているものが多く、小型でカジュアルな大きさのものから天井にまで届くほどの大型のタイプまでさまざまなものがあります。

普段は何気なく利用しているクローゼットですが、いざ、クローゼットを処分したいと思った時、どのように処分すれば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこで、今回は、クローゼットを正しく処分するための7つの方法と、それぞれの処分方法で異なるメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

クローゼットの処分方法7選

冒頭にも述べた通り、クローゼットは、素材やデザイン・大きさなど、さまざまなタイプのものがあります。

ここでは、不要になったクローゼットを正しく処分するための方法を7つ集めました。処分したいクローゼットをどの方法で廃棄すれば良いのか、ぜひ参考にしてください。

クローゼットの処分方法

1.解体して燃えるゴミに出す
2.粗大ゴミとして回収
3.ゴミ処理場で廃棄
4.リサイクルショップで買取
5.フリマアプリで売る
6.家具店で引き取り
7.不用品回収業者に依頼

1.解体して燃えるゴミに出す

クローゼットを処分する時にまず思い浮かぶのが「自治体のゴミ回収に出す」という方法ではないでしょうか。各自治体が回収しているゴミは、「燃えるゴミ」・「燃えないゴミ」・「資源ごみ」・「粗大ゴミ」などそれぞれに分別し、粗大ゴミ以外は、決められた日に指定のゴミ袋に入れて、ゴミの収集場所に出すというのが通常です。

クローゼットの素材は、木材が使われていることが多いため、指定のゴミ袋の中にすっぽり入れることができれば、燃えるゴミとして回収してもらうことができます。

ただし、指定のゴミ袋の大きさに入れるには、引き出しや扉を外した後、さらに細かく解体しなければなりません。基本的に30cmを超えた立方体の不用品は、「粗大ゴミ」として処分しなければならないため、可能な限り細かくカットして袋に詰める必要があります。袋に入れる際もカットした角などで袋が破けないようにすることも大切です。新聞紙などでくるんで危険のないように袋にいれ、ゴミの回収日の朝に指定場所まで運び出しておきましょう。

ちなみにその際に外した取手部分の金属類は、「燃えないゴミ」や「金属ゴミ」として分別しなければななりません。まずは、自治体が指定している「ゴミの分別ガイドライン」や、役所の公式ホームページなどで分別ルールについて確認しておくのが良いでしょう。

2.粗大ゴミとして回収

クローゼットを処分したいけど解体は難しいといった場合は、「粗大ゴミ」として、自治体に回収してもらう方法もあります。

上述の通り、30cmを超えた立方体の不用品は「粗大ゴミ」に分類されます。粗大ゴミとしてクローゼットを処分する場合、大きさに応じた処分費用が必要になります。クローゼットの処分費用は、自治体で指定された「ゴミ処理券(シール)」を購入することで支払いが完了したことになり、そのシールをクローゼットに貼ってごみ収集場所まで運び出しておきます。

クローゼットを粗大ゴミとして回収してもらうまでの具体的な手順は、以下の通りです。

  • 1.処分にかかる金額を確認する
    まずは、処分したいクローゼットの処分費用を確認します。自治体が設けている粗大ゴミ取扱の窓口に電話をして大きさや数量を伝え、担当者から処分費用を教えてもらうか、自治体の公式ホームページで粗大ゴミごとの処分費用を確認しておきましょう。
  • 2.申し込む
    次に、粗大ゴミ回収の申し込みをします。電話で金額を問い合わせた場合は、そのまま回収の申し込みの旨も伝えてしまいましょう。ホームページから申し込みができるフォームもあるので、都合のいい申し込み方法を選択してください。
  • 3.ゴミ処理券(シール)を購入する
    金額に応じたゴミ処理券(シール)を購入します。ゴミ処理券は、地域のコンビニや郵便局の窓口で取り扱いをしています。購入後の返金は受け付けてもらえませんので、料金に間違いのないよう、しっかり確認した上で購入しましょう。
  • 4.搬出する
    ゴミ処理券を目立つ場所に貼ったら、回収日の当日の朝までに指定の場所まで搬出します。木製のクローゼットは、重量があるので、搬出の際はくれぐれも注意が必要です。壁や廊下にぶつけたり、怪我をしてしまうことのないよう慎重に運び出しましょう。

3.ゴミ処理場で廃棄

古くて使えなくなったクローゼットは、各自治体が管理しているゴミ処理場に持ち込んで、廃棄することもできます。

それぞれの自治体では、ゴミの最終処分場施設を管理しています。大型の家具や不用品など、大抵のものはなんでも処分することができるのでクローゼットだけでなく、引っ越しや断捨離などでたくさんの荷物を処分したい時にもおすすめです。

ゴミ処理場でクローゼットを処分する場合、重さで処分費用が決められるので、車で運び込んで重量を測ってから廃棄することになります。粗大ゴミよりも安価で処分することができるので、車に乗せられるクローゼットなら直接持ち込んだ方がお得です。

ゴミ処理場にクローゼットを持ち込む場合は、以下の手順を参考にして下さい。

  • 1.ゴミ処理場に問い合わせる
    自治体が管理しているゴミ処理場は、廃棄できるゴミによって施設が異なる場合があります。また、搬入する際には、施設が営業している時間内に持ち込まなければならないため、事前にゴミ処理場の場所と営業時間の確認をしておきましょう。処分費用について不安な場合は、大まかな目安として料金を聞いておくのも良いでしょう。
  • 2.クローゼットを持ち込む
    ゴミ処理場には、車での搬入が原則です。そのため、廃棄したいクローゼットは自分たちで車に載せなければなりません
  • 3.ゴミ処理場で受付をする
    ゴミ処理場についたら、施設の窓口で受付を行います。廃棄したいものを記載し、氏名と住所を記入します。(住んでいる地域の処理場しか利用することができないので注意しましょう)
  • 4.クローゼットを廃棄する
    受付が済んだら、クローゼットを載せた状態で車の重量を測ります。その後、指定の場所でクローゼットを廃棄したら、再び受付に戻って重量を測り、処分費用を精算して終了です。

4.リサイクルショップで買取

きれいな状態のクローゼットなら、すぐに処分するのではなく、リサイクルショップで買い取ってもらうという方法もあります。

リサイクルショップで買取をしてもらうには、「お店に直接持ち込む」のが原則ですが、「大型で運べない」、「他にも売りたいものがある」場合は、出張買取に対応しているお店に依頼するのが良いでしょう。
事前に見積もりをとってもらい、買取価格に納得できたら売却することができるので安心です。

リサイクルショップは、地域のあちこちに店舗を構えている大手ショップのほか、地域に根ざした店舗や、インターネットで買取を行っているショップなどがあります。まずは、住んでいる地域に家具を取り扱っているリサイクルショップがあるかを確認してみましょう。

リサイクルショップでクローゼットを高く買い取ってもらうには、

  • ・キズがないか確認する(補修できるものは補修しておく)
  • ・ほこりや汚れを拭き取る
  • ・部品をすべて揃える

などの準備が必要になります。

ただし、クローゼットのサイズや状態によっては、買い取ってもらえない場合もあるので、注意しましょう。直接お店に持ち込んで買取ができなかった場合は、自分たちで持ち帰らなければならない点も確認しておきましょう。

5.フリマアプリで売る

クローゼットをフリマアプリで売るという方法もあります。

すぐに売れる傾向としては、「使用年数が浅い」、「メーカー物」、「高級品」などがあり、フリマアプリやネットオークションでは高値で売れる可能性があります。

フリマアプリのようにインターネットを通じて個人間で取引ができる物としては、「ネットオークション」や、「掲示板アプリ」といったものがあります。それぞれにいろいろなアプリがでているので、まずはどれを利用するのかを決めてから準備を行うようにしましょう。

アプリを利用してクローゼットを出品する場合の手順は、以下を参考にしてください。

  • 1.利用したいアプリを入れる
    まずは、スマホやパソコンに利用したいアプリをインストールしておきましょう。数多く存在するフリマアプリはそれぞれに特徴があるので、自分が使いやすいといったものを選んでください。
  • 2.アカウント登録する
    インストールが終わったら、自分のアカウントを取得します。必要な情報を入力し、アプリの利用規約をよく理解した上で登録作業を行いましょう。
  • 3.クローゼットを出品する
    フリマアプリで売りたいクローゼットの画像を掲載します。スマホの小さな画面で見てもわかりやすいように、鮮明な画像で色々な角度から撮影したものを複数枚載せます。もし、とれないキズや汚れがあった場合は、その部分の画像も掲載し、キズがあることを了承した上で買取をしてもらうようにしましょう。
    商品説明では、クローゼットの大きさや素材、特徴などをわかりやすく記載します。売却価格は、他の商品を見て大体の相場を設定するようにしましょう。
  • 4.発送する
    買い手がついたら、いよいよクローゼットを発送します。あまりに大型のものは、配送会社でも受け付けてくれない可能性があるので、出品前に確認しておくようにしましょう。また、配送料もかなり高額になることが考えられます。送料負担を負担することを考えて慎重に価格を設定するのが良いでしょう。

6.家具店で引き取り

クローゼットの買い替えなどで古いものを処分したいと言う場合は、新しいクローゼットを購入した家具店で引き取ってもらうことができます。

ただし、引き取りに対応しているのは、大手の一部の家具店に限られているので、購入する前に確認しておくのが良いでしょう。ちなみに、処分のための費用は店舗によって異なります

支払いの際に「購入金額が高くなっている」とあわててしまわないように注意しましょう。

引き取りは、新しいクローゼットと交換する形になるので、場所を移動しておく必要があります。重いクローゼットを移動させる際には、壁や床にキズがつかないよう、養生などを行い安全に注意した上で慎重に行うようにしましょう。

7.不用品回収業者に依頼

クローゼットを楽に処分するなら、不用品回収業者が最適です。

不用品回収業者は、小型のクローゼットはもちろん、大型で運び出すのが困難なクローゼットでも回収してもらうことが可能です。クローゼット以外の家具や家電、生活用品なども回収してもらうことができるので、引っ越しや断捨離などで荷物を整理したい時には特におすすめです。

クローゼットを不用品回収業者に依頼する時の手順は以下の通りです。

  • 1.業者に問い合わせをする
    不用品回収業者は、インターネットで検索すると実に多くの業者が表示されます。それぞれの会社で異なるサービス内容があるので、まずは問い合わせをしてみるのが良いでしょう。
  • 2.見積もりを依頼する
    不用品回収業者では、無料で見積もりを出してもらえるのでクローゼットの処分費用や、それ以外の不用品を含めた処分費用なども見積もってもらうことができます。
    複数の業者に問い合わせて見積額を比較してみるのも良いでしょう。
  • 3.回収する日を決める
    不用品回収業者で処分する費用に納得することができたら、回収する日程を決めます。自分の都合に合わせて回収日を決めることができるので、確実に立ち合いができる日程を決めるようにしましょう。
  • 4.回収してもらう
    回収日当日までには、処分してもらうクローゼットの中を取り出し空にしておかなければなりません。搬出に伴う養生や梱包はすべて業者のスタッフが行ってくれるので、何もする必要はありません。

クローゼットを処分する際の注意点

クローゼットを処分する際には、気をつけておきたい注意点があります。それぞれの処分方法によるものや、処分時の注意点など、押さえておきたいポイントについて詳しく確認しておきましょう。

クローゼットの処分方法別による注意点

さまざまな大きさのクローゼットを処分するには、解体作業や搬出作業などの危険が伴うものも多くあります。ここでは、クローゼットを処分する方法別の注意点について詳しく確認しましょう。

処分方法注意点
解体して燃えるゴミに出す自治体が回収を行っているゴミ回収では、分別のルールを守ることが徹底されています。そのため、木材と金属・プラスチックなどで構成されているクローゼットは、それぞれに細かく分別して指定日に回収してもらわなければなりません。
粗大ゴミとして回収処分したいクローゼットは粗大ゴミとして回収してもらうことが可能ですが、木材のクローゼットの重量はかなり大きいので、搬出時には家の壁や床を傷つけないようにすること、搬出時にケガをしないように注意する必要があります。
ゴミ処理場で廃棄ゴミ処理場へクローゼットを持ち込むのは、施設の営業時間内と決められているので、事前に営業時間の確認をすることと、それに合わせたスケジュール設定をすることは不可欠です。
ほとんどのゴミ処理場は、平日の9時〜17時までの営業時間となっているところが多いので、場合によっては仕事の休みを取らなければならないこともあります。
リサイクルショップで買取リサイクルショップでクローゼットを買い取ってもらいたい場合、お店に搬入できないくらいのサイズのクローゼットや、状態のひどいものは買い取ってもらえない可能性もあります。
フリマアプリで売るフリマアプリは、誰でも気軽に出品することができることで人気を集めていますが、クローゼットを出品したからといってすぐに売れるとは限りません。また、希望の金額で売れる保証もないので、あまり過信することは控えるようにしましょう。
家具店で引き取りクローゼットの買い替えをするなら、新しいクローゼットを購入した家具店で引き取ってもらうこともできます。しかし、引き取りのための処分費用は意外に高額であること、引き取ってもらえるお店は限定されていることなどをよく理解しておきましょう。
不用品回収業者に依頼不用品回収業者にクローゼットの処分を依頼する場合、どの業者を選ぶかが大きなポイントになります。
業者の中には、不法にゴミを投棄したり、見積もり金額以上の金額を請求されたりなどの悪質な会社も存在します。
安心してクローゼットの処分を依頼できる業者を選ぶためのポイントは、
・古物許可証の資格を持っていること
・公式のホームページを持っていること
・料金の記載が明確にされていること
・実績が多く、評判が良いこと

クローゼットを解体するのは危険

できるだけお金をかけずにクローゼットを処分するには、小さく解体して自治体の燃えるゴミの日に回収してもらうのが一番です。しかし、実際にクローゼットを解体するとなると、広いスペースの確保・壁や床の養生・長靴や安全メガネ、軍手の着用・ノコギリの準備など、多くの労力と手間がかかってしまいます。

大型のクローゼットは、木材も厚みのあるものをつかっているので、個人がバラバラに解体するには大変な時間がかかってしまいます。

作業中のケガのリスクや、部屋が散らかるなどのことを考えると、実際にクローゼットを解体するのは大変危険であると言えるかもしれません。

とくに女性の場合は、かなりの力仕事になり危険な作業となることもあるので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

クローゼットの処分費用

大きさの異なるクローゼットは、処分方法だけでなく重さによっても処分費用が異なる可能性があります。詳細な金額は、それぞれの施設やお店に問い合わせて確認してみましょう。

ここではあくまでも参考までに大まかな金額を掲載しています。

処分方法処分費用
解体して燃えるゴミに出す木材部分:燃えるゴミ
金属部分:燃えないゴミ・金属ゴミ
いずれも自治体の指定ゴミ袋:200円〜(容量による)
粗大ゴミとして回収一辺が30cmの立方体以上の大きさもの:200円〜
ゴミ処理場で廃棄10kg単位で計算:数百円〜
リサイクルショップで買取買い取ってもらえた場合は、その金額が利益
フリマアプリで売る買い取ってもらえた場合、出品料や送料を差し引いたものが利益
家具店で引き取り家具店による:2,000円〜
不用品回収業者に依頼業者による

クローゼットの処分別のメリット・デメリット

クローゼットを処分する7つの方法についてみてきましたが、それぞれの処分方法ごとにメリットとデメリットがあるようです。処分したいと考えているクローゼットは、どの処分方法で廃棄するのが最適なのかを改めて考えてみましょう。

処分方法メリットデメリット
解体して燃えるゴミに出す・手軽で確実に処分することができる
・クローゼットがどんな状態であっても処分してもらえる
・処分費用がやすい
・指定のゴミ袋に入らなければ、回収してもらえない
・分別しなくてはならない
・解体には危険が伴う
粗大ゴミとして回収・比較的手軽で確実に処分することができる
・クローゼットがどんな状態であっても処分してもらえる
・回収日までに日数がかかる
・大きさによっては処分費用も高くなる
・指定場所までの搬出作業が大変
ゴミ処理場で廃棄・確実に処分することができる
・クローゼットがどんな状態であっても処分してもらえる
・処分費用がやすい
・クローゼット以外のものもまとめて処分できる
・車で直接持ち込まなければならない
・施設の営業時間に合わせて持ち込まなければならない
・クローゼットの積み込み、廃棄は全て自分たちで行わなくてはならない
リサイクルショップで買取・お小遣い稼ぎになる可能性がある
・リサイクルしてもらえる
・買い取って守らない可能性もある
・買取されないものは自分で持ち帰らなければならない
・直接お店に持ち込まなければならない(出張買取は別)
フリマアプリで売る・お小遣い稼ぎになる可能性がある
・リサイクルできる
・かんたんに出品できる
・売れないこともある
・出品の準備や発送の準備に大変な手間がかかかる
・処分するまでの時間がかかる
家具店で引き取り・確実に処分してもらえる
・自分たちで搬出しなくてもすむ
・クローゼットがどんな状態でも回収してもらえる
・新しいクローゼットを購入しなくてはならない
・処分費用がかかる
・必ず引き取ってもらえるとは限らない
不用品回収業者に依頼・すぐに処分できる
・どんな状態でも回収してもらえる
・手間がかからない
・クローゼット以外のものでも回収してもらえる
・処分費用がかかる
・不用品回収業者を選ぶ手間がかかる

クローゼットを処分するときのメリット・デメリットを検証してみると、クローゼットの状態や使用年数、大きさや重量などがポイントになるようです。

例えば、クローゼットを確実に処分したいと考えていて、なおかつできるだけお金をかけずに処分するなら「自治体のごみ収集」が最適ですが、クローゼットを解体するには大変な手間と労力が必要であり、危険が伴う作業であることがわかります。

粗大ゴミやゴミ処理場へ持ち込む方法も確実にクローゼットを処分することができますが、搬出作業や運搬には大変な労力と危険が伴うこともあり、リスクはやや高めです。

一方、フリマアプリやリサイクルショップを利用すると、クローゼットを売ったお金で臨時収入を期待することもできますが、必ず売れるとは限らないこと、自分たちで発送準備をしなければならないなど、かなりの手間がかかってしまいます。

もっとも手間をかけず、楽に処分するなら不用品回収業者がおすすめです。クローゼットがどんな状態であっても確実に処分してもらえるほか、クローゼット以外の不用品も回収してもらうことができるので、一気に部屋の中が片付けられます。

クローゼットを処分するなら不用品回収業者がおすすめ

この記事では、クローゼットを処分するための7つの方法と、処分の際のメリット・デメリットや注意するべき点について詳しくご紹介してきました。

クローゼットには、スタイリッシュ・重厚感・カジュアルなど、さまざまなデザインのものや異なる大きさのものあります。いずれの場合も解体するのは大変危険であること、搬出作業には大変な労力がかかることなどが理解できたのではないでしょうか。

手間や労力をかけずにクローゼットを処分するなら、不用品回収業者が最適です。搬出に伴う作業も従業員が全て行ってくれるので、依頼をした後は、搬出までの経路にあるものを避けたりするだけですみます。自分の都合に合わせて回収の日時を決めることができるので、スケジュールをいちいち調整する必要もありません。

不用品回収業者への依頼は電話一本です。忙しくて電話ができない場合は、24時間365日受け付けているメールフォームからの問い合わせもOK。

まずは気軽に処分したいクローゼットについて、無料見積もりと相談をしてみてはいかがでしょう。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事