電動歯ブラシの処分方法8選│各処分方法のメリットとデメリットも解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

電動歯ブラシの処分方法8選│各処分方法のメリットとデメリットも解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

電動歯ブラシの処分方法8選│各処分方法のメリットとデメリットも解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
電動歯ブラシの処分方法8選│各処分方法のメリットとデメリットも解説

「電動歯ブラシが壊れたので処分したい」
「新しい電動歯ブラシが出たので買い替えたい」

そのように考える方がいらっしゃるかもしれません。しかし、電動歯ブラシをどうやって処分すればいいか分からない方もいるかと思います。

今回電動歯ブラシの処分方法を8つ紹介します。そして、それぞれの処分方法のメリット・デメリットについても整理します。

また電動歯ブラシは、電池を必ず外してから処分する必要があるなどの注意点や理由についても説明します。

電動歯ブラシの処分方法について知りたい方は、ぜひ最後までお読み下さい。

電動歯ブラシの処分方法

電動歯ブラシの処分方法は、以下のような8つの方法があります。

電動歯ブラシの処分方法

1.小型家電回収ボックスを利用する
2.不燃ゴミとして処分する
3.不用品回収業者を利用する
4.リサイクルショップに出す
5.フリマアプリで出品する
6.家族・知人・友人に譲る
7.掃除用に再利用する
8.新しい電動歯ブラシを購入する際に下取りしてもらう

電動歯ブラシの処分方法についてそれぞれ解説します。

小型家電回収ボックスを利用する

電動歯ブラシは小型家電リサイクルの対象品目となっているため、回収してもらいリサイクルすることが可能です。自治体のゴミとして処分する方法もありますが、リサイクルすることで地球環境に優しくなります。

この電動歯ブラシをリサイクルするためには、小型家電回収ボックスに入れれば簡単にできます。

小型家電回収ボックスに入れられた電動歯ブラシは業者に運ばれ、そこで資源としてリサイクルされ新しい商品になっていきます。

電動歯ブラシだけでなくその他の家電でも、小型家電リサイクルの対象アイテムになっているものは一緒に処分できます。

小型家電リサイクルとは、家電から鉄・アルミ・鋼・レアメタルなどの有効な金属資源を再利用するためのものです。

小型家電リサイクル法の回収対象になるのは電動歯ブラシのほかに、パソコン本体・携帯電話・ゲーム機・デジタルカメラ・電子レンジなどがあります。

パソコンの他に、プリンタ・スキャナ・モニタなどの周辺機器も一緒に回収可能です。

電動歯ブラシを小型家電回収ボックスで処分する方法は地球環境において手間もかからないため、おすすめの方法です。

小型家電回収ボックスの探し方

小型家電の回収ボックスは設置を市役所がメインとなって行っているため、お住まいの地域の自治体のホームページから調べられます。

またGoogleで検索する際は、「自治体名 小型家電回収ボックス 設置場所」と検索すると出てきます。

例えば、東京都港区で調べた場合区役所のホームページが上位表示され、施設名と住所が掲載されています。

不燃ゴミとして処分する

電動歯ブラシは、自治体の不燃ゴミで処分するという方法もあります。大きな家電ではないので、他の不燃ゴミとともに指定の袋にいれて不燃ゴミとして出せます。

特に費用もかからず、指定の日に出すだけなので手間もかかりません。

ただし、後で詳しく解説しますが、電動歯ブラシの電池は必ず外すようにしましょう。充電式で電池を外せない場合は、小型家電回収ボックスなど他の方法を選ぶほうがいいでしょう。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を使って電動歯ブラシを処分するという方法があります。ただし、不用品回収業者は費用がかかるため電動歯ブラシ1つだけで出すのは、あまりにコストがかかりすぎます。

そのため引っ越しや断捨離などで多くの不用品が出る場合には、一括して不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。

一つ一つ不用品を分別するという手間もないため、とても便利です。生ごみやガソリン・医療機器・産業廃棄物などのゴミでない限りほとんどの不用品を引き取ってもらえます。

テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンなどのリサイクル品目や、植物・コンクリート・土なども引き取ってもらえる不用品回収業はは多くいます。実際に依頼する際には、問い合わせてみるといいでしょう。

リサイクルショップに出す

未使用の電動歯ブラシであれば、リサイクルショップに持っていき買い取ってもらうことが可能です。状態がよく有名ブランドのものであれば1万円を超える値がつく場合もあります。

最も人気の高い超音波歯ブラシであれば、高額査定も見込めます。

また新品のものでも、保存状態によって価格変動していきます。

ただし使用している電動歯ブラシは、買取してもらえないので気をつけておきましょう。歯ブラシ部分に新しい替えがあり本体が使用済みの場合は買取してもらえる可能性があるため、リサイクルショップに問い合わせてみるといいでしょう。

フリマアプリで出品する

新品の状態の電動歯ブラシであれば、フリマアプリで売ることが可能です。フリマアプリはリサイクルショップで売却するよりも高く売れます。

その一方で、使い古しの電動歯ブラシでも、ブラシ部分が替えのものがあれば出品できます。

誰かが使った電動歯ブラシを他の人が使いたくないのは当たり前であり、新品の替えブラシがあれば売れる可能性があるということです。

フリマアプリでは、保存状態や使用頻度・使用歴・傷があるか等の記載をしておきます。

写真は、表面・裏面・側面・傷がある部分を撮影します。

家族・知人・友人に譲る

電動歯ブラシのブラシ部分が新しいのであれば、家族・友人・知人に譲るという方法があります。もちろん新品の状態であればなお渡しやすいです。

家族・友人以外にも会社の同僚や近所の人などに聞いてみて、電動歯ブラシが欲しい人がいるのであれば、譲ることが可能です。

処分して廃棄してしまうのと違い、地球環境に良いためおすすめの方法です。

また電動ブラシは歯を磨く以外にも細かいところの掃除にも適しているため、そのような利用用途で欲しい人がいないかを聞いてみるのも良いでしょう。

掃除用に再利用する

電動歯ブラシを、歯磨き以外の掃除などのために利用するという方法もあります。歯ブラシとしては使えなくなっていたとしても、掃除道具としては使えるため再利用が可能です。

電動歯ブラシは、小さなモノや狭い所の掃除にとても便利です。

水回りから工具まで電動歯ブラシで掃除できてしまいます。

また金属の部分に対しても掃除することができ、磨くとあっという間に汚れが落ちてしまいます。

特に処分するための手間もなく、再利用できるためおすすめの方法です。

新しい電動歯ブラシを購入する際に下取りしてもらう

新しい電動歯ブラシを購入する際に、古い電動ブラシを下取りしてもらえる場合があります。

例えばフィリップスジャパンの場合ソニックケアの対象商品を購入すると、現在使っている電動歯ブラシを最大5,000円で下取りできるキャンペーンを行っていることがあります。

新しい電動歯ブラシを購入する際には、一括で処分もできるため手間がなくおすすめです。

電動歯ブラシを処分する際の注意点

電動歯ブラシを処分する際に注意することとして、バッテリーを必ず外しておくということがあります。バッテリーを外さないで処分してしまうと、思わぬ事故や発火の原因となる場合があるため注意が必要です。

バッテリーは回収ボックス等でリサイクルにまわすこともできるため、別に処分できます。

特に夏場など気温が高いときにはバッテリーの事故もあるため注意が必要です。

小型充電式電池が取り外せないときは

電動歯ブラシの小型充電式電池が取り外しできない場合には、不燃ゴミなどではなく別のゴミとして処分します。例えば東京都八王子市の場合には、有害ゴミとして処分することになります。

このように小型充電式電池が取り外しできない電子タバコ・充電式電気シェーバー・携帯ゲーム機などは有害ゴミとして収集されます。

取り外しできるかどうかは、電動歯ブラシの取扱説明書などで確認すると良いでしょう。

小型充電式電池の取り外しができたら、リサイクル協力店に持ち込む事が可能です。プラス極とマイナス極をテープで絶縁してリサイクル協力店にあるリサイクルボックスに出すと回収してもらえます。

リサイクル協力店については、自治体のホームページリンクから探すことができることがあります。

小型充電式電池が原因で火災が発生

自治体の報告として小型充電式電池が不燃ゴミと一緒に処分され、火災による事故が増加しています。

不燃ゴミの中に小型充電式電池が内蔵された電動歯ブラシなどが捨てられ、発火してしまうことがあるのです。

電動歯ブラシを処分する際は、小型充電式電池が残っていないか再度確認するようにしましょう。電動歯ブラシを処分する際に手間がかかるからと、何も考えずに、不燃ゴミに出してしまうことがあるかもしれません。

しかし小型充電式電池を外さず処分すると、自治体のゴミ回収員の方が危険にさらされることがあります。

電動歯ブラシの処分方法に関するメリットとデメリット

電動歯ブラシの処分方法について8つ紹介しましたが、どの処分方法を選んだらよいかわからないかもしれません。

そこで電動歯ブラシの各処分方法に関するメリットとデメリットについて整理することで、選択する際の判断基準にして頂ければと思います。

小型家電リサイクルボックスを利用する

小型家電リサイクルボックスを利用する際のメリットとデメリットは、以下の通りです。

小型家電リサイクルボックスを利用する際のメリットとデメリットは

・メリット…処分するのではなくリサイクルできるため地球環境に良い
・デメリット…もしかしたらフリマアプリなどで売れる可能性があるものを無料でリサイクルしてしまう

小型家電リサイクルボックスを使えば手間なく電動歯ブラシをリサイクルできます。

処分するのではなく新しい製品として生まれ変わるため、地球環境にやさしいです。

一方で替えブラシをつければ、高い値段で売れる可能性があるものを手放してしまうというデメリットもあります。

少し手間はかかりますが、リサイクルショップへ持っていったりフリマアプリで出品することでお金を得られる可能性があるのです。

不燃ゴミとして処分する

電動歯ブラシを不燃ゴミとして処分する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

電動歯ブラシを不燃ゴミとして処分する場合のメリット・デメリット

・メリット…不燃ゴミの日に出すだけなので手軽に処分できる
・デメリット①…電池を外さなければいけないという注意が必要
・デメリット②…処分してしまうので地球環境に優しくない

電動ブラシを不燃ゴミとして出すには、不燃ゴミの袋に入れて指定日に出すだけです。

特に手間もなく、簡単に処分ができます。

ただし内蔵の電池は、外さなければいけないため注意が必要です。

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用して電動歯ブラシを処分した場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

不用品回収業者を利用して電動歯ブラシを処分した場合のメリット・デメリット

・メリット①…電動ブラシ以外にも不用品を一括に処分できる
・メリット②…短い期間で処分できる
・デメリット…電動歯ブラシだけで処分するとコストパフォーマンスが悪い

断捨離や引っ越しなどで電動歯ブラシ以外にも不用品がある場合には、一括で処分してもらうのでとても便利です。

また自治体で処分するのとは違い、問い合わせをしてからすぐに処分してもらえます。最短即日で来てもらえることもあります。

一方でデメリットとしては、費用がある程度かかるため、電動ブラシだけ依頼するのはコストパフォーマンスが悪い可能性があります。

リサイクルショップに出す

電動歯ブラシをリサイクルショップに出して処分する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

電動歯ブラシをリサイクルショップに出して処分する場合のメリット・デメリット

・メリット…リサイクルショップに持っていくだけで売却できる
・デメリット①…フリマアプリで出品する場合に比べて査定額が低くなる
・デメリット②…持っていっても買取してもらえないことがある

リサイクルショップに持っていきさえすれば、査定してもらい売却できます。比較的手間が少なくお金を得ることができるというメリットがあります。

一方でデメリットとしてリサイクルショップは査定額が低いため、フリマ品で出品する場合に比べて得られるお金がとても少ないです。

フリマアプリで出品する手間を省き、お金を得たいのであればリサイクルショップがおすすめです。

ただし、使用済みのブラシしかない場合など、リサイクルショップに持っていっても買取してもらえないことがあります。

またリサイクルショップで査定額をアップさせるには、付属品や説明書箱などが一緒にあると良いでしょう。

査定額をアップさせるために、そのような探す手間があるというデメリットもあります。

またリサイクルショップの種類についても気をつける必要があります。

ファッションなどをメインと扱いして扱っているリサイクルショップでは、家電である電動歯ブラシはあまり高く売れないかもしれません。

一方で家電ばかりを扱っているようなリサイクルショップであれば、需要が高く、高めに査定してもらえる可能性があります。

フリマアプリで出品する

電動歯ブラシをフリマアプリで出品する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

電動歯ブラシをフリマアプリで出品する場合のメリット・デメリット

・メリット①…自分の好きな価格で出品できる
・メリット②…リサイクルショップよりも高い価格で売却できる可能性がある
・デメリット①…出品作業や梱包・発送等の手間がかかる
・デメリット②…場合によってはいつまでも売れない可能性がある

電動歯ブラシをフリマアプリで出品する場合、自分の好きな価格で出品できます。

その設定額は、周りの電動歯ブラシの価格を見ながら決めていくことになりますが、リサイクルショップの査定額に比べて高くできます。

一方で、電動歯ブラシに関してや使用歴等の説明や写真の撮影、売れた場合は梱包し発送するという手間がかかります。

また古い電動歯ブラシの場合などは、いつまでたっても売れない可能性もあります。

家族・知人・友人に譲る

電動歯ブラシを家族・知人・友人に譲り処分する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

電動歯ブラシを家族・知人・友人に譲り処分する場合のメリット・デメリット

・メリット…家族、知人、友人に感謝される
・デメリット…リサイクルショップやフリマアプリで売れる可能性があるものを渡してしまう

電動歯ブラシを家族・知人・友人に譲る場合には、家族等が欲しがっていれば感謝されるということがあります。

いらなくなった電動歯ブラシを再利用できるため、とてもおすすめな方法です。

一方で高い電動歯ブラシや未使用の場合には、リサイクルショップやフリマアプリで高く売れる可能性があります。

お金を得られる可能性を、家族・知人・友人に譲ることで失ってしまうというデメリットがあります。

しかし家族・知人・友人にプレゼントをするつもりならば、問題がないでしょう。

掃除用に再利用する

電動歯ブラシを掃除用に再利用する場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

電動歯ブラシを掃除用に再利用する場合のメリット・デメリット

・メリット…処分しないで再利用できる
・デメリット…間違って歯磨きに使わないようにする必要がある

電動歯ブラシを掃除などに再利用する場合は処分しないで済むというメリットがあります。

一方で、デメリットは誤って前からの癖で歯磨きに使わないようにする必要があります。しかし、それ以外は注意すれば特にデメリットはありません。

自分で持っている電動歯ブラシを歯磨き以外の方法に再利用するというのは、生活の知恵とも言えるでしょう。

新しい電動歯ブラシを購入する際に下取りしてもらう

新しい電動歯ブラシを購入する際に、下取りしてもらい処分するという方法のメリット・デメリットは、以下の通りです。

新しい電動歯ブラシを購入する際に、下取りしてもらい処分するという方法のメリット・デメリット

・新しい電動歯ブラシを購入するとともに処分できるため手間がかからない
・その上購入価格から査定額を引いてもらえる
・デメリットとしてはフリマアプリで出品するよりも低く査定されてしまう可能性がある
・その他には、下取りをしていない場合がある

電動歯ブラシを購入する際に、下取りしてもらえれば手間がなくとても便利です。

その上、査定額を購入価格から引いてもらうことが可能です。

一方でフリマアプリで出品する場合に比べて、査定額は低くなってしまいます。

しかし手間がとても少なくお金も得られるため、時間を大切にしたい人にとってはおすすめの方法です。

また、販売店によっては、古い電動歯ブラシを下取りしていない場合があります。購入前に下取りできるか聞いてみるといいでしょう。

電動歯ブラシの種類ごとの処分方法

電動歯ブラシの処分方法は、種類によって分けられます。電動歯ブラシには、充電式電動歯ブラシと電池式電動歯ブラシがあります。

充電式電動歯ブラシの場合には、回収ボックスに出すか、不燃ゴミに出す方法があります。

電池式電動歯ブラシの場合には不燃ゴミに出します。

充電式電動歯ブラシを処分するには、解体が不要なため回収ボックスに入れるのがおすすめの方法です。

先ほど説明したように電動ブラシは小型家電リサイクル法の対象品目になっているため、回収ボックスが設置されておりリサイクルできます。

多くの自治体では、回収ボックスが設置されています。

ただし、住んでいる地域に小型家電回収ボックスがない場合には、大手家電販売店などの有料回収サービスを利用する方法があります。

一方で不燃ゴミで出す場合には、バッテリーを外して解体する必要があります。

電池式電動ブラシの場合には、回収ボックスではなく不燃ゴミに出します。もちろんその場合、電池を外す必要があります。

不用品回収業者を利用して電動歯ブラシを処分する際のポイント

電動歯ブラシを不用品回収業者に依頼すれば、生ごみ、ガソリンなどの液体類・食品・医療機器・産業廃棄物など以外は大量の不用品を同時に回収できます。

引っ越しや断捨離などで多くの不用品がある場合には、不用品回収業者を利用するのが良いでしょう。

そして不用品回収業者に依頼する場合には、問い合わせをして見積もりをしてもらうと良いです。どれぐらいの価格がかかるかが分かり、場合によっては買取してもらえることもあります。

無料見積りや無料相談を受け付けている不用品回収業者もあるので、気になる方は調べてみてください。

不用品回収業者の選び方としては、一般廃棄物収集運搬業や古物商の許可を得ているか確認するといいでしょう。

しっかりと許可を得て、信頼のおける不用品回収業者を選んでいきます。

無料回収をかかげている不用品回収業者や街を軽トラックで回っているような業者は違法な営業をしている可能性があるため、利用しないようにしましょう。

電動歯ブラシを買取してもらえるのは、未使用の場合のみ

電動歯ブラシを買取してもらえるのは、未使用の場合のみです。当然使っている電動歯ブラシを買いたいと言う人はいません。また未使用の電動歯ブラシであったとしても、保存状態が良くないと買い取ってもらえない場合もあります。

また新品の替えブラシをつけておいて、ブラシの部分が新しい状態であれば、買い取ってもらえる場合があります。

電動歯ブラシの買取相場

電動歯ブラシの買取相場は、数百円から20,000円程度です。メーカーや機能・保存状態によって査定額は変わってきます。

そして買取価格はリサイクルショップによって変わってくるため、複数のところで査定をしてもらうという方法もあります。

複数カ所で査定してもらい、高いところで売却することでより多くお金を得られます。

電動歯ブラシの買取方法

電動歯ブラシの買取方法は、以下の方法があります。

電動歯ブラシの買取方法

・出張買取
・宅配買取
・持込買取

それぞれの特徴を把握して、買取方法を選ぶといいでしょう。

出張買取

出張買取は、自宅までスタッフが来てくれて買取してもらえる方法です。

自分でリサイクルショップまで持ち込む必要がなく、自宅にいながら買取してもらえます。

ただし事前予約が必要な事と、不用品が少ない場合には依頼がしにくいです。業者によっては出張費用が別途発生することがあるので確認しておいた方が良いでしょう。

宅配買取

買取に出したい電動歯ブラシを段ボールなどで梱包して宅配で送る方法があります。自分のタイミングで送ることができ、とても便利です。ただし梱包し発送する手間がかかります。

また買取が駄目だった場合には、返送料を負担しなければいけないこともあるため、確認したほうがいいでしょう。

持込買取

実際に販売店やリサイクルショップに持ち込み、買取してもらうという方法です。店舗まで持っていけば、すぐに査定してもらえて現金化することが可能です。

持ち込まなければいけないという手間がかかりますが、出張費用などがかかりません。

電動歯ブラシは自分にあった方法で、処分しましょう

電動歯ブラシを処分する方法について、紹介してきました。電動ブラシを処分する方法は、以下の通りです。

電動ブラシを処分する方法

1.小型家電回収ボックスを利用する
2.不燃ゴミとして処分する
3.不用品回収業者を利用する
4.リサイクルショップに出す
5.フリマアプリで出品する
6.家族・知人・友人に譲る
7.掃除用に再利用する
8.新しい電動歯ブラシを購入する際に下取りしてもらう

それぞれメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法を選ぶようにしてみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事