三輪車の処分方法9選|無料・簡単な処分方法も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

三輪車の処分方法9選|無料・簡単な処分方法も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

三輪車の処分方法9選|無料・簡単な処分方法も紹介

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
三輪車の処分方法9選|無料・簡単な処分方法も紹介

「子供が乗らなくなった三輪車、どう処分したらいいのか悩んでいる…」

「三輪車を安く処分できる方法は?無料で捨てられる方法もないかな?」

上記のような悩み・疑問を抱える方は、きっと多いでしょう。

三輪車は子ども用の遊具のため、子どもが大きくなるにつれ必ず不要になります。

しかし「子どもとの思い出が詰まってるから、捨てるにしのびない…」と思ってしまい、三輪車を捨てられていない親御さんもいるかもしれません。

この記事では、三輪車を処分するのにおすすめの方法9選を提案します。

思い出の詰まった三輪車を捨てずに済む方法や、無料で処分可能な方法も紹介。

三輪車の処分にお困りの方は、ぜひご覧ください。

三輪車を家庭ゴミとして捨てるのはNG

「三輪車は小さいから、ビニール袋に入れて家庭ゴミで捨てられないかな?」

そう思った方は、きっと少なくないはずです。

中には大きめの三輪車を分解し、家庭ゴミにしようと考える方もいるでしょう。

三輪車は不燃ゴミの集合体ですが、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。

一辺が30cm以上に該当するため、ビニール袋に入ったとしても家庭ゴミとして廃棄するのは不可能なのです。

三輪車を分解して不燃ゴミに出すのは、理屈上不可能ではありません。

しかし、三輪車のネジや部品は、子どもが乗っても壊れないよう非常に頑丈な造りとなっています。

解体の際に力を入れすぎ怪我をするリスクがあるため、分解はおすすめできないでしょう。

三輪車を廃棄する際には分解や家庭ゴミに出すことは避け、必ず粗大ゴミとして処理を行ってください。

三輪車の処分方法9選

三輪車は家庭ゴミに出せないと分かったところで、ここでは適切な三輪車の処分方法を紹介します。

確実に処分ができ、安全性も高いものを厳選して紹介するので、三輪車の処分にお困りの方は必見です。

紹介する三輪車のおすすめ処分方法は、以下の9つです。

三輪車の処分方法9選

①粗大ゴミ回収に出す
②知り合いや親戚に譲渡する
③フリマアプリで販売する
④リユース業者に回収を依頼する
⑤施設などに寄付する
⑥ネット掲示板を利用し譲渡する
⑦地域の交換会やバザーに出品する
⑧リサイクルショップに買取を依頼する
⑨不用品回収業者に引き取りを依頼する

子どもとの思い出が詰まった三輪車を、ご自身に合った適切な方法で処分しましょう。

以下では、各処分方法を徹底解説します。

①粗大ゴミ回収に出す

三輪車が壊れていたり、劣化して使えなかったりする場合、粗大ゴミを利用し廃棄処分することになります。

小型粗大ゴミの三輪車は、指定された処分場への運び出しも楽でしょう。

気軽にできる処分方法なので、廃棄処分を検討される方はぜひ利用してみましょう。

三輪車を粗大ゴミで廃棄処分する方法は、以下の4ステップです。

三輪車を粗大ゴミに出す手順4ステップ

①住んでいる自治体に問い合わせ、三輪車の長さ・重さを伝える
②廃棄の指定日とゴミ券の金額を教えてもらう
③指定金額分の粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局で購入する
④三輪車にゴミ券を貼り、指定日時に収集場所へ運ぶ

ゴミ券を貼り付け指定の日時に集積所へ三輪車を持っていけば、自治体サービスが処分を行ってくれます。

処分金額は自治体が教えてくれるため、利用者がお金の計算をする必要は一切ありません。

処分に使うゴミ券も郵便局やコンビニで買えるため、購入に手間取ることはないでしょう。

なお、処分日時には指定があるため、その日には予定を空ける必要があるのには注意してください。

②知り合いや親戚に譲渡する

「知り合い・ご近所さんの子供に三輪車を譲ってもいい?」

上記のような疑問を抱える方も、きっと少なくないでしょう。

思い出の詰まった三輪車を捨てるくらいなら、他の方に使ってもらいたいと考える親御さんは多いはずです。

比較的三輪車が新しく、故障個所もみられないならぜひ譲渡を行ってみてください。

流行りのキャラクターものや、多種多様な機能をそなえたものなら、知り合いにも喜んでもらえるでしょう。

近年は、三輪車の価格も高くなっており、大型おもちゃの購入を渋っている親御さんも少なくありません。

使える子ども用品の譲渡を知り合い・親戚間で行い、同じママ・パパ同士助け合いをしてみてはいかがでしょうか。

③フリマアプリで販売する

子ども・ベビー用品はフリマアプリでも人気があるジャンルです。

三輪車をフリマに出品すれば、気に入った方が購入してくれるかもしれません。

「ヤフオク!」「メルカリ」などのアプリを使い、気軽に三輪車をフリーマーケットに販売してみましょう。

やや汚れがあるなど、使用に問題ないレベルの商品なら値下げをすれば買ってもらえる可能性もあります。

価格交渉を行い、リサイクルショップなどで買取してもらえなかった、やや訳ありの品を売ってみてはいかがでしょうか。

④リユース業者に回収を依頼する

子どものおもちゃである三輪車を引き取っている「セカンドライフ」などのリユース業者も存在します。

リユース業者は寄附した三輪車を選別し、使用・売却・寄附などを行う業者です。

状態が悪い商品も引き取りを行い、リサイクルしている団体もあります。

リユース業者への回収依頼は、無料・有料の場合があります。

寄付の形態は配送・引き取りなどさまざまですが、引き取られた三輪車が他の子供たちのために使われることに間違いはありません。

あなたの思いがこもった大切な三輪車を、ぜひリユース業者に託してみてください。

⑤施設などに寄付する

子ども支援のための施設に、三輪車を無料で寄付するのもおすすめです。

配送費用がかかることもありますが、支援を必要としている子供たちに遊ぶための三輪車を届けることができます。

三輪車の寄付を受け付けている施設には、以下のような場所があります。

三輪車の寄付を受け付けている施設や団体の一例

・ドレミ託児所
・国際子供友好協会
・エコトレーディング
・松葉の園
・いいことシップ
・ワールドギフト など

無料で三輪車の発送を受け付けているところもあるため、興味のある方はぜひ問い合わせを行いましょう。

⑥ネット掲示板を利用し譲渡する

「近くに知り合いがいないから、三輪車を譲渡できない…」

「知り合いがいないけど、三輪車を譲渡で処分したい!」

上記のような悩み・希望を抱く方は、ネット掲示板を利用してみるのがおすすめです。

ジモティーなどのネット掲示板を利用すれば、近くで三輪車を欲しがっている人を探せます。

ジモティーは、以下の5ステップで簡単に利用可能です。

ジモティーを利用し三輪車を譲渡する5ステップ

①アプリをダウンロードし会員登録をする
②利用情報を登録する
③譲りたい三輪車の写真と情報を投稿する
④メッセージが来たら譲渡希望者と条件交渉をする
⑤取引が成立したら実際に会って譲渡を行う

ジモティーはメールアドレスの登録をすれば、誰でも簡単に利用できます。

あなたもぜひ、ネット掲示板を上手く利用し三輪車を欲しがっている方を捜してみてはいかがでしょうか。

⑧地域の交換会やバザーに出品する

近所に児童館や公民館などの施設がある場合は、交換会に三輪車を持ち込むのもおすすめです。

使い終わったおもちゃを持ち込めば、三輪車を欲しがっている方と物々交換ができます。

条件が合えば自分が欲しいと思っているものを、三輪車と引き換えに手に入れられるでしょう。

幼稚園や保育園で開催される、バザーに三輪車を出品するのもよいでしょう。

バザーを観に来る方の多くは子ども連れの親御さんのため、三輪車が売れる可能性は高くなります。

いらなくなった三輪車をお金や物に換えたい方は、ぜひ交換会やバザーを利用してみてください。

⑧リサイクルショップに買取を依頼する

子ども用品を買い取っているリサイクルショップなら、高い確率で三輪車を買い取ってもらえるでしょう。

特にブランド品や便利な機能が付いているもの、状態が良く綺麗なものは高く買取されやすい傾向にあります。

出張買取を利用すれば、家にいながら買取処分を行えます。

三輪車を売って臨時収入を手に入れたい方は、ぜひリサイクルショップに持ち込みを行ってみてください。

⑨不用品回収業者に引き取りを依頼する

三輪車以外にも古いおもちゃがたくさんある場合には、不用品回収を利用するのがおすすめです。

子ども用のおもちゃは成長に伴い、頻繁に買い替えを行わねばなりません。

使い終わったおもちゃの処分も頻繁に行う必要がありますが、こまめに処分を行うのは大変だという方もいるでしょう。

不用品回収業者を利用すれば、家にいながらたくさんのおもちゃを一気に処分できます。

三輪車やトランポリンなどの遊具も大きさを問わず、引き取りが可能です。

不用品回収業者の中でも、年間20,000件の確かな実績をもつ「不用品回収のお助け屋」はおすすめです。

見積もりはメール・LINEで簡単に行え、最短25分で現地に到着後は不用品を素早く回収します。

たくさんのおもちゃを回収できるお得なパックもあるため、三輪車以外のおもちゃを処分することも可能です。

状態が良い商品の買取もできるため、「不用品回収のお助け屋」をぜひ利用してみてください。

三輪車の処分費用相場

ここまで、三輪車の処分方法を詳しく解説してきました。

ここからは、三輪車を処分するのにかかる費用相場を、表を使い詳しく解説します。

三輪車を処分する際の費用を知りたい方は、ぜひご覧ください。

【処分方法】【費用相場】【ポイント】
①粗大ゴミ回収に出す数百円程度・ゴミ券を貼り指定の場所に三輪車を持ち込み処分する
・三輪車の廃棄処分を行うのに一般的な方法
②知り合いや親戚に譲渡する無料・まだ乗れる三輪車なら無料で処分可能
③フリマアプリで販売する無料・三輪車をお金に換えられる処分方法
・子ども用品を取り扱う店なら引き取りされやすい
・料金が業者により異なるため相見積もりを取るのがおすすめ
④リユース業者に回収を依頼する業者により異なる・無料で引き取りを行うところもある
・送付または持ち込みで処分をする
⑤施設などに寄付する無料・無料で引き取りを行うところが多い
・送付または持ち込みで処分をする
⑥ネット掲示板を利用し譲渡する無料・ネット環境が必須
・三輪車を欲しがっている知り合い身近にいない場合に使うとよい
⑦地域の交換会やバザーに出品する無料・近くに公民館や幼稚園などがある必要あり
・交換会では無料で物々交換を行う
・バザーでは収入を得られる可能性もある
⑧リサイクルショップに買取を依頼する無料・出張買取を行っているところもある
・料金が業者により異なるため相見積もりを取るのがおすすめ
⑨不用品回収業者に引き取りを依頼する業者により異なる・料金が業者により異なるため相見積もりを取るのがおすすめ

三輪車を処分する方法は、多くが無料である事が多いです。

中には処分によりお金を得られたり、有益なものを引き換えにもらえることもあります。

ご自身に合った処分方法で、三輪車をぜひ処分してみてはいかがでしょうか。

三輪車の処分方法ごとのメリット・デメリット

「三輪車の処分方法は分かったけど、どの処分方法が自分に合うのかも知りたい!」

上記のような願いに応えるため、ここでは三輪車の処分方法ごとのメリット・デメリットを、表を使い詳しく解説します。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
①粗大ゴミ回収に出す・処分金額の計算をしてくれる
・自治体サービスなのでトラブルが少ない
・状態の悪い三輪車も処分可能
・処分日時や運び出しの指定がある
・三輪車の運び出しが必要
②知り合いに譲渡する・無料で三輪車を処分できる
・貰い手が来るなら運び出しの負担が軽く済む
・壊れた三輪車の処分はできない
・知り合いがいない場合処分は不可能
③フリマアプリで販売する・価格の設定が自由
・訳あり品の販売も価格交渉次第では可能
・三輪車を売って臨時収入を得られる
・ネット環境がなければ販売はできない
・出品者とのトラブルが起きやすい
・配送料がかかる
・売り上げが高いと確定申告が必要
④リユース業者に回収を依頼する・三輪車を児童支援に役立てられる
・業者によっては処分が無料のケースも
・配送の場合梱包が必須
・処分が有料の業者もいる
⑤施設などに寄付する・三輪車を児童支援に役立てられる
・処分が無料のケースも多い
・壊れた三輪車の処分はできない
・三輪車の受付が一時停止している場合、引き取りを拒否されることもある
⑥ネット掲示板を利用し譲渡する・無料で三輪車を処分できる
・貰い手が来るなら運び出しの負担が軽く済む
・知り合いがいない場合でも三輪車の譲渡処分が可能
・ネット環境が必須
・アプリへの登録などを事前に行う必要がある
⑦地域の交換会やバザーに出品する・物々交換で欲しいものを手に入れられる
・三輪車を売って臨時収入を得られる
・交換の場合トレードが成立しない可能性もある
・バザーの場合売れないと処分は不可能
⑧リサイクルショップに買取を依頼する・三輪車を売って臨時収入を得られる
・出張買取を依頼すれば家にいながら三輪車を処分可能
・店舗買取の場合は運び出しが必須
・状態が悪い三輪車は引き取りされないことが多い
・子ども用品を扱わない店では買取拒否される可能性もある
・業者により買取価格が大きく異なるため、相見積もりが必須
⑨不用品回収業者に引き取りを依頼する・即日処分が可能
・家にいながら三輪車を処分可能
・収集日時の設定が自由
・他の不用品やおもちゃとの一括処分も可能
・買取を行う業者もある
・業者により買取価格が大きく異なるため、相見積もりが必須
・単品処分は割り高になりやすい

各処分方法のメリット・デメリットを把握し、適切な価格・手間で三輪車を処分しましょう。

三輪車を処分する際の注意点

三輪車を処分する際の注意点は、主に以下の4つです。

三輪車を処分する際の注意点4つ

①キャラクターものの場合流行時期を必ずチェック
②機能性が高いものは高価買取が狙える
③ペットがいる家庭の場合アレルギーを考慮し譲渡・販売する
④販売・譲渡の際には対象年齢や乗車体重を明記する

以下で各注意点を徹底解説するので、三輪車の処分を考えている方はぜひご覧ください。

①キャラクターものの場合は流行を必ずチェック

三輪車の中には、子どもの好きなキャラクターがついているものもあります。

キャラクターの流行は移り変わることがあるため、特に販売や譲渡を考えている方はチェックを行わねばなりません。

流行り廃れのないキャラクターものは、買取価格が安定しており譲渡の際のトラブルも起きにくいです。

一方、毎年キャラクターが変わる戦隊ものや特撮、女の子向きの変身ヒロインなどの商品は、放送時期が終わると一気に市場価値が下がります。

テレビ放送が終われば子どもの中のブームが過ぎ去ることも多く、譲渡しても喜ばれない可能性も高くなります。

流行り物のキャラが描かれた三輪車は、キャラクターブームが過ぎ去る前に譲渡・買取処分を行うのがベストだといえるでしょう。

②機能性が高いものは高価買取が狙える

三輪車の中には、安全性を高めたハイスペック機能搭載のものもあります。

機能が一切ない三輪車に比べ、機能性が高いものは高価買取を狙いやすいです。

以下のような機能を搭載した三輪車をお持ちなら、ぜひ買取処分を行ってみましょう。

三輪車に搭載されるハイスペックな機能

・転落防止機能やシートベルト
・服や足の巻き込みを防ぐディスクタイヤ
・子どもを親がサポートできる手押し棒
・誤発進防止のロック機能
・持ち運びに便利な折りたたみ機能 など

機能付き三輪車の中でもブランド品は特に価値が高く買取を受け入れられやすいです。

ブランド証明書をつけて買取依頼すれば、さらに査定額は上がるでしょう。

故障していない機能性三輪車を処分する際には、買取をリサイクルショップなどに依頼してみてください。

③ペットがいる家庭の場合アレルギーを考慮し譲渡・販売する

子どものアレルギー原因となりやすいペットの犬・ネコを買っている方は、譲渡・販売の際に注意をすべきでしょう。

譲渡・販売先宅の子供がアレルギー持ちだった場合、出品者・譲渡者が訴えられてしまう可能性があるからです。

譲渡・販売を行う前には三輪車を丁寧に手入れするのはもちろん、ペットを飼っていることを買い手・貰い手に必ず伝えてください。

事前にペットがいることを伝えておけば、トラブルに発展する可能性は低くなります。

④販売・譲渡の際には対象年齢や乗車体重を明記する

三輪車の販売・譲渡の際には対象年齢はもちろん、乗車体重も確認し明記すべきです。

子どもの中には年齢よりも発育が良く、乗車体重や適正身長を超えている子もたくさんいます。

適正体重超えの子がその三輪車を利用すると、故障により怪我をするリスクが高くなってしまいます。

三輪車を相手に売ったり譲ったりする際には、適正体重のことも伝えるようにしてください。

適切な体格の子に三輪車を使ってもらい、故障トラブルを未然に防止しましょう。

三輪車を譲渡・販売する際のチェックポイント

「三輪車を譲渡・販売したいけど、良い商品・悪い商品の区別がつかない…」

「三輪車の出品トラブルを極力減らしたいけど、どうやってチェックを行うべきか分からない…」

上記のような悩みを抱える方のために、ここでは三輪車を譲渡・販売する際のチェックポイントを5つわかりやすく解説します。

まだ使える三輪車を譲渡・販売する際のチェックポイント

①タイヤのすり減りやパンクはないか
②プラスチックの破損はないか
③メーカー補償は有効かどうか
④色あせはないか
⑤きちんと機能は利用できるか

以下で各ポイントを徹底解説するので、ぜひご覧ください。

①タイヤのすり減りやパンクはないか

三輪車を安全に走らせるためのタイヤは、譲渡・販売前に必ずチェックすべきポイントのひとつです。

タイヤの溝がなくなるほどすり減っていたり、タイヤがパンクしたりしている三輪車を譲渡・販売するのはやめてください。

タイヤに異常があると、使用した子供が滑って転び、怪我をする可能性が高まります。

タイヤに異常を発見したら、その三輪車の譲渡・販売は取りやめるべきでしょう。

故障ではありませんが、タイヤに空気が入っていなかった場合も、トラブルに発展する可能性があります。

譲渡・出品を行う前には、必ず三輪車についているタイヤの空気を満タンにしておいてください。

②プラスチックの破損はないか

三輪車に取り付けられている、プラスチックパーツは非常によく破損しやすいです。

破損したプラスチックパーツは子どもの柔らかい皮膚に刺さったり、切り傷をつけたりしてしまいます。

転んだ時に破損したプラスチックパーツがさらに砕け、子どもに大ケガをさせてしまった事例も少なくありません。

三輪車の譲渡を行う際には、ボディや車輪に取り付けられたプラスチックパーツが、折れたり砕けたりしていないかを確認しましょう。

少しでもひび割れたパーツがあるなら、安全のため廃棄処分を検討してください。

③メーカー補償は有効かどうか

三輪車のメーカー補償が有効かも、可能ならば確認しましょう。

特に販売で三輪車を処分したいと思っている方は、保証書の確認は必須です。

保証書付きの三輪車は、保証書がないものより高値で売れるでしょう。

メーカー補償が切れていないかを確認し、保証書を一緒に提出して大きな利益をぜひあげてください。

④色あせはないか

三輪車のボディは経年劣化や紫外線で色褪せやすいです。

気づけば文字やキャラクターなどが途切れ、非常に薄くなっていることもしばしばあります。

ボディの色あせは見た目を悪くするだけでなく、三輪車の査定額も落としがちです。

外に三輪車を放置しておくと、ボディの色あせは起こりやすい傾向にあります。

子どもの成長に伴い必ず処分する三輪車ですが、買取や譲渡を考えるなら見た目を綺麗に保ちたいものです。

一度色褪せた商品の復元はできないため、三輪車を野ざらしにするのは極力避けてください。

⑤きちんと機能は利用できるか

機能付きの三輪車を譲渡・販売する際には、機能がきちんと使えるかを必ず確認してください。

特に三輪車を長期間使わず、保管していた時は要注意です。

金属パーツに生じた錆などが原因で、折りたたみなどの機能はすぐに劣化してしまいます。

もし機能に異常が生じていたら、錆び取りやオイル差しなどのメンテナンスを行ってみましょう。

機能が復旧するのならば、譲渡・販売を諦めずに済むかもしれません。

機能の復旧作業を行ってもダメな場合は、出品や譲渡を安全のため取りやめましょう。

三輪車を手間をかけずにすぐ処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

三輪車を処分する方法の多くは無料であり、有料の場合でも数百円で処分を行えます。

しかし、それは処分すべき遊具が三輪車単品の時の話。

子どものおもちゃは定期的に買い替えが必要なため、自宅にたくさん古いおもちゃが眠っているご家庭も少なくないでしょう。

不要になった三輪車のような大型遊具が、置き場所を取るため困っている…という方もいるかもしれません。

三輪車などのおもちゃを一括処分したいなら、不用品回収業者を呼びまとめて引き取りを依頼するのがおすすめです。

お得なパック料金プランを使えば、大小さまざまなおもちゃを一括で処分できます。

三輪車などのおもちゃ以外の家電、家具も同時に回収可能です。

「不用品回収のお助け屋」は、年間20,000件の実績を持つ不用品回収業者です。

見積もりは簡単にメール・LINEでできるため、まずは気軽に問い合わせを行ってみてはいかがでしょうか。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事