ラックの処分方法7選|格安・無料の処分法も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ラックの処分方法7選|格安・無料の処分法も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ラックの処分方法7選|格安・無料の処分法も紹介

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ラックの処分方法7選|格安・無料の処分法も紹介

「ラックの処分方法が分からず悩んでいる…素材ごとに処分方法は違うみたいだしどうしたらいい?」

「ラックを処分する時の注意点や、処分方法別の金額目安が知りたい!」

上記のような疑問・悩みを抱える方は、きっと多いことでしょう。

非常に重く運び出しが大変なラックの処分には、さまざまな問題点が付きまといます。

自力でラックを処分しようとして、上手くいかなかった…という方も、中にはいるのではないでしょうか。

この記事では、ラックの処分方法を徹底解説。

処分にかかる費用や方法別のメリット・デメリット、注意点も紹介します。

今お持ちのラックを処分したい方は、ぜひご覧ください。

ラックとは扉がないタイプの収納棚のこと

そもそもラックとは、どのような棚を指す言葉なのか、気になった方はいませんか?

棚にはラックの他にもシェルフやキャビネット、タンスやチェストなどさまざまな種類があります。

ご自身がお持ちの棚がラックかどうかを確認するためにも、まずはラックの概念をはじめに理解しておきましょう。

ラックとは、扉が付いていない収納棚のこと。

耐久重量が高く設定されており、物を乗せても安定感が維持できるもののことを指します。

同じ扉なしの棚でも耐久重量が低く、重さに耐えられないものは「飾り棚」に該当するため注意しましょう。

※この記事では耐久重量が高い、ラックの処分方法のみを取り扱います。

その他棚の処分方法を確認したい方は、当サイト内の別記事をご覧ください。

ラックの種類を素材別に紹介

ラックにはさまざまな種類があり、処分方法もそれぞれで異なります。

今お持ちのラックがどの種類なのかを把握すれば、処分方法を選びやすくなるでしょう。

ここでは、ラックを素材ごとに3種に分け、特性や導入するメリット・デメリットを紹介します。

ラックの種類を素材別に紹介

①解体し一般ゴミに出しやすい木製ラック
②金属でできた重いスチールラック
③耐荷重・耐震性に優れた業務用ラック

以下で各ラックを徹底解説するので、ラックの処分を考えている方はぜひご覧ください。

①解体し一般ゴミに出しやすい木製ラック

木素材をネジなどの金具で止めた木製のラックは、無印良品やニトリ、カインズなどで購入できます。

全体が金属でできたものは棚板や支柱の解体が可能なことが多いため、メタルラックより処分費用を安く抑えることが可能です。

金属や木などさまざまな素材が複合されできているものは、解体後に分別が必須となります。

解体し自治体のゴミに出す場合には、ネジや柱、棚板などの分別をしっかり行いましょう。

耐荷重量はスチール製のものと比較すると軽く、30~70kg程度のことが多い傾向にあります。

②金属でできた重いスチールラック

全体が金属でできたスチールタイプのラックは、家の中で一度分解しないと重く運び出しが困難です。

ずっしりと重く設置場所にも困りやすいスチールラックですが、頑丈さは木製ラックよりも勝っているのが特徴でしょう。

支柱や棚板のデザインは業務用ラックよりおしゃれなため、室内に置いてもインテリアに支障をきたさないものがほとんどです。

耐火性・耐震性が高く、耐荷重量も80kg程度と重くなります。

たくさん荷物をラックに乗せたい方は、スチールラックを選ぶのがおすすめです。

スチールラックを廃棄する際には、基本棚板の解体ができないため粗大ゴミに出すことになります。

重く運び出しが困難なため、必要に応じ不用品回収などを利用するのを検討してください。

③耐荷重・耐震性に優れた業務用ラック

スチールラックの中でも耐荷重・耐震性をさらに高めた業務用品が存在します。

業務用スチール棚の耐荷重量は他のラックの比ではなく、120~500kg以上。

デザイン性を重視して作られた棚ではないため、室内に置くのには適しません。

優れた耐久性を生かし、倉庫などに荷物を置くために設置するのがおすすめでしょう。

非常に重い業務用ラックもあるため、一般の方が粗大ゴミとして処分するために運び出すのはとても困難です。

廃棄を検討する際には、業者に引き取りを依頼する必要性が高いといえます。

ラックの処分方法7選

「ラックの種類は分かったけど、うまく処分する方法が分からない…」

「ラック処分に適した処分方法の中でも、おすすめはどれ?」

上記のような悩み・疑問を抱いている方も、きっとたくさんいるでしょう。

ここでは、ラックのおすすめ処分方法7選を厳選して紹介します。

ラックの処分方法7選

①解体し一般ゴミに出す
②粗大ゴミに出す
③フリマアプリで販売する
④知り合いに譲渡する
⑤リサイクルショップに売却する
⑥家具の引き取りサービスを利用する
⑦不用品回収業者に引き取りを依頼する

どの処分方法がどの種類のラックにおすすめなのかも徹底解説するので、以下の各処分法解説をぜひご覧ください。

①解体し一般ゴミに出す

木製のラックを処分したいと思っており、かつ工具を使いこなせる自信がある方は解体処理を行ってみましょう。

ラックは大物家具のため、解体時には広い場所を用意し怪我をしないよう気をつけて作業を行ってください。

木製ラックを解体する手順は、以下のステップです。

木製ラックの解体手順3ステップ

①ネジや金具を外し棚板と柱を分解する
②木製の棚板や柱をのこぎりで30cm以下に解体する
③ゴミの分別を行い指定袋に入れてゴミ出しをする

ラックは複雑な仕組みの家具ではないため、解体するのは比較的簡単です。

しかし各パーツに重量があるため、力がない方が1人で解体を行うのは危険です。

重量物を扱える方が家族にいない場合には、解体を行わず利用できる処分方法を取ってください。

②粗大ゴミに出す

解体できないスチールラックや、そのままの状態の木製ラックは粗大ゴミに出すことになります。

自治体によってはゴミの一辺の長さや処分重量に制限があるため、業務用の大きなラックを処分したい方は必ず問い合わせを行ってください。

ラックを粗大ゴミ回収に出す手順は、以下の4ステップです。

ラックを粗大ゴミに出す手順4ステップ

①住んでいる自治体に問い合わせ、ラックの3辺の長さ・重さを伝える
②廃棄の指定日とゴミ券の金額を教えてもらう
③指定金額分の粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局で購入する
④ラックにゴミ券を貼り、指定日時に収集場所へ運ぶ

ラックの運搬を行えるなら、粗大ゴミに出す方法は非常におすすめです。

ゴミ券を買って貼り付け、指定場所に運ぶだけで、非常に安くラックを処分できるからです。

非常に重いラックの場合は、一度解体し処分場所にパーツを運ぶのもよいでしょう。

解体したパーツを現地で簡単に組み立て、ゴミ券を貼れば運搬の手間は最小限に抑えられます。

③フリマアプリで販売する

おしゃれでデザイン性の高いラックなら、フリマアプリで販売するのもよいでしょう。

人気のあるブランドやデザインのものは、フリマアプリでの需要も高い傾向にあります。

近年人気の北欧系デザインのラックや、アイリスオーヤマのおしゃれな独自ブランドスチールラック「メタルラック」は、フリマでも需要が高いです。

ネット環境があるならフリマアプリ「メルカリ」「ヤフオク!」などを利用し、ラックを販売してみましょう。

販売する際には商品写真を撮った後ラックをいったん分解し、配送しやすい状態にしておいてください。

なお、ラックは重量物のため、売上から高い配送料が引かれることは覚悟しておきましょう。

④知り合いに譲渡する

ラックは収納に非常に便利な家具のため、知り合いに譲渡しても喜ばれやすいです。

収納を欲しがっている知り合いが近くにいるなら、積極的に譲渡を行ってみましょう。

知り合いが近くにいないなら、「ジモティー」などの掲示板を使い譲渡募集をするのもおすすめです。

地元掲示板に登録し、必要な情報を記入して写真を掲載すれば、簡単に出品可能。

譲渡希望者がラックを取りに来るなら、重いラックを運ぶ手間も省けるでしょう。

壊れたラックでなければ貰い手はつきやすいため、廃棄処分を考える前にインターネットを利用し譲渡相手をぜひ探してください。

⑤リサイクルショップに売却する

ラックは多くのリサイクルショップで買取を受け付けている家具です。

特に収納家具を買取しているお店では、高く買取してもらえる可能性が高い傾向にあります。

新しいラックやブランド品ならば、さらに高値での買取処分を狙えるでしょう。

対して古い商品や汚れ・傷がひどい商品は、買取をしてもらえない可能性があります。

壊れたラックの引き取りもしてもらえないため、状態が悪い商品は廃棄処分を検討してください。

⑥家具の引き取りサービスを利用する

新しいラックを購入したいと考えている方は、お店の家具引き取りサービスを利用するのがおすすめです。

引き取りサービスを利用すれば、古いラックを業者の人が自宅に取りにきてくれます。

重いラックの運び出しを行う必要が一切ないため、手間をかけず気軽に処分が可能なのがこの方法のメリットでしょう。

ラックの引き取りサービスを利用できるお店には、以下のようなものがあります。

ラックの引き取りサービスを利用できるお店の一例

・ベルメゾン
・ニトリ
・大塚家具
・無印良品 など

引き取りサービスは、無料のもの・お金がかかるものなどさまざまです。

自社製品でなければ引き取らないお店もあるため、引き取りを依頼する際には事前に回収が可能かを確認しておきましょう。

⑦不用品回収業者に引き取りを依頼する

非常に重い業務用ラックを処分したい時や、たくさんのラックを処分する際には不用品回収を利用すべきです。

大型のラックはとても重いため分解が難しく、一般の方が運び出そうとすると体を傷める恐れがあります。

重いものを運び出すプロ、不用品回収業者に依頼すれば重量物の運搬は一切必要なくなります。

必要に応じ大型家具の解体も行うため、室内を傷付けず重いラックを運び出せるでしょう。

複数のラックを運び出す際にお得なパック料金を使えば、処分費用が安く済むのも嬉しいポイントです。

すぐにラックを処分したい方は、最短25分で現地到着の「不用品回収のお助け屋」を利用するのが便利。

年間20,000件の確かな実績を持つ「不用品回収のお助け屋」なら、重いラックの運び出しも難なく行ってくれます。

見積もりをメールやLINEで無料にて行っているので、ラックの処分を考えている方はぜひ「不用品回収のお助け屋」をご利用ください。

ラック処分の費用相場

ここまでラック処分の方法を紹介してきました。

ここからは、ラック処分にかかる費用の相場を表で詳しく紹介します。

ラックの処分費用を細かく知りたい方は、ぜひ以下の表をご覧ください。

【処分方法】【費用相場】【ポイント】
①解体し一般ゴミに出す無料・解体できる木製ラックを処分する時に
②粗大ゴミに出す400~2,800円・1辺30cm以上のラックを処分する時に
③フリマアプリで販売する無料・価格を自由に設定できる
・ネット環境が必須
④知り合いに譲渡する無料・知り合いかネット掲示板で募集した方にラックを譲渡する
⑤リサイクルショップに売却する無料・査定額が業者により異なるため相見積もりを取るのがおすすめ
・店舗買取以外に出張買取も利用できる
⑥家具の引き取りサービスを利用する無料~4,000円・買い替えが条件になりやすい
・無料で引き取りを行うところもある
⑦不用品回収業者に引き取りを依頼する業者により異なる・料金が業者により異なるため相見積もりを取るのがおすすめ

小さなラックは処分料金が安く済むため、粗大ゴミなどの自治体サービスでも処分しやすいです。

大型のラックは粗大ゴミでの処分費用が高くなるため、譲渡や出張買取を駆使するのがおすすめです。

不用品回収業者の中には、買取を行っているところもあるので、必要に応じ利用してみましょう。

ラックの処分方法ごとのメリット・デメリット

「ラックの処分方法は分かったけど、どの方法が一番自分に向いているか分からない…」

記事を読み、そう感じた方もきっといるでしょう。

ここでは、ラックの処分方法ごとのメリット・デメリットを紹介します。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
①解体し一般ゴミに出す・解体できる木製ラックを気軽に処分できる
・無料でラックの処分ができる
・解体できない場合処分は不可能
②粗大ゴミに出す・処分金額の計算を自動に行ってくれる
・自治体サービスなのでトラブルが少ない
・どんな素材のラックでも処分可能
・重いラックの運び出しをする必要がある
・日時や運び出しの指定がある
・大きすぎたり重すぎたり業務用ラックは回収不可能な場合もある
③フリマアプリで販売する・好きに価格を設定できる
・訳ありの商品も値下げ次第で出品可能
・ラックを売り臨時収入にできる
・ネット環境が必須
・出品者とのトラブルが起きやすい
・配送料がかかる
・売り上げが高いと確定申告が必要
④知り合いに譲渡する・無料でラックを処分できる
・貰い手が取りに来る場合運び出しの負担が減る
・壊れた品は譲渡不可能
・近くに知り合いがいない場合にはネット掲示板を利用する必要がある
⑤リサイクルショップに売却する・ラックを販売し臨時収入を得られる
・出張買取を行う業者なら運び出しが不要
・店舗買取の場合ラックの運び出しが必須
・状態が悪いラックは引き取りされない可能性もある
・業者により買取価格が大きく異なるため、相見積もりが必須
⑥家具の引き取りサービスを利用する・ラックを自宅まで取りに来てくれる
・無料でラックを引き取る業者も存在する
・多くの場合、引き取り費用が必要
・引き取りに条件を課しているお店もある
⑦不用品回収業者に引き取りを依頼する・ラックの即日処分が可能
・重いラックを運搬する必要がない
・家にいながらラックを処分可能
・収集日時の設定が自由なことが多い
・他の不用品との一括処分も可能
・買取を行う業者もある
・処分費用がかかる(単品の場合処分費用は高め)
・業者により価格が大きく異なるため、相見積もりが必須

どの処分方法が自分に向いているか分からない方は、上記の表を読んで各方法ごとのメリット・デメリットを抑えましょう。

重いラックを処分するのに適した方法と、軽いラックに使えるおすすめ処分方法は違います。

各処分方法のメリット・デメリットを把握しておけば、適切な価格・手間でラックを処分しやすくなるでしょう。

ラックを処分する際の注意点

「ラックを処分する際に注意すべきことはある?」

「ラック特有の処分時の悩みってあるのだろうか?対策法は?」

上記のような疑問を抱く方は、きっと多いことでしょう。

ラックを処分する際の注意点は、主に以下の5つです。

ラックを処分する際の注意点5つ

①大きさだけでなく重さも処分価格には関係する
②運び出し困難な場合は解体が必須
③家庭ゴミで処分するなら分別の必要がある
④無認可の悪質業者には注意
⑤錆びたラックは買取が非常に困難

ラックを処分する際には大きさや重さ、運び出しに関する問題点を解決する必要があります。

以下で各注意点を徹底解説するので、ラック処分にお悩みの方はぜひご覧ください。

①大きさだけでなく重さも処分には関係する

粗大ゴミの処分方法の選択肢は、大きさだけでなく重さにも左右されます。

業務量ラックの場合、自治体の規定以上の重さがあるとゴミ処理場での処分を拒否される可能性もあるのです。

業務用で耐荷重量の重いラックを処分する際には、説明書などに書かれている製品重量を事前に伝え、処分が可能かを担当者に尋ねましょう。

3辺の最大辺長さも、処分が可能かに影響します。

価格だけでなく処分の可否にも影響するため、粗大ゴミでラックを処分したい方は事前に最大辺を必ず担当者に伝えましょう。

②運び出し困難な場合は解体が必須

「大型ラックを室内から運び出せない…」

そう悩む方もきっと記事を読んでいる人の中にはいるでしょう。

大型のラックは一度解体をせねば、室内から運び出せないケースもあります。

解説書を頼りに大型ラックを解体し、小さくしてから外に運び出しましょう。

解体方法が分からなかったり、経年劣化で金具が歪み解体できなかったりする場合には、業者を呼び運び出しを行ってもらいましょう。

不用品回収業者ならプロの技術で古くなったラックも解体し、丁寧に運び出してくれます。

③家庭ゴミで処分するなら分別の必要がある

木製ラックを解体し家庭ゴミに出すなら、ゴミ分別は必須です。

金属パーツは不燃ゴミ、木のパーツは可燃ゴミなど自治体の規定に応じた分別をきっちり行い正しく処分をしましょう。

分別をしっかり行わない場合、ゴミの収集を拒否される可能性もあります。

指定のゴミ収集日に合っていないゴミを出しても、収集は拒否されがちです。

分別はしっかり行い、自治体ルールを守ってラックの処分を行ってください。

④無認可の悪質業者には注意

不用品回収業者の名をかたった、悪徳業者には注意が必要です。

無認可業者を利用すると、最悪の場合利用者が罰せられる可能性があるため、以下の特徴を抑え違法な業者を見極めましょう。

無認可の不用品回収業者によくみられる特徴

・見積もりと実際の処理料金が全く異なる
・異常に安い価格で回収を行うことをうたっている
・大音量で町中を徘徊している
・回収拠点が空き地
・チラシや訪問などで過度なセールスを行う
・公式ホームページが作成されていない

違法な不用品回収業者を利用することには、費用面でもサービス面でもデメリットしかありません。

業者が見つかった場合にも利用を即決するのは避け、複数の業者から相見積もりをとるのがよいでしょう。

複数の不用品回収業者を見比べ、最も価格・サービスの良い業者を選べば失敗は少なくなります。

⑤錆びたラックは買取が非常に困難

まだ新しくても錆が付いたラックは、買取が非常に困難になります。

どうしても錆びたラックを買取に出したい場合、錆び取りを丁寧に行う必要があるでしょう。

ラックによく使われる金属「ステンレス」は、本来非常に錆びにくい素材です。

ステンレスが錆びてしまう原因のほとんどは、「もらい錆び」だといわれています。

金属製の錆びやすいものをラックの上に長時間放置していると、ステンレス素材が錆をもらい茶色く変色してしまうのです。

ラックに錆を見つけたら、早めに処理をし買取に支障が出ないようにすべきです。

金属についた錆が少ない場合は、家にある以下のような道具で簡単に落とせます。

錆取りに使える便利な道具

・歯磨き粉
・重曹
・クエン酸
・お酢
・サンポールなどの酸性洗剤 など

錆がひどい場合には、市販の錆取り剤を使い科学的処理でラックを綺麗にしましょう。

研磨剤などの物理的な処理で錆をそぎ落とすのは、ラックに傷が入るためおすすめできません。

化学処理で錆取りを行っても錆が残る場合は、買取でのラック処分を諦めるべきです。

ラックの買取を高額にするポイント4つ

「今持っているラックを高価買取してもらいたい」

「お得にラックを買取処分するためのポイントを知りたい」

ラックの買取処分をしようと考えている方なら、上記のような思いを抱くのは必至でしょう。

ここでは、ラックの買取を高値にするポイントを紹介します。

買取査定額を上げたい方は、以下の4つのポイントを抑えておきましょう。

ラックの買取を高額にするポイント4つ

①丁寧に手入れを行っているかどうか
②備品やパーツを揃っているか
③汚れ・傷などが目立つ位置に無いか
④有名メーカーの商品かどうか

ラックにネジや説明書、保証書などの備品がついているなら、販売前に揃えて提出しましょう。

なにもない状態で買取査定を行うより、査定価格が上がりやすくなります。

有名メーカーの商品の場合は、品質を証明する書類やタグをセットにするのもおすすめです。

メーカーの正規品であるのを証明できれば、査定価格はグッとアップします。


汚れが目立つ位置にあるなら、必ず事前に落としておきましょう。

特にスチールラックの錆は査定額に大きく響くため、必ず事前に錆取り処理を施しておいてください。

買取査定を有利に進める条件を覚え、今お持ちのラックを高額買取してもらいましょう。

ラックを手間をかけずにすぐ処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

ラックには木製・スチール製・業務用の3種があります。

処分費用や適した廃棄処分方法は、ラックの種類ごとに異なります。

重く大きなラックは処分費用がかかる上に、運びだしの手間もかかります。

一方、小さいラックは処分費用が安く、粗大ゴミでも簡単に処分ができるでしょう。

重いラックやたくさんのラックを、家から運び出しするのは非常に手間がかかること。

時間と体力を無駄にしないためには、ラック回収を「不用品回収のお助け屋」に依頼をするのがおすすめです。

「不用品回収のお助け屋」は、年間20,000件の回収実績を持つ不用品回収のプロです。

無料見積もりをメール・LINEで行えば、最短25分で不要なラックを回収に伺います。

必要に応じラックの買取も行えるため、比較的新しい商品を処分する際にも「不用品回収のお助け屋」は役立つことでしょう。

多数のラックを一括処分できるお得なパックもあるため、ぜひLINEやメールで「不用品回収のお助け屋」に問い合わせをしてみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事