物干し台の処分方法4選|正しい捨て方や処分の相場をご紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

物干し台の処分方法4選|正しい捨て方や処分の相場をご紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

物干し台の処分方法4選|正しい捨て方や処分の相場をご紹介

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
物干し台の処分方法4選|正しい捨て方や処分の相場をご紹介

物干し台は一度購入すると長く使用できる、便利なアイテムですよね。

劣化や引っ越しのタイミングで処分を検討する人もいるでしょう。

しかしいざ捨てるとなると、適切な方法がわからず困る人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、物干し台の処分方法を詳しく説明します。

素材ごとの処分の仕方や、回収費用の相場、引き取りサービスに対応している店の一覧もご紹介します。

気になる方はぜひ最後までご覧ください。

目次

物干し台とは?

物干し台とは、コンクリートで出来た重石で物干し竿を固定して使用します。

別名、物干しスタンドとも呼ばれており、屋内や屋外で洗濯物を干す際に用います。

サイズはさまざまで、一人暮らし用の小さな大きさのものから、家族4~5人分の洗濯物が一度に干せる大きいものまでたくさんあります。

耐荷重は10~30kg程度です。

コンクリート台付きのものと、ブロー台付きのものの2種類があるのはご存知ですか。

コンクリート台付きは、重石がしっかりしているので強風でも倒れる心配がなく、一度設置したらその後は設置場所を移動しないのが一般的です。

高さを調整できないため、背の小さい人やお子さんは使用しづらい点がデメリットです。

ブロー台は本体の中に水や砂を15kgほど入れて使用します。

コンクリート台に比べて持ち運びしやすいのが特徴です。

物干し台の処分方法4選

物干し台の処分方法はたくさんありますが、ここでは代表的なものを4つご紹介します。

それぞれ詳しく説明するので、自分に合ったやり方を選んでください。

物干し台の処分方法4選

1.不用品回収業者に依頼する
2.自治体に回収してもらう
3.不燃ごみとして処分する
4.購入した店に引き取ってもらう

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者は処分することだけが目的ではありません。

まだ使用できると判断したものは再利用します。

物干しスタンドはスチール、ステンレス、アルミなどの素材でできているため、無料でリサイクルすることはできません。

業者が不用品を回収後、1つあたり10円前後でリサイクル業者に売却してくれます。

自分でリサイクルの手続きを済ませるのが面倒な人は、不用品回収業者に任せるのが1番です。

運び出しから売却まで全て代行してくれます。

物干しスタンドを処分する場合は、物干し台と物干し竿を分別する必要がありますが、業者に依頼するのであれば付けたままで大丈夫です。

ネットで申し込みをして事前に見積額を提示してもらい、その後は専門スタッフが回収してくれるのを待つだけなので利用者がやることはほとんどなく、とても便利なサービスです。

自治体に回収してもらう

物干し台と一言で言っても、ステンレス製・スチール製・アルミ製など色々な素材のものがあります。

また、折りたたみ式のものや伸び縮みするものなど、タイプもさまざまです。

自治体によって、ごみとして処分できるものとそうでないもののルールが定まっています。

処理困難物に含まれていないかどうか、自治体の情報を確認してから処分してください。

不燃ごみ・粗大ごみとして処分する

再利用せずに廃棄処分する場合、粗大ごみか不燃ごみとして捨てることになります。

不燃ごみとして捨てるのであれば、45リットルのビニール袋に入れて廃棄します。

その際、物干し竿は切断したり折ったりして袋の中に入れてください。

パイプカッターのような専用工具を使用すると、簡単に小さく切ることが可能です。

折りたたみ式のものであれば、自分で分解して廃棄しましょう。

粗大ごみとして捨てる場合、自分で切断したり分解したりする必要はありません。

その代わり、事前に予約をして整理券を購入し、専用のシールを貼り付けるなどの手間がかかります。

また、物干しスタンドの大きさや重さによって回収料金も異なります。

全国的に相場は500円程度ですが、気になる人はネットで詳細を調べてみてください。

粗大ごみは収集日時や場所が指定されていることが多いため、業者からの指示を待ってから捨てます。

廃棄の際の立ち合いは不要です。

購入した店に引き取ってもらう

購入先の店舗や近くのホームセンターで引き取ってもらう方法もあります。

中には、新しい物干しスタンドを購入すれば古いものを無料で引き取ってくれるところもあります。

直接店舗まで持っていきましょう。

各店舗の引き取りサービスの概要は後述しますので、気になる人は本記事を最後までご覧ください。

回収費用の相場

細かい費用は自治体によって異なりますが、ここでは神奈川県を例として挙げます。

回収アイテム大きさ費用
コンクリート台付きの物干しスタンド1kg200円〜
ブロー台付きの物干しスタンドタンク2個1000円〜
物干し竿2m50cm以内500円〜

多くの自治体では、物干し台と物干し竿も一緒に回収してくれます。

回収してもらえる物干し台の特徴とは?

全ての物干し台が必ずしも回収してもらえるとは限りません。

素材によっては処分できず、その場ですぐ引き取ってもらえないこともあります。

物干し台にはさまざまな種類がありますが、コンクリート台やブロー台などの重石が付いているものは収集可能です。

重石がついていない物干し竿だけのタイプや折り畳み式のタイプ、布団用物干し台、室内干し用のツリー型の物干し台、スタンド物干し台なども回収してくれます。

▼回収可能な物干し台

・コンクリート台付き物干し台
・ブロー台付き物干し台
・物干し竿だけのタイプ
・折り畳み式のタイプ
・布団用物干し台
・室内干し用のツリー型の物干し台
・スタンド物干し台

物干し竿がついている物干し台の場合、1本あたり200円程度の手数料券の購入が必要となります。

店で引き取ってもらう際の流れ

ホームセンターや店舗で引き取ってもらう場合、以下の流れで進めていきます。

ニトリや無印良品などの家具屋でも引き取りを行ってくれますが、新しい商品購入時に、それと引き換えに同数量・同容量のものであれば引き取ってもらえます。

全体の流れ

1.オンラインショップで商品を注文する
2.「引き取りサービスを利用する」をクリックする
3.後日、配達員が自宅まで商品を届けに来た際、不用品を引き取ってもらう

物干し台のコンクリートの処分はどうする?

解体・切断して処分する場合

物干し台には重石付きのものと、重石なしのものがあり、それぞれで料金や処分方法が異なります。

物干し台は一般的に、左右で1セットの支柱に物干し竿をかけて使用するものを指します。

重石は粗大ごみとして処分したり、業者に回収してもらうやり方があります。

物干し竿はそのまま捨てることはできないため、解体あるいは切断してから捨てることが必要です。

ただ、物干し竿は簡単に切断することができないので、自分で処分する場合は専用工具を使用して切断しなければなりません。

サンダーと呼ばれる機械やノコギリをホームセンターで購入するのがおすすめです。

物干し竿の素材がステンレス製やアルミ製であれば、ダイソーに売っているようなパイプカッターでも切れます。

業者に依頼するよりも安く処分できるところが最大のメリットです。

自治体の回収サービスを利用すれば500円程度の費用がかかります。

その点、自分で工具を使用して切断すればそのままごみ袋に入れて他のごみと一緒に捨てることができます。

物干し台の素材とは?

物干し台にはさまざまな素材のものがあります。

それぞれの素材と購入金額を一覧表でまとめました。

素材 購入金額
スチール1,890円〜
ステンレス1,800円〜
アルミ3,700円〜

スチール製

スチールパイプにポリ塩化ビニルの皮膜をつけてキャップを入れたもので、竹竿が金属になったものです。

サビになりやすいデメリットがあるので、今は店頭に売っていないことが多いです。

ステンレス製

スチールパイプをステンレスで巻いたものが主流です。

スチールに比べてサビにくい特徴があります。

ステンレススチールとオールステンレスの2種類です。

ステンレススチールは値段が安く丈夫なのでコスパが良いというメリットがあります。

オールステンレスは全てステンレスで出来ているので高品質で値段が高いです。

アルミ製

サビにくいので屋内と屋外の両方で使用できます。

一円玉にも使用できる程軽いので、女性でも簡単に持ちあげられるのが特徴です。

耐久性があって丈夫で、風が吹いても衣類が左右に寄ったり落ちたりする心配がありません。

トップコート付きのものであれば、長く綺麗な状態で使用することができます。

自分に合った処分方法の選び方

「自治体に回収を依頼」すれば手間が省ける

自治体の回収サービスを利用する場合、家電リサイクル法の対象商品はそのまま捨てることができません。

地域によっては回収可能なアイテムの大きさや重さに制限があったり、自分で指定場所まで持っていく必要があります。

その点、業者に依頼すれば運び出しから回収、運搬まで一通りの作業を行ってくれます。

特に物干し台のような大きなものの場合、スタッフがトラックで引き取りに来てくれるため、手間が省けるのがメリットです。

自治体でごみとして処分する場合、処理券を購入してシールを粗大ごみに貼るという面倒な手順があります。

専用の処理券は商店街やコンビニまで行って買う必要があり、手間がかかります。

しかし不用品回収業者であれば、電話かメールで申し込みをすれば早くて当日、遅くて翌日以降に回収に訪れてくれます。

買い替え予定があるなら「引き取ってもらう」のが便利

粗大ごみとして処分したり、業者に回収してもらったりすると、費用がかかります。

まだ使えるのであれば、購入先の店やリサイクルショップに持ち込んで、引き取ってもらいましょう。

物干し台の状態が良ければそのまま買い取ってもらえる可能性もあります。

収益が得られる点は他の処分方法にない魅力です。

専用のリサイクルショップであれば出張買取にも対応しているため、遠方に住んでいる人でも気軽に利用できます。

店によっては新しい家具の購入と引き換えに、古いものを無料で回収してくれるところもあります。

引っ越しで買い替え予定がある場合、店の引き取りサービスの利用を検討してみるのも良いかもしれません。

ごみとして処分する際の注意点

曜日ごとに捨てられるごみの種類が異なる

粗大ごみや不燃ごみとして処分する場合、自治体によって捨てられる曜日が異なるので注意してください。

一般的に、月曜日はビン・缶・ペットボトル、水曜日は燃えるごみなどとルールがあります。

例えば、横浜市の収集曜日は以下の通りです。

ごみの種類収集曜日
燃やすごみ     
使用済み乾電池
スプレー缶
燃えないごみ
毎週火曜・土曜
プラスチック製容器包装 毎週金曜
缶・ビン・ペットボトル 毎週水曜
古紙第一月曜

朝の時間帯だけ回収を行っている地域もあります。

仕事などで夜遅くにしか収集場所に行けない人は、事前に自治体のサイトで詳細を確認しておきましょう。

自治体のごみの区分

物干し台はごみとして処分可能ですが、その区分方法は自治体によって異なります。

多くの自治体では10~15種類の分類されています。*

※注:環境省が発表する「一般廃棄物処理実態調査」

ごみの区分ごみの種類
不燃ごみ陶器・ガラス・フライパン・ライター・スプレー缶・LED電球
可燃ごみ食用油・生ごみ・洋服・紙くず・おむつ
粗大ごみ自転車・家電製品・家具(ベッド、ソファ)
資源ごみ段ボール・ビン・ペットボトル・缶・雑誌

上記の一覧表よりさらに細かく分類している自治体もあります。

例えば千葉市の可燃ごみの分け方は以下の通りです。

▼不燃ごみ

ごみの種類詳細
硬いプラスチック類文房具、CD、計量カップ、弁当箱
金属類工具、ペンキの空き缶、調理器具
小型家電アイロン、ラジオ、照明

▼可燃ごみ

ごみの種類詳細
軟質プラスチック類レジ袋、レインコート、納豆のパック、洗剤ボトル
皮類カバン、財布、ゴム手袋
布類羽毛の入った衣類、カーペット

引き取りサービスに対応している店の一覧

ここまでは物干し台の処分方法や、ごみとして処分する際の注意点を詳しくご紹介しました。

以下に、引き取りサービスに対応している店の一覧を作成しました。

条件、費用、事前に解体する必要があるかどうかの3つのポイントでまとめています。

引き取りサービスの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

カインズ

費用無料(※店舗持ち込みに限る)
条件オンラインで購入した物干し台の場合、自宅近くの店舗にて引き取り可能。配送や出張での引き取りは行っていない。

カインズでは、物干し台の他に以下の商品の引き取りも無料で行っています。

無料引き取り可能な商品一覧

・電子レンジ
・ストーブ
・掃除機
・扇風機
・自転車
・電動工具
・消化器

オンラインで購入した場合は、納品書あるいは明細書を用意して店舗まで持ち込んでください。

店舗で購入した人は、レシートを持っていってください。

ニトリ

費用4,400円
条件配送員設置商品の場合

購入した製品と引き取りする製品が同数量または同容量の場合、1つにつき4,400円で引き取ってくれます。

発送日の4日前までの連絡が必須なので注意してください。

指定の条件を満たしていれば、ニトリ以外の製品も引き取ってくれます。

ニトリで新しく製品を購入した際に、発送予定の4日前までに引き取りサービスを利用したい旨をスタッフに伝えてください。

オンラインショップで購入する場合だと、商品をカゴに入れた際に「引き取りサービスを利用する」という項目が出てきます。

そこにチェックを入れて、その後は通常通り支払いを済ませてください。

商品が届くと同時に不用品の回収も行ってくれます。

ベルメゾン

費用無料
条件販売価格41.800円以上、かつ大型商品送料7150円の商品

ベルメゾンで購入した商品の値段が41,800円以上かつ商品送料が3,500円以上のものに限ります。

この値段以下のものだと引き取りサービスが利用できないので、注意してください。

引き取ってもらった場合、ベルメゾンのポイントが1000pt贈呈されるのがメリットです。

無印良品

費用3,000円
条件なし

新しい商品を購入した場合に限り、それと引き換えに同じ種類かつ同じ数の不用品の引き取りを行ってくれます。

金額は3,000円×個数分です。

物干し台以外のものを引き取ってもらいたい人のために、以下に注意事項を載せますので、確認してください。

注意事項

・吊り下げ作業が必要となる場合、別途料金4,000円がかかる
・組み立て式の製品は事前に自分で解体しておく
・購入商品とサイズが異なるものでも引き取ってもらえる
・不用品のみの引き取りは行っていない
・引き取り不可の商品がある

▼引き取り不可の商品一覧

・布団、枕
・学習机
・ソファ、座椅子

不用品回収に関するよくある質問

Q1.作業終了後、清掃をしてもらえるのか?

不用品が置いてあった場所は埃などの汚れが溜まっていることがあるため、業者が掃除をしてくれます。

大きな傷や落としきれない汚れがある場合は、別途料金を請求してハウスクリーニングを行うこともあります。

不用品回収を機にまとめて部屋の掃除をしたい人は、業者に相談してみてください。

Q2.地方在住の場合、見積もりや回収の立ち合いは必要なのか?

回収の立ち合いをする必要はありません。

事前に業者に状況を伝えておけば、スタッフが運び出しから運搬・清掃まで行ってくれます。

中には、家の鍵を管理会社に渡すところまで対応してくれる業者もあります。

あるいは知人や家族に代わりに立ち会ってもらうことも可能です。

見積もりは電話やメールで相談することも可能なので、立ち合いは不要です。

サービスの対象エリア外にお住まいの場合、地域によっては別途相談が必要となります。

他に提携を結んでいる業者に委託することも可能なので、その際は事前申し込みをしてください。

Q3.不用品1点からでも回収してもらえるのか?

1点だけでも回収してくれます。

Q4.家電リサイクル法の対象となる物は何か?

テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機の4つのアイテムです。

家電リサイクル法は別名「特定家庭用機器再商品化法」とも呼ばれ、処分予定の不用品から使用できる部分をリサイクルし、廃棄物を減らすことを推進する法律です。

Q5.家1軒丸ごと、不用品の処分を引き受けてもらえるのか?

不用品の数は多くても問題ありません。

業者によっては不動産会社と提携を結び、家1軒丸ごと対応してくれるところもあります。

基本的にどこの不用品回収業者でも数に制限はなく、全て回収してもらえます。

ただ、当日になって急に回収する不用品の数が増えたりすると別途で追加料金を請求されることもあるので、その点は注意してください。

Q6.キャンセル料はかかるのか?

前日までに連絡すればキャンセル料はかからないところが、ほとんどです。

当日キャンセルの場合は料金が発生します。

日時の変更をした場合はキャンセル料はかかりません。

Q7.見積もりはタダで行ってくれるのか?

基本的に無料で行っている業者が多いです。

電話、メール、問い合わせフォームより連絡をし、不用品のサイズや状態について担当者に伝えます。

その後、見積もり額を提示してくれます。

不用品の再利用が進む背景

そもそも再利用とは?

生ごみや家電製品や家具など、日々生活をしていると不用品は必ず出てきます。

環境汚染を防ぐためにごみを削減して資源を大切にするために、再利用が進んでいます。

再利用はリユースとも呼ばれ、使えるものをごみにせず繰り返し使うことです。

物干し台に限らず、着れなくなった衣類をフリーマーケットやフリマアプリに出品することもあります。

一部破損しているものであっても、修理すれば再利用できるものはたくさんあります。

再利用のメリット

ペットボトル、衣類、紙くず、生ごみなどをそのまま捨てると、その分、焼却するごみの量が増えてコストがかかります。

焼却するとごみの二酸化炭素や有害物質が排出され、環境汚染に繋がります。

また、ごみ処理場に貯めておけるごみの量にも限りがあるため、なるべくごみの量を減らした方が埋め立て地を長期的に利用することができるというメリットもあります。

一部を除いてほとんどのごみは再利用ができ、特定の回収場所に持っていくと引き取りや買い取りを行なってくれます。

リサイクルとの違い

リユースと似た言葉に、リサイクルがあります。

リサイクルとは、捨てる予定だった不用品から使える部分を取り出し、それを原材料として使うことです。

身近な例で言うと、段ボールや新聞はトイレットペーパーとして利用することができます。

ペットボトルはボールペンにリサイクルされることも多いです。

再利用の具体例

再利用の具体例

・小さくて着れなくなった洋服をフリーマーケットで売る
・牛乳パックを花瓶として使う
・テレビや電子レンジなど、壊れたら修理して使う
・シャンプーやハンドソープは詰め替え用を購入する
・空き瓶を綺麗に洗って花瓶として使う

上記の内容は、家庭で今すぐできる再利用の一例です。

その他にも自治体や企業が行なっている活動をチェックしてみるのもおすすめです。

廃棄物ゼロ社会を実現するために、使用ずみペットボトルを再利用する「ボトルtoボトル」の活動を積極的に行なっている飲料メーカーの会社もあります。

また、資源の有効活用を目的として、ペットボトル容器の軽量化も推進しています。

再利用する際の流れ(査定から買取まで)

再利用するのであれば、自分でフリーマーケットを開催したりフリマアプリに出品したりするのがおすすめです。

その方法が面倒という場合、専門のリユースショップを利用しましょう。

家電製品やCD・DVDなどを専門に扱う店や、宅配買取や出張買取を行ってくれる店もあります。

気になる人はネットで探してみてください。

リユースショップを利用する際は、査定前に不用品のサイズ、種類、状態を確認しておきましょう。

破損や汚れが少なく品質が良い方が査定額も高くなる傾向にあります。

また、物干し台と物干し竿をセットで揃えた方がリユース品としての価値が高くなります。

物干し台を今すぐ処分するなら不用品回収業者がおすすめ

「新しいものに買い替えるので物干し台を処分したい」「他の不用品もまとめて捨てたい」という方には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

無料相談を受け付けているところもあるため、気になる方は電話で詳しい内容を聞いてみましょう。

依頼すれば後は回収してくれるのを待つだけなので手間もかかりません。

断捨離や引っ越しのタイミングだと費用面でもコストパフォーマンスが良いので、おすすめです。

業者によってサービス内容やサポート体制など異なりますので、まずは見積もり相談をしてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事