IHコンロの処分方法6選|IHコンロの様々な処分方法や費用を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

IHコンロの処分方法6選|IHコンロの様々な処分方法や費用を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

IHコンロの処分方法6選|IHコンロの様々な処分方法や費用を解説!

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
IHコンロの処分方法6選|IHコンロの様々な処分方法や費用を解説!

IHコンロは、料理をする際に加熱処理ができる調理器具で、火を使わない、掃除が楽といった理由で家のコンロがIHという方も多いのではないでしょうか。

寿命がきて使えなくなった場合や買い替えを考えている場合などで処分を検討しているという方もいるのではないでしょうか。

しかし、「どのように処分していいかわからない」「費用はどれくらいかかるの?」と気になる方は、この記事を参考にしてみてください。様々な処分方法や費用、注意点などを詳しく解説します。

IHコンロの種類は?

始めにIHコンロについて説明していきます。

IHとは、I→Induction(誘導) H→Heating(加熱)の頭文字をとっており、「電磁誘導加熱式調理器」のことをいいます。

IHコンロの最大の特徴は、火を使わないところではないでしょうか。何かに引火するリスクもなく、使い終わった後のプレートに直接触らなければやけどの心配もないので、使用している人も多いようです。

しかし、IHコンロに対応したフライパンや鍋などを使用しないといけない部分もあるので、ガスコンロから変える際は注意が必要になります。

種類も以下の3種類があります。

卓上型IHコンロテーブルの上で使用するもので、コンセントがあればどこでも使えます。
IHコンロのみと専用の鍋と一緒になっているものが販売されています。
据え置き型IHコンロキッチンのガスコンロ部分に置くものとなっています。
ガスコンロと置き換えて使用できます。魚焼き器がついているものもあるようです。
ビルトイン型IHコンロ元々、システムキッチンに組み込まれているものになっています。
種類も豊富なようです。

IHコンロの寿命は一般的に10年となっているようです。

修理することも可能ですが、部品がなかったり、費用が高額になったりするので、買い替えをおすすめします。

故障した際は、以下のようなことがあるようです。

・温度が上がらなくなった

・天板にヒビが入ってしまった

・ボタンが正常に機能しなくなった

・音が大きくなって気になる

IHコンロの処分方法6選|IHコンロの様々な処分方法や費用を解説!

IHコンロの処分方法は以下の6つがあります。

①粗大ごみとして処分する

②不燃ごみとして処分する

③リサイクルショップで売却する

④ネットオークションやフリマアプリで売却する

⑤必要な人にゆずる

⑥不用品回収業者に依頼する

ここからは、各方法について詳しく解説していきます。

①粗大ごみとして処分する

一般的に、粗大ゴミというと家具を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、電化製品の回収も可能となっています。

一般的に粗大ごみとして捨てられるサイズは、一辺の長さが30cmを超えるごみとなっています。

しかし、自治体指定のゴミ袋に入らなければ「粗大ごみ」となるところもあるようです。

このように、自治体によって若干の違いはあるので、ひとつの目安として確認してください。

もし、不安な場合は、自治体に確認してみることをおすすめします。

<粗大ごみとして処分する方法>

1.IHコンロの処分費用を確認する

住んでいる自治体のホームページで処分費用を確認することができます。

もし、料金が記載されていない場合は、申請する際に直接聞いてみてはいかがでしょうか。

2.申し込みをする

住んでいる自治体のホームページや電話などから持ち込みの申し込みが可能です。

電話で申請する場合には、繋がるまで時間がかかる場合があるので注意してください。

3.粗大ゴミ処理券を購入する

近くの郵便局やコンビニなどでゴミ処理券を必要な分購入します。

払い戻しや返金はできないので、間違えないように注意しましょう。

4.回収日に粗大ゴミを出す

ゴミ処理券に必要な情報を記入し、処分するIHコンロに張り付けて指定の回収場所まで持っていきます。

シールは見やすい場所に、はがれないように貼ると処分する業者さんにとって回収しやすくなります。

もし、見えにくい場所に貼ったり、はがれてしまった場合は回収してもらえない可能性があります。再度連絡したり、もう一度ゴミ処理券を購入する可能性もあるので気をつけてください。

粗大ごみの回収は、回収するまでに最低でも1週間程度の時間がかかります。

地域によっては、年末年始などの繁忙期は2週間〜1カ月かかってしまうということも。

処分することが決まっているのであれば、いつでもできると思わず、なるべく早く処分の申し込みをしたほうがいいかもしれません。

粗大ごみとして処分できるIHコンロは、「据え置き型」や「ビルトイン型」となっています。

「据え置き型」の場合は自分で取り外すことが難しく、手間がかかります。そんな場合には取り外しをしてくれる業者におまかせして取り外してもらうことも可能となっています。

②不燃ごみとして処分する

一般的に、不燃ごみとはゴムやガラス、プラスチック、金属などのことをいいます。

簡単に言うと、「燃やせるかどうか」で判断するものとなっているようです。

お持ちのIHコンロが自治体の「粗大ごみ」の規定より小さいものであれば「不燃ごみ」として処分することが可能となっています。

分別や収集日については各自治体や地域によって異なるので注意してください。

<不燃ごみとして処分する方法>

1.「不燃ごみ」の処分方法を確認する

自治体ごとに、処分方法は異なります。

一般的に、自治体指定のごみ袋に入れたり、ごみ集積所のカゴに入れたりする方法があります。

2.IHコンロの形状によっては「キケン」と明記する

壊れていて、鋭利な部分がある場合などには表記しておくと回収する人にとってもいいのではないでしょうか。

3.回収日に指定の場所まで持っていく

不燃ごみの回収は、自治体にもよりますが月に1.2回となっています。

燃えるごみなどのように毎週回収というわけではないので、忘れてしまうと来月の回収まで待たなくてはいけなくなってしまうケースもあるので注意が必要です。

不燃ごみとして処分できるIHコンロは、「卓上型」のものとなっています。

卓上型のIHコンロを持っている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

③リサイクルショップで売却する

壊れていなくて、まだ使用できるIHコンロを持っている場合は、リサイクルショップで売却することも可能となっています。

買い取ってもらえるものは、状態のいいものに限られるケースが多く、故障していたり、ひどく汚れていたりすると買取を断られる場合があるので、持ち込む前に確認しなければいけません。

<リサイクルショップで売却する方法>

1.IHコンロの状態を確認する

使用できるものか、汚れがないかなどをみて、売却できるものか確認してみましょう。

2.直接店舗に持ち込む

買取カウンターまで持っていき、買い取りをお願いします。

※出張買取サービスを利用することもできるので、持っていくことが難しい場合などは利用してみてもいいのではないでしょうか。

持ち込む手間はなくなりますが、出張費用や手数料、運搬料がかかる場合があります。

3.査定してもらう

査定には10分以上かかる場合が多いので、時間に余裕がある時に行いましょう。

4.買い取ってもらう

査定金額に納得することができれば、買い取り成立となります。

では、どのようなものが買い取ってもらえたり、高額で取り引きされるのでしょうか?

買い取り可能なIHコンロは以下のようになっています。 

・未使用のIHコンロ

・製造してから1〜3年ほどしか経過していないIHコンロ

・きれいな状態のIHコンロ

・人気のメーカーやブランドの製品

(パナソニック・アイリスオーヤマ・ティファールなど)

・中古市場で需要があるIHコンロ

次に、高額で買い取ってもらえるIHコンロのポイントは以下のようになります。

・できるだけキレイに掃除したりする

・IHコンロのにおいを取る

・購入したときの備品や箱をそろえる

このようなポイントにあてはまるIHコンロをお持ちの場合は検討してみてはいかがでしょうか。

④ネットオークションやフリマアプリで売却する

フリマアプリやネットオークションを利用してIHコンロを売却することも可能です。

フリマアプリは、気軽に自分にとって不要なものを売りに出せ、おこづかい稼ぎすることができるものとなっています。近年では身近な存在になっており、スマホ一つで全て完結できるので使用しているという方も多いのではないでしょうか。

このようなフリマアプリでは、買い取り業者やリサイクルショップでは、価格がつきづらいものでも売れる可能性があるようです。

このように、買い取り業者やリサイクルショップで買い取りが難しいものでもフリマアプリでは買い手がつくことが多くあります。

<フリマアプリで売却する方法>

1.フリマサイトに登録する

既に登録している場合は必要はありません。

登録がまだの方は、サイトに登録しましょう。登録が完了したら、プロフィールを記入して取引をしていきます。

2.商品を登録する

自分の売りたい商品、ここではIHコンロになります。

ブランド・メーカーや商品の詳細を確認して写真を撮ります。全ての情報がそろったら、フリマサイトにIHコンロを投稿しましょう。

より細かく商品の情報を記載することで、売れやすくなるようです。

値段を決める際は、同じブランドなどのIHコンロの販売価格を参考にして値段を決めてみるといいのではないでしょうか。

相場よりも低い値段設定にすれば売れやすくなりますが、送料のことも考えて値段設定をすることをおすすめします。

3.購入者が決まったら、発送する

購入してくれる人が決まった後は、発送準備をしていきます。

住所などを確認して、IHコンロを梱包していきます。

発送が完了したら購入者に発送を通知して、購入者が商品を確認したら完了となります。

ここでは、フリマアプリの売却方法に焦点をあてましたが、ネットオークションでも流は同じようなものとなっています。

違う点といえば、オークション開始時の値段や期間を決めなくてはいけないことではないでしょうか。気になる方は、調べてみると手順が詳しく載っているので調べてみてください。

どちらの方法も、自分で全て行わなくてはいけないものとなっています。

慣れていない場合は、難しいと感じるかもしれませんが、使用方法は利用するサイト内やインターネットで調べると詳しい内容を知ることができます。自分にもできそうか、まずは確認してみることをおすすめします。

以下のような点に注意する必要があるようです。

・購入者とのトラブルにならないために、出品するものの状態など詳しく記載しなければならない

・サイズが大きなものは送料がかかってしまうので、その分を補える値段設定にしなければならない

・ネットでの出品についてある程度知っておかなくてはいけない

このような点を知っておくと、スムーズにフリマアプリやネットオークションを利用して売却することができるのではないでしょうか。

他に不要なものがある場合は、同じ手順で売却することが可能です。

しかし、すぐに買ってもらえるかは分からない方法になっているので、すぐに処分したい場合は別の方法で処分を検討する必要があります。

⑤必要な人にゆずる

まだ使えるIHコンロをお持ちで、売却ではなく誰かにゆずりたいと考えている方は次のような方法を検討してみてはいかがでしょうか。

・IHコンロが欲しい知り合いを探してに譲渡する

・SNSなどのツールで欲しい人を探す

<IHコンロが欲しい知り合いを探してに譲渡する>

料理好きで新しいIHコンロを試してみたい、引っ越したばかりでまだIHコンロを持っていないなど、IHコンロを必要としているという方がいる場合は、その方に譲渡することも検討してみると良いでしょう。

知り合いに譲渡する以上、使用上の問題がないことはもちろん、事前に汚れやホコリを取ってキレイにしてから渡すのがマナーになると考えられます。

<SNSなどのツールで欲しい人を探す>

SNSは全国の方が見ているものとなっているので、必要としている人を探すことも簡単にできるものとなっています。

一般公開をすれば誰でも見ることが可能になり、写真やIHコンロの詳細を記載することで興味を持つという方もいるかもしれません。

探すのが難しい場合は、欲しい人にゆずることを主にしているアプリもあるので利用してみてはいかがでしょうか。

この場合もネットオークションと同様に必要な取り引きなどは自分で行わなくてはいけないものとなっています。

トラブルにならないよう注意してみてください。

⑥不用品回収業者に依頼する

IHコンロを持ち運ぶことが難しかったり、他にも処分したいものがある場合は不用品回収業者に依頼するという方法がおすすめとなっています。

不用品回収業者とは?

家庭で使わなくなった家具や家電、不用品、ごみなどをまとめて回収してくれる業者のことをいいます。
希望した日時に自宅まで回収にきてくれるので、大量に不用品がある場合や大きい物でもすぐに処分することができます。自分で運んだりする手間がありません。
インターネットで検索すると地元の不用品回収業者が出てきます。

依頼を受けてから最短即日で対応してもらうことも可能となっており、自分の都合に合わせて作業をお願いできるのも大きな魅力となっています。

自治体やリサイクルショップを利用すると、廃棄までに1,2週間かかる場合があるので、すぐに処分したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

収集から運搬、片付けまで全て行ってもらえるので、面倒な手続きや手間ひまをかけずに処分することができますが、費用は他の方法より高くなってしまうようです。

一般的に、不用品回収には以下の方法があります。

店頭回収自分で不用品を回収業者に持っていく方法になります。
業者はその場で査定を行い、買い取り可能なものは現金で買い取ってもらえます。
宅配回収自分で不要なものを業者に宅配する方法となります。
業者が査定を行い、買い取れるものの金額を聞き納得できれば銀行に振り込んでもらいます。
出張回収業者が直接自宅まで来てもらえる方法となっています。
買取できるものはその場で買い取ってもらえますが、できないものについては有料で引き取ってもらうことも可能です。

<不用品回収業者で処分する方法>

ここでは、出張回収について説明します。他の方法についても大まかな流れは変わらないようです。

1.不用品回収業者に連絡をする

ホームページや電話などで見積もりの相談ができます。

2.不用品回収業者に見積もりをだしてもらう

実際にどれくらいのものを処分したいのか伝え、見積もりやプランを聞き、料金を確かめます。

※多くの不用品回収業者は、無料で見積もりをだしてもらうことができます。処分費用も変わってくるので、自分にあった業者を選んでみてはいかがでしょうか。

3.回収当日に、指定の場所で待つ

回収の当日には、自分が指定した場所に業者が取りに来てくれます。

回収や運び出し等は、スタッフが全て行ってくれるので何もする必要はありません。

このように、簡単に処分できる方法になりますが、なかには悪徳業者も存在するので注意しなければならないようです。

IHコンロの処分費用の相場

IHコンロを処分したいけど、費用がどれくらいかかるのか気になる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、各処分方法ごとの処分費用の相場を紹介していきます。あくまで目安として確認してみてください。

【処分方法】【処分費用】
粗大ごみとして処分する300円〜
(自治体によって費用は変わってくる)
不燃ごみとして処分する原則無料
(ゴミ袋代はかかる)
リサイクルショップで売却する原則無料
(運搬費用などかからなければ費用はかからない)
ネットオークションやフリマアプリで売却する原則無料
(送料や手数料などの値段を含んだ値段で設定する必要がある)
必要な人にゆずる原則無料
(梱包費用や送料がかかるケースがある)
不用品回収業者に依頼する数千円~
(業者によって費用は変わってくる)

IHコンロの処分方法ごとのメリット・デメリット

ここでは、各処分方法ごとにメリット・デメリットを紹介していきます。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
粗大ごみとして処分する・自治体が行っているので安心して処分することができる・処分までに時間がかかる場合がある
・事前に申し込みをしなければならない
不燃ごみとして処分する・自治体が行っているので安心して処分することができる
・処分費用がほとんどかからない
・自治体ごとに燃えないごみで処分できるか確認する必要がある
・月に1.2回しか回収してもらえない
リサイクルショップで売却する・少しでもお金に変えることができる
・人気のメーカーやブランドのものは高値で売却することができる
・査定金額に納得できない場合がある
・直接持ち込んで売れなかった際は、持ち帰らなくてはいけない
・未使用や新品でないと難しい場合がある
ネットオークションやフリマアプリで売却する・スマホのみで取引できる
・使用できるものであれば売却することができる
・相場をネットやサイトで確認することができる
・高値で売れる場合がある
・初心者にはハードルが高い場合がある
・出品や発送の手間がかかってしまう
・すぐに売れない場合もある
・商品の説明を細かくしなくてはならない
必要な人にゆずる・資源の有効活用になる
・ゆずった人に喜んでもらえる
・必要な人に使用してもらえる
・譲った後にトラブルになる可能性がある(説明不足などで)
・使用できるか、傷がないかよく確認しなければいけない
・ゆずる人を探さないといけない
不用品回収業者に依頼する・最短で回収してくれる
・希望日時の指定が可能になっている
・処分するものが多いとコストパフォーマンスがいい
・自宅まで回収しにきてくれることも可能
・1点からだと処分する費用が高い
・業者を自分で決めないといけない
・なかには、悪徳業者も存在する

IHコンロの処分方法ごとにおすすめな方

ここまで、様々な処分方法や費用、メリット・デメリットを紹介してきました。

どの方法が自分にあっているか分からない方もいるのではないでしょうか。ここでは各方法ごとにおすすめな方を紹介します。参考にしてみてください。

【処分方法】【おすすめな方】
粗大ごみとして処分する・処分する施設まで持っていくことができる方
・処分を急いでいない方
不燃ごみとして処分する・もう使用できないIHコンロを持っている方
・普段のごみ捨てと一緒に処分したい方
・少しでも費用を安くしたい方
リサイクルショップで売却する・少しでも早く処分したい方
・状態の良いスピーカをお持ちの方
・自分で店舗に持ち運ぶことができる方
・人気のあるメーカーやブランドのIHコンロをお持ちの方
・少しでもお金に変えたい方
ネットオークションやフリマアプリで売却する・フリマサイトやネットオークションを利用したことがある方
・少しでも高く売りたい方
・処分に急いでいない方・まだ使用できるIHコンロをお持ちの方
必要な人にゆずる・IHコンロを必要としている人が近くにいる方
・IHコンロを必要としている人を探すことができる方
・必要な人に有効活用してほしいと考える方
不用品回収業者に依頼する・今すぐ処分したい方
・手間をかけずに処分したい方
・処分の仕方(手続きなど)がわからない方

IHコンロを手間をかけずにすぐに処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ここまで、IHコンロの処分方法について紹介してきました。

自分にあった方法を選ぶことは大切ですが、持っていく手間や時間を考えると面倒に思うこともあるのではないでしょうか。

その際におすすめしたいのが、手間をかけず、今すぐ安全に処分できる不用品回収業者の利用です。

IHコンロを処分するのが難しい、めんどくさいという場合や他に不用品がある場合には、まとめて処分するとコストパフォーマンスが良くなるので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事