電動ベッドの処分方法6選|処分費用の相場や注意点を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

電動ベッドの処分方法6選|処分費用の相場や注意点を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

電動ベッドの処分方法6選|処分費用の相場や注意点を解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
電動ベッドの処分方法6選|処分費用の相場や注意点を解説

介護をする際の必須アイテムである電動ベッド。

「劣化したので廃棄したい」「買い換えるので今あるものを手放したい」と思っても、大きさや重量があるので処分方法に困る人もいるのではないでしょうか。

本記事では、使わなくなった電動ベッドの処分方法をご紹介します。

自分に合った処分方法の選び方、買取費用の相場、不用品回収業者を利用する際の流れなども詳しく解説します。

目次

電動ベッドとは

電動ベッドは医療機関や介護施設でよく目にするものです。

背もたれや脚の部分を上げ下げしたり、ベッドの高さを調整する機能がついています。

「1モータータイプ」と「2モータータイプ」の2種類があり、目的によって使い分けることが多いです。

リクライニングベッドと呼ばれることもあり、自宅でリラックスする際に使用するベッドです。

デザインやカラーも豊富で、ソファに出来るものもあり、リビングに置いてあっても違和感がありません。

普通のベッドより通気性がよい上に機能性も高く、動作をサポートしてくれるので、介護用ベッドとして使う人も少なくありません。

電動ベッドの処分方法6選

電動ベッドの処分方法はたくさんありますが、ここでは代表的なものを6つご紹介します。

それぞれ詳しく説明するので、自分に合ったやり方を選んでください。

電動ベッドの処分方法6選

1.自治体に回収してもらう
2.不用品回収業者に依頼する
3.ゴミ処理センターに持っていく
4.ネットオークションに出品する
5.買取サービスを利用する
6.施設などに寄付する

自治体に回収してもらう

粗大ごみとして自治体に回収してもらう方法があります。

詳細は各自治体によって異なりますが、自治体が依頼した民間業者が回収サービスを行います。

安い金額で利用できる点がメリットですが、収集日があらかじめ決まっているので早く処分したい人には向いていないかもしれません。

処分する前に事前申し込みの必要性があったり、チケットを購入したりなど、手間がかかる点がデメリットです。

年末年始などの繁忙期だと申し込んでから回収までに1ヶ月ほど時間を要するケースもあります。

不用品回収業者に依頼する

電動ベッドのような大きなものを処分する場合、自宅まで回収しに来てくれる業者を利用するのが便利です。

電話かメールで申し込みをすれば、早いところだと当日中に契約を結んで引き取りに来てくれます。

自治体の回収サービスと同様、不用品回収業者にも繁忙期が存在します。

年末年始は大掃除をする人も多いため、予約が埋まりやすい傾向にあります。

また、繁忙期に関係なく土日祝日は業者が混み合っていることも多いです。

利用を検討している場合は、処分をスムーズに行うためにも閑散期や平日に予約することをおすすめします。

ゴミ処理センターに持っていく

ごみ処理センターをはじめ、清掃センターやごみ焼却処理施設などに自分で持ち込む方法もあります。

例えば茨城県土浦市の場合、以下の料金で引き取ってもらえます。

ごみの種類料金
家庭ごみ130円/10kgあたり
事業ごみ265円/10kgあたり

事業ごみとは、紙ごみ、乾電池、書籍、段ボール、飲食容器などを指します。

ごみ処理センターで処分できないごみは以下の通りです。

▼ごみ処理センターで処分できないごみ

・消化器
・金庫
・コンクリート
・レンガ
・車のホイール
・建築資材
・農業用機械
・ガスボンベ
・車のバッテリー

詳細は地域によって異なるので、それぞれの自治体のホームページで確認してください。

ネットオークションに出品する

ベッドの状態がよく機能面も新品同様であれば、出品するのがおすすめです。

自分で値段を決められたり、ネット上で不特定多数の人に販売できたりする点はメリットです。

高値を付けて売れた場合、その分が全て自分の利益になります。

ただ、買い手が現れないことがあったり、商品の梱包・発送作業に手間がかかることが懸念点です。

アクセサリーやゲーム機など小物であれば売れる可能性も高く、出品側の負担も少ないです。

しかし電動ベッドのような大きな商品の場合、すぐに買い手がつかず売れ残るケースもあります。

買取サービスを利用する

購入先の店舗で買い取ってもらうのも良いでしょう。

その場ですぐに現金化してもらえたり、自分の好きなタイミングで査定を受けられたりなど、他の処分方法にはないメリットがたくさんあります。

ネット上でのやり取りで完結するネットオークションとは異なり、対面で査定してもらえるため、直接値段交渉をすることも可能です。

店によっては宅配買取と出張買取から選べます。

ただ、引っ越しなどを理由に自宅の近くに購入先の店舗がない場合は利用しづらいというデメリットもあります。

また、店の営業時間に合わせつ必要があったり、店に向かうまでの時間やコストもかかります。

施設などに寄付する

不用品は処分したり廃棄したりすることが一般的ですが、まだ使える状態であれば施設や医療機関に寄付する方法もあります。

自分にとって不用品であっても、そのアイテムを必要とする人はたくさんいます。

処分しないのでごみの削減になる上に、社会貢献できるため、心理的メリットも大きいのが特徴です。

施設によってはベッド以外にも洋服や食器、家電製品などの寄付を受け付けているところもあります。

中には寄付を装う詐欺団体もあるので、その点は注意してください。

駅前などで呼びかけしている団体は騙している可能性もあるため気をつけましょう。

電動ベッドの回収費用の相場

回収サービスを利用する場合、自治体の他に不用品回収業者への依頼や引越し業者に依頼することも可能です。

ここでは、それぞれの回収費用の相場を一覧表にまとめましたので、どの依頼先を利用するか迷っている人はぜひ参考にしてください。

依頼先費用の相場
自治体2,000円〜
不用品回収業者8,000円〜
引っ越し業者3,000円〜

自治体の回収サービスを利用する場合、人件費と車両費も別途かかります。

どちらもおおよそ3,000~8,000円が相場です。

不用品回収業者は回収方法によって相場が異なります。

回収アイテムが電動ベッド1台のみであれば、基本料金3,000円に回収費用の5,000円が加算されて、8,000円程度が目安となります。

他に回収して欲しいものが複数ある場合、軽トラック1台での積み放題プランの利用がおすすめです。

費用の相場は、単身赴任や学生の1人部屋であれば2万円前後となり、2K程度の部屋の場合は軽トラック2tで4万円弱です。

自分に合った処分方法の選び方

ここまでは、電動ベッドの処分方法をお伝えしました。

自分に合った方法で処分・廃棄・回収してもらうことが大事です。

ここからは、処分方法の選び方について詳しく説明していきます。

「ネットオークションに出品」すれば臨時収入を得られる

臨時収入が欲しいのであれば、ネットオークションに出品しましょう。

店で買い取ってもらう場合でも収益は得られますが、店の経費や利益の分は差し引かれるため、全体の価格がやすくなります。

その点、コスト面の負担は発送時の手数料と出品費用のみなのがネットオークションの良さです。

価格も自分で設定できるので、より高値で売りたいのであれば利用を検討してください。

ただ、オークションの場合は商品がネット上に掲載される期間に制限があるため、いつ掲載するのかなど事前に考えてから出品することをおすすめします。

状態が良いものは「買取サービスの利用」がおすすめ

ベッドの汚れや傷が少なく、性能面でも劣化がほとんどない状態であれば、買取サービスを利用しましょう。

店によっては出張買取と宅配買取の2種類がありますが、電動ベッドなど大きなアイテムの場合は出張買取の方が便利です。

スタッフが自宅に直接訪問し、その場で買取査定をしてくれます。

電動ベッド以外に不用品がある場合はその査定も行ってもらえます。

多くの買取店は無料で出張に対応してくれます。

自分で店舗に持ち運ぶ必要がないため、運搬費や交通費がかからないのが特徴です。

買取サービスの中には段ボールに不用品を詰めて送るタイプの宅配買取もあります。

このケースだと対面でやり取りする手間を省けます。

しかし出張買取の場合、自宅で直接やり取りが行われるため、査定額に満足いかなくても断りづらいのが難点です。

その場で買取の依頼を断ること自体は違法ではありませんが、キャンセル料がかかる場合もあるため、詳細は事前に確認しておきましょう。

「不用品回収業者に依頼」すると今すぐ処分できる

今すぐ処分したい人は不用品回収業者への依頼がおすすめです。

事前の申し込みをすれば、当日すぐにスタッフが自宅まで来て回収してくれます。

時間や段取りなど全て業者に任せられるので、自分でやる手間を省けます。

年末年始や土日などの繁忙期は予約が取りづらいケースもありますが、多くの場合は希望の日時に依頼を引き受けてくれます。

業者によっては夜間の時間帯も対応しているところがあるので、ネットでチェックしてみてください。

不用品の回収だけを行っているイメージのある不用品回収業者ですが、中には清掃業務も一緒に行ってくれるところもあります。

引越しの片付けやオフィスの移転作業など幅広いシーンでも利用ができる点が、メリットと言えるでしょう。

近場に受け入れ先があれば「施設に寄付」するのがよい

以下に、不用品の寄付を受け付けている施設をまとめました。

▼不用品の寄付を行っている施設や団体

・NPO法人ワールドギフト
・ECO Trending
・国際子供友好協会
・オックスファム

寄付された不用品は、児童養護施設や被災地などに送られます。

不用品を引き取ってくれる施設はたくさんありますが、選ぶ際にいくつかポイントがあります。

施設を選ぶ際のポイント

1.会社の住所が存在するかどうか
2.活動状況が開示されているかどうか
3.企業やグループの支援を行なっているかどうか

中には詐欺の団体や架空の施設もあるので注意が必要です。

事前に公式サイトを確認し、問い合わせをしたり無料相談に申し込んだりしてみましょう。

不用品回収業者とは

さまざまな処分方法をご紹介しましたが、中には引っ越しや遺品整理を目的に、不用品をまとめて処分したい人もいるでしょう。

その場合は不用品回収業者への依頼がおすすめです。

では、不用品回収業者とは具体的にどんなものなのでしょうか。

特徴は、どんな種類の不用品でも全て回収してくれることです。

事前に申し込みをして料金を支払えば、スタッフが自宅まで不用品を取りに来てくれます。

処分する前提のものだけでなく、リサイクル可能なものを回収してくれます。

日時も自分で指定することができ、即日対応してくれるので便利なサービスです。

不用品回収サービスの価格帯

まとめて回収を依頼する場合、トラックの大きさによって料金が変わる業者が多いです。

・軽トラック 10,000円前後
・2tトラック  30,000円前後

軽トラックは、畳3枚分の広さで高さ1mまで荷物を積められるサイズが目安となります。

単身赴任をしている会社員や一人暮らしをしている学生が引っ越しをする際に、利用するケースが多いです。

2tトラックは、家族の引っ越しや遺品整理の際に利用しやすいサイズです。

不用品回収業者のメリット

自宅まで取りに来てくれる

ごみとして処分する場合、自治体が指定するごみ回収場所まで自分で持っていく必要があります。

ごみ処理センターで処分する際も、施設まで直接持ち運びするケースがほとんどです。

不用品回収業者であれば、申し込みをした時点で自分の希望する日時に引き取りに来てくれるのが特徴です。

電動ベッドのような大型家具を処分するのであれば、スタッフに直接自宅まで訪問してもらいましょう。

初めての利用で不安な人は、無料相談も行なっているので、各業者の公式サイトをチェックしてみてください。

どんな不用品でも回収してくれる

自治体の回収サービスを利用すると、品物によっては回収を断られる場合があります。

・家電リサイクル法の対象となっている品物
・特別な方法で処理する必要がある品物(車のバッテリーなど)

壊れているテレビ、冷蔵庫、洗濯機などは自治体で回収を行なっていません。

そのため、購入先の店で引き取ってもらう必要があります。

その点、不用品回収業者であればさまざまな種類の品物を回収してくれます。

忙しい人でも利用しやすい

自分の都合の良い日時に業者が回収しに来てくれるため、忙しい人でも気軽に利用できる点がメリットです。

平日は仕事があって時間の調整をしづらい人や、引っ越しで時間的に余裕がない人でも、電話かメールで予約すれば即日対応してもらえます。

不用品回収業者のデメリット

悪質な業者も存在する

中には、「無料」「他の業者より安い」などの謳い文句で宣伝をし、後から高額料金を請求する業者もあります。

宣伝の内容だけ鵜呑みにしないようにしてください。

依頼する前に公式サイトを確認し、会社の住所や実績を確認しましょう。

回収した不用品をリサイクルせず、不法投棄をしてトラブルになったケースもあります。

この場合、業者だけでなく依頼者側も罪に問われる可能性があるため、十分に気をつけてください。

料金が割高になる

不用品をまとめて回収してくれたり、自分で持ち運ぶ手間が省けたりする反面、料金が割高になります。

不用品回収業者の場合、基本料金の他に人件費や車両費も加算されます。

年末年始や引っ越しシーズンの繁忙期は通常料金より高く設定する業者もあります。

料金を抑えたい場合は、繁忙期を避けて利用することがおすすめです。

また、あらかじめ回収してもらう不用品を決めておくことも大事でしょう。

当日に回収してもらう不用品の数が増えると、業者から追加料金を請求される可能性もあります。

料金体系は業者によって異なるため、正確な費用相場を知りたい場合は、3~4社ほど連絡をして見積額を出してもらってください。

明らかに高額料金を請求してくるところは後々トラブルになる可能性があるため、利用は控えましょう。

利用する際の流れ

不用品回収業者を利用したいけど、実際どのように進めていくのか知らない人も多いのではないでしょうか。

具体的な流れをご紹介します。

業者によっては、問い合わせから回収作業までを1日で終わらせてくれるところもあります。

不用品回収サービスの利用を検討している人は、以下の内容を参考にしてください。

問い合わせ後、見積もり金額を提示

電話でオペレーターに問い合わせをし、見積額の概算を出してもらいます。

無料で相談に乗ってくれる業者がほとんどです。

中には、無料見積もりフォームを設置していたり、公式LINEでの相談を受け付けていたりするところもあります。

問い合わせした際は、処分予定の不用品の大きさや数を伝えましょう。

数が多い場合は、スタッフが直接自宅まで訪問し、その場で無料見積もりを行ってくれます。

サービスの利用を開始

見積額を提示してもらい、双方が合意したら、希望日時を決めます。

繁忙期を除き即日対応してくれるところが多いです。

業者が自宅まで引き取りに来てくれるのを待ちましょう。

所要時間は30分〜1時間程度です。

回収する不用品の数が多いほど時間もかかります。

電動ベッドのような大型家電の場合は、床や壁に傷をつけないよう配慮しながら丁寧に運び出してくれます。

当日になって他に回収して欲しい不用品がある場合、早めにスタッフに伝えてください。

追加料金を請求されることもあります。

回収後、不用品があったスペースを清掃

多くの不用品回収業者は、回収作業が終わった後、清掃業務も合わせて行ってくれます。

最後に確認し、運び忘れているものがなければ、作業終了です。

作業終了後、精算

その場で支払いを行います。

支払い方法は現金またはクレジットカード各種に対応しています。

詳しい方法は業者やエリアによって異なるため、各店舗のスタッフに確認してください。

業者によっては、100円につきTポイント1ptを付与してくれます。

回収ではなく買取してもらいたい場合、作業料金と買取料金の差額分を支払います。

不用品回収業者の利用が向いている人

直接店舗や施設に持ち運びすることが困難な女性や高齢の方に向いています。

小型家電やアクセサリー、衣類などであれば自家用車に乗せたり、宅配買取などを利用したりすれば、すぐに処分することが可能です。

しかし電動ベッドをはじめとする大型家具の場合、自分一人で動かすことは困難でしょう。

無理に動かして家の床や壁を傷つけたり、自分自身が怪我をしたりすると、危険です。

そのようなことを防ぐためにも、経験や知識が豊富なプロに任せた方が安心です。

引っ越しや遺品整理などを目的として、今すぐ回収を終わらせたい人にもおすすめです。

自分の都合の良いタイミングで不用品をまとめて回収してくれるため、即日終わらせることができます。

処分する前にやるべきこと

ベッドのサイズや状態を確認する

まずは電動ベッドのサイズや状態を確認してください。

サイズによって回収費用が異なる場合があるからです。

マットレスやカバーに汚れや傷がついていないかどうかも重要です。

匂いがついていないかどうかも確認しましょう。

新品に近い状態のものの方が、ネットオークションで出品したり店で買い取ってもらったりする際に

高音がつきやすいです。

また、高さ調整や背中・脚部分の上げ下げ機能がきちんと作動するかどうかもチェックしてください。

壊れていて使用できない状態だと、査定額が下がる可能性があります。

不用品回収業者に回収してもらってもその後のリサイクルができなかったり、施設や団体に寄付しても新しい使い手が見つかりづらくなることがあります。

悪質な業者でないかどうかチェックする

不法投棄のトラブル

不用品回収業者に回収された不用品の中には、リサイクルすればまだ使えるものも数多くあります。

しかし、業者の中には適切な方法で処分せずに不法投棄するところがあります。

コストを抑えるために山の中に捨てたり、不用品を乗せた軽トラックごと乗り捨てたりなどの行動が相次ぐと、環境汚染に繋がります。

不法投棄が見つかると、業者のみならず依頼した人も同等の罪を課せられる可能性があります。

多額の費用を請求するトラブル

宣伝では無料という謳い文句を流しておいて、実際に回収した後に高額料金を要求してくるケースがあります。

また、回収当日になって契約を急ぐ業者もあるので注意してください。

公式サイトには軽トラック1台で2万円の記載があるにも関わらず、

作業終了後、領収書にサインをする際に10万円を請求されたケースもあります。

お互いの合意が取れた状態で初めて契約成立となるため、必ず回収作業開始前に見積額を提示してもらい、契約書の内容をしっかり確認してください。

自分に合った業者の選び方

料金が記載されているかどうか確認する

ウェブサイトに料金が明確に載っているところであれば、安心して利用できます。

基本料金に人件費と車両費がプラスされた料金体系が一般的です。

業者によっては、トラック1台分積み放題の定額プランを用意しています。

しかし中には料金体系が不明瞭で、なおかつ回収作業が終わってから高額料金を請求してくるところもあります。

費用の相場は業者によって変わるため、複数の業者に問い合わせをして料金やプランの詳細を聞くことをおすすめします。

電動ベッドを今すぐ処分するなら不用品回収業者がおすすめ

「電動ベッドが不要になったので処分したい」という場合は、不用品回収業者の利用をおすすめします。

自宅まで引き取りに来てもらえる上に、日時も自分の都合に合わせて調整できます。

不用品1つあたりの料金ではなく、依頼1件あたりの料金設定にしているところも多いです。

そのため、処分したいものが多いほど相対的に価格もお手ごろになります。

まずは見積もり無料の不用品回収業者に問い合わせをし、どのくらいの費用がかかるのかを聞いてみましょう。

本記事の内容を参考に、不用品回収業者の利用を検討してみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事