草刈り機の処分方法7選|草刈り機の様々な捨て方を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

草刈り機の処分方法7選|草刈り機の様々な捨て方を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

草刈り機の処分方法7選|草刈り機の様々な捨て方を解説!

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
草刈り機の処分方法7選|草刈り機の様々な捨て方を解説!

草刈り機を持っているけどあまり使う機会がなく、置き場所に困っているという方や壊れてしまってどう処分すればいいか迷う方がいるのではないでしょうか。

草刈り機を処分する方法は様々あり、使用できるかできないかによっても変わってきます。

壊れているものは処分するようですが、まだ使用できるものは売却するという手もあるようです。近年、「田舎暮らしをしたい」と考える方が増えてきており、中古でもほしいと人気があるようです。

この記事では、草刈り機の処分方法や費用相場、注意点などを詳しく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

草刈り機の処分方法7選|草刈り機の様々な捨て方を解説!

草刈り機を処分する方法は以下の7つがあります。

①粗大ごみとして処分する

②小型家電の回収・リサイクルボックスを利用する

③下取りをしてもらう

④リサイクルショップなどで売却する

⑤ネットオークションを利用する

⑥ほしい人に引き取ってもらう

⑦不用品回収業者に依頼する

ここからは、各項目ごとに詳しく説明していきます。

①粗大ごみとして処分する

草刈り機は自治体が行っている粗大ごみ回収サービスを利用して処分することができます。

しかし、お住まいの地域によっては処分することができないということがあるので、処分できるか確認する必要があります。草刈り機の種類によっても回収できるものとできないものがあるので注意してください。

手順は以下のようになっています。

1.草刈り機の料金を確認する

住んでいる自治体のホームページで処分費用を確認することができます。

調べても料金が記載されていない場合は、申請する際に直接聞いて料金を確認してみてください。

2.申し込みをする

住んでいる自治体のホームページや電話などから持ち込みの申し込みを行う必要があるので、お好きな方法で申し込んでみてください。

電話で申請する場合には、繋がるまで時間がかかる場合があるので注意する必要があるようです。

3.粗大ゴミ処理券を購入する

近くの郵便局やコンビニなどでゴミ処理券を必要な分購入します。

しかし、払い戻しや返金ができないので、料金を間違えないように注意しなくてはいけません。

4.回収日に粗大ゴミを出す

ゴミ処理券に必要な情報を記入し、処分する草刈り機につけて指定の回収場所まで持っていきます。

処理券は見やすい場所に、はがれないように貼ると処分する業者さんにとって回収しやすくなります。

もし、見えにくい場所に貼ったり、はがれてしまった場合は回収してもらえない可能性があります。再度連絡したり、もう一度ゴミ処理券を購入する可能性もあるので気をつけてください。

粗大ごみの回収は、回収するまでに最低でも1週間程度の時間がかかってしまう場合があります。

地域によっては、年末年始などの繁忙期は2週間〜1カ月かかってしまうということもあるようなので、処分することが決まっているのであれば、いつでもできると思わず、なるべく早く処分の申し込みをすることがおすすめとなっています。

ゴミ処分センターに直接持ち込むという方法もあります。

この方法では、出張手数料がとられないことが多いので、よりお得に処分することが可能となっています。

直接持ち込むので手間がかかったり、荷台が汚れる心配などがでてくるかもしれないので、自治体で処分してもらう際はどちらがいいのか検討してみてはいかがでしょうか。

※草刈り機の刃だけを処分したい場合は、不燃ゴミや危険ゴミとして処分することが可能です。刃の部分を布などで包んで安全対策をしてから処分してください。

②小型家電の回収・リサイクルボックスを利用する

小型家電回収ボックスは、ゲーム機やデジタルカメラ、パソコン、音楽プレーヤーなどの小型家電を回収しリサイクルを行う方法となっています。

ゴミとして処分するということに抵抗があるという方は、再資源として活用され、環境にも優しい処分の仕方です。

草刈り機のサイズにもよりますが、小型家電リサイクル法の対象になる場合があります。

対象となる時計のサイズは、回収ボックスの投入口(横30センチ×縦15センチ)に入るものとなっています。

それ以外の大きい草刈り機は、対象外となってとなっているので注意してください。

小型家電リサイクル法とは?

テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機などを除くほぼ全ての電化製品を認定業者が回収・処理し、再資源化を促進する制度のことをいいます。

処分方法も簡単で、お近くの小型家電回収ボックスまで持っていき、投函するのみとなっています。

小型家電回収ボックスは以下のところに設置されていることが多いようです。

・ホームセンターや家電量販店

・図書館

・役所

・各都道府県にある市民センター

お住まいの近くに回収ボックスがある方は、無料で利用することができお得に処分することができます。

また、壊れているものでも回収の対象になっているので処分を検討してみてはいかがでしょうか。

③下取りをしてもらう

新しい草刈り機を購入する場合には、購入する販売店やメーカーで下取りしてもらえることがあります。

その場合、ほとんどの店舗やメーカーは、下取りの際に自宅まで引き取りにきてもらえるので、手間がかからないことや壊れているものでも下取りを可能となっています。

しかし、製造年やメーカーなどの条件があることも多いので、お持ちの草刈り機を確認してみてください。

下取りしてもらえるか不安な場合は、購入店舗に確認することも可能となっているので、聞いてみてはいかがでしょうか。

④リサイクルショップなどで売却する

お持ちの草刈り機の市場価値が高い場合やまだまだ使える場合は、リサイクルショップでの売却が可能となっています。

草刈り機などの農機具は、特殊なものとなっているので一部のリサイクルショップでしか買い取ってもらえないようです。買い取りを考えている方は、利用する店舗に確認するといいかもしれません。

買い取れない店舗の場合、持ってきたものを持ち帰らなければいけなくなります。

人気のあるメーカーは以下になります。

・マキタ
・ホンダ
・ゼノア
・リョービ
・共立

国内メーカーのものは海外でも高い人気があるようなので、リサイクルショップではなく農機具専門買取業者に買い取りをお願いした方がいいのではないでしょうか。

手順は以下のようになっています。

1.草刈り機の状態を確認する

使用できるものか、汚れがないかなどを確認しましょう。

2.直接店舗に持ち込む

買取カウンターまで持っていき、買い取りをお願いします。

※持ち込む店舗によっては、出張買取サービスを利用することもできます。

持ち込む手間はなくなりますが、出張費用や手数料、運搬料がかかる場合があるので、確認してみてください。

3.査定してもらう

査定には10分以上かかる場合が多いので、時間に余裕がある時に行くことをおすすめします。

4.買い取ってもらう

査定金額に納得することができれば、買い取り成立となります。

買い取りの際に、説明書や付属品、箱があると高額買い取りになる場合があるようです。

⑤ネットオークションを利用する

リサイクルショップに持っていくのが難しいという場合は、ネットオークションを利用することも可能です。

リサイクルショップよりも高く売れる場合があるようです。

自分で最低落札価格を決めることができるので、それ以下の値段で売却することはありません。

少し売却に手間がかかりますが、売却価格を1円でもあげたいという方にはおすすめとなっています。お持ちの草刈り機の相場も確認することが可能です。

手順は以下のようになっています。

1.草刈り機を出品するオークションサイトを決める

ネットオークションには様々なサイトが存在します。

多様な商品を出品できるところやジャンルに特化したものがあるのでどこで出品するか検討しましょう。

初めての場合は、大手のサイトを利用することをおすすめします。

2.出品するモノをカメラで撮影する

写真によって見てもらえるかどうか変わってきます。

傷や汚れなどのマイナスな部分も撮影して載せることで買い手がつきやすくなります。

3.出品するモノについての説明文を作る

ここでは、出品するものの詳しい情報を載せていきます。

傷や汚れなども正直に記載することで、後のトラブルを避けることが可能です。

配送や梱包方法などもあるといいかもしれません。

4.オークションの開始金額と期間を指定する

自分で最低価格や期間を決める必要があります。

利用するサイトによって、変わってくるので確認してみてください。

5.落札者に連絡する

落札者が決まった際には、連絡を行い「落札のお礼・支払方法・配送方法」などの必要な部分を決める必要があります。

6.入金確認後に商品を発送を行う

落札者が入金したことを確認したら、出品したモノを梱包し発送します。

7.落札者から受け取りの連絡をもらう

落札者から出品したモノを受け取ったかどうかの確認をしましょう。

草刈り機の発送や購入者との取引などを自分で行わなくていけないので、初めて行う方にはハードルが高いかもしれませんが、インターネットなどでオークションのやり方や注意点などが記載されているので、一度確認して自分でできるのか検討してみてはいかがでしょうか。

⑥必要な人に引き取ってもらう

まだ使えるものをお持ちで、売却ではなく誰かに譲りたいと考えている方は次のような方法があります。

・知り合いで欲しいという方に譲る

・SNSなどのツールで欲しい人を探す

譲る際には、「もらってくれて、ありがとう」という気持ちで渡すことが大切になってきます。

草刈り機は、刃物もついているため扱いには注意が必要なものとなっています。相手に押し付けたりしないようにしましょう。

<知り合いで欲しいという方にゆずる>

庭菜園などを行っている方が近くにいる場合は、草刈り機を必要としているという方がいるかもしれません。草刈り機はあれば便利なものですが、高額な場合もあり持っていないという場合や購入を考えている場合があるかもしれません。

このような場合は、使用上の問題がないものということが絶対条件になっています。

事前にキレイにしてから渡すようにしましょう。

<SNSなどのツールで欲しい人を探す>

SNSは全国の方が見ているものとなっているので、必要としている人を探すことも簡単にできるものとなっています。

一般公開をすれば誰でも見ることが可能になり、写真や草刈り機の詳細を記載することで興味を持つという方もいるのではないでしょうか。

現在、欲しい人にゆずることを主にしているアプリもあるので利用してみてはいかがでしょうか。

この場合もネットオークションと同様に必要な取り引きなどは自分で行わなくてはいけないものとなっています。

トラブルにならないよう注意してみてください。

⑦不用品回収業者に依頼する

草刈り機を持ち運ぶことが難しかったり、他にも処分したいものがある場合は不用品回収業者に依頼するという方法がおすすめとなっています。

不用品回収業者とは、家庭で使わなくなった家具や家電、不用品、ごみなどをまとめて回収してくれる業者のことをいいます。

希望した日時に自宅まで回収にきてくれるので、大量に不用品がある場合や大きい物でもすぐに処分することができます。自分で運んだりする手間がありません。

インターネットで検索すると地元の不用品回収業者が出てきます。

依頼を受けてから最短即日で対応してもらうことも可能となっており、自分の都合に合わせて作業をお願いできるのも大きな魅力となっています。

自治体やリサイクルショップを利用すると、廃棄までに1,2週間かかる場合があるので、すぐに処分したい方は検討してみてはいかがでしょうか。

収集から運搬、片付けまで全て行ってもらえるので、面倒な手続きや手間ひまをかけずに処分することができますが、費用は他の方法より高くなってしまうようです。

手順は以下のようになっています。

1.不用品回収業者に連絡をする

ホームページや電話などで見積もりの相談ができます。

2.不用品回収業者に見積もりをだしてもらう

実際にどれくらいのものを処分したいのか伝え、見積もりやプランを聞き、料金を確かめます。

※多くの不用品回収業者は、無料で見積もりをだしてもらうことができます。処分費用も異なってくるので、自分にあった業者を選んでみてはいかがでしょうか。

3.回収当日に、指定の場所で待つ

回収の当日には、自分が指定した場所に業者が取りに来てくれます。

回収や運び出し等は、スタッフが全て行ってくれるので何もする必要はありません。

このように、簡単に処分できる方法になりますが、なかには悪徳業者も存在するので注意しなければならないようです。

特に女性の一人暮らしの場合、個人情報などが悪用されてしまうというケースがありますが、草刈り機を持っている女性は少ないかもしれません。しかし、他のものと一緒に不用品回収業者に依頼することがあるかもしれないので注意が必要です。

しかし、ほとんどの場合は安心・安全な業者となっているので、利用を控えたりすることはしなくていいようですが、それでも心配な方は、1人で対応するのではなく友人や家族などと一緒に対応することで、「ひとりで暮らしていない」ということを依頼した業者に分かってもらうよう協調するといいのではないでしょうか。

草刈り機の処分費用の相場

草刈りの処分をしたいけど、どれくらい費用がかかるのか気になるという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、各方法ごとに費用相場をご紹介していきます。

あくまでも目安として金額を出しているので参考にしてみてください。

【処分方法】【処分費用】
粗大ごみとして処分する500円~
(自治体によって費用は変わってくる)
小型家電の回収・リサイクルボックスを利用する処分できるサイズであれば、無料
下取りをしてもらう無料
(新しい草刈り機を購入する際のみ)
リサイクルショップなどで売却する原則無料
(運搬費用などかからなければ費用はかからない)
ネットオークションを利用する原則無料
(送料や手数料などの値段を含んだ値段で設定する必要がある)
必要な人に引き取ってもらう原則無料
(梱包費用や送料がかかるケースがある)
不用品回収業者に依頼する1,000円〜
(依頼する業者やプランによって変わってくる)

このように性分費用には差があり、料金がかかるものとかからないものがあるようです。

費用面のみで考えると、無料で処分できる方法がいいという方が多いのではないでしょうが、そのような方法の場合、お店や指定場所まで草刈り機を運ばなければいけなかったり、個人間で取引したりと手間の部分が大きくなるようです。その部分を考えて処分方法を選んでみてください。

草刈り機の処分方法ごとのメリット・デメリット

ここでは、各処分方法ごとにメリット・デメリットを紹介していきます。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
粗大ごみとして処分する・自治体が行っているので安心して処分することができる
・安く処分することができる
・どんな草刈り機でも処分することができる
・処分するまでに時間がかかる場合がある
・自治体によってルールが異なる
・処理券を買いに行かなければならない
小型家電の回収・リサイクルボックスを利用する・壊れているものでも回収してもらえる
・環境に優しい方法で処分できる
・無料で処分することができる
・大きさによって処分することができない
・近くに回収ボックスがない場合がある
・回収ボックスまで持っていかなければならない
下取りをしてもらう・新しいものと買い替えることができる
・自宅まで取りに来てもらえる
・壊れていても可能な場合がある
・新しいものを購入しないとできない処分方法になっている
・下取りの条件がある
・下取りしている店舗を探さなくてはいけない
リサイクルショップなどで売却する・少しでもお金に変えることができる
・適正価格で売却が可能
・他に売りたいものがあるときはまとめて売却もできる
・使用できないものは売却不可
・直接持ち込んで売れなかった際は、持ち帰らなくてはいけない
ネットオークションを利用する・売却相場を事前に確認できる
・自分の好きな値段を設定することができる
・高値で売れる場合が多い
・発送や取引などすべて自分で行わなくてならない
・落札されるかは不明で、時間がかかる場合がある
・商品の説明を細かくしなくてはならない
必要な人に引き取ってもらう・資源の有効活用になる
・ゆずった人に喜んでもらえる
・必要な人に使ってもらえる
・譲った後にトラブルになる可能性がある(説明不足などで)
・使用できるか、傷がないかよく確認しなければならないので、手間がかかる
・ゆずる人を探さないといけない
不用品回収業者に依頼する・最短で回収してくれる
・希望日時の指定が可能になっている
・処分するものが多いとコストパフォーマンスがいい
・自宅まで回収しにきてくれる
・1点からだと処分する費用が高い
・業者を自分で決めないといけない
・なかには、悪徳業者も存在する
・見積もりをしなくてはいけない

このように、どの方法にもメリット・デメリットがあります。

人によっては、デメリットもそこまで気にならないという場合もあると思うので、自分にあった方法を選んでみてはいかがでしょうか。

草刈り機の処分ごとにおすすめな方

ここまで、各処分方法ごとの特徴やメリット・デメリットを紹介してきました。

自分にあった方法で草刈り機の処分方法を検討することが必要ですが、自分にはどのような方法があっているのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

ここからは、処分方法ごとにおすすめな方を紹介していきます。

自分にあてはまる部分があればその方法を検討してみるのはいかがでしょうか。

【処分方法】【おすすめな方】
粗大ごみとして処分する・急いで処分しなくても良い方・自治体の処分サービスを利用したい方・費用を安く抑えたい方
小型家電の回収・リサイクルボックスを利用する・処分できるサイズの草刈り機をお持ちの方・近くに小型家電回収ボックスがある方・環境に優しい処分をしたい方
下取りをしてもらう・新しい草刈り機の購入を考えている方
リサイクルショップなどで売却する・少しでもお金に変えたいという方・店舗まで持っていける方
ネットオークションを利用する・ネットオークションを利用したことがある方・比較的高値で売却できる方法が良い方・売却まで時間がかかっても良い方
必要な人に引き取ってもらう・草刈り機を必要としている人がいる場合や探すことができる方・必要な人に有効活用してほしいと考える方
不用品回収業者に依頼する・今すぐ処分したい方・手間をかけずに処分したい方・処分の仕方(手続きなど)がわからない方

このように、方法によっておすすめな方は違ってきます。

この表を参考に、どの方法が自分にとって一番いい処分方法なのかを考えてみてはいかがでしょうか。

壊れた草刈り機は修理?買い替え?

草刈り機が壊れてしまった場合、修理をするか買い替えるか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここでは修理の際にかかる費用や買い替えの目安などを紹介します。

<草刈り機の寿命>

草刈り機の寿命は一般的に5〜10年と言われていますが、メンテナンスを行うことで20年近く使用できる場合もあります。

故障した際に、使用年数が寿命と言われている5年以上の場合は修理をしても別のところが故障する恐れがあり、何度も修理を繰り返すと費用が大きくかかります。

この場合は買い替えがおすすめとなります。

故障部位によっても費用は異なるので、新品を買った方がいいという場合もあるようです。

<修理にかかる費用>

草刈り機の修理にかかる費用は、故障した場所によっても変わってきます。

【交換部位】【費用】
点火プラグ2,000円~
マフラー・燃料タンク5,000円~
コイルローター10,000円~

このように、買い替えるより費用は掛かりませんが、何度も修理をすると買い替えた方が安くなる可能性がでてきます。

軽度の故障の場合は、修理の方がおすすめとなります。

<故障や寿命のサイン>

草刈り機で以下のようなサインが出てきた際は注意が必要です。

・エンジンがかからなくなった

・刃の回転の調子が悪くなった

・煙が出てきてしまった

このようなサインが出てきた際は、修理や買い替えを考える必要があるようです。

草刈り機を手間をかけずにすぐに処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ここまで、草刈り機の処分方法について紹介してきました。

自分にあった方法を選ぶことは大切ですが、持っていく手間や時間を考えると面倒に思うこともあるのではないでしょうか。

その際におすすめしたいのが、手間をかけず、今すぐ安全に処分できる不用品回収業者の利用です。

草刈り機を処分するのが難しい、めんどくさいという場合や他に不用品がある場合には、まとめて処分するとコストパフォーマンスが良くなるので、ぜひ検討してみてはどうでしょうか

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事