コーヒーメーカーの処分方法6選|正しく処分するための手順と注意点 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

コーヒーメーカーの処分方法6選|正しく処分するための手順と注意点 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

コーヒーメーカーの処分方法6選|正しく処分するための手順と注意点

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
コーヒーメーカーの処分方法6選|正しく処分するための手順と注意点

コーヒーメーカーの正しい処分方法をご存知ですか?
自宅で「簡単に美味しいコーヒーを楽しみたい」という人にとって、コーヒーメーカーは、毎日使う小型家電のひとつです。
しかし、「故障したので処分したい」、「新しいコーヒーメーカーに買い替えたい」となった際に、いざ処分するとなると、いろいろな種類や部品などがあって「分別に困ってしまう」という人もいるのではないでしょうか。
そこで、ここではコーヒーメーカーを正しく処分するための手順と注意するべきポイントについて詳しく解説しています。

コーヒーメーカーの処分方法6選

コーヒーメーカーを処分する方法としては、主に以下の6つの方法があります。

コーヒーメーカーの処分方法

1.自治体で処分してもらう
2.小型家電回収ボックスで処分する
3.ごみ処理場に持ち込む
4.リサイクルショップに持ち込む
5.フリマアプリを利用する
6.不用品回収業者に依頼する

コーヒーメーカは、タイプや大きさ、劣化度、動作などによっておすすめの処分方法も異なります。ここでは、それぞれの処分方法の特徴について詳しくみてみることにしましょう。

自治体で回収してもらう

コーヒーメーカーを処分する方法として真っ先に思い浮かぶのが「自治体のごみ収集に回収してもらう」という方法です。コーヒーメーカーを「燃えないごみ(不燃ゴミ)」、「粗大ごみ」いずれかの方法で処分するには、それぞれの自治体で決められているルールを守って処分しなければなりません。

燃えないごみ(不燃ゴミ)としてコーヒーメーカーを処分する場合は、自治体ごとに定められているゴミ袋の中にきちんと入るかどうかがポイントになります。自治体によっては、「一辺の大きさが30cmを超えないもの」など、細かな規定がある地域もありますので、事前に確認しておきましょう。
また、基本的には燃えないごみとは「ゴム」、「ガラス」、「金属」、「プラスチック」などの素材が該当しますが、どれが燃えないごみになるのかは、自治体ごとに異なる場合もあります。

コーヒーメーカーの種類や大きさによっては、分解したり分別したりする必要があります。まずは「ごみ出しのためのガイドライン」などで、しっかり確認しておきましょう。

大きめのコーヒーメーカーは、粗大ごみとして処分しなくてはなりません。
粗大ごみとして回収してもらうためには、以下の手順で行います。

  • 1.処分費用を確認
    各自治体には、処分する粗大ごみの大きさに合わせた「粗大ごみ処理券(シール)」が用意されています。これらを購入し、回収してもらいたい粗大ごみに貼付します。
    処分してもらいたいコーヒーメーカーのサイズを測って、それに見合った処分費用を確認しておきましょう。
    費用は、自治体のホームページや、自治体から発行されているごみ処理のためのガイドラインブックなどに掲載されています。
  • 2.申し込む
    コーヒーメーカーの処分費用が確認できたら、粗大ごみ回収の申し込みをします。
    申し込みは、自治体のホームページや、自治体が設置している粗大ごみ処理の窓口へ直接電話して行います。
    受付は、自治体の役所が営業している時間に合わせているところがほとんどなので、時間帯や曜日などにも注意する必要があります。
  • 3.粗大ごみ処理券(シール)を購入する
    コーヒーメーカーの大きさに合わせた処理費用がわかったら、金額に合わせた粗大ごみ処理券(シール)を購入します。粗大ごみ処理券(シール)は、コンビニや近くの郵便局窓口で購入することができます。
  • 4.粗大ごみに出す
    処分したいコーヒーメーカーに粗大ごみ処理券(シール)を貼付したら、自治体ごとに定められている粗大ごみの日の、決められた場所へコーヒーメーカーを運び出します。
    シールは目立つ場所に貼り、すぐに剥がれないようにしておきましょう。

小型家電回収ボックスで処分する

小型家電回収ボックスは、各自治体が定めた一定の拠点に設置されているものです。リサイクルを目的として、使用済みの小型家電を回収するためのボックスで、横30センチ×縦15センチ四方の投入口から入れられるものなら、なんでも回収してもらうことができます。もちろん、コーヒーメーカーも回収ボックスの投入口に入るサイズであれば処分が可能です。

小型家電回収ボックスで回収してもらえる一般的なものとしては、以下のようなものがあります。

  • ・携帯電話・スマートフォン端末
  • ・パソコン・タブレット
  • ・電話機・FAX
  • ・ラジオ
  • ・ポータブル音楽プレーヤー
  • ・ボータブルDVD(ブルーレイ)プレーヤー
  • ・ICレコーダー
  • ・ビデオカメラ
  • ・デジタルカメラ
  • ・電子辞書
  • ・電気カミソリ
  • ・ゲーム機
  • ・ACアダプター・リモコン・充電器
  • ・ドライヤー
  • ・電卓
  • ・カーナビ
  • ・カーオーディオ

ただし、加熱式タバコや電子タバコ、モニターやフロンを含む家電などは、回収対象外とされている場合も多いようです。このほかにも、自治体ごとに小型家電回収ボックスで回収しない家電品目もあるため、事前に確認しておきましょう。

ごみ処理場に持ち込む

使わなくなったコーヒーメーカーは、ごみ処理場に直接持ち込んで処分するという方法があります。

各自治体には、ごみの処理施設があります。燃やせるごみ・燃やせないごみに関わらず、直接不要になったものを持ち込んで廃棄することができるので、引越しや断捨離など、まとめて大量のごみを処分したい時などにおすすめです。

コーヒーメーカーなどの小型家電は、基本的に燃やせないごみとして搬入することができますが、せとものや石、ガラスなどは、搬入できる施設が異なる場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

また、燃やせるごみ・燃やせないごみともに搬入する際の大きさが一定のサイズに決められている場所もあるので、合わせて確認しておくようにしましょう。

コーヒーメーカーをゴミ処理場に持ち込むには、以下の手順で行います。

  • 1.ごみ処理場の確認
    直接不要になった家庭ごみを持ち込んで廃棄することができるごみ処理場は、各自治体によって拠点が異なります。ごみ処理場の場所や、営業時間、搬入の際の注意点などを確認するためにも、まずは事前に自治体のホームページなどで、住んでいる地域のごみ処理場についての詳細を確認してみましょう。
  • 2.ごみを車に積み込む
    まずは、不要になったコーヒーメーカーを車に積み込みます。ごみ処理場では、重さによって処分価格が異なるため、コーヒーメーカー以外に処分したいものがあるなら、できるだけまとめて処分する方がお得です。
  • 3.受付する
    ごみ処理場の営業時間中に持ち込み、受付を行います。処分したいものの種類を書き込み、処分前の車体の重量を測ります。
  • 4.廃棄場所へ持ち込む
    受付が終わったら、指示された場所まで移動し不要になったごみを廃棄します。自分で直接捨てる場合もあれば、従事者が廃棄を手伝ってくれる場所もあります。
  • 5.精算する
    処分が終わったら、出口にある窓口で再度車体の重量を測ります。最初に測った時との差分で処分したごみの重さを測り、料金が決定します。

リサイクルショップに持ち込む

コーヒーメーカーを処分したいという人の中には、新しいコーヒーメーカーを買い替えたために、古いコーヒーメーカーを使わなくなったというケースも多いのではないでしょうか。

まだ使用可能なコーヒーメーカーを処分するなら、簡単に廃棄してしまうのではなく、リサイクルショップで買い取ってもらうという方法もあります。

リサイクルショップは、大手から小規模なものまで実に多くの店舗が存在しています。コーヒーメーカーだけでなく、使わない食器類や不要な日用品なども買い取ってもらうことができるので、ちょっとしたお小遣い稼ぎも期待できそうです。

リサイクルショップによっては出張買取に対応しているところもあるので、「忙しくてお店に行けない」という人や、「まとめていろいろなものを処分したい」という人にもおすすめです。
ただし、出張買取の場合、出張費用や運び出しにかかる運搬費用がかかることもあるので、事前に確認しておきましょう。

コーヒーメーカーをリサイクルショップで買い取ってもらうためには、以下の手順で買い取ってもらいます。

  • 1.状態を確認する
    リサイクルショップで買い取ってもらえるコーヒーメーカーは、正常に動作するかどうかが大きなポイントになります。まずは、コーヒーメーカーの電源を入れて実際に使ってみましょう。
    また、「キズや汚れはないか」、「必要な部品は揃っているか」なども合わせて確認しておくことも大切です。
  • 2.査定してもらう
    近くにリサイクルショップがある場合は、直接店舗に持ち込んで査定してもらいましょう。もし、近くにリサイクルショップがないという場合は、出張買取を行っているお店へ問い合わせてみるのが良いでしょう。
    査定をしてもらう際には、「必要な部品は全て持っていくこと」、「取扱説明書もつけること」で、相場よりも高く買い取ってもらえる可能性があります。特に購入時の外箱があれば、さらに高値がつくことも期待できるので、必ずすべてその中に入れた状態で持ち込むことをおすすめします。
  • 3.買い取ってもらう
    査定金額に納得できたら、あとは買い取ってもらうための手続きを行います。
    リサイクルショップには、洋服や家具類など一定の商品に特化した店舗もあるため、コーヒーメーカーを持ち込む際には、家電も取り扱っているお店を探すようにしましょう。

フリマアプリを利用する

コーヒーメーカーを処分するには、リサイクルショップ同様、まだ使えるコーヒーメーカーをすぐに廃棄せず、フリマアプリを利用して売るという方法もあります。

フリマアプリは、インターネットを利用して個人同士がそれぞれ目的のものを売買することができるもので、大手のフリマアプリやオークション、地元の掲示板のように取引ができるものなど、さまざまなものがあります。
スマホやパソコンとインターネット環境があれば、誰でも手軽に利用できるので、近年多くの人たちが利用しています。

フリマアプリでは、取引される商品も実にさまざまで、コーヒーメーカーなどの小型家電も数多く出品されています。フリマアプリを利用してコーヒーメーカーを売るためには、以下の手順で行います。

  • 1.フリマアプリを選ぶ
    上述の通り、フリマアプリには通常のフリーマーケットのようにやりとりするものや、オークション形式で値段が決まるもの、地元の掲示板のように近くの人とやりとりがしやすいものなど、さまざまな形態のアプリがあります。使いやすさや、仕組みなどを理解した上で、どれを利用するのかを選ぶことから始めましょう。
  • 2.登録する
    利用するアプリが決まったら、フリマアプリを利用するためのアカウントを取得する必要があります。まずは、それぞれのアプリの利用規約をよく理解した上で、必要な情報を入力し、登録を行いましょう。
    もしもう既にアカウントを持っている場合は、ログインした状態で取引を行います。改めて出品に関する規約を確認しておきましょう。
  • 3.コーヒーメーカーを出品する
    不要になったコーヒーメーカーを出品します。
    出品する前には、正面や側面、後ろや上からなどさまざまな角度で撮影した写真を掲載しましょう。もし、目立つキズや汚れがある場合、わかりやすく写真を取り、合わせて掲載しておくことも大切です。
    後からトラブルにならないようにするためにも、商品説明欄には、コーヒーメーカーの状態をしっかり記載しておきましょう。
  • 4.やりとりをする
    コーヒーメーカーを出品すると、「欲しい」という人から問い合わせや購入の連絡がきます。出品した商品があるうちは、こまめにアプリをチェックしてスムーズに取引ができるよう、意識しておく必要があります。
    やりとりをする場所は、一般の人も閲覧できるフォームになっています。言葉遣いや文章の書き方は、礼儀正しくルールを守った適切な対応を心がけましょう。
  • 5.発送する
    出品したコーヒーメーカーが売れたら、発送手続きを行います。お互いの個人情報を守りつつ、ルールを守って丁寧に梱包し、発送しましょう。

不用品回収業者に依頼する

使わないコーヒーメーカーを処分するには、不用品回収業者に依頼するという方法もあります。

不用品回収業者は、コーヒーメーカーをはじめとしたさまざまな家電製品や、家具などあらゆる不用品をまとめて回収してくれるサービスを提供しています。
電話一本で、希望の日時に自宅まで回収しにきてくれるので、「忙しくてなかなか時間が取れない」人や、「大量に処分したいものがある」という人には、特におすすめです。

自治体では、回収までに分別や分解などの手間がかかるほか、回収日までの日数がかかってしまいますが、不用品回収業者は、最短で即日の回収にも対応してくれるので、転勤や断捨離で「すぐに処分したい」という人にもぜひおすすめです。

コーヒーメーカーを不用品回収業者に依頼して処分するには、以下の手順で行います。

  • 1.不用品回収業者を選ぶ
    不用品回収業者はインターネットで検索すると、たくさんの業者が表示されます。コーヒーメーカーを回収してもらうために最適な不用品回収業者を選ぶためには、サービス内容や回収可能な地域などを確認しながら選ぶことが大切です。
  • 2.不用品回収業者に連絡する
    不用品回収業者を選んだら、まずは連絡をして問い合わせてみましょう。インターネット上に掲載されている業者のほとんどは、電話で直接問い合わせることも可能ですが、24時間365日対応可能なメールやLINEでの問い合わせを行なっているところもあります。
  • 3.見積もりを取る
    不用品回収業者に連絡をする際には、必ず見積もりをとってもらうようにしましょう。回収してもらいたいのがコーヒーメーカーだけではなく、ついでに処分したいものがあれば必ず全て伝えておき、最適なプランやオプション料金などを含めた見積価格を出してもらうようにすることが大切です。
    業者によって処分費用が大きく異なることもあるので、複数の業者からとった見積もりを比較してみるのも良いでしょう。
  • 4.回収してもらうための準備をする
    見積もりをみて、コーヒーメーカーを処分してもらう不用品回収業者を決めたら、回収日前日までに回収のための準備を行いましょう。
    コーヒーメーカーだけなら、すぐに準備は完了しますが、ほかにも回収してもらいたいものがある場合は、一箇所にまとめておくことで、回収に時間をかけることなくスピーディーに作業することができます。

コーヒーメーカーを処分する際の注意点

コーヒーメーカーを正しく処分する際には、注意するべき点もあります。ここでは、コーヒーメーカーの種類によって気をつけなければならない点と、処分方法別によって注意するべき点について詳しくみてみることにしましょう。

コーヒーメーカーの種類別による注意点

多くの家庭で手軽にコーヒーを楽しむための小型家電として利用されているコーヒーメーカーですが、不用になって処分する場合には、その種類によって気をつけなければならない点があります。

コーヒーメーカーには、大きく分けて以下のような3つの種類があります。種類別にみる処分方法の注意点は以下の通りです。

種類注意点
ドリップ式コーヒーメーカーの中でも最もポピュラーなコーヒーメーカー。本体はプラスチック製で、加熱される部分は金属、コーヒーを注ぐポットはガラス製のものが多いので、素材別に細かく分別する必要がある。
エスプレッソ式本体が一体化されており、プラスチックと金属で構成されているものが多く、大型のものもあるので、ごみ袋に入りきらないものは、粗大ゴミなどで処分する必要がある。
カプセル式カプセルをセットするだけで、コーヒーや紅茶、カフェラテなどが手軽に楽しめる。小型でプラスチック製のものが多いが、分解が難しいタイプのものもある。

上記のように、コーヒーメーカーは、プラスチック製のものが多いようです。自治体のごみ収集で回収してもらうなら、地域によってはガラスと金属・プラスチックを分けて回収してもらう必要があります。
また、どうしても燃えないごみとして処分したい場合は、大きなコーヒーメーカーは袋に収まる程度に分解しておかなければなりません。

コーヒーメーカーの処分方法別による注意点

普段は、便利で手軽に使っているコーヒーメーカーですが、不用になったものを処分するには、それぞれの処分方法別によっても注意しなくてはならない点があります。

処分方法注意点
自治体で回収自治体のごみとして回収してもらうためには、大きさによっては分解しなくてはならず、自治体のルールに合わせて分別する必要があります。
ドライバーがあれば、小型なコーヒーメーカーはすぐにバラバラに分解することができるので、可能な限り分解してコンパクトに捨てられる程度の大きさにしておくことが大切です。
小型家電回収ボックス自治体が設置した小型家電回収ボックスを利用する場合は、分解をせずにそのままの状態で回収することがポイントです。もし、電池などが内蔵されている場合は、全て取り外しておくことが大切です。もし、回収ボックスがいっぱいで溢れてしまいそうな時には、日を改めて持ち込むようにしましょう。
また、一度回収ボックスに入れたものは、返却することはできません。よく考えて利用するようにしましょう。
ごみ処理場ごみ処理場へ不要になったコーヒーメーカーを持ち込む際には、ごみ処理場が営業している曜日や時間内に直接持ち込む必要があります。
そのため、仕事をしている人の場合、なかなか持ち込むことができないケースもあります。場所によっては、予約制で土日の搬入に対応してくれるところもあるので、まずは一度問い合わせてみるのが良いでしょう。
リサイクルショップリサイクルショップにコーヒーメーカーを持ち込む際には、すべての部品をきれいに洗っておきましょう。基本的にはノーブランドでもきれいな状態なら買い取ってもらうことは可能ですが、年数の経過したものや、傷や汚れが目立つものは正常な動作ができても買取対象にならない場合もあります。
リサイクルショップで買い取ってもらえなかった場合は、そのまま持ち帰り自分で処分しなくてはなりません。また、売れたとしてもさほど高額で買い取ってもらうことはあまり期待できないので注意しましょう。
フリマアプリフリマアプリでコーヒーメーカーを出す場合は、ブランドものほど早く売れる傾向が高いようです。ノーブランドならできるだけ新品に近いもの、未使用のものや、使用頻度の低いものなど、きれいな状態のものほど高く売れる傾向にあります。
フリマアプリは、お金をかけずに買い取ってもらうことが可能ですが、すぐに売れるとは限らないことや、売れる保証がないことなどもあり、「すぐにでも処分したい」という人には、あまりお勧めできません。
不用品回収業者不用品回収業者でコーヒーメーカーの回収を依頼する場合は、回収のための費用の他にオプション料金がかかる可能性もあります。
必ず見積価格をチェックして複数業者の中から、信頼できる不用品回収業者へ依頼をしましょう。
コーヒーメーカー処分方法別の注意点

コーヒーメーカーの処分にかかる費用

コーヒーメーカーを処分するには、それぞれの方法によって費用がかかる場合もあります。処分方法によるコーヒーメーカーの処分費用は以下の通りです。

処分方法費用
自治体で回収燃えないゴミ:無料
粗大ゴミ:200円〜(大きさ・自治体による)
小型家電回収ボックス無料
ごみ処理場重さによる(10kg単位がほとんど)
リサイクルショップ買い取ってもらった価格がプラスになる
フリマアプリ買い取ってもらった価格がプラスになる
(出品料・配送料などを差し引いた分)
不用品回収業者業者見積価格による

手間をかけずにコーヒーメーカーを処分するなら不用品回収業者がおすすめ

この記事では、コーヒーメーカーを正しく処分するための6つの方法についてご紹介してきました。

さまざまな形態や種類がことなるコーヒーメーカーは、お金をかけずに処分するなら、細かな規定を守って正しく分別しなければならないことがわかりました。

いくら使用は可能でも、劣化が進んでしまったものはリサイクルショップやフリマアプリを利用することも難しい傾向にあるようです。

もっとも確実でスピーディーにコーヒーメーカーを処分するなら、不用品回収業者が最適です。「忙しい」、「面倒だ」という人も電話一本ですぐに回収しにきてくれるので、余計な手間や大切な時間を無駄にすることもありません。

まずは、気軽に問い合わせをして処分したいものについて詳しく相談してみてはいかがでしょう。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事