ヘッドホンの処分方法6選|メリットデメリットと処分のタイミング | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ヘッドホンの処分方法6選|メリットデメリットと処分のタイミング | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ヘッドホンの処分方法6選|メリットデメリットと処分のタイミング

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ヘッドホンの処分方法6選|メリットデメリットと処分のタイミング

イヤフォンを使用して音楽を聴くよりも、はるかに音質が良く外部の音をシャットアウトすることで「音」にこだわりを持っている人にはマストアイテムであるヘッドホン。

ゲーミングヘッドホンなども普及している今、愛用している人は以前よりも増えたのではないでしょうか。
また、壁の薄いアパートなどで隣の人に音が漏れないようにテレビを見たり音楽を楽しむのにも必要不可欠なアイテムでもありますよね。

有線のもの、BluetoothのものLED内蔵で光るものなど種類もたくさんあり、使われている素材も多いのでいざ壊れて処分しようと思った時に捨て方に迷われている人も少なくないと思います。
今回はそんなヘッドホンの処分方法と種類や処分するときのタイミングやヘッドホンの寿命などをまとめてご紹介していきたいと思います。

ヘッドホンの処分方法6選

自治体のゴミ回収に出す

本来であれば一番馴染みがあり、簡単な方法に感じる自治体でのゴミ回収ですが、実はヘッドホンの場合は何ゴミにだしたらいいかわからないという迷いやすい方法でもあるんです。
と、いうのもパット見ただけでもわかる通りヘッドホンにはさまざまな素材が使われており、分別するのもなかなか手間がかかりますしサイズ的には普通のゴミにすてられたとしても配線も多いのでそのまま捨てて良いのか不安になりますよね。一体何ゴミとして捨てるのが正解なのか地域別のヘッドホンの自治体回収ゴミでの分別をまとめてみました。

地域分別詳細
埼玉県さいたま市小型家電等※小型家電リサイクル特定対象品目
回収ボックス収集
もえないごみ
福岡県福岡市小型家電※小型家電リサイクル対象
区役所やスーパーに設置してある回収ボックスに入れる
投入口に入らない大きさのものは燃えないゴミ
神奈川県相模原市使用済み小型家電※小型家電リサイクル対象
回収ボックスに持ち込みをする
入らない場合は一般ごみ(必ず電池は外す)
沖縄県与那原町燃やさないごみ
北海道札幌市燃やせないごみ※小型家電リサイクル対象
回収ボックスの投入口に入れる事ができればリサイクル対象になります。
札幌の場合燃やせないごみとしての回収も有料となります。

表にまとめるとわかる通り、ほとんどの地域では小型家電リサイクル法の対象品目になっていますが、どうしても一般ごみとして出したい場合は不燃ごみもしくは燃えるゴミでの処分になります。Bluetoothのヘッドホンの場合電池が内蔵されている事がありますが自治体にゴミとして回収してもらう場合には必ず電池は外した状態で処分しましょう。思わぬ事故につながる可能性があります。

リサイクルボックスを活用する

自治体のゴミ回収の表にもありましたが実はヘッドフォンはほとんどの地域で「小型家電リサイクル法」の対象品目に入っています。

使用済み小型家電リサイクル法とは

携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、ヘッドホンなど小型家電には有用金属である鉄、アルミ、金、銀、銅やレアメタルなどが多く含まれています。それらの資源をリサイクルし、有効活用するべく平成25年4月1日からスタートした法案を「小型家電リサイクル法」と言います。
これらの小型家電はリサイクルに適した有用金属を含む一方、鉛などの有害金属も含んでいるため、一度リサイクルボックスを通じ集められ適正な処理のもとリサイクルへとまわされます。

壊れていても回収してもらえるので、無料でヘッドホンを処分できるだけでなく、地球の為にもなる活動です。積極的に有効活用していきたいですね。

フリマサイトやオークションで販売する

まだ使える状態のヘッドホンであればフリマサイトやオークションで販売するという方法もあります。もしお手持ちのヘッドホンが人気のあるメーカーのものであれば、より高値で販売できる可能性は高まるのでおすすめです。
実はヘッドホン特有の風潮として例え中古であっても、あまりにも状態が悪い物でない限りは値段が下がりにくく需要があるのでフリマサイトにありがちな安くなければ買手がみつからないという状況に陥りにくいんです。

フリマサイトやオークションに出品する時のポイント

・写真は綺麗に撮る。
スマートフォンを使えば簡単に写真を撮影する事は可能ですが、そこで照明や背景にこだわって売りたいヘッドホンをより目立たせる事でサイトのユーザーが見た時の印象をあげて購買意欲も高まります。
ただし、傷などがある場合それをごまかすのはNGです。トラブルにつながる恐れもあるのでしっかりと商品の情報は詳細に載せましょう。

・自分の販売したい商品の落札相場を調べる。
これはとても重要です。自分ではずっと愛用してるからと値段を下げてつけがちになりますが、実は探している人の多い商品や有名人が愛用しているなどで付加価値がついて稀に値段が跳ね上がっているものもあるんです。
オークションであれば自動的に入札者が値段を上げてくれますが、フリマサイトの場合はそうはいきません。高く売れる物を自己判断で安く販売してしまってはもったいないですよね。かならず出品前に自分がこれから販売しようとしているヘッドホンの相場を確認してみましょう。

オーディオ専門買取業者で買い取ってもらう。

まだ十分に使える状態のヘッドホンの処分方法としてオーディオ専門の買取業者に買い取ってもらうという方法もおすすめです。ヘッドホンというのは中古であったとしても値崩れがおきにくいアイテムになるので、思っている以上に高額査定をしてもらえる可能性があります。
売れる可能性のあるヘッドホンをもう使わないからといってそのまま捨ててしまうのももったいないですよね。
査定を依頼したからといって確実にその場ですぐに売らなくてはいけないという状態にはならないので、一度見積りだけでもだしてもらうのも良いかもしれません。

高額査定されやすいヘッドホンの買取相場をまとめてみました。

ヘッドホンの種類買取価格の相場
【Final】D8000 Pro Edition FI-D8PPAL ブラック約180,000~210,000円
【Apple】Air Pods Max MGYJ3J/A シルバー約36,000~46,000円
【SENNHEISER】MOMENTUM Wireless M3AEBTXL Sandy White約15,000~25,000円
【SENNHEISER】GSP 600 ゲーミングヘッドセット 密閉型約4,100~10,100円
【SONY】WH-1000XM5-BM ブラック約23,000~28,000円

ヘッドホンによって値段の幅はありますが、人気で需要のあるもの程やはり買取値は高い傾向にあります。また、カラー展開も豊富でデザイン性や遊び心があり使用する人の心を華やかにしてくれるヘッドホンですが、買取に出す時に高値が付きやすいのは黒やシルバーなどのシンプルなものです。
カラーによって買取価格にも差が開く可能性もあるので、音楽が好きで新しいヘッドホンに目が無く、常に買い替えを考えているという人は購入時からシンプルなデザインの物を選択したほうが無難かもしれません。

知人に譲る

知人や親戚などに、音楽が好きな人はいらっしゃいませんか?その方にヘッドホンを譲るというのも処分方法の1つです。特に学生など音楽は好きだけどヘッドホンを購入するほど余裕が無いという人であれば相当喜ばれるでしょう。知人や親戚に譲る場合、フリマサイトなどの様に高額で販売するというのはトラブルにつながりかねませんので基本的に無償でも構わないという人向けになります。
自分には大きくリターンは無いけれど、大切にしていたヘッドホンを誰かが引き継ぎ新たに大切にされるという安心感は大きいです。
もし頭に思い浮かぶ人が居ればこの方法も検討してみてはいかがでしょうか。

不用品回収業者に依頼する

最後に紹介したいのは、やはり最近の不用品の処分方法の主流ともなっている不用品回収業者に依頼するという方法です。不用品回収業者の強みといえばなんといっても一気に他の不用品もまとめて処分できること。
費用の見積りを出してもらった所から、不用品の中に買取ができる物があればその買取金額を相殺してくれるので実質負担が少ない状態でまとめてたくさんの不用品を処分できるのは大きな魅力です。
手間がかからないというのも現代の忙しい人たちには嬉しいポイントで、電話一本で自宅まで引き取りにきてくれ最短即日中に不用品が片付きます。
ヘッドホンの場合、ヘッドホン単体だと逆に高くついてしまうかもしれないですが、部屋の中を見渡してこれも必要がないなと思う物があれば一緒にひきとってもらえるのが強みです。
音楽専門店ではないので、音楽とはまったくあ関係の無い衣類や食器なども、分別や解体が出来ずこまっているものも一緒に事前準備無しにひきとってもらう事が出来るので他に処分に困っているものがあれば一緒に引き取ってもらいましょう。

悪徳業者に注意しましょう

不用品回収業者を名乗る悪徳業者が残念ながら存在します。

不用品回収業者にヘッドホンの回収をお願いするのであれば、事前に
・古物商許可
・産業廃棄物収取運搬許可
こちらの資格を保有しているかの確認をしましょう。

もしホームページなどにこの記載が無い場合や、所在地や代表の名前の記載が無い場合は悪徳業者である可能性が高いので、
他の業者に切り替えた方が無難でしょう。

処分方法別にかかる費用とメリット、デメリット

ここまでご紹介した6種類のヘッドホンの処分方法のメリットとデメリットを表にまとめてみました。

処分方法メリットデメリット
自治体のゴミ回収に出す・なじみのある方法なのでいつものゴミを捨てるタイミングに一緒に捨てられる。
・わからない事があれば自治体などに電話して聞くことができる。
・回収日が決まっているのでタイミングさえ逃さなければ一週間以内には処分が完了する。
・小型家電リサイクル法対象品になるので地域によってはゴミ回収ではなくリサイクルに出さなくてはいけない。
・電池のついたタイプの物は解体しなくてはいけない。
・地域によって分別が違うので必ず自分の地域の分別を調べる必要がある。
リサイクルボックスを活用する・リサイクルボックスに入れる事で資源が有効活用されるので地球にやさしい。
・エコな活動を簡単に行う事ができる。
・処分費用がかからない。
・分別が必要ない。
・各自治体が設置するリサイクルボックスまで持っていかなければいけない。
・リサイクルボックスの投入口のサイズに入らない大きさの物は持ち帰り他の処分方法を検討する必要がある。
フリマサイトやオークションで販売する・自分の希望する価格で販売する事ができる。
・マイペースに出品をおこなうことができる。
・次に確実に必要としている人の手に渡るので大切に使ってもらう事ができる。
・すぐにヘッドホンが販売できるとは限らないので、売れるまで手元に残しておく必要がある。
・壊れているものは販売には向かない。
・出品から販売まですべて一人で行うので手間がかかる。
・初心者の場合一から登録し、使い方を学ばなければならないので初心者には不向き。
オーディオ専門買取業者で買い取ってもらう。・専門知識のある店舗なので、売りたいヘッドホンがきちんとしたメーカー物の場合はプロに査定してもらえる安心感がある。
・沢山の業者があるので自分にあった業者を探すことができる。
・見積りは無料の所も多いので、何社かに見積りを依頼し一番高額で買い取ってくれる所に依頼すれば損はしない。
・信用できないような悪徳業者にひっかかってしまった場合は相場よりだいぶ低い価格を提示される可能性がある。
・ヘッドホンを持ち込んだり、箱に入れて送ったりするという手間がある。
・査定前に一度ヘッドホンを綺麗にしておく必要がある。
知人に譲る・トラブルが少ない。
・顔や所在のわかっている人に譲るので安心感がある。
・大切にしていたヘッドホンを次にまた大切に使ってもらえるという安心感がある。
・有償で譲りたいという人にはあまり向いていない。
・まずは欲しい人を探さなくてはいけないという手間がある。
・どこでいつ譲るかなどの段取りを相手の都合と合わせてしなくてはいけない。
不用品回収業者に依頼する・とにかく手間がかからない。
・思い立った日にそのまま即日処分してもらえる。
・個数があってもまとめて処分可能。
・ヘッドホン以外に不用品がある場合は、それもまとめて全て処分してもらえる。
・ヘッドホンを含め引き取ってもらう不用品の中に買取対象品がある場合は、回収依頼費用から買取価格を相殺してもらえるのでコストパフォーマンスが良い。
・家まで回収に来てもらえる。
・壊れたり状態が悪くても引き取ってもらえる。
・稀に資格を持たない悪徳業者が存在する。
・ヘッドホン1個だけを処分したい時にはコストがかかりすぎる。

こうしてまとめて見るとわかる通り、ヘッドホンの処分には方法別に全く違うメリットとデメリットが存在します。
処分の手間ととるか、手軽さをとるか、お手持ちのヘッドホンのメーカーやまだ使える、使えない、他にも処分したい不用品があるかどうかなどのさまざまな状況によって、むいている処分方法は変わってきます。
ご自身の処分したいヘッドホンの種類や状況を改めて検討し、じっくりと自分にあった処分方法を見つけていきましょう。

実はたくさんあるヘッドホンの種類

余程音楽が好きであったり、音楽を実際に自分がしているという人には常識かもしれませんが、実はヘッドホンにたくさんの種類がある事を知らない人も多いのではないでしょうか?
折角なので今回はその一部を抜粋してヘッドホンの種類をご紹介していきたいと思います。
実際にヘッドホンを処分するにあたり、こちらのヘッドホンの種類は大切になってきます。自分の持っているヘッドホンがどれに分類されるかわからないという方も一緒に確認してみましょう。

種類詳細
密閉型ヘッドホン密閉型のヘッドホンは、一言で表すと外に音を漏らさない工夫が施されている物を言います。
木材や樹脂などにより密閉され外部に音を漏らさない構造にする事でより音楽の世界に入り込むことが出来ると人気のヘッドホン。
開放型ヘッドホン開放型ヘッドホンは密閉型は逆にハウジングという普段はカバーの中にある部分がメッシュなどの構造になっていてあえて外部に音が漏れるような作りになっています。長時間使用していても疲れないので外で音楽を楽しむというよりも室内で快適に音楽を楽しみたいという人に人気のあるヘッドホンになります。
オーバーイヤー型ヘッドホンその名の通り、完全に耳を覆ってしまうタイプのヘッドホンを言います。完全に耳が密閉状態になり、外部のと音を遮断します。本来なら音漏れがしやすいズンズンとした重低音の音を周囲の目を気にせずに楽しみたい人には最適のヘッドホンになります。
オンイヤー型ヘッドホンオーバーイヤーと違い、周囲の音ををブロックしないので周りを気にしながら何か作業をしたい人には向いていますが、同時に音漏れもしやすいというデメリットがあります。
音量さえ気にしながらであれば周りの状況を把握した状態で音を楽しめるので上手く使えばとても便利なヘッドホンです。
モニターヘッドホン音響関係のプロが使うヘッドホンです。こちらはただ趣味で音楽を楽しむ用のヘッドホンではなく、レコーディングなどプロの現場で音質の管理のために使用するヘッドホンになります。
よほどのオーディオマニアでない限りは素人で愛用しているという人は少ないのではないでしょうか。
DJヘッドホンこちらもあまり音楽をプライベートで聞く為に愛用している人は少ないとは思いますが、ヘッドホンの主要な種類の1つになります。良くDJの方が片耳だけで次に流す音を確認しているのを見かけたことがあると思いますが、まさにそれがアこのDJヘッドホンになります。片耳だけもきちんと音を確認する事が出来るのが大きな特徴ですがもちろん両耳で聞くこともできます。
ゲーミングヘッドホン今や大ブームを巻き起こしたゲーミングシリーズなので手元に持っているという人も多いのではないでしょうか?オンラインゲームなどをプレイする時には欠かせない重要アイテムの一つ。マイク昨日が付いておりゲームをしながら会話ができるのも大きな特徴です。きらびやかなLEDで光るタイプの物などさまざまなデザインが販売されています。

おおざっぱに説明しましたが、ヘッドホンには他にも優先であったり、Bluetoothの無線型であったりとかなりの種類が存在します。お手持ちのヘッドホンを処分する前にどの種類にあてはまるのか、一度確認しておくと良いかもしれません。

ヘッドホンを処分するタイミングとは

壊れてしまった時

ヘッドホンに限らずですが長年愛用し大切に使用してきた物でも、世の中の物には残念ながら寿命が存在します。ヘッドホンの場合は有線であるか、Bluetoothなどのワイヤレスであるかで少し寿命が変わってきます。

ヘッドホンの平均寿命

有線タイプのヘッドホン…3~5年

ワイヤレスタイプのヘッドホン…2~3年

有線タイプの方がワイヤレスタイプよりも寿命が少し長くなります。ただしこちらは統計で見た平均値であり、もちろんこの年数を超えて長く使用できているヘッドホンも世の中には多く存在します。
使用頻度や使い方によっても寿命の年数は大きく変わってきますので、長く使いたいという場合はできるだけ大切に扱いましょう。

しかし大切に使っていても壊れる時はいつか来てしまいます。壊れたヘッドホンは販売するなどの手段も使えないため、潔く処分してしまいましょう。

新しい物を買う時

音楽は私達とは切っても切れない密接な関係にあるものです。その音楽を楽しむ為のヘッドホンは驚くべきスピードで日々続々と新しい商品が販売されています。
やはり新しいヘッドホンは常に最新の技術が使われているので音質も良く、使い勝手も良いので買い換えたいと思う気持ちになる人も多いのではないでしょうか?
特に音楽好きの人であればなおさらです。新しいヘッドホンが気になり始めたら処分を検討してみましょう。
処分方法によっては、次のヘッドホンを買う時の資金の足しになるかもしれません。
自分に納得のいく方法を探してみましょう。

手間のかからない不用品回収業者がおすすめ!

ここまでヘッドホンの処分方法6選と、処分に関わるメリットデメリットなどをまとめてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
ヘッドホンの大きさから普通にゴミに捨てられるだろうと考えていた方は、小型家電リサイクル法などの色々なワードが出てきて驚いたのではないでしょうか?
もちろん無料で回収してもらえるので便利な方法ではありますが、近年主流のBluetooth内蔵型のイヤホンなどの場合は中の電池を解体して取り出さなくてはいけないという大きな手間がかかります。
普段あまり電化製品をいじらない女性であればそれだけでなんとなく抵抗を感じる人もいるはずです。
そんな方にはやはり不用品回収業者がおすすめ!
たとえBluetooth内蔵型であっても電池を取り外したりする必要も、わざわざ綺麗にしておく必要もないのでとにかく楽に処分する事ができます。

また、今回のヘッドホンと同様に処分方法がわからなくて困っているというものを事前準備なしでそのまま一緒に全て引き取ってもらう事ができるので是非この機会に処分の仕方がわからなかったものを纏めて不用品回収業者に依頼してしまうのはいかがでしょうか?検討して見てくださいね。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事