ソーラーパネルの処分方法5選|撤去法や有効活用法も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ソーラーパネルの処分方法5選|撤去法や有効活用法も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ソーラーパネルの処分方法5選|撤去法や有効活用法も紹介

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ソーラーパネルの処分方法5選|撤去法や有効活用法も紹介

「ソーラーパネルってどうやって捨てるの?最近エコで話題になってるけど…」

「屋根に備え付けているソーラーパネル、契約が終わったら処分したいけどどうしたらいいの?」

新築屋根の上に設置することが多くなったソーラーパネル、契約終了後にどうやって処分または活用するのか気になっている方もいるでしょう。

処分する場合、何か特別な処置が必要になるのかと不安を抱えている方もいるはずです。

この記事では、ソーラーパネルの処分方法や撤去のための工事について徹底解説します。

ソーラーパネルを処分する方法別メリット・デメリットや注意点なども紹介するので、現在家の屋根にソーラーパネルがある方や、パネルの処分を検討している方は必見です。

ソーラーパネルの撤去には必ず工事が必要

ソーラーパネルを処分する際には、パネルや設備の撤去作業が必要です。

処分の際には専門業者を雇い撤去作業をしたり、廃材の運搬・屋根の修復作業などを行う必要があるため、必ず多額の撤去費用がかかります。

撤去費用の相場はソーラーパネルのサイズによって変化します。

流通しているソーラーパネルのサイズは、以下の2つに分類されるため、屋根に備え付けられているものがどちらかを確認しておきましょう。

ソーラーパネルの撤去にかかる工事費は2種類

①一般住宅の屋上の場合
②産業用50kW以上の製品の場合

以下では、各ソーラーパネルの撤去費用を徹底解説します。

撤去費用の目安を知りたい方は、ぜひご覧ください。

①一般住宅の屋上の場合

一般家屋に取り付けられているソーラーパネルの場合、撤去の費用相場は以下の表の通りになります。

パネルの取り外し費用10~15万円
廃材の運搬費2万5,000円(4tロングトラックの場合)
足場代1平方メートル当たり700~1,000円/日
屋根の修復代瓦屋根すべての張り替え:100万円程度
屋根の部分修理のみ:10~30万円

ソーラーパネルの取り外しと屋根の葺き替えのみを依頼した場合、費用の相場は数十万円~100万円以上になると考えられます。

同時にソーラーパネルの処分を依頼した場合、パネル1枚あたり5,000円前後の処分費用がかかるのも覚えておきましょう。

②産業用50kW以上の製品の場合

産業用である 50kW以上のソーラーパネルを処分する際には、パネルの廃棄費用が非常に高くなります。

一般家庭用となっている太陽光パネルは10kW以下であり、廃棄のためにかかる費用も安めの設定です。

しかし、50kW以上の産業用ソーラーパネルは、1kWあたり2万円もの廃棄費用が同時処分の際にはかかってしまいます。

50kWのソーラーパネルを1枚処分するだけでも、廃棄には100万円以上がかかる計算になるのです。

一度導入した産業用ソーラーパネルを廃棄するのには、多額の費用がかかります。

廃棄時にうろたえないためにも、産業用のソーラーパネルを導入する際には将来の廃棄費用をしっかり積み立てておきましょう。

ソーラーパネルの処分方法5選

「家庭用ソーラーパネルをお得に処分したい!」

「ソーラーパネルを処分するのに手間がかからない方法はどれ?」

上記のような悩みを抱えているソーラーパネル利用者の方は、きっと多いことでしょう。

ソーラーパネルは導入からまだ日が浅い設備なので、ネットで検索しても処分方法が分からないという方もいるはずです。

ここでは、ソーラーパネルの主な処分方法を5つ紹介します。

ソーラーパネルの処分方法5選

①自治体の粗大ゴミに出す
②専門業者に回収を依頼する
③買取業者に回収を依頼する
④リユース・リサイクルサービスに出す
⑤不用品回収業者に依頼する

簡単にソーラーパネルを処分できる方法や、費用がかかりにくい方法など、さまざまな処分方法をラインナップしましたのでぜひ参考にしてください。

以下では、各処分方法を徹底解説します。

①自治体の粗大ゴミに出す

専門業者によって屋根から撤去されたソーラーパネルは、自治体の粗大ゴミに出せる場合があります。

しかし、ソーラーパネルは多くの場合産業廃棄物に該当するため、粗大ゴミとして受け入れている自治体はやや少ない傾向にあります。

廃棄を検討する方は、事前におすまいの自治体がソーラーパネルを廃棄できるのかをチェックしておきましょう。

ソーラーパネルを自治体の粗大ゴミに出す手順は、以下の4ステップです。

ソーラーパネルを粗大ゴミに出す手順4ステップ

①住んでいる自治体に問い合わせ、ソーラーパネルを回収できるか確認する
②可能な場合、ソーラーパネルの3辺の大きさを伝え金額を教えてもらう
③指定された金額の粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局で購入する
③ソーラーパネルにゴミ券を貼り、指定された時間に収集場所へ運ぶ

誰でも簡単にソーラーパネルを処分できるのが、この方法のメリットでしょう。

電話やインターネットで申し込みをし、粗大ゴミ券を貼って指定場所にソーラーパネルを置くだけで、簡単に処分を行えます。

しかし、ソーラーパネルは非常に重いため、運び出すのが大変という方も中にはいるでしょう。

重いものを持ち運びできない方は、別の方法でソーラーパネルを処分するようにしてください。

②専門業者に回収を依頼する

ソーラーパネルを処分する方法としてスタンダードなのが、専門業者に回収してもらうことです。

撤去時に回収を依頼すれば、処分方法に悩むことなくソーラーパネルを処分できるでしょう。

専門業者に廃棄依頼をすれば、重いソーラーパネルを運び出ししてくれます。

撤去と同時にソーラーパネルの処分を依頼しておけば、同じ日にパネル処分が行えるため時間を有意義に使えるのも魅力でしょう。

この方法のデメリットは、多くの場合多額の費用がかかるということです。

ソーラーパネルは産業廃棄物に指定されているため、処分の際には高額な費用がかかります。

業者により処分費用はまちまちなため、高額な費用をとられないよう相見積もりを行い、業者の比較を行う必要もあるでしょう。

③買取業者に回収を依頼する

不要なソーラーパネルを、お金を出し買い取っている業者も存在します。

ソーラーパネルを現金化したい方は、ぜひ買取業者を探し査定を依頼してみましょう。

中にはソーラーパネルに関連したパワーコンディショナーなどの資材を、同時に買い取ってくれるところも存在します。

比較的新しく、かつ備品がしっかり揃ったソーラーパネルなら、高価買取も期待しやすいです。

壊れてしまったソーラーパネルや、機能の弱くなっている商品、汚れがひどいものなどは買取を拒否される可能性がある点には注意が必要です。

買取が可能なのは原則として、まだ使用ができる美品のみだと心得ましょう。

④リユース・リサイクルサービスに出す

環境ソリューション業者の中には、いらなくなったソーラーパネルをリユース・リサイクルしているところもあります。

内部破損がないソーラーパネルはリユース(再利用)、破損していたり状態が悪く使えないものはリサイクル(産廃化)する仕組みです。

リユース品と判断された場合は買取されることが多いのがこの処分方法の特徴です。

確実に使えそうなソーラーパネルを処分したい場合には、この方法を利用するのがおすすめだといえるでしょう。

中古ソーラーパネルの扱いや買取基準は業者により異なります。

買取価格も大きく異なるケースがあるため、各リユース・リサイクルサービスに査定をお願いするのがよいでしょう。

さまざまな業者に相見積もりを取り、買取価格を比較してからソーラーパネルを売り渡せば失敗は少なくなります。

⑤不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者の中には、ソーラーパネルの回収を行っているところもあります。

ソーラーパネル本体はもちろん、パワーコンディショナーや接続用の箱などの備品も、同時引き取りができる可能性は高いです。

他の家電・家具などと一緒に処分ができる、お得なパックを実施しているところもあるため、たくさんの不用品を同時に処分したい方にもおすすめです。

業者によっては、ソーラーパネルとその備品の買取を実施しているところもあります。

比較的新しいソーラーパネルを処分したい方は、不用品回収業者に買取ができないかを相談するとよいでしょう。

中古品でソーラーパネルが回収できるかは不用品拐取業者により異なるため、必ず事前に回収ができるか問い合わせを行ってください。

年間20,000万件超の実績がある「不用品回収のお助け屋」では、さまざまな不用品を回収しています。

ソーラーパネルやその備品についても回収可能な場合があるため、見積もりや相談をぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

ソーラーパネルの処分費用の相場

ここまでは、ソーラーパネルを撤去・処分するための方法を解説してきました。

ここからはソーラーパネル処分にかかる、具体的な費用について紹介していきます。

【処分方法】【費用相場】【ポイント】
①自治体の粗大ゴミに出す大きさや自治体により異なる・処分できない自治体も多い
・大きさや枚数で処分費用は大きく異なる
②専門業者に回収を依頼する5,000円/1平方メートル~・ソーラーパネル撤去とともに処分ができることも多い
・産業廃棄物になるソーラーパネルも処分可能
③買取業者に回収を依頼する無料・ソーラーパネル買取可能な業者のみ利用可能
④リユース・リサイクルサービスに出すリユース:無料
リサイクル:費用が掛かることもある
・リユースサービスの場合、買取回収を行ってくれる場合がある
⑤不用品回収業者に依頼する業者により異なる・ソーラーパネルを回収でききる業者を利用する必要がある
・価格は業者により異なるため、相見積もりを立て比較をするべき

上記の表に処分費用の目安・処分時のポイントをまとめたのでぜひ参考にしてください。

ソーラーパネルの処分方法ごとのメリット・デメリット

「ソーラーパネルの処分費用はわかったけど、どれを選んだらいいかわからない…」

「具体的な各処分方法のメリット・デメリットを知りたい」

記事を読んで、上記のように感じた方もいるでしょう。

ここでは、ソーラーパネルの処分方法ごとのメリット・デメリットを徹底解説します。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
①自治体の粗大ゴミに出す・気軽にソーラーパネルを処分できる
・自治体サービスなのでトラブルが少ない
・安価でソーラーパネルを処分できる
・ソーラーパネルを粗大ゴミで処分できない自治体も多い
・運び出しが大変
・ソーラーパネルを処分する日時や起き場所の指定をされる
②専門業者に回収を依頼する・ソーラーパネル撤去と同時に処分が可能
・産業廃棄物処理の違反となりにくい
・ソーラーパネル用備品なども同時に処分できる
・かかる費用が高い
・ソーラーパネルのリサイクルはできない
・業者により価格が異なるため相見積もりが必須
③買取業者に回収を依頼する・いらなくなったソーラーパネルをお金に換えられる
・費用をかけずソーラーパネルを処分できる
・備品なども同時に処分できる場合が多い
・ソーラーパネルを買取できる業者は限られる
・状態の悪いソーラーパネルは買取してもらえないことが多い
④リユース・リサイクルサービスに出す・リユース可能なソーラーパネルを買取してくれるところもある
・原則として引き取りは無料
・壊れたソーラーパネルでも処分できる
・リユースやリサイクルを行っている業者はまだ全国的に少ない
・リサイクルの場合、処分費用を取られることもある
⑤不用品回収業者に依頼する・即日処分ができる
・重いパネルを運搬する必要がない
・家にいながらソーラーパネルを処分できる
・収集の日時を自由に決められる
・他の不用品との一括処分が可能
・処分の際に料金がかかる
・単品での回収は割高になる
・業者によって価格が大きく異なる
・見積りをとる必要がある
・ソーラーパネルを回収している業者は少ない

ソーラーパネルを処分できる業者は限られているため、処分時に考えられる選択肢も少ない傾向にあります。

処分を受けつけている業者が提示する費用はさまざまなため、処分時に損をしないためには相見積もりを取るべきでしょう。

見積もりを複数の業者からとって比較し、最も安く腕も良いところを選択するのがおすすめです。

業者の処分の腕前を見るには、ホームページの実績を確認するのが良いでしょう。

ソーラーパネルは産業廃棄物に該当する製品のため、不法投棄を行っていない業者を必ず選ぶようにしてください。

処分に関する実績が多い業者は、処分に関する技術が高く不法投棄を行う確率も低いため安心です。

ソーラーパネルを処分する際の注意点

「ソーラーパネルを処分するときに注意することはある?」

「廃棄の前の撤去って、自分でできないのかな?」

上記のような疑問を抱えている方も、きっといることでしょう。

ソーラーパネルの処分に関する注意点は、主に以下の5つです。

ソーラーパネルを処分する際の注意点5つ

①ソーラーパネルの寿命は30年以上だが事故・故障のリスクがある
②自治体によっては粗大ゴミ処分ができない場合もある
③付属品の処分も忘れずに行う
④ご自身での撤去作業は絶対にしない
⑤撤去は回収と施工業者に手配することが多い

注意点の中には、守らないと命に関わるものもいくつか存在します。

以下で各注意ポイントを徹底解説するので、ソーラーパネルを処分したい方はよく読んでおきましょう。

①ソーラーパネルの寿命は30年以上だが事故・故障のリスクがある

ソーラーパネルの寿命は非常に長く、25~30年以上は使用可能だといわれています。

しかし、これは何事もなく耐用年数を終えた場合の指標です。

下記のような事故・故障で耐用年数を早めに迎えることも珍しくないのです。

ソーラーパネルの故障原因3つ

・台風や地震などの天災でパネルが割れてしまった
・火災などでソーラーパネルそのものや設備がダメージを受けた
・建て替えや売却などで建物そのものを取り壊すことになった

特にソーラーパネルは屋根の上に設置されているため、天災で損壊を受けやすい傾向にあります、

屋外に設置したソーラーパネルは、原則として火災保険の補償対象となります。

天災を補償するプランに加入しておけば、ソーラーパネルが故障した際にも補償を受けられるでしょう。

天災などで故障したソーラーパネルの処分を考える前には、火災保険が故障したソーラーパネルに適応できるかを必ず確認してください。

補償適用できる場合には、処分より修理を行うほうが安く済む可能性も高いです。

②自治体によっては粗大ゴミ処分ができない場合もある

産業廃棄物であるソーラーパネルは、自治体によっては粗大ゴミで廃棄できないこともあります。

この設備には下記のような有害物質が多く含まれるため、普通に廃棄処分することはできない場合が多いのです。

ソーラーパネルに含まれる有害物質4つ

・鉛
・カドミウム
・セレン
・ヒ素

ソーラーパネルの破損状況によっては、これらの有害物質が流れ出す可能性もあります。

一般ゴミでソーラーパネルを破棄すると、有害物質による土壌・水質汚染が起こり得ます。

特にカドミウムは公害病の原因となったこともあり、水質汚染の大きな原因となりかねない危険な物質だといえるでしょう。

粗大ゴミでソーラーパネルを処分できない自治体は、産業廃棄物としてソーラーパネルを処分するのを推奨しています。

粗大ゴミ処分が不可能な場合には決して不法投棄を行わず、廃棄専門の業者に依頼を行いましょう。

③付属品の処分も忘れずに行う

ソーラーパネルを処分する際には、必ずパワーコンディショナーや接続箱、ケーブルのような備品も忘れず一緒に廃棄してください。

パワーコンディショナーやケーブル、接続箱は、ソーラーパネルを使うために必要な備品です。

売却でソーラーパネルを処分する際には、セットで買取処分に出すとよいでしょう。

セットで販売を行えば、ソーラーパネルや備品の買取価格は上昇しやすくなります。

備品はソーラーパネルと違い産業廃棄物でないことも多いため、粗大ゴミなどで処分がしやすいです。

一辺30cm以内の備品は一般ゴミ、それ以上の大きさの備品は粗大ゴミとして処分してください。

なお、ソーラーパネルのケーブルは単品での買取需要もあります。

パネルのケーブルのみを処分する際には、売却できる買取業者がいないかも事前に確認しておきましょう。

④ご自身での撤去作業は絶対にしない

「屋根の上にあるソーラーパネルを、自分で撤去したい」

「ソーラーパネルの撤去費用がすごく高いから、DIYで撤去をしたいんだけど…」

上記のような考えを抱いている方も、ソーラーパネルを処分した方の中にはいるかもしれません。

ソーラーパネルの撤去を一般人が行うのは、極めて危険なため絶対に行ってはいけません。

パネル撤去には以下のような多数のリスクがあり、死亡事故につながる恐れもあるのです。

ソーラーパネルを屋根から撤去するのに付きまとうリスク

・高所作業のため屋根から落下するリスク
・配線の電気遮断スキル不足による感電のリスク
・ガラスを使用したパネルなどが割れるリスク
・発電パネルのショートが起きるリスク
・重量物運搬で身体を傷めるリスク など

ソーラーパネルの撤去は高い費用がかかるとしても、必ず業者に委託するようにしてください。

⑤撤去は施工業者に手配することが多い

ソーラーパネルの撤去から回収までを、すべて請け負える会社は少ない傾向にあります。

回収までをひとつの業者が担えない場合には、撤去と回収を別の業者に委託しましょう。

撤去や廃材の処分のみを業者委託する場合には、家屋などの解体業者を利用するのがおすすめです。

解体業者によって取りはずされたソーラーパネルは、その後買取や廃棄などの処分を担当する業者に引き渡しましょう。

処分ではなく家庭電源への転用も検討しよう

ソーラーパネルは本来、25~30年の長寿命を誇る家屋設備です。

取り外したソーラーパネルを見て「寿命が来る前に処分を検討するのは、まだもったいない!」と考える方もきっといるでしょう。

老朽化していないソーラーパネルは、家庭用の電源として利用することも可能です。

ここでは、取り外した家庭用ソーラーパネルを電源として利用する方法を3つ紹介します。

ソーラーパネルの家庭用電源転用事例3つ

①家庭用の主電源への転用
②電気自動車の充電に利用する
③非常用電源に利用する

屋根から撤去したソーラーパネルをうまく利用し、ご家庭の電気代をしっかり節約しましょう。

以下では、各転用事例を徹底解説します。

転用事例①家庭用の主電源への転用

固定価格買取制度(FIT)が終了したあとのソーラーパネルは、売電を行う収入源として有用ではないのが事実。

運用目的でソーラーパネルを使うと効力は少なくなりがちです。

しかし、引き続きソーラーパネルを自宅用電源として利用し、節約効果を得ることはできます。

取り外したソーラーパネルで自家発電すれば、電力会社から電気を購入するのを避けられます。

光熱費を自家発電で補い、家庭で使用する電気代を減らせば結果的には節約ができるのです。

電気代は近年どんどん高騰傾向にあるため、ご自身の家庭で発電を行い電気代を減らすことは重要です。

家庭内での支出を減らしたい方は、ソーラーパネルの家庭用電源転用を考えてみてはいかがでしょうか。

転用事例②電気自動車の充電に利用する

電気自動車を購入している・する予定のある方はソーラーパネルを行い、電気自動車の充電スタンドを作成するのもおすすめです。

10kW以上の蓄電池をソーラーパネルに接続すれば、充電スタンドは簡単に完成します。

電気自動車の充電スタンドを使うには、会員料金などが発生します。

自宅で電気自動車の充電を行えるようにすれば、車にかかる維持費を大幅に減らせるでしょう。

転用事例③非常用電源に利用する

ソーラーパネルと蓄電池を自宅に備え付け、非常用電源として使うのもよいでしょう。

電気自動車の充電ステーション同様に、家庭用ソーラーパネルに10kW未満の充電池を備え付ければ、非常用電源は簡単に作成できます。

昨今では停電を起こす災害や、電力発電所の電気不足による計画停電も多く実施されています。

停電になっても容量の大きい非常用電源があれば、非常時にも普段と同じ生活ができるでしょう。

夏場の熱中症や冬場の寒さ対策も、大容量の非常用電源があれば防止できます。

これからのエネルギー不足対策にも、取り外したソーラーパネルは活用できます。

処分を考える前に、まず非常用電源としての使い道を考えてみてはいかがでしょうか。

ソーラーパネルをすぐ処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

太陽光を使った発電がおこなえる、ソーラーパネルは近年注目されている住宅設備です。

屋根の上に備え付ければ自宅で使ったり電力会社に販売したりする電力を作り出せますが、廃棄の際には非常に高い廃棄費用がかかります。

ソーラーパネルは廃棄するだけでなく、再利用や売却も検討できる設備です。

自宅の家庭電源や電気自動車の充電ステーション、非常用電源などに再利用することもできます。

限りある資源を大切にし、新たな電力を生み出す手段としてソーラーパネルを再利用してみてはいかがでしょうか。

壊れてしまったソーラーパネルや、どうしても家庭内で利用できないパネルは適切な方法で処分しましょう。

まだ使用できるソーラーパネルは売却、使えなくなったソーラーパネルは産業廃棄物を処分できる業者に処分してもらってください。

たくさんのソーラーパネルを処分する場合や、備品を一緒に処分する場合には不用品回収業者を利用すべきです。

適切な業者にソーラーパネルを売却すれば、収入を得つつパネルを処分できます。

中でも不用品回収業者「不用品回収のお助け屋」は、まとめて不用品を引き取るパックプランを実施しているためおすすめです。

見積もりはLINEや電話で簡単に行えるため、ぜひ「不用品回収のお助け屋」にお問い合わせをしてみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事