ギターの処分方法6選❘ギター処分に関わるメリットデメリットなど詳しく解説致します。 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ギターの処分方法6選❘ギター処分に関わるメリットデメリットなど詳しく解説致します。 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ギターの処分方法6選❘ギター処分に関わるメリットデメリットなど詳しく解説致します。

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ギターの処分方法6選❘ギター処分に関わるメリットデメリットなど詳しく解説致します。

人生で一度は手にした事があるという方も多いであろうギター。

結論だけ言ってしまえば、ギターを家庭でゴミとして処分しようとする時は基本的に粗大ゴミとしての回収になります。全然愛着のないギターであればさほどゴミとして出す事に抵抗は無いと思いますが、大抵の人は青春を共に過ごした思い出の詰まったギターをただのゴミとして処分してしまうというのは心苦しいという人の方が多いのではないでしょうか。

手元に残しておけばいつでもすぐに音楽を奏でる事ができる最高の楽器ですが近年は壁の薄いアパートやマンションも増えており、騒音問題、コロナ渦の自粛生活などさまざまの問題があるため、そんなに気軽にいつでも弾けるという環境にある人も少なくなってきたように思います。
保管しておくには場所も必要だし、ギターのコンディションを考えるとずっとケースにしまったままなんて事もできずに手元のギターをどうするかという悩みも良く耳にします。

本来は手元に残しておきたくても何か理由があって手放さなければなくなったギターをどのように処分するかは自分次第になってきます。後悔のないようにしっかりと処分方法を考えて行きましょう。

今回はわたしたちを日ごろ楽しませてくれる音楽を奏でる身近な存在「ギター」のさまざまな処分方法についてご紹介していきます。最後までご覧いただけましたら幸いです。

ギターの処分方法6選

ギターを処分するにあたって、まず一番に考えなくてはいけないのはまだ使えるかどうかです。
壊れてしまってもうどうしようもないというギターであれば迷わず捨てるという方法をとるのが賢明ですが、まだ使えるという場合は捨てるという選択肢以外にも、実はさまざまな処分方法があることをご存じですか?

是非一緒にギターの処分方法を確認していきましょう。

自治体の回収に粗大ゴミとして出す

冒頭でも少し触れましたが、ギターの処分方法として最終手段の「捨てる」という選択肢をとるのであれば粗大ゴミとしての処分が一般的です。
基本的に各自治体によって若干異なりはしますが、一辺が30cm以上のものは一般的には粗大ゴミとして分類されます。本体部分だけでも30cmを超えてしまうギターは自治体の回収の分類としては粗大ゴミとして処分する事となります。
とはいえ、まだ使えるギターを捨ててしまうのはやっぱり心苦しいという人も多いと思いますので、こちらはもう使えなくなったり壊れてしまい修理も出来ないという時のための最終手段として選択する事をおすすめします。

また、自治体によって金額は異なりますが粗大ゴミの回収にはコストがかかってきます。お住まいの地区によって違いますが大体平均するとギター1本の回収につき500円前後の費用がかかる事が多いです。

それでは実際に粗大ゴミとしてギターを出す時の手順をご紹介します。

ギターを粗大ゴミに出す方法

1.まずは自治体のホームページや、電話でギターが粗大ゴミとしての回収になるかどうかの確認をしましょう。
基本的には粗大ゴミに分類される事がほとんどですが、まれに自治体によっては違う回収方法になる場合もあります。必ず確認をしましょう。 

2.粗大ゴミ回収センターに電話、もしくは自治体のホームページにアクセスをしWEB申し込みを行い回収の日にちを決める。

3.指定の業者にて自治体の指定する金額分の粗大ゴミ収集券(粗大ゴミ回収シール)を購入します。

4.回収指定日の朝、問い合わせをしたときに指定があった粗大ゴミ置き場へゴミ収集券を貼り付けたギターを出しておきます。


粗大ゴミ収集を依頼する時に注意しなくてはならいのが粗大ゴミとして自治体に回収してもらう場合大変込み合っている事が多くいことです。
最長で2週間程申し込みから回収までの時間がかかります。
引越しや何かの急用で急いでギターを処分したいという人は自治体の粗大ごみセンターへ早めに申し込みをすませるか、後ほどご紹介する不用品回収業者への依頼をおすすめ致します。

フリマアプリやオークションを利用する。

人生で一度はギターを弾いてみたいという人はとても多く、買いたいという人も多いものになります。しかし必ず弾けるかどうかわからない上にそこそこ高価な値段であるギターを楽器屋さんでいきなり買うという事に抵抗がある人も多いのも事実です。
新品で買う事にこだわらないものであれば、そこそこ安価で手に入らないかとフリマアプリやオークションを探す人もいるのではないでしょうか。

何歳からでも興味があれば独学で学べ、何歳から始めてもいくらでも向上できるギターは探している人が多いのでとても需要があります。出品をするという手順を考えれば時間や手間はかかりますが、本当に探している人、必要としている人の手に渡り愛用していたギターが大切にしてもらえるという面ではおすすめの方法です。

大手フリマアプリサイトメルカリでのギター販売相場は大体中古の安いもので5,000円前後~がもっともすぐに購入者が決まる金額なようです。

楽器買い取り専門店を活用する

世の中にはギターの買取専門業者も実は多く存在しています。メーカー物のギターや、アーティストのコラボレーションのギターなど人気があればあるほど人気に比例して買取価格は高騰します。
ここで世間で人気のギターの種類やどれくらいの価格で売れるのかを表にまとめましたのでみてみましょう。

人気ギターメーカー買取価格相場
Gibson(ギブソン)
※いわずと知れた大人気メーカー。アメリカに本社があり、エレクトリックギター、アコースティックギターどちらも人気の高いメーカー。レスポールなど一度はあこがれるギターを輩出しています。
15,000円~275,000円
Rickenbacker(リッケンバッカー)
※アメリカに拠点をおくエレキギター界屈指の人気メーカーの一つ。ビートルズのメンバーの愛用ギターとしても知られ一度は見たことあるという人も多いのではないでしょうか。
30,000円~150,000円
Martin(マーチン)
※音域に関わらず安定して美しい音を奏でる事ができると定評のマーチン。実は1833年に創業し、戦前から続いている由緒あるメーカーで、アコースティックギター界の大御所です。マーチンのギターに魅了されたコレクターも全世界に沢山いるほどギター界で愛されているメーカーです。
15,000円~420,000円
Greven(グレーベン)
※日本の名だたるギタリストの皆さんも愛用している事でも有名なグレーベンのアコースティックギター。日本で制作されているというその技術力の高さと音の良さはやはりトップレベル。受注生産のモデルも多いので価格は高騰しがちです。
15,000円~38,5000円
※受注生産も多いのであまり出回らない為さらに高値が付く可能性もあります。

人気メーカーのギターの場合状態がよければ高値での買取をしてもらえるため、次のギターが欲しい時の資金源にもなります。もし買い替えを考えていて今お手持ちのギターを手放したいと考えている場合は買取業者への依頼も良い方法なのではないでしょうか。
多少傷があったりネックが反ってしまっている場合でも買取価格は安くはなりますが引き取り自体はしてもらえますので一度査定を依頼するのも良いかもしれません。

親戚や知人に譲る

親戚や知人にこれから音楽を始めたいという人が居る場合、その方に譲るという方法が一番不安や心配事の無いギターの処分方法ではないでしょうか?中学生から高校生くらいの親戚が居る場合はギターに興味を持つ確率が一番高い年齢層になりますので是非一度処分前に声をかけてみましょう。
案外探していたと喜ばれるかもしれません。また、親戚や知人であればギターを教えてあげながら違う方面からギターを楽しむという新たな趣味に発展する可能性もあります。
自分が弾く時間が無くて所持しているのにはもったいないという場合で親戚や知人に譲る場合は、愛着の湧いているギターをまた弾けるチャンスや他人に譲ってしまうよりも所在がわかり身近な所においておけるという安心感も得ることが出来るのでメリットの方が大きいのではないでしょうか。

SNSや地域の掲示板を利用する。

最近は地域の掲示板やSNSを活用し、次の持ち主を探すという方法も主流になってきています。本当に探している人が見つかったり、SNSの場合取引相手の方が良い人であれば、その後のギターがどのように使われているかなどの様子がわかる強みありますが、一方悪い考えを持った人にあたってしまうと転売目的であったり直接の取引になるためトラブルに巻き込まれる可能性があるなどのデメリットも頭の片隅に入れておくべき処分方法とも言えます。

不用品回収業者へ依頼する

最後にご紹介したいのは、いわゆる不用品回収業者への依頼です。ギターを処分する際にギター本体だけでなくスタンド、シールド、アクセサリー類、ケース、アンプ、エフェクターなどギターが無くなったら使う事がなくなるアイテムは本当に多く、それらを一つ一つ処分方法をしらべそれに従って処分していたら膨大な手間と時間がかかってしまいます。
特に急ぎで処分を考えている場合はその手間一つ一つが本当にデメリットでしかありません。その点不用品回収業者へホームページや電話で依頼をすればわずか2時間以内ですべてすっきり片付く場合もあるんです。

思い立ったら吉日とも言いますが、処分すると決めた以上はだらだらしていても仕方がないのですぐにすっきりと全て処分してしまう事のできる不用品回収業者への依頼も検討してみましょう。

また、不用品回収業者というとただ引き取ったものを捨ててしまうというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実はギターやアンプなど音響機器の場合買取を行ってくれる場合があります。
さらに買取を行ってくれた金額を不用品回収の費用から相殺して費用の負担がほぼ皆無になる可能性だってあるんです。お手持ちのギターがもし需要のある人気メーカーの物の場合はまとめて他にもいろいろな物を処分してしまえば、不用品もすっきり綺麗に回収してもらえて更にキャッシュバックがある場合もございます。

かなりコストパフォーマンス的にも最高の方法とも言えるのではないでしょうか。
しかし気を付けなくてはいけないのが悪徳業者の見極め方です。きちんと営業をしている不用品回収業者であればメリットの方が大きいですが、違法に営業をしている業者の場合トラブルに巻き込まれる可能性もあります。必ず下に記載するポイントを依頼前にチェックしてみましょう。

悪徳業者の見極め方

・かならずホームページに事業者情報、所在地が掲載されているか確認する。
・不用品回収業者を営業するために必要な「古物商許可」を所持しているか確認する。
・都道府県の許可を得ている業者であればなお安心です。

かならず依頼前にこれらの情報をホームページなどで確認する事をこころからおすすめ致します。

ギターを処分するタイミング

ここまでギターの処分方法をご紹介してきましたが、そもそもギターを処分するタイミングというのは本当に難しいですよね。思い出がつまっているものならなおさら捨てられない、処分できないという感情になるのは当たり前の事だと思います。
ここで再確認の意味を込めてどんな時がギターの処分すべきタイミングなのかを一緒におさらいしていきましょう。

壊れてしまって修理が不可能

どんなに大切にしていたギターでも壊れてしまってはもう使う事は出来ません。多少であれば楽器屋さんやギターの修理メーカーに依頼する事でまた使えるようになる可能性はありますが、たとえばネックが折れてしまったり湿度や湿気などで歪んでしまったり、何かパーツが外れてしまったりなど演奏をする上で支障の出るものはやはり処分するタイミングと考えるのが妥当だと思います。
手放してしまい、また新しいギターを手にするのが賢明な判断です。

弾く時間をとることが出来ないので置物になってしまっている

学生の時にはいくらでも演奏をする時間を作れたけれど、社会人になってギターを弾く機会がめっきり減ってしまったという人も多いのではないでしょうか。
マンションやアパートなどに住んでいると家で弾く事もできないし、公園など外で弾くことも今のご時世中々難しいですよね。
かといってスタジオを予約して弾く程でも無いしという場合、なかなか演奏するという機会にも恵まれないものです。

基本的にギターの本体は木で出来ているため、実は湿気や湿度に弱いという弱点があります。エレキギターなどは塗装が施されているためイメージしにくいかもしれませんが、湿気によってカビが生えてしまうなど木ならではのトラブルもつきものなのです。
また、それに付随している金属部分も気温などによって状態が変化してしまうなど本当にデリケートな楽器でもあります。
引越しなどで環境が変わった時に、今までと同じような環境で保てずケースに眠りっぱなしにさせてしまうなどギターにとって良い環境を保つことができない場合は是非一度リセットの意味もこめて処分を検討しましょう。

ギターにとって最適な環境

気温…15度~25度
湿度…40%~50%

夏場のエアコンを効かせられない部屋などはギターにとっては最悪の状況化になってしまいます。

ギターを処分する時の費用の相場とメリットデメリット

ここで今回ご紹介した処分方法にかかる費用とメリットデメリットを確認していきましょう。一覧を確認する事で自分に合った処分方法を見つけられるかもしれません。

処分方法メリットデメリット費用相場
自治体の回収に粗大ゴミとして出す・今までに活用した事がある人が多い処分方法なので迷わないでスムーズに処分する事が出来る。
・自治体の回収までには時間があるのでゆっくりと処分までの準備が出来る。
・申し込みから実際に処分できるまでには最長で2週間程のライムラグが生じるため即日処分する事が出来ない。
・ゴミとしての処分になるのでギターに思い入れがある人には向いていない。
各自治体によって異なるが大体相場で500円程の地域が多い。
フリマアプリやオークションを利用する。・自分の次にギターを愛用してくれる人を探す事が出来る。
・自分で設定したい価格を決める事ができる。
・出品するにあたって利用した事のない人は新規登録をする手間がある。
・写真や商品説明などの登録が必須になるので慣れていないと時間がかかる。
・梱包から発送まで全て自分でしなくてはならない。
手数料
(ギターを販売した価格から引かれる。)
売れやすい価格は5,000円~
楽器買い取り専門店を活用する・プロのギター専門の鑑定士が常駐しているので本当に良いギターの場合確実に価値を見出してもらえる。
・ギターについての知識が豊富なので安心して買い取りしてもらえる。
・次に購入する人もギター好きの人がほとんどなので、自分が手放した後も大切に使ってもらえる安心感がある。
・自分で買い取り専門店へ搬入しなくてはならないため時間がかかる。
・楽器屋さんのエントリーモデルなどの初心者セットギターなどは買取には不向きである。
・場所によってはWEB査定や宅配買取も可能
メーカーや人気度、ギターの状態によって異なるが10,000円~500,000円程での買取が相場。
親戚や知人に譲る・自分の知っている人に譲るので安心感がほかの方法と比べて極端に高い。
・愛用していたギターのその後の動向を見届ける事の出来る安心感がある。
・販売するわけではないので他の方法と比べるとどうしても自分への金銭的バックが無い分マイナスポイント。無料
SNSや地域の掲示板を利用する。・自分の持っているギターのメーカーや状態などを記載しておけば、本当にそのギターを欲しがってる人に譲る事が出来る。
・何か中間にサイトを挟むわけではないのでマイペースに譲渡までを進める事が出来る。
・相手がSNSをしていればその後の状況を知ることができる。
・稀に転売目的の悪質な人にあたってしまう危険性がある。
・近所に住んでいるなどで直接会って取引をする場合は身バレの危険性が伴う。
※できるかぎり信頼できる人についてもらうなどトラブル防止対策が必要です。
無料(有償での募集をかける事も可能)
不用品回収業者へ依頼する・ギター本体だけでなく他に付随するものも全てまとめて引き取ってもらえる。
・引き取りをしてもらうにあたって事前準備をする必要がないので圧倒的に手間がかからない。
・今回ご紹介した方法の中で一番早く処分をする事が可能。
・買取金額で依頼費用を相殺が可能、買取金額が上回った場合はキャッシュバックがある。
・引越しや遺品整理などの他の家具や不用品も一緒に回収してもらう事ができる。
・あとから相殺は可能だが、初期費用としては割高。
・稀に悪徳業者があるので見極めが必要となる。
8,800円~
※後から買取金額で相殺、もしくは買取が上回った場合はキャッシュバックが可能。

ギターを自治体の回収に出す時の注意点

ギター本体と付属品は別

よく勘違いしがちになる注意点としてあげられるのが、ギターを処分する際のアクセサリー類についてです。
通常ギターを使用する際肩に御かけられるようにするストラップや、ギターを保管しておくためのソフトケース、ハードケースなどを一緒に保管している場合が多いと思いますが、自治体の回収でギターを処分する場合は付属品は別物と考え取り外して分別する事が必要です。
例えば大体ギターを購入すると最初についてくることの多いソフトケースは不燃ごみへ、ストラップは使われている素材により可燃ごみや燃えないごみへと振り分けなければなりません。

壊れたギターは分別が必要

これはなかなか無い状況だと思いますが、稀にステージ上でテンションが上がってしまいギターをバキバキに破壊してしまうケースなどがありますが実は30cm以下に粉砕されたギターは自治体の通常ゴミとしての処分が可能になります。本体は木であっても不随している弦やシールドは金属ゴミになります。
解体が必要になり、なおかつ分別にも手間がかかるためわざと破壊してからゴミに出すのは手間でしかありませんのあまりおすすめは出来ません。

ギターの処分なら断然不用品回収業者がおすすめ

今回はギターの処分方法6選と処分するにあたって必要な情報をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?ご自身の手元にあるギターの処分方法、手放し方は実は捨てるという選択肢以外にもいろいろあるという事が確認できた事と思います。
色々な青春時代の思い出のつまったギターでも、ギター本体を処分するとなるともちろんそれに付随したアクセサリー類やアンプなど色々と一気に処分する物が出てきますよね。
そんな時にはやはりまとめて引き取ってもらえる「不用品回収業者への依頼」が一番ベストな方法とも言えるのではないでしょうか。

また、今回ギターを処分しようと考えるきっかけが引越しであったり、家をまとめて片付けなくてはいけなくなったという場合はギターや周辺機器だけでなく、それとは全く関係ない品物でもすべてまとめて一気に片付ける事が出来るのも不用品回収業者の強みです。
手間なく、まとめて一気にすべて片付けたいという人は是非不用品回収業者への依頼を考えてみてくださいね。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事