体重計の処分方法5選│体重計を処分する手順や注意点とは | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

体重計の処分方法5選│体重計を処分する手順や注意点とは | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

体重計の処分方法5選│体重計を処分する手順や注意点とは

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
体重計の処分方法5選│体重計を処分する手順や注意点とは

「体重計を最新のものに変えたので古いものを処分したい」
「体重計が壊れたので処分したい」

このように体重計を処分したいという方がいらいらっしゃるかもしれません。しかし、体重計はどのように処分したらいいか分からないという方も多いかと思います。
そこでこの記事では、体重計の処分方法について解説します。

そして、あなたのタイプ別、おすすめの体重計の処分方法についても紹介します。

体重計の処分について、知りたい方は、ぜひ最後までお読み下さい。

目次

体重計は何ごみとして処分できる?

体重計は何ごみで処分できるかというと、自治体によって異なってきます。

基本的には一辺が30cm以内の体重計の場合には、可燃ごみや不燃ごみとして処分し、30cm以上のものが粗大ごみになることが多いです。

電池が入っている場合には、外して、リサイクルごみとして出します。

それでは自治体ごとの体重計の処分方法について、それぞれ紹介していきます。

東京都渋谷区の体重計の処分方法

東京都渋谷区の場合には、一辺の長さが30cmを超えるものは粗大ごみとして処分します。それ以下のものは不燃ごみとして処分します。

また小型家電回収ボックスに入るものも対象品目となっています。

電池は、取り除いてそれぞれ適した処分方法を選んでいくことになります。

神奈川県横浜市の体重計の処分方法

ガラス製の体重計の場合には、燃えないごみです。新聞紙などに包み、品名を表示させます。デジタル式は、小型家電の対象になります。

一方で金属製の体重計の場合には、小さな金属類として処分します。ただし30cm以上のものは粗大ごみです。またデジタル式は、小型家電の対象です。

広島県広島市の体重計の処分方法

広島県広島市では、最長の辺の長さが30cm以上のものか、最大径が30cm以上のものは大型ごみになり、それ以外は不燃ごみです。

不燃ごみとして出す場合は、丈夫なポリ袋に体重計を入れて、他のごみと一緒に出すことが可能です。

大型ごみとして出す場合には、以下の手順で行っていきます。

大型ごみとして出す手順

1.電話かFAX、インターネットで収集予約する
2.大型ごみ用納付券を購入する
3.納付券に予約時の受付番号や氏名を記入し、体重計に貼り付ける
4.指定の日に体重計を出す

東京都世田谷区の体重計の処分方法

東京都世田谷区の場合、1番長い辺が30cmを超える体重計は粗大ごみとなり、30cm以下の場合は不燃ごみです。

また、縦10cm、横25cmまでの小型家電を収集するための回収ボックスも用意されています。

このサイズ以下に該当する場合には、自治体の回収ボックスに出すことが可能です。

今回のサイズのような不燃ごみと粗大ごみの区分けをしているのは、世田谷区以外にも台東区、港区、中央区などもあります。

体重計の処分方法


自治体とそれ以外の体重計の処分方法について解説します。

体重計の処分方法は、以下の方法があります。

体重計の処分方法は

1.自治体のごみに出し処分する
2.リサイクルショップに買い取ってもらう
3.不用品回収業者に処分してもらう
4.フリマアプリで売り処分する
5.家族・友人・知人に譲る

体重計の処分方法について、それぞれ説明します。

自治体のごみに出し処分する

先ほど説明したように自治体によって体重計の処分方法が異なってきます。自治体での体重計の処分方法は、以下の方法があります。

自治体での体重計の処分方法

・可燃ごみまた不燃ごみで、処分する
・粗大ごみで処分する
・小型家電回収ボックスを利用する

体重計を自治体で処分する場合には、どのごみの分別あるのかを、確認して出すようにしましょう。

自治体のホームページで確認したり、電話で問い合わせてみると良いでしょう。

粗大ごみに出す場合には、自治体への申し込みが必要で、数百円程度の費用がかかります。

また小型家電回収ボックスを利用した場合には、無料でリサイクルすることが可能です。

自治体で体重計を処分する場合の特徴

・可燃ごみ、不燃ごみの場合は無料で処分できる
・粗大ごみで出すときは、手間がかかる
・粗大ごみの費用は数百円程度

リサイクルショップに買い取ってもらう

まだ使える状態の体重計であれば、リサイクルショップで買い取ってもらうことが可能です。体重計は元の値段が安いので買取価格はそれほど高くはなりません。しかし、処分費用がかからずに処分が可能なのです。

最近の体重計についている体脂肪率や筋肉量が測れる体重計は特に需要があります

また、出張買取をしてくれるところもありますが、複数のリサイクルが必要であったり、リサイクルショップによって条件があるので問い合わせてみると良いでしょう。

リサイクルショップで買い取ってもらうには、最低限、正常に動く状態である必要があります。

電池切れなどすぐに改善できるものがあれば、していきます。

そして、リサイクルショップで少しでも高く買い取ってもらうためには、きれいにするということがあります。少し汚れているような場合には、自分できれいにすれば、多少査定額が上がる可能性があります。

リサイクルショップで処分する場合の特徴

・買い取ってもらえればお金を得ることができる
・買取価格は、それほど高くない
・リサイクルショップまでもっていく必要があるため手間がかかる

不用品回収業者に処分してもらう

次の体重計の処分方法として、不用品回収業者を使うという方法があります。

不用品回収業者を利用すれば、体重計以外にも不要なものがある場合、一度にまとめて処分することが可能です。

不用品回収業者で処分する特徴としては、問い合わせてからすぐに対応してもらえるということです。会社によっては、その日に来てもらうことも可能です。

ただし体重計だけ回収してもらう場合、処分費用が高くつく場合があるので、あらかじめ見積もりをしてもらった方が良いでしょう。

不用品回収業者により体重計を処分する場合の特徴

・不用品をまとめて処分することが可能
・問い合わせてからすぐに対応してもらえる
・買取してもらえる場合もある

フリマアプリで売り処分する

フリマアプリやネットオークションを利用して体重計を処分する方法もあります。フリマアプリは、例えば、メルカリやラクマ!などがあります。

もしフリマアプリで売れれば、業者に買い取ってもらうよりも多くお金を得ることが可能です。

ただし、買い手がつかない場合、体重計をいつまでも処分することができないというデメリットもあります。

また、売れた場合は、梱包や送付などの手間がかかります。

フリマアプリで体重計を処分する特徴

・自分の好きな価格で出品できる
・業者に買い取ってもらうよりも高く売れる場合がある
・いつまでも処分できない場合がある
・梱包・発送の手間がかかる

家族・友人・知人に譲る

その他の体重計の処分方法として、家族・友人・知人に譲るという方法があります。家族・友人・知人に体重計がいらないか聞いて、欲しいというのであれば譲ることが可能です。

例えば乾燥機や洗濯機のように大きなものではないので、体重計であれば気軽に渡せます

家族・友人・知人に掃除機を譲り処分する場合の特徴

・知り合いなので安心して譲ることが可能
・体重計を捨てなくて済む

●ケース別体重計の処分方法の選び方

体重計の処分方法について5つ紹介していきましたが、それでは自分の場合どの処分方法が良いのか、判断できるように紹介していきます

それぞれの処分方法はどういった方が向いているのか、ということをお伝えしていきます。

無料で処分できる場合は、自治体での処分

粗大ごみではなく、不燃ごみや可燃ごみで処分できる場合は、自治体の処分方法がおすすめです。無料で処分できますし、家にいながら処分することができるので、手間も少ないです。

ただし、体重計が大きく粗大ごみになってしまう場合には、手間が増えてくるため、自治体での処分方法はそれほどおすすめしません。お金もかかってしまいます。

リサイクルしたいときは、リサイクルショップ

体重計をリサイクルしたいときは、リサイクルショップがおすすめです。環境のことを考え処分してしまうのに罪悪感がある場合にリサイクルショップは、良いでしょう

処分するのではなく新たに使う人のためにリサイクルできるからです。

フリマに比べれば買取価格は少なくなってなる傾向があります。
しかし、フリマのように買取して貰う人を探したり、梱包・発送の手間もありません。

体重計以外にも不用品がある場合は、不用品回収

引っ越しや子供の一人暮らしなどにより体重計以外にも不用品がある場合は、不用品回収業者がおすすめです。

体重計とそれ以外の不用品を一括で処分してもらう事が可能だからです。

不用品の中には、買取してもらえるものもあります。

そして、それぞれ分別したりする必要もありません。また、出張で来てもらえば、わざわざリサイクルショップに持っていくという手間もありません。

ただし、体重計1つである場合には、処分費用が高くなってしまうこともあるので、見積もりをしてもらったほうが良いでしょう。

その他には、すぐにでも体重計を処分したいという方も、不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者によっては、最短即日で来てもらえることもあり、仕事や家事などで忙しい人にはおすすめです。

お金を得たい場合は、フリマアプリ

お金を得たい場合は、フリマアプリがおすすめです。フリマアプリを使えば自分の好きなように価格を設定して売り、処分することが可能です。

リサイクルショップで買い取ってもらうようりも、高い金額で売れる可能性があります。

また梱包や発送等の手間があまり感じない人にもおすすめです。

そして自分で価格を設定し、売れなかったらまた価格を下げたり、自分でフリマアプリを楽しみたいという人にもおすすめです。

家族や友人などが欲しがっている場合

家族や友人などが体重計を欲しがっている場合には、彼らに渡すのが良いでしょう。知っている人なので安心して体重計を渡せますし、体重計を捨てなくても済みます。

また処分するお金もかからないため、メリットが多い方法です。

体重計はそれほど大きくないので、家に来てもらい持っていってもらえますし、自分で持っていくことも可能です。

体重計の処分手順

体重計の処分方法について5つ紹介しましたが、それぞれの処分手順について紹介していきます。

自治体で処分する場合

自治体で体重計を処分する場合には、可燃ごみ、不燃ごみ、粗大ごみなのかを分別していきます。

可燃ごみや不燃ごみで処分できる場合には、自治体指定の袋に入れたりビニール袋などに入れて、指定日に出します。

粗大ごみで出す場合には、以下の手順で処分していきます。

粗大ごみで出す場合の手順

1.自治体に連絡し、粗大ごみの予約をする
2.粗大ごみシールを購入する
3.粗大ごみシールに必要事項を記入し、体重計に貼る
4.指定日、指定場所に体重計を置いておく
5.処分してもらう

リサイクルショップで出す場合

リサイクルショップで処分する場合には、リサイクルショップの店舗まで持っていけば査定してもらえます。状態が良ければすぐにでもお金がもらえ、とても手間がかからない方法と言えます。

また体重計以外にもいくつか買取をしてもらいたい場合には、出張買取サービスを行っているリサイクルショップもあります。

不用品回収で処分する場合

不用品回収業者に依頼し体重計を処分する場合には、電話で連絡したり、ホームページから申し込むと、来てもらえ、回収してもらえます。

体重計以外にも不用品がある場合には、それらを一度に処分してもらえることができるためとても便利です。

ただし、不用品回収業者の中には、現金をだまし取ったり、不法投棄するような業者もいるので、しっかりとホームページを見て確認しておく必要があるでしょう。

不用品回収の許認可をとっているかどうかなども、確認しておきます。

フリマアプリで売る場合

フリマアプリを使い体重計を処分するには、以下の手順でおこなっていきます。

フリマアプリを使い体重計を処分する手順

1.体重計の写真を撮り、フリマアプリで登録する
2.体重計の詳細を設定する
3.商品名と説明を入力する
4.配送について設定する
5.販売価格を設定する
6.出品するをタッチする

写真を登録したら、体重計のカテゴリや商品の状態について設定します。メルカリの場合、商品の状態は、5つのレベルで設定できます。

商品名は、体重計であること以外にも、ブランド名や型番、色なども入力します。

商品の説明は、購入時期、使用頻度、色、状態などを記載していきます。

発送については、配送方法や発送日の目安を設定します。配送料の負担は、出品者負担か購入者負担かを選択していきます。

発送元の地域についても登録していきます。

販売価格は、フリマアプリの設定した価格の範囲内で自由に設定できます。

そして、体重計が売れたら、梱包し、送付します。

家族・友人・知人に譲る場合

家族・友人・知人に体重計を渡す場合には、特に手順はありません。普段会った時に体重計が余っているということを伝え、欲しいのであれば渡すというだけです。

特に洗濯機や乾燥機のような大きなものではないので、もっていくこともできますし、家に来てもらって持っていってもらうことも可能です。

ただし、譲る場合であっても正常に動く事は必要ですし、きれいにしてから渡すようにしましょう。

体重計の処分をする際の注意点


次に体重計を処分する際の注意点について、紹介していきます。

自治体で出す場合、お金がかかることも

体重計を自治体で出す場合に、処分するのにお金がかかることがあるので注意が必要です。可燃ごみや不燃ごみで捨てられる場合は、お金はかかりませんが、粗大ごみや大型ごみになってしまう場合には、お金がかかります。

自治体によってかかるお金は変わってきますが、大体数百円程度です。

また使える体重計であったとしても、処分にお金がかかってしまうので注意が必要です。

電池はリサイクルごみに分別

乾電池式の体重計の場合には、ごみに出す前に電池を取り外すようにしましょう。乾電池は資源ごみとして回収されることが多いです。

自治体によっては乾電池回収箱のようなものが設置されており、電気店やスーパーなどで出すことができます。

その他には例えば八王子市の場合には、資源ごみとして出す日があるのでその日に出していきます。

乾電池は体重計と分けて捨てるようにしましょう。

デジタル式体重計は、小型家電になることがあり出し方が違う

デジタル式体重計の場合は、自治体によって小型家電扱いとなり通常の粗大ごみなどで出すのではなく、専用ボックスなどに回収・リサイクルがなされる場合があります。ご自身の自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

例えばある自治体の場合には、デジタル体重計は素材の違いを問わず、小型家電として回収されています。ただし回収ボックスの投入口に入り、長さ30cm未満の体重計の場合に、このようなルールが設定されています。

地球環境の為にも処分をするのではなく、リサイクルする方法を考えてみるのは良い事かもしれません。

医療用の体重計の処分は注意が必要

医療機器として使用していた体重計の処分には、注意が必要です。医療機器として使用していた体重計は、家庭のごみとして捨てることができません。

これは医療機器として使用している体重計により感染症が広まってしまうことを防ぐためです。

そのため医療機器として使っていた体重計は、専門の業者に引き取ってもらうか、病院内で焼却し処分していきます。

医療機器の専門業者であれば、買取を行ってくれる場合もあるので、問い合わせてみると良いでしょう。

そのような理由があるので、フリマアプリなどでも販売しない方が良いです。

不用品回収業者に依頼する場合は注意

一括で不用品を処分できるためとても便利な不用品回収業者の利用ですが、注意も必要です。不用品回収業者の中には、悪質な業者もいるためしっかりと良い業者であるかを確認する必要があります。

またホームページを持たずにトラック等で街を回っている不用品回収業者は注意が必要です。

トラブルが起こってからでは遅いので、あらかじめしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

またトラブルが発生した場合に、居所が明らかになるを避けている可能性が高いため、住所の記載がない不用品回収業者も注意が必要です。

そして、しっかりとした業者であるかどうかは、体重計以外にも不用品がある場合には、事前に見積をしてもらえるかで確認することもできます。

体重計の買取相場

体重計の買取相場は500円から5,000円程度まで幅広くあります。
シンプルに体重を測れるだけのものは、定価も安いので買取価格は安くなってきます。

一方で身長や年齢を設定してBM値、筋肉量、基礎代謝量などが測定できるような高機能な体重計の場合には、買取価格が高くなってきます。

また、新品未使用に近いものであれば1万円程度の買取価格がつく場合もあります。

体重計は、もともとの定価自体が高くないのと、新しいモデルが次々と発売されるので、買取価格が下がっていく傾向にあります。

またクリニックなどで使われている業務用の体重計や車椅子専用の体重計は、15,000円以上で買取されるものもあります。

メーカー別には、タニタのインナースキャンの体重計の場合には、相場は500円から10,000円程度と幅広くなっています。型により変わります。オムロンのカラダスキャンの体重計は、300円から3,000程度が相場です。

フリマアプリにより自分で売る場合には、これよりも高い価格で売れる可能性があります。

体重計は、修理して使う方が良い?

体重計を捨てるのがもったいなくて、修理することを考える方もいらっしゃるかもしれません。

デジタル体重計の場合には、電池を交換するだけで動くと言うこともあるのでまずやってみると良いでしょう。

またエラーコード等が出ているのであれば、そのエラーコードによって原因を突き止め、自分で設定により直すこともできる事はあるかもしれません。

それでも直らない場合には、修理に出す必要があります。

しかしデジタル体重計のような場合には、修理費用が8,000円等を超えてしまい、新しい体重計を買った方が安い場合があります。

そのような場合には、不用品回収業者やリサイクルショップなどで買い取ってもらった方が費用が浮きます。

ただしメーカーによっては、保証期間内の修理は無料で行ってくれるので、確認してみるといいでしょう。

その場合も、お客様の取扱のミス(落下や衝撃、砂かぶり、冠水など)や天災により壊れた場合には、有償修理になることもあります。

また、修理によっては、機能の回復が困難な場合があり、修理を断られることもあります。

壊れた体重計を処分して新しい体重計を選ぶ際のポイント

さまざまな機能の体重計がありますが、健康管理なら体脂肪率が測れる低価格モデルを選ぶといいでしょう

体脂肪率が測れる体重計に、さらに詳しくチェックしたい人は、内蔵脂肪レベル・BMI値が測定できるものがおすすめです。

3,000円以下の体重計でも、筋肉量や基礎代謝量、推定骨量、体水分率などが測定できるものもあります。

そして、ダイエット目的なら、部位ごとの体脂肪率が測定できるものを選べばいいでしょう。

その他にも不用品がある場合は、不用品回収業者をご利用下さい

体重計の処分方法は、以下の方法があります。

体重計の処分方法

1.自治体のごみに出し処分する
2.リサイクルショップに買い取ってもらう
3.不用品回収業者に処分してもらう
4.フリマアプリで売り処分する
5.家族・友人・知人に譲る

小型の体重計で自治体で、可燃ごみや不燃ごみで出せるのであれば、手間が少ないため自治体で処分するのがおすすめです。

また、地球環境のために処分するのではなく、リサイクルしたいのであればリサイクルショップやフリマアプリを利用するのが良いでしょう。

また家族や友人・知人に欲しい人がいるのであれば、安心して渡せます。

そして引っ越しなどで体重計以外にも多くの不用品がある場合には、不用品回収業者を利用するのも1つでしょう。

不用品回収業者では、買取してもらえる可能性もあります。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事