一斗缶の処分方法5選|正しい捨て方や費用相場を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

一斗缶の処分方法5選|正しい捨て方や費用相場を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

一斗缶の処分方法5選|正しい捨て方や費用相場を解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
一斗缶の処分方法5選|正しい捨て方や費用相場を解説

一斗缶と聞いてピンとこない方もいるのではないでしょうか?

一斗缶とは、調味料や塗装用品などの液体が入っているものに使用されているものとなっています。

近年、一般家庭でもこうした一斗缶のものを購入するということも増えてきているようです。

しかし、一斗缶のものを購入したのはいいけれど処分はどうしたらいいの?と悩む方も多いのではないでしょうか。

捨てるのが面倒で手間や時間がかかりそうと処分をためらったり、先延ばしにしてしまうと、置き場所に困ったりしてしまいます。

ここでは、不要な一斗缶の正しい捨て方や各方法の費用相場、注意点などを詳しく説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

一斗缶の処分方法5選|正しい捨て方や費用相場を解説

①燃えないごみとして処分してもらう

②粗大ごみとして処分してもらう

③リサイクルショップで買い取ってもらう

④買い取り業者に買い取ってもらう

⑤不用品回収業者に依頼する

一斗缶の状態によって処分方法や費用、手間ひまが変わってきます。

持っている一斗缶の状態を確認をして、処分方法を検討してみてください。

ここからは、各項目ごとに詳しく説明していきます。

①燃えないごみとして処分してもらう

一斗缶は、文字のとおり「缶」に分類されます。

多くの自治体では「燃えないごみ」として処分することができますが、缶をつぶすのか、そのまま出すことができるかなど捨て方は自治体によって異なってきます。

必ず、お住まいの地域の処分方法を確認してみてください。ごみ収集センターや市役所などに問い合わせをすることも可能です。

<燃えないごみとして出す方法>

1.一斗缶の中に塗料や油がついている場合は水洗いして乾かしていきます。

2.一斗缶を潰して板状に折り畳みます。

3.燃えないごみの収集日に、各自治体の指定ごみ袋に入れて集積所へ出しに行きましょう。

※ゴミ袋が必要ない場合があるので、確認してみてください。

燃えないごみで出すことができれば、費用もかからず処分することができます。

しかし、ゴミとして出す際につぶさなくてはいけない場合は手間がかかってしまうかもしれません。つぶし方が分からないという方もいるかと思いますので、紹介します。

【一斗缶のつぶし方】

まず初めに、つぶす際には工具(皮スキ・トンカチなど)が必要になります。手袋などを使用し、ケガをしないように注意して作業してください。

また、中に液体が残っているという場合があるかもしれません。作業するときは、周囲に飛び散ることもあるので、汚れても良い洋服を上下で用意したり、庭や倉庫など屋外や汚れても大丈夫な場所で行うことをおすすめします。

1.一斗缶の注ぎ口がついた上面の3辺に皮スキなどで切り込みを入れて開けます。

開けたらフタを内側に折り込んでいきましょう。

※皮スキとは、皮革を薄く削る道具のことをいい、ホームセンターなどで500円前後で購入することができます。

2.一斗缶をひっくり返して、上面になった部分を斜めに切り込みを入れていきます。

3.斜めの切り込みを入れた面をトンカチなどで軽く叩くと、一斗缶がへこんでいきます。

4.へこんだら横向きに倒し、板状になるまで足で踏み潰していきましょう。

5.さらに半分に折り畳み、再び足で潰せば完了となります。

初めて行う場合は時間がかかってしまいますが、コツをつかむと早く行うことができます。

しかし、体力が必要な作業になるので、大量の一斗缶を処分しなければいけない場合や力仕事が苦手な方や時間をかけたくないという方は別の処分方法を検討することをおすすめします。

②粗大ごみとして処分してもらう

燃えるごみと同じように、多くの自治体では一斗缶を「粗大ごみ」で処分することができます。

粗大ごみとして処分する場合は2種類の方法!

・戸別収集
・持ち込み処分

ここからは各項目について説明していきます。

<戸別収集で処分する方法>

この方法では、収集日の前日までに自治体の粗大ごみセンターに電話で予約をすることで、作業員の方が自宅まで引き取りにきてもらえます。

家の中までは入って作業することはできないので、処分したいものは家の外に準備しておく必要があります。

自治体によって戸別収集を行っていない可能性もあるので、一度確認をしてみることをおすすめします。

手順

1.一斗缶の中身を出して切り、水洗いして乾かしておきます。

2.電話やインターネットから収集予約をしていきます。

各自治体で決められている申し込み先を事前に確認しておきましょう。

3.粗大ごみ処理券を郵便局やコンビニで必要な分を購入します。

※自治体によっては、現金で払う場合があるようです。

4.購入した処理券に氏名や受付番号などの必要事項を記入し、処分する一斗缶に貼り付けて準備しておきます。

5.予約した収集日当日の朝、指定された場所へ出しに行きます。

持ち込み処分に比べると、運搬などの手間が少なくなるのでおすすめとなっています。

しかし、申し込みしてから回収までに1週間〜長いと一カ月近くかかる場合があるので、すぐに処分を考えてる人には向いていないものとなります。

<持ち込み処分する場合>

この方法では、ごみ処理施設などに直接持ち込こんで処分するものとなっています。

手順

1.一斗缶の中身を出して切り、水洗いして乾かしておきます。

2.住んでいる自治体の処理施設に持ち込みます。受付時間内にクルマなどで持っていくことが必要です。

事前に予約が必要かどうかは自治体により異なってくるので、事前に確認してみてください。

3.乗車したまま重量計に乗ります。クルマの重さを計量していきます。

4.持ち込みする施設の係員の指示に従い、一斗缶を車から下ろしていきます。

5.一斗缶を下ろしてから、再度クルマを重量計で測り処分する重さを出していきます。

その重さに応じた処理手数料を支払います。

戸別収集に比べると、一斗缶を潰さずに処分することができるので楽に捨てることができます。

また、潰す際に起こるケガのリスクがなくなるので安全な方法となっています。

しかし、クルマに積み込んだり、下ろしたりという全ての作業を自分で行わなくてはいけないので手間や、処分場まで運ぶ時間がかかってしまう方法となっています。

③リサイクルショップで買い取ってもらう

リサイクルショップで買い取ってもらえる場合がありますが、どこでも買い取ってもらえるというわけではありません。

近年、自宅で自分好みにモノを作ったりする人が増えてきており、テレビなどでも取り上げられています。

今までの一斗缶は、業者さんや業務用として使われることが多く、特殊なものという認識が強かったのですが、現在では様々な人が自分の用途に合わせてリメイクして使用しているようです。

そのような需要があるため、リサイクルショップで買い取りしてもらえる場合があります。

高くつくことはあまりないようですが、お得に処分することができ、少しでもお金に変えることができる方法になっています。

手順も簡単で、売りたい一斗缶をリサイクルショップの受付に持っていき、査定してもらいます。

売る際には、キレイな状態や汚れがないものの方がいいようです。

汚れがひどい場合は、最悪買い取ってもらえないことがあり、持ち帰らないといけなくなるので、持っていく前に確認しておきましょう。

④買い取り業者に買い取ってもらう

汚れがついている一斗缶はリサイクルショップで買い取ってもらえない場合があったり、一斗缶が大量にある場合は、買い取り業者にお願いするという方法ができます。

買い取ってもらえる業者

・製缶所

・製鋼化加工

手順

1.事前にお願いする業者に連絡し、一斗缶の状態などを伝えることで買い取り可能か確認します。

※連絡をしなくても大丈夫ですが、買い取り不可の場合は持ち帰るようなので手間が少なくなります。

2.業者に一斗缶を持ち込みます。

持ち込みが難しい場合や量が多い時は、業者にお願いすることで引き取りに来てもらえることがあります。

しかし、料金が発生することがあるので確認をしてみてください。

3.買い取り金額を確認し、一斗缶を引き取ってもらいます。

このように、汚れているものでも買い取ってもらうことが可能となっています。

処分するとなると費用がかかりますが、買い取りの場合は少額ですがお金に変えることができます。

お住まいの近くに買い取ってもらえる業者がいたり、持ち込むことが可能な際は検討してみてはいかがでしょうか。

⑤不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者にお願いすることで、手間なく処分することができます。

不用品回収業者とは、家庭で使わなくなった家具や家電、不用品、ごみなどをまとめて回収してくれる業者のことを指します。

希望した日時に自宅まで回収にきてもらえるので、大量に不用品がある場合や大きい物でもすぐに処分することができ、自分で運んだりする手間がないので簡単に処分したい方におすすめです。

インターネットで検索すると地元の不用品回収業者が出てきます。また、チラシや車道から「不用品回収します」といった音声が流れているクルマを見かける方も多いのではないでしょうか。

お住まいの地域に不用品回収業者は数社あるということもあるので、費用を比べてみるのはいかがでしょうか。

手順

1.不用品回収業者に連絡をします。

ホームページや電話などで見積もりの相談をすることができます。

お好きな方法で問い合わせをしてはいかがでしょうか。

2.不用品回収業者に見積もりをお願いし確認しましょう。

実際にどれくらいのものを処分したいのか伝え、見積もりやプランを聞き、料金を確かめます。

※多くの不用品回収業者は、無料で見積もりをだしてもらうことができます。処分費用も異なってくるので、自分にあった業者を選んでみてはいかがでしょうか。

3.回収当日に、指定の場所で待ちます。

回収の当日には、自分が指定した場所に業者が取りに来てくれます。

回収や運び出し等は、スタッフが全て行ってくれるので何もする必要はありません。

この方法では、一斗缶が大量にあったり、他にもたくさん処分したいものがある場合にはおすすめになっています。

どのような状態の物でも依頼すれば回収してもらえるものとなっています。

依頼を受けてから最短即日で対応してもらうことも可能なので、自分の都合に合わせて作業をお願いできるという部分も大きな魅力となっています。

自治体やリサイクルショップを利用すると、廃棄までに1,2週間かかる場合があるので、すぐに処分したい方におすすめとなっています。

収集から運搬、片付けまで全て行ってもらえるので、面倒な手続きや手間ひまをかけずに処分することができます。

しかし、費用は他の方法より高くなってしまうようです。

一斗缶の処分費用の相場

どの処分方法を選ぶかによって、かかる費用は異なってくるようです。

ここでは、各方法の相場をご紹介していきますが、あくまで目安として参考にしてみてはいかがでしょうか。

【処分方法】【費用相場】
燃えないごみとして処分してもらう原則無料
(燃えない袋代や一斗缶をつぶす際の工具代がかかる場合がある)
粗大ごみとして処分してもらう処分手数料がかかる
(自治体により料金に変化あり。一斗缶をつぶす工具や運ぶ際のガソリン代などかかる場合がある)
リサイクルショップで買い取ってもらう原則無料
買い取り業者に買い取ってもらう原則無料
(引き取ってもらう場合、料金が発生することがある)
不用品回収業者に依頼する ~3,000円程度
(お願いする業者やプラン、量によって変わってきます)

このように費用がかかる方法とかからない方法があります。

費用面だけで考えると、無料で処分できるほうがいいという方は多いのではないでしょうか。

しかし、そのような方法の場合、お店や指定場所まで一斗缶を運ばなければいけなかったりするので、手間の部分が大きくなるようです。その部分を考えて、処分方法を選んでみることが必要になってきます。

一斗缶の処分方法ごとのメリット・デメリット

ここでは、各処分方法ごとにメリット・デメリットをご紹介していきます。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
燃えないごみとして処分してもらう・無料で処分することができる
・自治体が行っているので安心して処分することができる
・処分するまでに体力や時間をかけなければならない
・大量に処分するには不向きとなっている
粗大ごみとして処分してもらう・燃えないごみ同様、自治体の処分なので安心して行える
・場合によっては、一斗缶をつぶさず処分できる
・持ち込んだりする手間や時間がかかる
・料金が比較的かかる
リサイクルショップで買い取ってもらう・少しでもお金に変えることができる
・他の不要なものも一緒に処分できる
・状態によっては売れない時がある
・買い取ってもらえる店舗が少ない
買い取り業者に買い取ってもらう・汚れているものでも買い取ってもらえる
・少しでもお金に変えることができる
・買い取ってもらえる業者が近くにない場合がある
不用品回収業者に依頼する ・すぐに処分することができる
・手間ひまがなく処分できる
・処分するものが多いとコストパフォーマンスがいい
・処分するものが少ないと費用が高くなってしまう
・業者を自分で選ばないといけない

どの方法にも少なからずメリット・デメリットがでてくるものになります。

自分はどのメリットがあると嬉しいか、このデメリットは嫌だなと思う部分が必ず出てきます。人によってはデメリットもそこまで気にならないということもあるので、自分にあった方法を選んでみてはいかがでしょうか。

一斗缶の処分方法ごとのおすすめな方

ここまで、各方法の特徴やメリット・デメリットを紹介してきましたが、自分にあった方法で一斗缶の処分方法を検討することが必要となってきます。

しかし、自分にはどのような方法があっているのかな?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、処分方法ごとにおすすめな方を紹介していきます。

自分にあてはまる部分があればその方法を検討してみてはいかがでしょうか。

【処分方法】【おすすめな方】
燃えないごみとして処分してもらう・体力に自信がある方
・時間に余裕や融通が利く方
・無料で処分したい方
粗大ごみとして処分してもらう・時間に余裕がある方
・自分で一斗缶を処分施設まで運ぶことができる人
リサイクルショップで買い取ってもらう・少しでもお金に変えたい方
・キレイな状態の一斗缶を持っている方
買い取り業者に買い取ってもらう・少し汚れている一斗缶を持っており、処分するよりお金に変えたい方
・大量の一斗缶を売りたい方
不用品回収業者に依頼する ・手っ取り早く処分したいと思う方
・手続きがめんどくさい方

処分方法別におすすめな方を紹介してきましたが、どの方法にもメリット・デメリットがあるようです。

また、状況によってできない方法もでてくることがあるので、一斗缶の処分をするときに慌てないようにあらかじめ検討してみるのはいかがでしょうか。

一斗缶を処分する際の注意点

一斗缶を処分する際には以下の点に注意しなければなりません。

・中身を出しておかなければならない

・中身を出す際に、入っている液体に注意する

ここからは、各項目について詳しく見ていきます。

<中身を出しておかなければならない>

処分する際には、必ず中身を出しておかないといけないものとなっています。

ごみを出す際の基本のポイントなので押さえておきましょう。

出さないでそのまま処分しようとすると、地域によりますが回収を拒否されてしまいゴミ捨て場にそのまま放置されてしまいます。

そのままごみを置いておくと、近所の方にご迷惑になったり、ずっと置きっぱなしになり景観も悪くなったりするので注意が必要です。

<中身を出す際に、入っている液体に注意する>

中に入っている液体に毒性があるものもあります。

食用油などは問題ないですが、ペンキの場合はシンナーなどの有害な物質がはいっています。

処分する際に、吸い込んでしまう場合があるので注意が必要となってきます。

処分する際に気をつける部分

・マスクを着用し、有害な物質を吸い込まないようにする

・排水溝などにそのまま捨ててしまうと、水質汚染の原因になってしまう

・ゆっくり時間をかけて処分する

一斗缶の中身が少量の場合、新聞紙に塗ったりすることも可能となっています。

正しい処分の方法で行うようにしましょう。

一斗缶はリメイクできる!

一斗缶がリサイクルショップなどで買い取ってもらえる背景には、近年のDIY人気があり、色々なものにリメイクされているようです。

一斗缶は、丈夫で加工しやすいということや形も四角や丸形などあるので用途によって使い分けているようです。

では、どのようなものに生まれ変わっているのでしょうか?

⑴収納ボックスやゴミ箱

一斗缶の天板を切り取ることで収納ボックスやゴミ箱にすることができます。

ふたを取り付けることで外に置きっぱなしにすることもできるので便利です。

塗料を塗ることで、自分好みの柄にすることができるので家の家具に雰囲気を合わせて作ることもできます。ヴィンテージ風やアンティーク風にアレンジする方もいるようです。

(2)椅子やテーブル

一斗缶をひっくり返すと平らな部分が多くなるので、そのまま利用することも可能です。

椅子としてそのまま座って使用することができます。

また、一斗缶を4個を準備し足として利用し、その上に板などを乗せれば大きなテーブルとしても使うことができます。

アウトドアや外で作業するときに便利ではないでしょうか。

あると便利な道具

・皮スキ
・金づち
・板金ハサミ
・塗料
・ブリキ用のふた(ブリキ・ふた)

リメイクがおすすめなポイント

・重いものをいれても壊れにくい

・大きさが均一なので、積み重ねて置くことができる

・水にも丈夫なものとなっている

一斗缶の処分方法まとめ

ここでは、今までご紹介した一斗缶の料金や日時、手間ひまをひとつにまとめてみました。

すぐに比較できるようになっているので、参考にしてみてください。

燃えないごみ戸別収集持ち込み処分
費用の相場原則無料(袋代のみ)1,000円前後自治体により異なってくる。500円前後自治体により異なってくる。
準備すること・水洗いをする
・一斗缶を潰す
・集積所まで運ぶ
・水洗いをする
・自宅の前まで運ぶ
・水洗いをする
・ごみ処理施設まで車で運ぶ
回収日平日のみ平日のみ平日のみ
回収日時決められた収集日当日の朝までにゴミ捨て場に持っていく予約した収集日の当日の朝までに家の前まで運ぶ各施設の受付時間内に
持っていく
リサイクルショップ買い取り業者不用品回収業者
費用の相場原則無料原則無料3,000円前後業者により異なってくる。
準備すること・水洗いをする
・リサイクルショップまで車で運ぶ
・水洗いをする
・買い取り施設まで車で運ぶ
・水洗いをするのみ
回収日土日祝も可能土日祝も可能だが、業者により異なる土日祝も可能
回収日時好きな時間にリサイクルショップを利用する業者に確認してから日時を決める場合がある自分の好きな日時に回収することが可能

このように処分方法によって処分するまでに行うことの違いや処分できる日にちの違いなどが分かってきます。

自分のやりやすい処分方法で行えるといいかもしれません。

一斗缶を手間をかけずにすぐに処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ここまで、一斗缶の処分方法について紹介してきました。

自分にあった方法を選ぶことは大切ですが、持っていく手間や時間を考えると面倒に思うこともあるのではないでしょうか。

その際におすすめしたいのが、手間をかけずに今すぐ安全に処分できる不用品回収業者の利用となっています。

他に不用品がある場合には、まとめて処分することでコストパフォーマンスが良くなるので、検討してみてはどうでしょうか。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事