ダイニングテーブルの処分方法10選|簡単・無料の捨て方も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ダイニングテーブルの処分方法10選|簡単・無料の捨て方も紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ダイニングテーブルの処分方法10選|簡単・無料の捨て方も紹介

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ダイニングテーブルの処分方法10選|簡単・無料の捨て方も紹介

「ダイニングテーブルをお得に処分したい…」

「時間が無くてダイニングテーブルを処分できていない、簡単に捨てられる方法はないかな?」

上記のような悩みを抱える方も、きっと多いことでしょう。

食卓として使われるダイニングテーブルは、非常に大きく重いため捨てるのにも手間取りやすいです。

中には自治体の粗大ゴミで捨てられないものもあるため、廃棄に手をこまねいている方もいることでしょう。

この記事では、ダイニングテーブルをの処分におすすめの方法を10選紹介します。

無料の処分法や、手間のかからないかんたん処分法までさまざまな方法を取り揃えました。

ダイニングテーブルの処分に困っている方は、ぜひご覧ください。

食事用の大型卓がダイニングテーブル

食事をとるための大きな机の総称が、ダイニングテーブルです。

長方形や丸形・半円形などのバリエーションがあり、どれも食事を摂る空間を確保するため、やや大きめに作られています。

ダイニングテーブルの最大辺の長さは、何人用によって大きく変化します。

1人掛け最大辺60~70cm
2人掛け最大辺75cm
4人掛け最大辺135cm
6人掛け最大辺180cm
4人用円形テーブル直径90cm
6人用円形テーブル直径120cm

座れる人数が多いダイニングテーブルほど、長く重くなり処分は困難になるでしょう。

極端に大きいダイニングテーブルの場合、1人での運び出しは限りなく不可能に近いです。

運び出しを利用できるサービスを利用し、大きなダイニングテーブルは処分するのがおすすめでしょう。

ダイニングテーブルの処分方法10選

「ダイニングテーブルの処分方法にはどんなものがある?」

「捨て方の中でもおすすめなのはどれ?」

そう疑問を抱く方のために、ここではおすすめのダイニングテーブル処分方法11選を厳選して紹介します。

紹介する処分方法は、以下の10種類です。

ダイニングテーブルの処分方法10選

①粗大ゴミとして処分する
②解体して家庭ゴミに出す
③リサイクルショップに買取を依頼する
④フリマアプリで販売する
⑤無料で譲渡する
⑥買い替え引き取りを利用する
⑦ゴミ集積場に持ち込む
⑧地域のリユースサービスを利用する
⑨施設などに寄付する
⑩引っ越し業者に引き取りを依頼する
⑪不用品回収業者に引き取りを依頼する

ダイニングテーブルを処分する方法は、比較的たくさんあります。

簡単に捨てられる廃棄方法や、ダイニングテーブルをお金に変えられる買取処分など、さまざまな手段を集めました。

中には、ダイニングテーブルを無料で処分できる方法もあります。

ご自身に合った処分方法を、ぜひ記事を読み見つけてください。

以下では、各処分方法を徹底解説します。

①粗大ゴミとして処分する

大型家具に該当するダイニングテーブルは、多くの場合粗大ゴミになります。

一辺30cm以上の物を、自治体では粗大ゴミとして扱うことが多いからです。

ダイニングテーブルは、1人掛けの最小規模のものでも最大辺60cmを超えがちなため、解体などを行わなければ粗大ゴミになるでしょう。

ダイニングテーブルを粗大ゴミとして処分する手順は、以下のステップです。

ダイニングテーブルを粗大ゴミに出す手順4ステップ

①住んでいる自治体に問い合わせ、ダイニングテーブルの大きさと素材を伝える
②処分が可能なら回収を依頼し料金と収集の日時を指定してもらう
③粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局で購入する
④ダイニングテーブルドにゴミ券を貼り、指定された時間に収集場所へ運ぶ

ダイニングテーブルの大きさ・重さによっては、自治体に処分を断られる可能性があります。

大きさにより料金は変動するため、ダイニングテーブルの3辺の長さをはかり、正確な価格目安を算出してもらってください。

素材によっても、粗大ゴミでダイニングテーブルを処分できるかは変わります。

自治体により基準は異なるため、処分を検討する方は自治体のホームページなどに問い合わせを行いましょう。

簡単に処分を依頼でき、価格も比較的安いのが粗大ごみ処分のメリットです。

自治体のサービスなのでトラブルも起きにくく、電話やメール一本で申し込みも簡単に完結します。

処分価格は電話口で教えてくれるため、ご自身で価格を調べる手間も必要ありません。

しかし、大きなダイニングテーブルの場合、運び出しは非常に大変です。

大人数用のダイニングテーブルを処分するには、この方法は適していないといえるでしょう。

時間や場所を指定されるため、日中はたらきに出ている方はサービスを利用しにくいデメリットもあります。

②解体して家庭ゴミに出す

工具の扱いに自信があり、体力も十分な方は、ダイニングテーブルの解体処分にチャレンジしてみましょう。

小さく軽いダイニングテーブルなら、比較的処分は行いやすいです。

以下の手順でぜひ、ダイニングテーブルの解体処分を行ってみましょう。

ダイニングテーブルの解体処分方法を紹介

①留め具の形状を確認する
②必要な道具を揃える
③留め具を取り脚を外す
④天板と脚を小さく分解する
⑤分別し家庭ゴミとして捨てる

天板が簡単に解体できる木や叩き割れるガラス素材のものであれば、処分もしやすいでしょう。

この方法のデメリットは、大きなダイニングテーブルの処分は非常に難しいところです。

6人掛け以上のダイニングテーブルの中には、100kgを超える重さのものも存在します。

複数人で解体を行うとしても、100kgの重量物を横にして寝かせたり、重い板の断片を運んだりするのは大きな苦痛を伴います。

特殊な素材でできたダイニングテーブルは、解体そのものが不可能なこともあるでしょう。

解体が困難だと感じた場合は、無理をせずに運び出しサービスのある業者を利用するべきだといえます。

③リサイクルショップに買取を依頼する

まだ新しいダイニングテーブルやブランド品、ダイニングセットを処分したい方は、リサイクルショップに買取を依頼するのがおすすめです。

セット品の椅子がある「ダイニングセット」ならば、一緒にリサイクルショップに販売すれば高価買取が狙えます。

以下のようなブランドがついたダイニングテーブルも、買取価格が高価になりやすいです。

買取価格が高くなりやすいダイニングテーブルのブランド

・カリモク家具
・柏木工
・飛騨産業
・フリッツ・ハンセン
・ハーマンミラー
・カッシーナ など

「ニトリ」「無印良品」「IKEA」など、日本で知名度の高い大衆ブランドのダイニングテーブルも、状態が良ければやや高い値段で買取されるでしょう。

対してメーカー不詳の格安ダイニングテーブルは、買取価格が安くなる可能性が高いです。

汚れや表面の傷が目立つ商品は、買取そのものを拒否されることもあります。

極端に状態の悪いダイニングテーブルは、廃棄処分を検討してください。

重いダイニングテーブルをリサイクルショップに販売する場合には、出張買取を依頼しましょう。

ダイニングテーブルの査定をその場で行い、運び出しも迅速に行ってくれます。

買取料金から出張費用は差し引かれるため、状態の良いものやブランド品は実質無料で運び出しを利用可能です。

④フリマアプリで販売する

家から運び出せる小型のダイニングテーブルなら、フリマアプリで販売するのも手でしょう。

傷がある商品やノーブランドの商品でも、フリマアプリならば買取手がつくこともあります。

フリマアプリの利用者は「安くお得にダイニングテーブルを手に入れたい」と考えていることがほとんどです。

難ありのダイニングテーブルでも相応に値下げすれば、買取手が見つかる可能性は高いでしょう。

説明欄に「傷あり」「シミあり」などの表記をしっかり行い、必要に応じ価格交渉を行って収入を得つつダイニングテーブルを処分してみましょう。

この方法の難点は、壊れているダイニングテーブルを処分できないことです。

いくら難あり品販売のチャンスがあるといえど、使えないほど状態が悪いダイニングテーブルには買い手が付きません。

壊れたダイニングテーブルはフリマアプリに出さず、廃棄処分するようにしてください。

取引の際に細かく情報を記入しておかないと、購入者とのトラブルになりやすい点にも気をつけましょう。

⑤無料で譲渡する

近くにダイニングテーブルを欲しがっている人がいるなら、譲渡での処分もおすすめでしょう。

食卓として欠かせない家具のダイニングテーブルは、「ジモティー」などのネット掲示板にも欲しがっている方は大勢います。

知り合いに尋ねたり、ネット掲示板で募集を出したりして、身近にダイニングテーブルを譲れる方がいないか探してみましょう。

欲しがっている方がダイニングテーブルを取りに来てくれるなら、共同で運び出しを行えるかもしれません。

大型のダイニングテーブルを処分したい場合は、募集要項に「取りに来てくれる方歓迎」などの説明を付け加えておきましょう。

この方法のデメリットは、壊れたダイニングテーブルの処分は不可能なことです。

使えなくなったダイニングテーブルには、電化製品のジャンク品のような価値はありません。

ボロボロでもう使用できないものや汚れ・傷のひどいものは、譲渡を諦め潔く廃棄処分しましょう。

⑥買い替え引き取りを利用する

ダイニングテーブルは、比較的引き取り可能なお店が多い家具です。

家具専門店以外にも引き取れるお店はあるため、買い替えを検討する方はご自身の好きなブランドを選びやすいでしょう。

ダイニングテーブルの引き取りが可能なお店は、主に以下の通りです。

家具の買い換え引き取りを利用できるお店

・大塚家具
・馬場家具
・高野木工
・タンスのゲン
・ニトリ
・無印良品
・IKEA
・ディノス
・アイリスオーヤマ
・東京インテリア
・amazon(地域限定) など

※地域によっては引き取り対象外なところもあります

引き取りはごくまれに無料な場合もありますが、多くのお店で有料のサービスです。

新しいダイニングテーブルの配達と同時に古い品を引き取るため、運び出しサービスを兼ねている販売店もあります。

この処分方法のデメリットは、買い替えメーカーの指定などが稀にあることです。

同一メーカーの商品の買い替えでしか引き取りをしないケースもあるため、引き取りサービスを利用したい方は古いダイニングテーブルが対応しているかを事前に問い合わせましょう。

⑦ゴミ集積場に持ち込む

ダイニングテーブルが小さく持ち運びが楽な場合には、直接ゴミ集積場に持ち込むのもよいでしょう。

持ち込みを受け付けている自治体の場合、粗大ごみ回収を利用するより処分費用が安く設定されていることがほとんどです。

以下の手順で自治体指定のゴミ集積場にダイニングテーブルを持ち込み、格安で処分してはいかがでしょうか。

ダイニングテーブルをゴミ集積場に持ち込む手順

①自治体に電話やインターネットにて持ち込みの申し込みをする
②ダイニングテーブルの3辺の長さと素材を伝え、料金・持ち込み場所・日時の指定をもらう
②粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局で購入する
④ダイニングテーブルにゴミ券を貼り、指定された時間にゴミ集積場へ運ぶ

処分場にダイニングテーブルを持ち込む際には、身分を証明できる運転免許証や健康保険証を持参しましょう。

当然のことですが、この処分方法はご自身でダイニングテーブルを運搬できる方のみが利用できます。

車を運転できる人がおらず、重いダイニングテーブルを運ぶ手段がない場合には利用できないため気をつけてください。

⑧地域のリユースサービスを利用する

自治体によっては、不用品のリユースサービスを行っているところもあります。

リユースサービスは家具を無料で引き取る代わりに、自治体指定のショップなどで不用品を販売するというものです。

自治体指定の場所にダイニングテーブルを持ち込めば、無料にて引き取りを行ってくれます。

無料で処分ができるリユースサービスですが、実施している自治体が少なかったり、その自治体の住人でなければ利用できなかったりしやすいのが現状です。

家具の持ち込みも自身で行わねばならないため、利用できるのは運搬手段を持っている方に限られるのもデメリットでしょう。

⑨引っ越し業者に引き取りを依頼する

引っ越しと同時に不用品を処分してくれる業者も、近年では増えつつあります。

近々引っ越す予定のある方は、運送業者の不用品回収サービスをぜひ利用しましょう。

サービスを使えば重いダイニングテーブルを自身で運び出し処分する必要が一切なくなるため、処分の手間がぐっとと省けます。

大量の不用品を一括処分できる場合もあるため、引っ越しの際の荷物を一気に減らすにはもってこいです。

転居と同時にダイニングテーブルの引き取りを依頼する方法は、以下の4ステップにて可能です。

引っ越し業者にダイニングテーブルを引き取ってもらうステップ4つ

①引っ越し作業を業者に依頼する
②同時にダイニングテーブルの処分をしたい旨を伝える
③引っ越し費用にプラスしてダイニングテーブルの処分金を支払う
④転居時に荷物運びだしとダイニングテーブルの処分を同時に行う

ダイニングテーブルの大きさによって処分の可否や料金は異なるため、事前に運送業者へ相談を行いましょう。

引っ越し業者は数多くあり、処分サービスの価格もそれぞれ違います。

お得にダイニングテーブルを処分したいなら、極力2~3社の見積もりを比較する「相見積もり」を行ってください。

ダイニングテーブルの処分が引っ越し業者でできない場合や、割高になる場合は他の処分方法を検討するのもよいでしょう。

⑩不用品回収業者に引き取りを依頼する

ダイニングテーブルの処分方法の中でも、非常におすすめなのが不用品回収業者に依頼することです。

自治体の粗大ゴミサービスでは、非常に大きなダイニングテーブルを回収できないことも多いです。

回収が可能だとしても数十kgあるダイニングテーブルを、外に運び出し集積所に出すのは至難の業でしょう。

不用品回収業者に依頼をすれば、運搬のプロである作業員が必要に応じた運び出し方で、スムーズにダイニングテーブルを処分します。

大きなダイニングテーブルや特殊素材のダイニングテーブルも回収できるのが、不用品回収業者のメリットです。

粗大ゴミで回収できず手をこまねいていたダイニングテーブルの処分も、ぜひ依頼してみましょう。

状態の良い商品を買取してくれるところもあるため、まだ新しい商品やブランド品の処分にもおすすめです。

年間20,000万件超の実績がある「不用品回収のお助け屋」なら、営業時間内なら最短25分で現地にうかがいダイニングテーブルを回収します。

メールやLINE、電話で簡単見積もりが可能なため、ご自身の持っているダイニングテーブルがいくらで処分できるのかを素早く簡単に知れるでしょう。

単品回収はもちろんお得なパック料金もあるため、ダイニングセットの一括処分をしたい方の利用もおすすめです。

見積もりは完全無料、その後の追加費用は一切いただきません。

ダイニングテーブルやダイニングセットの処分に困っている方は、ぜひ「不用品回収のお助け屋」へ見積もりをご依頼ください。

ダイニングテーブルの処分費用の相場

ダイニングテーブルを処分する方法はさまざまなため、ご自身に合った処分方法を選び、金銭や肉体の負担を軽減すべきです。

ここではダイニングテーブルの処分費用の内訳を、表でまとめて紹介します。

【処分方法】【費用相場】【ポイント】
粗大ゴミとして処分する1,000~2,000円・自治体で引き取りのできるものとできないものがある
・重さや大きさによる料金基準は自治体で異なる
解体して家庭ゴミに出す無料・木製やガラス製なら処分が簡単
・解体には工具が必要になる
リサイクルショップに買取を依頼する無料・店舗買取のほかに出張買取が利用できる
・多くの場合出張買取には料金が必要
フリマアプリで販売する無料・配送料を計算する必要あり
・ネット環境があれば簡単に出品可能
・購入者とのフリマ取引を行う必要がある
無料で譲渡する無料・知り合いに譲渡すれば処分費用がかからない
・「ジモティー」などのネット掲示板を使えば知らない人にもダイニングテーブルを譲れる
買い替え引き取りを利用する無料~3,000円・家具販売をするさまざまなお店で使える方法
・無料引き取り・有料引き取りの2種がある
ゴミ集積場に持ち込む500~1,000円・直接自治体の集積所にダイニングテーブルを持ち込む
・粗大ゴミよりも廃棄費用がお得になる
地域のリユースサービスを利用する無料・持ち込みができれば無料でダイニングテーブルを処分可能
引っ越し業者に引き取りを依頼する業者により異なる・業者により料金形態が異なるため相見積もりがおすすめ
不用品回収業者に引き取りを依頼する1,000~3,000円・事前見積もりを利用し価格の比較をするのがおすすめ

簡単に処分費用の相場やポイントをまとめたので、ダイニングテーブルを処分する際にはぜひ参考にしてみてください。

ダイニングテーブルの処分方法ごとのメリット・デメリット

「ダイニングテーブルの処分法には、それぞれどんなメリット・デメリットがある?」

上記の疑問を解決するために、ここではダイニングテーブルの処分方法ごとのメリット・デメリットを、表に分かりやすくまとめました。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
粗大ゴミとして処分する・気軽にダイニングテーブルの処分ができる
・自治体サービスのため処分方法が確立されトラブルが少なめ
・比較的処分のための費用が安い
・引き取りのできないダイニングテーブルもまれにある
・運び出しに手間がかかる
・日時の指定があるため予定を合わせる必要あり
解体して家庭ゴミに出す・無料でダイニングテーブルを処分可能・解体に時間と手間が必要
・大理石など解体できない素材の物には実施できない
リサイクルショップに買取を依頼する・ダイニングテーブルを売って収入を得られる
・ダイニングセットやブランド品は高価買取のチャンスも
・出張買取を利用できる
・汚れや傷があるもの、壊れたものなどは買取できないこともある
フリマアプリで販売する・難ありのダイニングテーブルも値下げ次第で販売可能
・価格を自由に設定できる
・販売収入を得られる
・配送料がかかる
・売り上げが多い場合確定申告が必要
・個人取引でのトラブルが発生しやすい
・壊れた商品は販売不可
無料で譲渡する・貰い手に来てもらえれば運び出しが楽になる
・費用をかけずダイニングテーブルを処分可能
・欲しがっている知り合いがいない場合、ネットを駆使する必要あり
・状態の悪いものは譲渡できない
買い替え引き取りを利用する・無料もしくは格安でダイニングテーブルを処分できる
・設置や組み立てなどのサービスが同時についてくる場合も
・家具を販売するお店なら比較的引き取り出来るところが多い
・同一メーカーの商品以外は引き取り不可の場合もある
・新品のダイニングテーブルを購入する必要がある場合がほとんど
ゴミ集積場に持ち込む・持ち込みができればダイニングテーブルを格安で処分可能・運搬手段がなければ利用できない
・重いものの運び出しが必要
・日時や場所を指定される
地域のリユースサービスを利用する・無料でダイニングテーブルを処分できる・ダイニングテーブルの運び出しと運搬が必須
・そもそもサービスを取り扱っている自治体が少ない
引っ越し業者に引き取りを依頼する・引っ越しと同時に不用品の一括処分ができる
・重いダイニングテーブルの運び出しを行ってくれる
・価格やプランが業者によりまちまち
・テーブルの大きさや重さによっては利用できない場合もある
不用品回収業者に引き取りを依頼する・即日見積もりや処分が可能
・重いダイニングテーブルを運搬せず処分できる
・メールやLINEで見積もりや申し込みを簡単に終わらせられる
・収集の日時を自由に決められる
・他の不用品やダイニングセットとの一括処分も可能
・処分の際には自治体サービスよりも料金がかかる
・単品での回収は比較的割高になる
・業者によって価格が大きく異なるため相見積りを取る必要性あり

表を参考にし、ぜひご自身に合ったダイニングテーブルの処分方法を選んでみてください。

ダイニングテーブルを処分する際の注意点

ダイニングテーブルを処分する際には、素材や大きさに気を配る必要があります。

解体した場合にはゴミの分別に慎重になる必要も出てくるでしょう。

ここでは、ダイニングテーブルを処分する際の3つの注意点を紹介します。

①解体後にはゴミの分別をする
②素材によっては自治体で処分できないものもある
粗大ゴミに出すなら重量制限に気をつける

以下で各注意点を徹底解説するので、ダイニングテーブルを処分しようと考えている方はぜひご覧ください。

①解体後にはゴミの分別をする

ダイニングテーブルの解体後には木材などの燃えるゴミだけでなく、金属パーツなどの燃えないゴミも発生します。

ガラステーブルの場合なら、割れ物ゴミも発生するでしょう。

一般ゴミとして解体したダイニングテーブルを処分する際には、必ず分別と安全対策を取ったうえで廃棄をしましょう。

②素材によっては自治体で処分できないものもある

ダイニングテーブルの中には使っている素材の影響で、粗大ゴミには出せないものも存在します。

特に大理石のダイニングテーブルは、多くの自治体で粗大ゴミ受け入れが不可能とされているものの代表格です。

不用品回収業者の中にも、大理石テーブルの引き取りを拒否しているところがあります。

大理石のテーブルを処分する際には、必ず処分の可否を業者や自治体に尋ねるべきでしょう。

一枚板のダイニングテーブルも、重量の都合により粗大ゴミ引き取りを拒まれる可能性が高いです。

しかしこちらのテーブルは不用品回収業者に依頼すれば、追加料金は発生するものの何らかの対策を取り搬出してくれる場合が多いようです。

③粗大ゴミに出すなら重量制限に気をつける

ダイニングテーブルの中には、100kgを超える重さのものもあります。

粗大ゴミに大きなダイニングテーブルを出す場合、そのテーブルが重量制限に達していないかを必ず確認してください。

自治体により、粗大ゴミの重量制限は異なります。

処分の前には自治体のホームページで、規定重量を確認しておきましょう。

ダイニングテーブルの処分は「不用品回収のお助け屋」にご依頼を

ダイニングテーブルのおすすめ処分方法について、この記事では徹底解説しました。

重く運び出しがしにくいダイニングテーブルは、重量や素材により粗大ゴミ回収を断られる恐れがある家具です。

解体し処分する場合非常に手間と時間がかかるため、処分が困難に感じる人も多いはずです。

手間や時間をかけずダイニングテーブルを処分したい方は、年間20,000万件超の実績がある不用品回収業者「不用品回収のお助け屋」に依頼するのがおすすめでしょう

「不用品回収のお助け屋」に回収依頼をすれば、ダイニングテーブルの処分において以下のようなメリットを受けられます。

不用品回収業者「不用品回収のお助け屋」に依頼するメリット

①壊れたダイニングテーブルでも処分できる
②ダイニングテーブルの査定・買取も可能
③パックを使えばセット家具も同時回収
④重いダイニングテーブルも専任スタッフがかんたん運び出し
⑤パックを使えば椅子などの付属品も一括回収

LINEや電話で簡単に見積もりは簡単に可能。

営業時間内なら最短25分で処分に向かえるため、ダイニングテーブルを素早く処分したい方は、ぜひ問い合わせをしてみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事