トースターの処分方法5選!メリットデメリットや費用についても徹底解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

トースターの処分方法5選!メリットデメリットや費用についても徹底解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

トースターの処分方法5選!メリットデメリットや費用についても徹底解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
トースターの処分方法5選!メリットデメリットや費用についても徹底解説

故障して買い替えを検討している時や、引っ越しを機に不要となったトースターの処分方法に困っている方も多いでしょう。

自治体のサービスを利用して処分する方法や業者に依頼する方法など、トースターの処分方法はたくさんあります。

この記事では、トースターの処分方法を悩んでいる方に向けて、トースターのおすすめ処分方法や処分方法別にかかる費用、注意点などについて解説していきます。

費用や手間などを抑えて処分する方法も解説していますので、トースターを処分する際にぜひ参考にしてください。

トースターの処分方法5選|捨てる・回収・買取など処分方法を徹底解説

トースターを処分するには、以下の5つの方法があります。

  • 自治体のサービスを利用して処分
  • 家電量販店の回収サービスを利用する
  • リサイクルショップで売却処分
  • フリマアプリで売却処分
  • 不用品回収業者に依頼する

ここでは、上記5種類の処分方法について詳しく解説していきます。

それぞれ、処分の手順や処分にかかる費用は異なりますので、自分に合った方法を探してみてください。

自治体のサービスを利用して処分

自治体のサービスを利用してトースターを処分する場合、自治体のゴミ出しルールに従って、以下の3種類から処分方法を選択することになります。

  • 不燃ゴミとして処分
  • 粗大ゴミとして処分
  • 小型家電リサイクル対象品として処分

①自治体で不燃ゴミとして処分

トースターは、不燃ゴミとして処分可能な自治体もあります。

例えば、愛知県名古屋市では、30cm角以内のトースターであれば、不燃ゴミとして回収してくれます。

名古屋市以外の自治体でも、トースターが小型家電リサイクル法の対象とされていない場合は、不燃ゴミとして分類される自治体が多いです。

不燃ゴミとして処分する場合は、自治体指定のゴミの日にゴミ置き場に持ち運ぶだけで処分は完了です。

処分費用はかからず、処分の手間も少ないため、手軽にトースターを捨てられるのが不燃ゴミとして処分する際のメリットと言えます。

ただし、自治体によっては、大きさに関わらずトースターを粗大ゴミとして処分する自治体もありますので、自治体のルールをしっかりと確認するようにしましょう。

ゴミ出しルールを確認したい方は、「自治体名 + ゴミ + トースター」とインターネットで検索し、自治体のホームページから確認することができます。

②自治体で粗大ゴミとして処分

オーブントースターや調理機能のついたトースターなどは、粗大ゴミとして回収している自治体もあります。

特に、30cm角より大きいトースターは粗大ゴミとして扱われることが多く、宮城県仙台市や神奈川県横浜市などがその例です。

粗大ゴミとしてトースターを処分する場合、ゴミ処理施設へ持ち運ぶ方法と、戸別収集を申し込む方法の2通りがあります。

それぞれの処分手順は以下を参考にしてください。

【ゴミ処理施設へ持ち運ぶ方法】

  1. ゴミ処理施設へ予約
  2. 搬入可能な曜日・時間帯に直接トースターを持ち込む

【戸別収集を申し込む方法】

  1. 自治体の粗大ゴミ受付センターへ申し込む
  2. 指定金額分の粗大ゴミ処理券をコンビニなどで購入
  3. 粗大ゴミ処理券に必要事項を記入
  4. 粗大ゴミ処理券をトースターに添付
  5. 指定収集日、トースターを指定場所へ運ぶ(玄関先やゴミ置き場等が多い)
  6. 指定時間に作業員がトースターを回収

粗大ゴミとして処分する場合、不燃ゴミとして処分する時とは異なり、処理業者に依頼する必要があるため、手間がかかり、数百円程度の処分手数料も発生します。

トースターの処分に時間を掛けたくない方や、処分費用を少しでも安く済ませたい方は、戸別収集よりも早く処分でき、回収手数料も節約できるゴミ処理施設への搬入がおすすめです。

小型家電リサイクル法に沿って処分

トースターは小型家電リサイクル法に沿って処分することもできます。

15cm×30cmほどのサイズであれば、公共施設や自治体の指定場所に設置された小型家電リサイクルボックスに投入してリサイクルするようにしましょう。

ポップアップトースターなど、小型のトースターを処分するのであれば、小型家電リサイクルボックスに投入できますよ。

小型家電リサイクルボックスの設置場所は、自治体によって異なりますので、小型のトースターをリサイクル処分した方は「自治体名 + リサイクルボックス」と調べて、設置場所やリサイクルルールを確認しておくことをおすすめします。

家電量販店の回収サービスを利用する

家電量販店では、トースターを含めた不要家電の回収サービスを実施している店舗が多いです。

たとえば、以下の3店舗ではトースターなどの小型家電を回収しています。

  • エディオン
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機

エディオンの回収サービス

エディオンでは、税込み550円でトースターのリサイクル回収を行っています。

エディオンで回収される電化製品の条件としては、

  • 「縦+横+高さ」の合計が120cm以下のもの
  • 重さが10kg以下のもの
  • 取り外し工事が不要のもの
  • ひとりで持ち運べるもの

の4点があるため、処分したトースターが条件に当てはまるか確認しておきましょう。

ヨドバシカメラの回収サービス

ヨドバシカメラでも、トースターを税込み550円で回収依頼することができます。

回収条件は以下の2点です。

  • 「縦 + 横 + 高さ」の合計が100cm以下
  • 重さが10kg以下

上記2点の条件から、サイズオーバーや重量オーバーしてしまうトースターの場合は回収費用が高くなってしまうため注意しましょう。

また、ヨドバシカメラでは、指定の大きさの段ボールに入る分だけの小型家電を、同一料金で回収してくれるサービスもあります。

ヨドバシカメラで一括回収サービスを利用したい方は、3辺合計160cm以内で回収用の段ボール箱を用意し、以下サイトから「小型家電宅配リサイクル回収チケット」を購入しましょう。(https://www.yodobashi.com/ec/support/beginner/setup/kogatakaden/index.html

後は、不要の小型家電を段ボールに詰めて、自宅で待っていれば回収しに来てくれるので、手間をかけずに複数の家電を処分したい方におすすめです。

ヤマダ電機の回収サービス

ヤマダ電機では、小型家電リサイクル法の対象商品の回収が可能です。

トースターを店舗へ持ち込んで回収依頼をする場合、費用は550円~1,100円となります。

また、小型家電の一括回収プランもあり、指定の段ボールに詰めるだけ詰めて、1箱1,650円で回収してもらえるので、トースター以外にも処分した小型家電がある方は、ぜひ一括回収プランを利用してみましょう。

リサイクルショップで売却処分

トースターは、リサイクルショップで売却処分することもできます。

特に、処分したいトースターが有名ブランドのものであったり、年式の新しいものであったりする場合は、リサイクルショップで高値で売却しやすいです。

リサイクルショップで売却しやすいトースターのブランドには、以下のようなものがあります。

【リサイクルショップで売却しやすいトースター】

  • バルミューダ The Toaster(K01E)
  • アラジン グラファイト グリル&トースター
  • 象印 オーブントースター こんがり倶楽部

ただし、有名ブランドや年式の新しいものであっても、汚れがこびりついていたり、部品に欠陥があったりすると、買取をしてもらえない可能性もあるので注意しましょう。

多少の汚れであれば、自分で綺麗な状態にしてから、リサイクルショップに持ち運ぶことをおすすめします。

フリマアプリで売却処分

トースターは、フリマアプリを利用して売却処分する方法もあります。

リサイクルショップで売却処分する場合と同様、有名ブランドや年式の新しいものを出品すると買い手が付きやすいです。

例えば、Rakuten Rakumaでは、バルミューダ The Toasterを20,000円代で出品しても、複数の買い手が付いています。

フリマアプリを使用して、トースターを売却処分しようと考えている方は、以下の手順で売却を進めていきましょう。

【フリマアプリの出品手順】

  • 好みのフリマアプリをインストール
  • トースターの写真をアップロード
  • メーカーや劣化具合など、トースターの情報を入力
  • 売却価格を設定
  • 出品ボタンをクリック
  • 購入通知が届いたら、梱包し発送する

どのフリマアプリでも、郵便局やコンビニで発送手続きができるため、購入時の箱やトースターの入る大きさの段ボールに梱包し、持ち運ぶようにしましょう。

フリマアプリには以下のようなものがあり、全て無料でダウンロード可能なので、自分に合ったフリマアプリを見つけて、トースターを出品してみましょう。

  • ヤフオク!
  • メルカリ
  • ジモティー
  • PayPayフリマ
  • Rakuten Rakuma

アプリでの売却処分は、写真をアップロードして買い手が付くまで待っているだけでいいので最初は簡単ですが、購入された後は、梱包・発送手続きに手間を感じる方もいるかもしれません。

ただし、トースターをフリマアプリで処分する時にかかる費用は、梱包材料代と送料のみですが、費用は売却価格から差し引くことができるので、結果的には利益を得られるメリットがあります。

有名ブランドのトースターや年式の新しいトースターなど高値でも需要のあるトースターを処分したいと考えている方は、ぜひフリマアプリでの売却処分を検討してみましょう。

不用品回収業者に処分してもらう

トースターを処分する際は、不用品回収業者に処分依頼する方法もおすすめです。

不用品回収業者に処分依頼すると、業者がすぐに自宅までトースターを回収しにきてくれるため、手間や時間を掛けたくない方は、ぜひ不用品回収業者の活用を検討してみましょう。

不用品回収業者を利用してトースターを処分する手順は、以下の通りです。

【不用品回収業者の利用手順】

  1. 不用品回収業者の電話やメールで問い合わせる
  2. 回収希望の製品や日時を伝える
  3. 同じ電話もしくは訪問で見積もりを出してもらう
  4. 指定日時に業者が訪問しトースターを回収

依頼費用は、業者によってさまざまなので、業者を選ぶ際には、複数の業者に見積もりを出してもらい、納得できる料金とサービスを提供している業者を選択することをおすすめします。

トースターの処分にかかる費用一覧

トースターの処分にかかる費用は、処分方法によって大きく異なります。

費用面を考慮して、トースターの処分方法を決めたい方は、以下の費用一覧表を参考にしてみてください。

【電子レンジ 処分費用一覧】

処分方法処分費用
不燃ゴミ無料
粗大ゴミ200円~(自治体によって異なる)
小型家電回収ボックス無料
家電量販店の回収サービス550円~(店舗によって異なる)
リサイクルショップで売却処分売却益を得られる
フリマアプリで売却処分売却益を得られる
不用品回収業者で処分無料~(業者によって異なる)

トースターを不燃ゴミとして処分可能な自治体に済んでいる場合は、自治体のサービスや小型家電回収ボックスを利用することで、トースターの処分費用を無料に抑えることができます。

また、処分費用を掛けずに売却益をかけたい方は、リサイクルショップやフリマアプリでの売却処分を検討してみましょう。

ただし、上記のどの方法を処分するのに手間や時間が掛かってしまうので、面倒な作業をせずスムーズにトースターを処分したい方には、不用品回収業者を活用することをおすすめします。

トースターの処分方法別にみるメリット・デメリット

トースターの処分方法はさまざまありましたが、メリット・デメリットはそれぞれ異なります。

ここでは、トースターの処分方法別にメリット・デメリットを以下の表にまとめましたので、自分に合った処分方法選びに悩んでいる方は、ぜひ表を参考にしてみてください。

処分方法メリットデメリット
不燃ゴミ・処分費用が無料・トースターを持ち運ぶ手間がかかる
粗大ゴミ・少ない費用で処分可能・トースターを持ち運ぶ手間がかかる・処分までに時間がかかる
家電量販店の回収サービス・少ない費用で処分可能・店舗まで持ち運ぶ必要がある・梱包する手間がかかる
リサイクルショップで売却処分・高値での売却も可能・店舗まで持ち運ぶ手間がかかる・ものによっては売却できないこともある
フリマアプリで売却処分・スマホで出品できる・高値での売却も可能・梱包や発送作業に手間がかかる・買い手がつくまでに時間がかかる

トースターの処分方法を比較すると、「費用・運搬の有無・処分作業の有無・処分にかかる時間」が大きく異なることが分かります。

せっかく処分するなら、時間がかかっても売却益を得たいという方は、リサイクルショップやフリマアプリでの売却処分を検討しましょう。

逆に、費用が多少掛かっても時間を掛けずにすぐに処分してしまいたいという方は、不要品回収業者への回収依頼がおすすめです。

トースターを処分する際の注意点

トースターを処分する場合は、以下の4点に注意するようにしましょう。

  • 捨てる前にトースターの状態を確認しておく
  • 自治体のゴミ出しルールを守る
  • 小型家電リサイクル法に沿って処分する
  • 悪質な不用品回収業者に注意する

ここでは、それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

トースターの処分方法を誤認識していて、あらぬトラブルに巻き込まれてしまうことがないよう、処分時の注意点を守るようにしましょう。

捨てる前にトースターの状態を確認しておく

トースターを捨てようとしている方は、処分する前にトースターの状態を確認しておきましょう。

トースターの不具合が無く、正常に動作する場合は、捨てるのではなくリサイクル処分売却処分することをおすすめします。

リサイクル処分すれば、トースターを誰かに再利用してもらうことができ、環境やゴミ処理場のひっ迫問題改善に貢献することができるでしょう。

また、売却処分であれば、トースターを再利用してもらえるだけでなく、処分費用を掛けずに売却益を得ることができます。

「使わなくなったから捨てる」、「新しいものが欲しいから古いものは捨てる」という考えに固執せず、再利用できるものは、誰かに再利用してもらえる処分方法を検討しましょう。

トースターが再利用できるかどうか自分で判断がつかない場合は、不用品回収業者や家電量販店で無料査定を依頼してみてください。

自治体のゴミ出しルールを守る

トースターを自治体のサービスを利用して処分する場合は、自治体のゴミ出しルールを守って処分するようにしましょう。

特に、「ゴミ区分・ゴミ出しの日時・場所」を守らないと、不法投棄とみなされ、懲役5年以下の罰則、もしくは1,000万円以下の罰金が科されてしまう可能性もあります。

例えば、トースターのゴミ区分が粗大ゴミとして定められている自治体で、不燃ゴミとして搬出してしまったり、指定のゴミ出し場所を守らず、近所の空き地や海、川などに搬出してしまうと、不法投棄とみなされてしまいます。

自治体のゴミ出しルールは自治体によって細かく定められているため、トースターを捨てる前に必ず自治体のホームページや掲示板、ゴミ出しブックなどを確認するようにしてください。

小型家電リサイクル法に沿って処分する

トースターは小型家電リサイクル法の対象製品となっているため、小型家電リサイクル法に沿って処分する必要があります。

小型家電リサイクル法とは、トースターや掃除機ドライヤーのような小型の家電に含まれている有用な金属をリサイクルするために定められている法律です。

この法律に従って処分される小型家電は、鉛などの有害物質も正しく処理が行われるため、環境汚染を防ぐメリットもあります。

小型家電リサイクル法対象製品の回収方法は以下の4つあり、どの方法で回収されるかは、自治体ごとに定められています。

【小型家電リサイクル法対象製品の回収方法】

  1. ボックス回収:公共施設などに設置された回収ボックスで回収
  2. ピックアップ回収:ゴミ場に収集されたたゴミから作業員がピックアップして回収
  3. ステーション回収:ゴミの収集日にごみ集積所で回収
  4. イベント回収:イベントの開催時に臨時的に回収

どの方法で回収されているのか調べたい場合は、「自治体名 + 小型家電回収方法」と検索して確認するようにしましょう。

ただし、有用金属の含有率が少ないトースターは、小型家電リサイクル法に沿った回収方法ではなく、不燃ゴミや粗大ゴミとして処分される自治体もあるので注意する必要があります。

悪質な不用品回収業者に注意

トースターの処分に不用品回収業者を利用する場合は、悪質な業者に注意しましょう。

悪質な業者とは、提示料金が曖昧で見積もりにない高額な料金を請求してくる業者や、回収した不用品を不法に投棄する業者などです。

もちろん、悪質な対応をする業者は業者の中でもごく一部なので、良心的な業者の中から悪徳業者を選んでしまわないためにも、以下の悪徳業者を見分けるポイントを抑えておきましょう。

【良心的な業者の特徴】

  • 無料見積もりサービスがある
  • ホームページ上に会社登記の記載がある
  • ホームページに住所が記載されている
  • 強制的に契約させたりせかしたりしない

トースターを処分したいだけなのに、思わぬトラブルに巻き込まれてしまった、という事が無いよう、業者を選ぶ際には上記の点を抑えながら注意して選ぶようにしましょう。

トースターの処分に関してよくあるQ&A

トースターの処分方法や注意点などについて確認できたところで、最後にトースターの処分に関するよくある質問を見ていきましょう。

トースターを処分しようと動き始めた時に、スムーズに処分を進められるように以下2つのよくある質問について、しっかりと確認しておきましょう。

【トースターの処分に関してよくある質問】

  1. トースターの寿命は何年?
  2. トースターのおすすめの買い替え時期は?

トースターの寿命は何年?

トースターの寿命は、約5~6年とするのが一般的です。

もちろん使用頻度や扱い方によって寿命に差はあり、スイーツづくりや食パンの温めなどで使用頻度が高い家庭や、掃除などを定期的に行っていない家庭であれば、5年を待たずに寿命を迎えてしまうこともあります。

トースターが寿命を迎えているかどうかは、以下の3点を基準に判断すると良いでしょう。

【トースターの寿命の目安】

  • 食材が温まりづらくなった
  • 使用時に煙が出るようになった
  • 異臭や異音がするようになった

食材がトースターで温まりづらくなった場合、コードが断線している可能性があります。

外見からは分かりづらいですが、中の線が切れてていて、電気がトースターまで流れなくなってしまっていると考えられるため、発火などのトラブルが発生する前にすぐ処分する必要があるでしょう。

また、使用時に煙や異臭、異音が発生する場合は、トースター自体が故障してしまっている可能性があるため、この場合も新しいトースターへの買い替えを検討することをおすすめします。

しかし、トースター内部に溜まったパンくずやゴミを掃除することで、異臭や煙の発生を改善できることもあるので、清掃や手入れをしてから買い替えや処分を検討してみましょう。

トースターのおすすめの買い替え時期は?

トースターを買い替える場合は、家電量販店でセールされている時期を狙うのがおすすめです。

家電量販店で、お得にトースターをゲットしたい方は、以下の3つの期間に向けて買い替えの準備を始めましょう。

  • 決算期(3月・9月)
  • ボーナス期(7月・12月)
  • 新商品発売時期

決算時期やボーナス期は、家電を全般的に低価格で販売する家電量販店が多くあります。

特に、数量限定や目玉商品としてトースターがチラシやネット広告に掲載されることも度々あるので、この時期には、各店舗のセール情報を逃さずチェックしておくようにしましょう。

また、新製品が発売される時期は、モデルチェンジされた型落ち品が、値下げされて店頭に並ぶことが多いので、安く手に入れたい方も新製品をいち早く手に入れたい方も、この時期を狙ってトースターを買い替えるのがおすすめです。

トースターの処分には不用品回収業者を利用するのがおすすめ

トースターの処分するには、以下の5つの方法がありました。

  • 自治体のサービスを利用して処分
  • 家電量販店の回収サービスを利用する
  • リサイクルショップで売却処分
  • フリマアプリでリサイクル処分
  • 不用品回収業者に買取してもらう

どの方法にもメリット・デメリットがあり、処分にかかる費用もまちまちです。

もし、トースターの処分に手間や時間をかけたくないと考えている方は、不用品回収業者を利用して処分するのがおすすめです。

電話1本で最短即日対応してくれて、処分のために必要な作業を全てお任せできる、不用品回収業者をぜひ、利用してみましょう。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事