ソファーベッドの処分方法8選|処分の料金相場・注意点も徹底解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ソファーベッドの処分方法8選|処分の料金相場・注意点も徹底解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ソファーベッドの処分方法8選|処分の料金相場・注意点も徹底解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ソファーベッドの処分方法8選|処分の料金相場・注意点も徹底解説

「大きなソファーベッドの処分に困っている…」

「ソファーベッドはどの業者に処分を依頼するのが正解?」

上記のような悩みを抱える方も、記事を見ている方の中にはきっといるでしょう。

ソファーベッドは非常に大きな寝具であり、処分の際に持ち運ぶのもとても大変です。

なかなか家から運び出せず、処分を諦めている方もいるのではないでしょうか?

この記事では、ソファーベットのおすすめ処分方法を8つ紹介します。

さまざまな処分法の紹介や、処分時の注意点も徹底解説するので、ソファーベットの処分を考えている方は必見です。

ソファベッドの処分方法8選

「ソファーベッドの処分にはどの方法がいちばんおすすめ?」

「格安でソファーベッドを処分できる方法はないかな?」

上記のような疑問を抱える方は、きっと多いことでしょう。

大型の家具であるソファーベッドの処分には、高い費用が掛かることも多い傾向にあります。

しかし、しっかり処分方法を吟味すれば、極力値段を抑えつつソファーベッドを処分できます。

ここでは、ソファーベッドのおすすめ処分方法8つを厳選して紹介します。

ソファベッドの処分方法7選

①粗大ゴミに出す
②解体して一般ゴミに出す
③リサイクルショップに買取を依頼する
④買い換え引き取りを利用する
⑤引っ越し業者に処分を依頼する
⑥フリマアプリで販売する
⑦無償で人に譲る
⑧不要品回収業者に依頼する

ソファーベッドを処分する方法は、比較的多彩です。

簡単に捨てられる廃棄方法や、ソファーベッドをお金に変えられる買取処分など、さまざまな処分方法を記事内では取り揃えました。

中には、ソファーベッドを無料で処分できる方法もあります。

記事を参考にし、ご自身に合った処分方法を選びましょう。

以下では、各処分方法を徹底解説します。

①粗大ゴミに出す

多くの自治体では、一辺30cm以上の物を粗大ゴミとして扱います。

大型寝具に該当するソファーベッドは、分解しない限り粗大ゴミになると心得ましょう。

ソファーベッドを粗大ゴミとして処分する手順は、以下のステップです。

ソファーベッドを粗大ゴミに出す手順3ステップ

①住んでいる自治体に問い合わせ、ソファーベッドの回収を依頼する
②粗大ゴミ処理券をコンビニや郵便局で購入する
③ソファーベッドにゴミ券を貼り、指定された時間に収集場所へ運ぶ

ネットや電話などで簡単に処分を依頼できるのがこの方法のメリットです。

自治体のサービスなのでトラブルも起きにくく、どなたでも簡単にソファーベッドを処分できます。

しかし、大きなソファーベッドにシールを貼り、所定の位置に置かなければならないため運び出しは大変です。

重いものを持ち運びできない方は、非常にこの処分方法を実施しにくい可能性が高いでしょう。

②解体して一般ゴミに出す

体力に自信があり、工具の扱いにも慣れている方は、ソファーベッドの解体処分にチャレンジしてみましょう。

ソファーベッドを分解し、ゴミ袋に収まるサイズにできれば不燃・可燃の一般ゴミとして廃棄できます。

工具を使い、以下の手順でソファーベッドの解体を行ってみてください。

ソファーベッドの解体を6ステップで解説

①カッターやハサミを使いカバー布をはがす
②スポンジを手で引き剝がし取り除く
③フレームについているジョイント金具をドライバーで外す
④スプリングを取り外す
⑤フレームをノコギリなどで細かく分解する
⑥ゴミを分別し指定された日に集積所に出す

長い時間と手間がかかりますが、この方法で処分を行えれば無料にてソファーベッドを処分できます。

力自慢の方や工具の扱いに慣れている方が家族にいるなら、ぜひソファーベットの解体を試してみてください。

なお、ソファーベットのフレームが金属製の場合、金属フレームを切断する特殊工具が必要になります。

よって、一般の家庭で解体処分できるのは、木製フレームのソファーベットのみだといえるでしょう。

③リサイクルショップに買取を依頼する

まだ新しいソファーベットや、ブランド品を処分したい方は、リサイクルショップに買取を依頼するのがおすすめです。

特に以下のようなブランドソファーベットには高い買取価格が付きやすいため、ぜひ買取処分を依頼すべきです。

買取価格が高くなりやすいソファーベッドのブランド

・フランスベッド
・日本ベッド
・カリモク
・大塚家具
・ロルフベンツ など

日本で知名度の高い大衆ブランド「ニトリ」「無印良品」「IKEA」などのソファーベッドも、状態が良ければ高価買取を期待できるでしょう。

対して、状態が悪いものやノーブランドのソファーベッドは、買取価格が低くなる可能性が高いです。

分かりやすい染み・汚れなど表面の傷みがあったり、経年劣化で寝心地が悪化していたりする場合、買取そのものを拒否されることもあります。

買取ができないほど状態の悪い商品は、粗大ゴミに出すなどの廃棄処分を検討してください。

④買い換え引き取りを利用する

家具販売店のなかには、新しい商品の購入を条件に古いソファーベッドを引き取りしてくれるところも存在します。

ソファーベッドは特に需要の高い家具なので、取り扱いがある店では回収を行ってくれるのがほとんどでしょう。

ソファーベッドの引き取りをしてくれるお店は、主に以下のお店です。

買い換え引き取りを利用できるお店

・大塚家具
・ニトリ
・無印良品
・IKEA
・ベルメゾン
・アイリスオーヤマ
・東京インテリア
・amazon(地域限定) など

※地域によっては引き取り対象外な場合もあります

引き取りは多くの場合有料ですが、ごくまれに無料回収を行ってくれるところもあります。

多くの場合、処分の際に自宅に出向き運び出しを行ってくれるため、重いソファーベッドを運ぶ必要がないのは嬉しいポイントでしょう。

お店によっては同一メーカーの商品しか回収しないところもあるため、買い替えを検討している方は事前に問い合わせをしておきましょう。

⑤引っ越し業者に処分を依頼する

引っ越しをする予定のある方は、引っ越し業者にソファーベッドの引き取りを依頼するのもいいでしょう。

引っ越しと同時にソファーベッドを処分すれば、重い寝具を搬出する手間が省けます。

転居と同時にソファーベッドの引き取りを依頼する方法は、以下の4ステップにて可能です。

引っ越し業者にソファーベッドを引き取ってもらうステップ4つ

①引っ越し作業を業者に依頼する
②同時に不用品の処分をしたい旨を伝える
③引っ越し費用にプラスして処分金を支払う
④転居時に荷物運びだしと不用品の処分を同時に行う

引っ越し業者によりソファーベッドを引き取れるかは異なるため、事前に業者に問い合わせを行うのがおすすめです。

業者により支払う料金にも差が出てくるため、可能ならば相見積もりを取るべきでしょう。

料金が割高になる場合には、引っ越し業者ではなく不用品専門の回収サービスなどを利用するのも検討してください。

⑥フリマアプリで販売する

ソファーベッドはフリマアプリでも販売することが可能な家具です。

大型家具のため非常に高い配送料がかかりがちですが、ご自身で価格を設定できるのは大きなメリットでしょう。

シミや傷みのある商品でも値引きなどの条件をつければ売れることがあります。

リサイクルショップに買取を依頼するよりも、取引に融通が利かせやすいのは嬉しいポイントです。

フリマアプリを見ている方の多くは「安くお得にソファーベッドを手に入れたい!」と考えている傾向にあります。

多少難ありでも「キズあり」「色落ちあり」などの表示をしっかり行えば、それを承知で購入してくれる方は多いようです。

取引の際に細かく情報を記入しておかないと、トラブルになりやすいのがこの処分法のデメリットでしょう。

ソファーベッドをフリマアプリに出品する際には細かく商品の状態を記載し、場合によっては値下げ交渉などにも応じるようにすると、取引がしやすくなります。

⑦無償で人に譲る

近くにソファーベッドを欲しがっている知り合いがいる方は、譲渡を検討しても良いかもしれません。

寝具として人気のソファーベッドは、「ジモティー」などのネット掲示板にも欲しがっている方は大勢います。

ネット掲示板や知り合いの情報網を駆使し、ソファーベッドを譲れる方がいるかを探してみてください。

欲しがっている方がソファーベッドを取りに来てくれるなら、無料で搬出をせずに大型寝具を処分できるでしょう。

この処分法の難点は、状態が悪いソファーベッドの譲渡は常識的に不可能ということです。

使えなくなったソファーベッドを、好き好んで引き取る人はいません。

ボロボロでもう寝具として使用できないものは、譲渡を諦め潔く廃棄処分してください。

⑧不要品回収業者に依頼する

手早く不用品を処分したい方や、ソファーベッド意外に処分したいものがある方は、不用品回収業者を利用すべきです。

業者によっては即日処分ができるうえに、業者が家に伺い運びだしをするため手間は一切かかりません。

時間や日時の指定も可能なため、自分の都合がいいタイミングで不用品を処分しやすいでしょう。

年間20,000万件超の実績がある「不用品回収のお助け屋」なら、メールやLINE、電話で簡単見積もりが可能。

営業時間内なら最短25分で現地にうかがえるため、時間がない方でもすぐにソファーベッドを処分できます。

単品回収はもちろんお得なパック料金もあるため、たくさんの不用品処分をしたい方にも適しています。

見積もりは完全無料、追加費用も一切いただききません。

ソファーベッドの処分に困っている方は、ぜひ「不用品回収のお助け屋」へ見積もりをご依頼ください。

ソファーベッドの処分費用の相場

ここまで、ソファーベッドを処分する方法について解説していきました。

ここからは、具体的なソファーベッドを処分する費用の内訳を、表でまとめ分かりやすく解説します。

簡単に処分費用の相場やポイントをまとめました。

ぜひソファーベッドを処分する際には、参考にしてみてください。

【処分方法】【費用相場】【ポイント】
粗大ゴミに出す1,200~2,000円・引き取りができるものとできないものがある
・自治体やソファーベッドの大きさにより値段が異なる
解体して一般ゴミに出す無料・工具などが解体には必要
・フレームやスプリングの有無には注意が必要
リサイクルショップに買取を依頼する無料・店舗買取や出張買取などを利用可能
・家具を取り扱うリサイクルショップに買取を依頼する必要がある
買い換え引き取りを利用する無料~・ソファーベッドを販売する多くのメーカーで利用可能
・無料引き取りと有料引き取りがある
引っ越し業者に処分を依頼する業者により異なる・引っ越しと同時に処分をする
・買取をしてくれる業者もある
・プランや料金は業者によりさまざまなため、事前見積もりを利用し価格の比較をするのが良い
フリマアプリで販売する無料・ネット環境があれば販売ができる
・ソファーベッドの配送料を計算する必要あり
・個人間でのフリマ取引が必須
無償で人に譲る無料・知り合いに譲渡すれば処分費用は無料
・ネット掲示板を使えば知らない人にも譲渡ができる
不要品回収業者に依頼する3,000~10,000円・プランや料金は業者によりさまざまなため、事前見積もりを利用し価格の比較をするのが良い

ソファーベッドを処分する方法はさまざまなため、ご自身に合った処分方法を選ぶべきです。

自治体の処分方法なら格安でソファーベッドを処分できますが、運び出しや日時指定などの手間がかかる傾向にあります。

一方、お金がかかる一般事業の行う処分サービスでは、運び出しなどを行ってくれることが多いです。

処分費用の安さをとるか、利便性をとるかは利用者次第です。

ご自身に合った適切な処分方法で、ソファーベッドを処分しましょう。

ソファーベッドの処分方法ごとのメリット・デメリット

「処分方法・金額の相場は分かったけど、処分方法ごとのメリット・デメリットはどうなの?」

ここまで記事を読み、上記の疑問を抱いた方も少なくはないでしょう。

ここでは、ソファーベッドの処分方法ごとにある、メリット・デメリットを紹介します。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
粗大ゴミに出す・気軽にソファーベッドを処分できる
・自治体のサービスなのでトラブルが少ない
・比較的低価格で処分が可能
・引き取りができないソファーもある
・運び出しが大変
・日時や運び出し場所が指定される
解体して一般ゴミに出す・無料でソファーベッドを廃棄処分できる・ゴミ分別の手間がかかる
・解体が大変
リサイクルショップに買取を依頼する・使わなくなったソファーベッドを売って臨時収入を得られる
・出張査定なら家にいながらソファーベッドを処分できる
・状態が悪いものや古いものは買取されない可能性が高い
・ストーブを運び出す必要がある
・出張査定の場合、出張料金を請求されることもある
買い換え引き取りを利用する
・家具専門店なら利用できる可能性が高い
・無料で引き取りをしてくれるところもある
・商品の購入が条件になりやすい
・同一ブランドの商品以外は引き取りしないところもある
引っ越し業者に処分を依頼する・引っ越しと同時に不用品処分ができる
・重いソファーベッドの運び出しをする必要がない
・費用が業者によりまちまち
・業者によってはソファーベッドが引き取り対象でないところもある
フリマアプリで販売する・使わなくなったソファーベッドを売って臨時収入を得られる
・やや難ありのソファーベッドも値下げなどをして販売可能
・価格を自由に設定できる
・個人で取引をするのでトラブルが発生しやすい
・高い配送料がかかる
・商品の状態によっては売れないこともある
・フリマでの売り上げが高くなると確定申告が必要になる
無償で人に譲る・タダでソファーベッドを処分可能
・貰い手が取りに来てくれれば運び出しも不要になる
・状態が悪いものは引き取り手が付かない
・欲しがっている知り合いが身近にいない場合、ネット掲示板などを利用する必要がある
不要品回収業者に依頼する・即日処分ができる
・重いソファーベッドを運搬する必要がない
・家にいながらソファーベッドを処分できる
・収集の日時を自由に決められる
・他の不用品との一括処分が可能
・処分の際に料金がかかる
・単品での回収は割高になる
・業者によって価格が大きく異なる
・見積りをとる必要がある


処分費用が安い方法は手間がかかり、費用がかさむ方法は楽にソファーベッドを処分できる傾向にあります。

予算・手間のかけ具合は処分をする方の都合によりさまざまでしょう。

表を参考にし、ぜひご自身に合ったソファーベッドの処分方法を選んでみてください。

ソファーベッドを処分する際の注意点

ソファーベッドの処分方法や具体的な費用、メリット・デメリットを把握したところで、次は処分の際に気をつけたい細かい注意点を紹介していきます。

ソファーベッドの処分には、さまざまな問題が付きまとうことも多いです。

住宅の立地や居住環境、ソファーベッドの種類により処分方法に規制が出るのも珍しくありません。

家具そのものの処分手段や金額にも影響する内容なので、ご自宅の立地やお持ちのソファーベッドの状態に照らし合わせ熟読しておいてください。

ソファーベッドを処分する際に気をつけるべき項目は、以下6つです。

ソファーベッドを処分する際の注意点6つ

①耐用年数は5~10年
②劣化サインが出たら廃棄処分を検討する
③譲渡・買取処分の前には必ず手入れをする
④解体処分後は必ずゴミ分別をする
⑤2階以上の部屋の場合吊り下げ搬出が必要な可能性がある
⑥スプリング入りは粗大ゴミにできない自治体もある

ソファーベッドの処分に関する知識をここで高め、適切な処分方法をご自身で選択できるようになりましょう。

以下では、各注意事項を徹底解説します。

①耐用年数は5~10年

「古くなったソファーベッド、いつまで買取処分ができる?」

「ソファーベッドに耐用年数ってあるのかな?」

上記のような疑問をソファーベッドに対し、抱いている方は多いはずです。

外見に異常が無くても、ソファーベッドの内部は使用限界を迎えているケースは、実は珍しくありません。

ソファーベッドの耐用年数は、平均で5~10年といわれています。

寿命が来るまでの目安はソファの素材により異なるため、素材ごとに寿命の目安を把握しておく必要があるといえるでしょう。

処分を考える際には以下の表を参考にし、お持ちのソファーベッドの劣化具合や耐用年数を推測してください。

本革のソファーベッド10~30年
合皮性のソファーベッド5~8年
布製のソファーベッド7~10年

本革製のソファーベッドは寿命が長く、合皮でできた製品は耐用年数が短い傾向にあります。

使用する環境や頻度でもソファーベッドの耐用年数は変わるため、表はあくまで目安として考えましょう。


②劣化サインが出たら廃棄処分を検討する

ソファーベッドの座り心地・寝心地が悪くなったと感じたら、処分を検討するべきです。

以下の劣化サインが現れた場合、ソファーベッドの状態は間違いなく悪化しています。

価値はつきにくくなるため売却での処分はせず、ソファーベッドの廃棄処分を検討してください。

ソファーベッドの深刻な劣化サイン5つ

・弾力がなくなり座り心地や寝心地が劣化した
・背面や座面に沈み込みがある
・ぎしぎしとした異音がする
・脚が折れたり欠けたりしている
・フレームが破損している

「ソファーベッドの表面から悪臭がする…」

「素材表面の傷や色落ちが目立ってきた」

このような表面素材の劣化は、張替えでも解決できます。

しかし、ソファーベッドの内部パーツやクッションの劣化は、家具専門店でも解消できません。

ソファーベッド内部に深刻な劣化が見られたら、処分を考えるタイミングが来たと考えるべきです。


③譲渡・買取処分の前には必ず手入れをする

ソファーベッドを譲渡・買取で処分する場合には、必ず事前にお手入れを済ませてください。

譲渡前の手入れはトラブルを防ぎ、買取前の手入れは査定価格が上がる確率を高めます。

ソファーベッドの手入れには、以下のような手段があります。

ソファーベッドを手入れする方法

・水拭きで綺麗に汚れを落とす
・隙間に入っているゴミを取り除く
・カバーを外せる場合天日干しをする
・消臭剤などでニオイを取り除く

ほんの少しのお手入れで、ソファーベッドは綺麗にすることが可能です。

ソファーベッドの売却・譲渡での処分をする前には、ぜひお手入れを行ってみてください。


④解体処分後は必ずゴミ分別をする

ソファーベッドはさまざまな部品でできているため、分別処分が非常に困難です。

自治体のホームページを必ず確認し、表面素材やフレーム、金属パーツなどを適切に分別してください。

フレームや内部にあるスプリング、金属パーツなどはカットにより大きさを縮めねば粗大ゴミになる可能性もあります。

自治体既定のサイズになるまでパーツをカットし、規定サイズ内にしてから分別を行いましょう。


⑤2階以上の部屋の場合吊り下げ搬出が必要な可能性がある

ソファーベッドが2階以上に置いてある場合には、人力やクレーンでの吊り下げ搬出が必要になる可能性もあります。

マンションなどの通路が狭い環境に住んでいる方は、搬出のために追加費用がかかるのも覚悟しましょう。

ソファーベッドの吊り下げ搬出にかかる費用の目安は、以下の通りです。

2階12,000円~20,000円
3階20,000~30,000円
4階まで40,000~50,000円
4階以上(クレーン吊り下げ)60,000~100,000円以上

ソファを処分する際には、ご自身がどの階数に住んでいるのかも加味し、処分方法を選びましょう。

処分費用が高くつく場合には、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

業者によっては、そのままでは階下に下ろせないソファを、解体し運んでくれることもあります。

⑥スプリング入りは粗大ゴミにできない自治体もある

ソファーベッドの中には、スプリング(金属のバネ)が入っているものがあります。

このバネが入っている場合、自治体の粗大ゴミ回収を断られる可能性もあるため気をつけましょう。

回収が可能な自治体でも、通常料金に加えスプリングの処分費用を追加請求される可能性もあります。

スプリング入りのソファを廃棄する前には、必ず自治体のホームページを確認してください。

費用が割高になるようならば、不用品回収業者などを利用した廃棄処分を検討するのがおすすめです。

追加料金なしでスプリング入りソファーベッドを引き取ってくれる可能性が高いため、処分費用が割安になる可能性もあります。

ソファーベッドの買取処分をするなら付属品を忘れずに!

ソファーベッドを買取処分に出す際には、査定額を上げるためにも以下の付属品を極力揃えましょう。

ソファーベッドを買取処分する際に揃えたい付属品

・保証書
・予備のネジ
・取り換え用の脚
・ブランドを示すカード
・予備カバー など

特にブランド品の場合、ブランドカードや保証書が手元に揃っていれば買取価格は上昇します。

ネジや予備カバーなどの備品もあれば、処分するソファーベッドの価値は上がるでしょう。

お得にソファーベッドを買取処分したいなら、セット品として備品を忘れず査定に出すようにしてください。

ソファーベッドを手間をかけずにすぐ処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

ソファーベッドのおすすめ処分方法について、この記事では紹介しました。

ソファーベッドは重く運び出しがしにくいうえ、自治体での処分を断られる可能性もある家具です。

解体し処分する場合非常に手間と時間がかかるため、処分をおっくうに感じる人も多いでしょう。

ソファーベッドの処分に手間をかけたくない方は、年間20,000万件超の実績がある不用品回収業者「不用品回収のお助け屋」に依頼をしてみましょう。

LINEや電話で簡単に見積もりができるので、ぜひ以下の問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事