ヘアアイロンの処分方法6選|処分費用の相場やメリット・デメリット、注意点を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ヘアアイロンの処分方法6選|処分費用の相場やメリット・デメリット、注意点を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ヘアアイロンの処分方法6選|処分費用の相場やメリット・デメリット、注意点を解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ヘアアイロンの処分方法6選|処分費用の相場やメリット・デメリット、注意点を解説

「掃除をしていたら、昔使っていたヘアアイロンが出てきて困っている」

「ヘアアイロンを処分したいけど、そのまま捨てて良いのかわからない」

この記事では上記の悩みにお答えする形で、ヘアアイロンの処分方法についてご紹介します。

処分費用の相場、メリット・デメリット、処分する際の注意点も合わせて解説します。

適切な捨て方でないと処分してもらえないこともあるため、処分の手順をしっかり確認してから行うことをおすすめします。

ヘアアイロンの処分方法6選

ヘアアイロンの処分方法はたくさんありますが、ここでは代表的なものを6つご紹介します。

それぞれ詳しく説明するので、自分に合ったやり方を選んでください。

ヘアアイロンの処分方法6選

1.自治体で処分してもらう
2.自治体に回収してもらう
3.フリマアプリやネットオークションに出品する
4.家電量販店に回収してもらう
5.専門業者に処分してもらう
6.リサイクルショップに売る

自治体で処分してもらう

自治体で処分してもらうのが1番簡単なやり方です。

ゴミとして捨てる場合、通常は「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「粗大ゴミ」の3種類あります。

ヘアアイロンを処分する際は、燃えないゴミに該当するケースが多いです。

ただ、中には「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」の違いを十分に理解しないまま、間違った方法で捨ててしまう人もいます。

適切な方法で処分するためにも、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」の定義について簡単にご説明します。

燃えるゴミは、生ゴミ・紙くず・ゴム・プラスチックなどが当たります。

一方で燃えないゴミは、金属・電球・乾電池・ガラスなどです。

その他にも、最大辺が30cm以下の家電製品も含まれます。

30cm以上のものは粗大ゴミとして扱われる場合もあります。

多くのヘアアイロンはサイズが30cmを超えないため、燃えないゴミとして処分することが可能です。

しかし念の為、事前にサイズを測って確認しておきましょう。

自治体に回収してもらう

自治体に処分してもらうのではなく、回収してもらう方法もあります。

これは、小型家電として処分するやり方です。

ヘアアイロンは「小型家電リサイクル法」の対象になっており、指定の回収ボックスで回収してくれることがあります。

ただ、自治体によって対象品目に違いがあります。

詳しい内容は市町村の公式ホームページや分別アプリを活用して調べてみてください。

小型家電リサイクル法とは、2013年4月1日より施行された、「使用済小型家電電子機器等の再資源化の促進に関する法律」のことを指します。

ヘアアイロンを始め、携帯電話やゲーム機などを捨てる際に守らないといけないルールです。

小型家電は以下の4つの方法で回収してくれます。

小型家電の回収方法一覧

・ボックス回収
・ステーション回収
・イベント回収
・ピックアップ回収

ボックス回収は、回収場所に設置してある専用の回収ボックスに投入します。

主な回収場所は、公共施設・家電量販店・スーパーなどです。

15cm×30cmの投入口に収まるサイズのヘアアイロンの場合、この方法で処分することができます。

ステーション回収は、週1回決められた回収場所にある専用の回収容器に処分する方法です。

運搬業者が回収後、リユースするために資源として活用されます。

回収場所は各番地に最低でも1箇所はあるため、近隣のコンテナを使いましょう。

イベント回収は、イベントが開催された際に回収するやり方です。

ピックアップ回収は、従来通り燃えないゴミとしてヘアアイロンを処分します。

ゴミ集積場から運ばれてきたゴミが環境衛生センターに搬入された後、ゴミの中から小型家電を選別して回収する方法です。

1つ注意点としては、一度回収ボックスに入れたものを再度取り出すことは不可能です。

返却を要求することもできないので気をつけてください。

フリマアプリやネットオークションに出品する

状態が良くまだ使えるのであれば、フリマアプリやネットオークションに出品することもおすすめです。

自分にとっては不要でも他の誰かにとっては必要なものである可能性もあります。

自分で値段を設定して売ることができます。

おすすめのフリマアプリ

・メルカリ
・ジモティー
・ラクマ
・PayPay!フリマ

おすすめのネットオークション

・楽天オークション
・ヤフオク!

ラクマやヤフオクは利用者数も多く、国内外を問わずたくさんの人が商品を検索しています。

そのため、運が良ければ希望金額以上の高値で引き取ってくれる人が現れるかもしれません。

メッセージのやりとりや梱包作業など、自分でやることが多く手間はかかります。

しかしその分、高額で売ることができれば臨時収入を得ることができます。

家電量販店に回収してもらう

購入先の家電量販店に回収してもらう方法もあります。

あるいは、回収ボックスを設けている近隣の家電量販店でも回収を受け付けています。

例えばヤマダ電気の場合、最寄りの店舗にヘアアイロンを持ち込み、リサイクルの申し込みを行うことが可能です。

別途でリサイクル料金と収集運搬料が必要になるため、事前に金額を確認しておく必要があります。

7年未満の正常稼働品においては、良品買取サービスを実施しています。

一定の条件をクリアした商品に関して、買取査定を行ってくれるサービスです。

ケーズデンキの場合、ヘアアイロンなどの小型家電を中心に、家電リサイクル法の対象品目であるテレビ・冷蔵庫・洗濯機などの大型家電の回収も行ってくれます。

ヘアアイロンを処分する際に同じタイミングでまとめて回収を依頼するのも一つの方法でしょう。

専門業者に処分してもらう

不用品回収業者に処分してもらうのも良いでしょう。

ヘアアイロン以外に他の家電も処分したいという場合、業者を利用すれば一度でまとめて引き取ってくれます。

不用品の物によっては一人では重くて運べない物もあります。

その際に業者に依頼すれば運搬作業を自らやる必要がなくなり、手間を省いて不用品処分ができます。

依頼費用がかかりますが、割引キャンペーンを行っているところもあるため、事前に問い合わせて詳細を聞いてみてください。

引っ越しで一気に物を処分したい人におすすめの方法です。

中には、無許可で不用品の処分を行う専門業者もいるので注意してください。

市町村の許可がないまま不用品を回収することは違法行為と言われています。

リサイクルショップに売る

ヘアアイロンは必ずしも捨てる必要はありません。

ただ、以下の判断基準を満たす場合はリユースが難しく、リサイクルショップでの売ることは困難です。

判断基準

・故障や破損が目立つ
・大きな傷や汚れがある
・購入してから10年以上経過している

その代わり、使用に差し支えのないものであれば買い取ってくれるリサイクルショップはあります。

中古でもダメージが少ないものや、購入年月・製造年式が10年以内であれば大丈夫です。

リサイクルショップに不用品を売る場合は、店舗まで持ち込むか、出張買取を依頼するか、ネットで申し込んで送るウェブ買取が主流です。

ヘアアイロンはサイズも小さく持ち運びもしやすいため、自分で店舗に持ち込み、その場で査定してもらいましょう。

全国のヘアアイロンの処分方法

ここまでは、ヘアアイロンの処分方法についてご紹介しました。

自分に合った方法で処分あるいは回収を行ってもらうことが大事ですが、細かいやり方は地域によって差があります。

以下に、全国の回収方法を一覧でまとめました。

気になる人はぜひ参考にしてください。

▼全国のヘアアイロンの回収方法

北海道札幌市燃えないゴミ大型ゴミに分類される
宮城県仙台市家庭ゴミ30cm以上の場合は粗大ゴミとして捨てる
茨城県水戸市燃えないゴミ1m×50cm×50cm以内の物は整理券を貼る
東京都新宿区金属中身の見えるポリ袋に入れる
愛知県名古屋市不燃ゴミ回収ボックスを利用する
大阪府大阪市普通ゴミ30cm以上の場合は粗大ゴミとして捨てる
福岡県福岡市燃えないゴミ回収ボックスを利用する
長崎県長崎市燃えないゴミ30cm以上の場合は粗大ゴミとして捨てる
鹿児島県鹿児島市金属回収ボックスを利用する

ほとんどのヘアアイロンは30cm未満の物であるため、燃えないゴミとして処分が可能です。

地域によっては回収ボックスを利用した方が手間がかからないケースもあります。

それぞれルールが異なるため、あらかじめ自治体の公式ホームページやアプリをご覧ください。

ヘアアイロンの処分費用の相場

ヘアアイロンを処分する際、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

処分方法によっては無料のものもあります。

以下に一覧表を作ったので、ヘアアイロンの処分や回収を検討している人はチェックしてみてください。

自治体で処分してもらう場合300円~
自治体に回収してもらう場合
(回収ボックスの利用)
無料
フリマアプリやネットオークションに出品する場合無料
家電量販店に回収してもらう場合220円~
専門業者に処分してもらう場合1000円~
リサイクルショップに売る場合無料

ケーズデンキやヤマダ電機では小型家電のリサイクル回収を行っています。

最安値が220円~になり、これは店頭持ち込みの場合のみです。

引っ越しで他の不用品も一気に処分する場合、指定の段ボールに詰めると一箱あたり1,650円で回収してくれます。

詳細は公式サイトを確認してください。

上記の表の専門業者には、不用品回収業者の他に認定業者も含みます。

認定業者は、国が適切なリサイクルを行なっていると認定した業者のことを指します。

自治体と連携しているため、必要があれば宅配便での回収も行なってもらえます。

ヘアアイロンの買取費用の相場

ヘアアイロンは処分や改修だけでなく、買取してもらうことも可能です。

自分にとっては不用品でも、他に必要とする人がいれば譲るのも良いでしょう。

買取費用の相場は、メーカーによって異なります。

ここでは主に6つの人気メーカーの買取費用をご紹介します。

ヘアアイロンの状態によって価格は多少変動するため、目安程度に参考にしてください。

サロニア

ストレートヒートブラシ SL-012BK1,900円
セラミック カール ヘアアイロン SL-008SW400円

ミラカール

ミラカール ゴージャス&ナチュラル BMC1300KJ5,300円
ミラカール スチームテック BABNTMC2J4,000円

クレイツ

グレイスカール CIC-W72010N1,300円
ロールブラシアイロンII CIBI-G26W3,000円

ワンダム

ストレートアイロン 25mm AHI-251 ホワイト       2,600円

ローネジャパン

ストレートヘアアイロン HS260-B23,200円
ローネジャパン HS260Y2,400円

ヴィダルサスーン

マジックシャイン カール VSI-2531/NKJ2,700円
ヴィダルサスーン ヘア アイロン VSI-10055,500円

ヘアアイロンの処分方法ごとのメリット・デメリット

ヘアアイロンの処分方法は様々ですが、それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

処分方法メリットデメリット
自治体で処分してもらう・最も簡単に利用できる
・安全かつ安く処分できる
・指定場所まで持っていく必要がある
・事前に処理権を購入しなければならない
自治体に回収してもらう・捨てるものが大量にある場合は便利
・処分費用を安く抑えられる
・リサイクル家電は回収してもらえない
・回収してもらえる個数が決まっている
フリマアプリやネットオークションに出品する・希望額より高値で購入してもらえる可能性がある
・新しいモデルの物は売れやすい
・売れるまでに時間と手間がかかる
・梱包や発送を自分で行う必要がある
家電量販店に回収してもらう・即日で処分できる
・リユースできる状態なら買い取ってもらえる
・自分で処分するより費用がかかる
専門業者に処分してもらう・ヘアアイロン以外の不用品もまとめて回収してもらえる
・手間がかからない
・割引してもらえることがある
・悪徳業者も数多く存在する
リサイクルショップに売る・即日現金を受け取れる
・出張買取であれば店舗に持ち込まなくて済む
・人気メーカーの場合、高く買い取ってもらえる
・状態が悪いと、査定額が低くなる可能性がある

リサイクルショップに売る際の流れ

1.傷や汚れがないか確認する

事前に大きな傷や汚れがないかチェックしましょう。

状態を良くしておいた方が査定額も高くなりやすいです。

リサイクルショップに持ち込む前に、綺麗に掃除して新品同様の状態にしておくことがポイントです。

2.付属品と身分証明書を揃える

付属品、説明書や保証書、ヘアアイロン本体が入っていた箱などを揃えてください。

店によっては買い取りの際に身分証明書が必要になることもあります。

運転免許証や保険証などを持っていきましょう。

3.査定してもらう

店舗に直接持ち込む場合、その場で査定してもらいます。

かかる時間は持ち込んだヘアアイロンの数や店によって異なります。

気になる人は事前に店に問い合わせて聞いておくと良いでしょう。

査定が始まる前に、所定のカードに必要事項を記入したり身分証の確認をします。

査定が終わったらスタッフから査定額を提示されます。

お互いに納得がいけば、ヘアアイロンを引き取ってもらい、その場で現金を受け取ります。

ヘアアイロン以外の不用品もまとめて買い取りの依頼をする場合、出張買取を依頼することも可能です。

直接店に電話をして申し込むか、事前に査定フォームから申し込みを行います。

ヘアアイロンの年式と型番を確認した上で連絡することをおすすめします。

その後、指定の日時に専門スタッフが訪問し査定してくれます。

不用品回収業者と自治体回収サービスの違い

自治体で処分する場合、自治体が行っている回収サービスを利用するのが1番簡単です。

主に「一般ゴミ回収サービス」「粗大ゴミ回収サービス」「粗大ゴミ受け入れサービス」の3つがあります。

以下に、自治体が行っている回収サービスの一覧を表にまとめました。

サービス名特徴
一般ゴミ回収サービス・週2~4回程度の回収
・使用する袋や出す日にちにルールがある
粗大ゴミ回収サービス・申し込みから回収日まで数週間かかる
・回収当日の午前8時より前に出すことが禁止 
※細かいルールは自治体によって異なる
粗大ゴミ受け入れサービス・回収サービスより費用が安い
※自治体によっては無料で受け入れてくれる場合もある

以下に、不用品回収業者が行っているサービスについても表にまとめたので、どちらを利用するか迷っている方は参考にしてください。

サービス名特徴
不用品回収サービス・売り物にならない不用品は引き取ってもらえないことがある
・買い取り可能なものは即日現金化できる
粗大ゴミ回収サービス・軽トラック4トン車で回収

引っ越しを理由に不用品をまとめて回収してもらいたい場合、軽トラックの利用をおすすめします。

▼まとめて不用品を回収してもらう際の費用

1DKの部屋の場合軽トラック1.5トン車¥34,800
2DKの部屋の場合軽トラック2トン車¥54,800
3DK以上の部屋の場合軽トラック4トン車要問い合わせ

ヘアアイロンを買い取ってもらう際の注意点

状態が良く、まだ使えるヘアアイロンの場合、買い取ってもらえます。

その際どんなことに注意する必要があるのでしょうか?

1番大切なのは自分に合った業者を選ぶことです。

以下に具体的な内容を2つご紹介しますので、参考にしてください。

全国展開しているかどうか、店舗が存在しているかどうか

全国展開している有名業者や実店舗がある業者であれば、安心して利用することができます。

ネットで評判や口コミを確認できるため、不安な人は事前に見ておきましょう。

全国展開していなくても、地元に強い業者もおすすめです。

地域密着型の業者で地元で評判が良いところであれば、素早い対応をしてくれることもあります。

許可を取っている業者かどうか

市町村から許可を取らずに運営している業者は違法行為になります。

許可を取っているかどうかは必ず確認しておいてください。

許可を取っている業者の中でも高額を請求したり、押し売りをしてきたりするところもあります。

業者を通して処分や回収作業を行う場合は、契約を交わす前に見積もり額が適正かどうかをチエックすることをおすすめします。

ヘアアイロンを処分する際の注意点

ヘアアイロンなどの小型家電を処分する際は、いくつかの注意点があります。

種類によっては事前にガスを抜く必要があります。

コードがショート寸前になっていないかどうかをチェックすることも大切です。

処分する際は、ここでご紹介する4つの点に注意しましょう。

それでは1つずつ詳しく見ていきます。

ヘアアイロンの種類を調べる

ヘアアイロンには色々な種類がありますが、中でもガスカートリッジ式のものを処分する際は、事前に自治体の確認が必要です。

ガスカートリッジ式ヘアアイロンとは、ガスを燃料としたコードレスヘアアイロンのことを表します。

電気を使わないヘアアイロンで、専用のガスカートリッジを使用して発熱します。

使い捨てなのでリサイクルやリユースができません。

そのため、売却したりショップで回収してもらうことはできず、処分するしかありません。

ただ、中身が残った状態で処分すると他のゴミに引火して火事の原因になります。

事故を防ぐためにもガスを抜いてから捨てる必要があります。

心配な場合は、自治体に問い合わせてください。

一般的にスプレー缶やガスを含んだ缶の処分方法は、自治体ごとにルールが定められています。

しかしプラスチック容器に入った液化ガスの処分方法は載っていないことが多いです。

他のゴミとは扱い方が異なる上に火事を引き起こす可能性もあるため、十分な注意が必要です。

複数の業者に依頼して比較検討をする

ヘアアイロン以外の不用品もまとめて処分したい場合、不用品回収業者や認定業者の利用をおすすめします。

その際は、複数の業者に依頼してください。

自分に合ったところであれば、より安い金額で回収してくれ、スムーズに進められます。

中には、「複数の業者に依頼することってできるの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

結論から申し上げると、複数の業者に依頼することは可能です。

より多くの業者に問い合わせて見積もりを取り、比較検討しましょう。

業者によって料金が大きく異なる場合もあります。

依頼する際に、他の業者と比較していることを伝えれば、費用の値下げ交渉に応じてくれたり割引のサービスを提供してくれたりすることもあります。

コスパを重視している人は、複数業者に依頼して比較することは大きなメリットとなります。

基本的なルールを守る

処分する上での基本的なルールは以下の2つです。

基本的なルール

1.不法投棄はしない
2.処分する際の手順を守る

市町村から許可の降りていない業者に依頼すると、不法投棄される可能性があります。

無許可の業者に不用品を受け渡すと、不適切な処理を行う場合があります。

顧客から高額料金を請求して不用品を回収した後、できるだけ手元に残すために適切な方法で処分を行わない業者も存在します。

例えば河川や野山に捨てる事例もあります。

発覚した場合、依頼主も法に触れて罰せられる可能性があるので気をつけてください。

ヘアアイロンの処分を検討し始めたら、まずは業者に問い合わせたり自治体のホームページをチェックしたりするところから開始しましょう。

行動に移す前にあらかじめ詳細を調べておくことで、その後もトラブルを少なくスムーズに処分まで進めることができます。

ヘアアイロンを今すぐ処分するなら不用品回収業者がおすすめ

「ヘアアイロンをすぐに処分したい」という場合は不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

自宅まで引き取りに来てもらえる上に、日時も自分の都合に合わせて調整できます。

不用品1つあたりの料金ではなく、依頼1件あたりの料金設定にしているところも多いです。

そのため、処分したいものが多いほど相対的に価格もお手ごろになります。

まずは見積もり無料の不用品回収業者に問い合わせをし、どのくらいの費用がかかるのかを聞いてみましょう。

本記事の内容を参考に、不用品回収業者の利用を検討してみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事