ウォーターサーバーの処分方法6選|様々な捨て方や引き取りの際の注意点を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ウォーターサーバーの処分方法6選|様々な捨て方や引き取りの際の注意点を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ウォーターサーバーの処分方法6選|様々な捨て方や引き取りの際の注意点を解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ウォーターサーバーの処分方法6選|様々な捨て方や引き取りの際の注意点を解説

「引っ越しを機にウォーターサーバーを処分したい」

「新しいものに買い替えるから古いものを捨てたい」

と思っている方も少なくないでしょう。

しかしウォーターサーバーは本体も大きいため、どのように処分すればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

適切な処分方法は限られているため、事前にやり方を調べることが大切です。

そこで今回は、ウォーターサーバーの処分方法についてご紹介します。

費用の相場や引き取りの際の注意点も併せて解説するので、気になる方は参考にしてみてください。

目次

ウォーターサーバーの処分方法6選

ウォーターサーバーの処分方法は6つあります。

ウォーターサーバーの処分方法

1.粗大ゴミとして出す
2.リサイクルショップに売る
3.不用品回収業者に処分してもらう
4.フリマアプリやネットオークションに出品する
5.知り合いに譲る
6.メーカーに返却する

それぞれ処分の費用や手間が異なります。

おすすめの処分方法は人によって変わるため、自分に合う方法を見極めてどの方法を選ぶかを決めてください。

①粗大ゴミとして出す

粗大ゴミとして出す方法は最も一般的なやり方です。

ウォーターサーバーはサイズが大きいため、一般の家庭ゴミとして処分することはできません。

その点は注意してください。

自治体に引き取ってもらうことになりますが、その場合は事前に申し込みをする必要があります。

ネットで事前に申し込めるところもありますが、基本的にウォーターサーバーは収集品目リストに入っていません。

費用、分別ルール、サイズなどは自治体によって異なるため、あらかじめホームページを確認してください。

ただ、レンタルしたウォーターサーバーは粗大ゴミとして処分できません。

レンタル先のメーカーに問い合わせて、指示通りに返却しましょう。

②リサイクルショップに売る

ウォーターサーバーが綺麗な状態の場合は、リサイクルショップで売れば買い取ってもらえる可能性があります。

店によって買い取ってもらえる値段は変わるため、複数のリサイクルショップで査定してもらいましょう。

より高額な値段で売ることができるかもしれません。

ウォーターサーバーの本体の状態によっては買取不可となることがあったり、自宅まで引き取りに来てもらえるかどうかは店によって異なります。

その点も踏まえた上で、リサイクルショップでの売却を検討してみてください。

③不用品回収業者に処分してもらう

粗大ゴミとして処分できない場合や、引っ越しで早急に廃棄したい場合、不用品回収業者に処分の依頼をすることもおすすめです。

不用品回収業者は知識やスキルのあるプロが作業を行なってくれます。

自分で運搬する手間が省けたり、ウォーターサーバー以外の不用品もまとめて回収してくれます。

格安プランやセット割などのメニューを用意しているところもあります。

重い物を運ぶことに抵抗がある女性の方や高齢の方にもおすすめです。

引っ越しで大量に物を処分する際には便利な処分方法ですので、ぜひ検討してみてください。

ただ、中には無理に営業をしてきたり、不適切に高額料金を要求してきたりする業者もあります。

依頼する場合は事前に公式サイトで口コミなどを確認しましょう。

費用、利便性、使いやすさ、自分に合っているかどうかなどを加味した上で選ぶことが大切です。

④フリマアプリやネットオークションに出品する

ウォーターサーバーは他の不用品と違って、リサイクルショップで売却することができません。

購入したウォーターサーバーの場合、契約先のメーカーの水ボトルとセットで使う設計となっているため、本体だけ売っても需要がありません。

本体だけ引き取ってくれるリサイクルショップは少ないため、売ることを検討している方はフリマアプリやネットオークションに出品しましょう。

取引が成立して買い取ってもらった場合、臨時収入を得ることができます。

自分で値段を設定できる上に手数料を取られることもなく、高値で買い取ってもらえるケースもあります。

例えばフリマアプリで有名なメルカリは、写真を撮ると自動で相場を見てくれる機能がついています。

ユーザー数も多いため積極的に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、商品の説明文を作ったり、買い手と直接やりとりをしたり、梱包や発送を自分で行う必要があります。

他の処分方法より多少手間がかかるため、楽に処分したい方には不向きかもしれません。

⑤知り合いに譲る

身近にウォーターサーバーが欲しい人がいる場合、業者を使わずに知り合いに譲ることも検討しましょう。

ウォーターサーバーは本体が大きいので運搬が大変なイメージがあります。

しかし知り合いに手伝ってもらえる場合、手間も省けます。

廃棄するより、今後大切に使用してくれるという点は譲る側として嬉しいポイントです。

譲る場合、知り合い以外にジモティーなどの掲示板を利用することもおすすめします。

引き取りに来れる方のみウォーターサーバーを譲るというタイトルで募集をかけてください。

そうすることで近場に住む方とのやりとりができるようになり、スピーディーに買い手を見つけることができます。

処分費用をかけたくない方におすすめの方法です。

⑥メーカーに返却する

購入したウォーターサーバーの場合、上記の5つの処分方法で対応可能です。

しかしレンタルしている場合は自分で処分することはできません。

レンタル先のメーカーに本体を返却する必要があります。

無断で売却したり譲ったりすることも禁止のため、注意しましょう。

ウォーターサーバーの処分方法ごとのメリット・デメリット

ウォーターサーバーの処分方法を6つご紹介しましたが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ここからは、主に「フリマアプリに出品する」「ネットオークションに出品する」「リサイクルショップに売る」の3つの処分方法のメリットとデメリットについて詳しくご紹介します。

フリマアプリに出品する

メリット

・利用者数が多いため、そのぶん買い取り希望者も多く、商品が売れやすい
・スマホさえあれば写真撮影から商品説明、買い手とのやり取りもすべて行える
・誰でも手軽に始められる

デメリット

・商品の相場を自分で調べる必要がある
・取引相手と直接やり取りする手間が発生する
・梱包や発送も基本的に自分で行わなければならない
(適当に行うと後々トラブルやクレームの原因となりかねない)

ネットオークションに出品する

ネットオークションの場合、フリマアプリとは異なり、値段は購入者がつける仕組みです。

メリット

・商品の相場がわからなくても出品しやすい
・運が良ければ高値で売れる可能性もある

デメリット

・複数の購入希望者が争いながら最終的な金額が決まるため、希望より安い金額で売れるケースもある

リサイクルショップに売る

メリット

・店に直接商品を持ち込んだり、郵送することですぐに査定してもらえる
・早ければ即日現金を受け取ることも可能
・商品の梱包作業や発送の手間も省ける
・取引相手との細かいやり取りも少ないため、手軽に始められる
・店によっては出張対応している

デメリット

・ウォーターサーバーの品質によっては買い取りを拒否されるケースがある

店によって買取価格は異なるため、いくつかのリサイクルショップに査定依頼を出すと良いでしょう。

ウォーターサーバーの処分費用の相場

ここまでは、ウォーターサーバーの処分方法やタイミング、寿命などをご紹介しました。

ここからは処分費用の相場について詳しく解説していきます。

粗大ゴミとして出す場合

処分費用は自治体によって異なるため、事前に電話かメールで確認してください。

大きさや重さによって金額にも変動が出ます。

あらかじめウォーターサーバーの寸法(幅×高さ×奥行き)を測っておくと良いでしょう。

東京、大阪、福岡の処分費用の相場を表にまとめました。

粗大ゴミとして処分することを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

▼東京都
一律1200円(大きさ・重さ問わず)
▼大阪府
回収を行っていない
※購入先の販売店やメーカーに直接問い合わせる必要がある
▼福岡県
15kg以下 300円
※15kgを超える場合、回収してもらえない可能性がある

ただ、1つ注意点があります。

使用しているウォーターサーバーの冷却媒体にフロン類が使用されていないかどうかを事前に確認してください。

フロン類はオゾン層を破壊する原因の物質と言われており、大気中への放出が法律上禁止されています。

そのため、フロン類を使用しているウォーターサーバーは粗大ゴミとして回収してもらえないため、気をつけてください。

気になる方は購入先の販売店やメーカーに問い合わせてみましょう。

リサイクルショップに売る場合

処分費用はかかりません。

買い取ってもらえる場合、自分の利益となって収入を得ることができます。

フリマアプリやネットオークションに出品する場合

処分するわけではないため、別途費用はかかりません。

ただ、出品して買い手が見つかった際、梱包材料代や送料は自己負担になります。

不用品回収業者に処分してもらう場合

細かい料金体系は不用品回収業者によって異なります。

ウォーターサーバーを粗大ゴミとして廃棄し、自治体に引き取ってもらうという処分方法の場合、人件費や運搬費はかかりません。

不用品回収業者に依頼する場合は人件費や運搬費が発生します。

業者によっては無料キャンペーンや特別割引を行い、一時的に費用が安くなるケースもあります。

処分する際はあらかじめ公式サイトを確認し、気になることがあれば直接電話やメールをして問い合わせしてください。

その際は必ず見積もり額を出してもらい、他の業者と比較しましょう。

よりコストパフォーマンスの良いところで質の高いサービスを受けることができます。

メーカーに返却する場合

メーカーに返却する場合、契約期間内であれば解約金を受け取ることができます。

料金はメーカーや販売店によって異なるため、公式サイトで詳細をご覧ください。

以下に、一部のメーカーの解約金の表を作りましたので、参考にしてください。

▼クリクラ

通常プラン              0円
2年プラン               12,100円

▼キララ

1年プラン               5,400円
3年プラン              14,040円
5年プラン              19,440円

▼コスモウォーター

smartプラス(2年以内)       9,900円
エコット(3年以内)         20,900円

ウォーターサーバーを処分する手順

実際にウォーターサーバーを処分する際は、どのような手順で進めていけば良いのでしょうか。

ここでは、5つの処分方法ごとの手順をそれぞれ詳しくご紹介します。

①粗大ゴミとして出す

不用品の多くは自治体の許可があれば粗大ゴミとして処分できます。

しかしウォーターサーバーの場合は原則として、粗大ゴミとして廃棄することが不可能です。

ウォーターサーバーに含まれるフロンは、大気中に放出することが法律で禁止されているためです。

自己判断で処分した場合、フロンを大気中に流出することになり、オゾン層の破壊につながります。

②リサイクルショップに売る

売る前にウォーターサーバーの本体の状態を確認し、あらかじめ綺麗に掃除しておきましょう。

大きな傷や汚れがあったまま売ると、査定額が下がる可能性があります。

本体だけでなく付属品もすべて揃っているかどうか確認してください。

欠品がなくセットで持ち込んだ方が高額で買い取ってもらえます。

お店によってはキャンペーンや割引クーポンがあるところもあるので、積極的に活用しましょう。

自分で直接店に持ち込む場合、以下のような手順で進めてください。

店に持ち込む際の手順

1.窓口でウォーターサーバーを渡し、番号札を受け取る
2.査定額が提示されるまで15分程度待つ
3.お互い納得の上、買取が成約する
4.契約書に情報を記入する

店まで直接足を運べない場合はウォーターサーバーを送ってください。

その後、査定結果をメールか電話で伝えてくれます。

金額に納得が行けば双方向の合意のもと契約が成立し、契約書がメールで送付されます。

料金は銀行口座に振り込まれます。

③不用品回収業者に処分してもらう

多くの不用品回収業者は無料相談を受け付けているため、まずは電話かメールで問い合わせをします。

日程調整をして業者に自宅まで来てもらい、ウォーターサーバーの状態を確認してもらいます。

その後、見積もり額を提示してもらって詳細の説明を受けます。

見積もりに納得が行けば、契約書にサインをして申し込み完了となります。

指定した日時に業者に引き取ってもらい、回収が終わった時点で作業終了です。

④フリマアプリやネットオークションに出品する

出品する際は以下の流れで進めていきます。

今回はメルカリを例にしてご紹介します。

出品する際の流れ

1.写真を撮る
2.商品説明文を記入する
3.商品を梱包し発送する

1.写真を撮る

目立つ汚れがある場合、事前に掃除して綺麗な状態で撮影しましょう。

2.商品説明文を記入する

価格、配送料の負担(出品者か購入者か)、配送方法などを入力します。

300円~設定可能です。

その3.商品を梱包し発送する

買い手が現れたら、商品を梱包して発送します。

⑤メーカーに返却する

レンタルしているウォーターサーバーは、必ずメーカーに返却する必要があります。

引っ越しなどを理由にウォーターサーバーの利用をストップする際は、メーカーや販売店に連絡して解約の申し込みを行なってください。

申し込み方法はネット、電話、メール、問い合わせフォームなど色々あり、メーカーや販売店によってやり方が異なります。

申し込みをする際は、返却方法や解約金の有無についてしっかりと確認することが大切です。

必ず解約理由を聞かれるため、その際は素直に理由を答えてください。

契約期間内に解約する場合は解約金についての説明もあるため、きちんと話を聞いておきましょう。

メーカーが本体を直接回収してくれる場合と、自分で梱包して発送する場合の2種類の方法があります。

梱包や発送作業が面倒な方は、メーカーに問い合わせて自宅まで取りに来てもらいましょう。

自分で梱包材料を買ったり運搬費用を負担したりする必要がないため、手間がかかりません。

ウォーターサーバーを処分する際の注意点

ウォーターサーバーを処分する際はいくつかの注意点があります。

返却前の水抜きを忘れない、レンタルの場合は違約金について確認するなど、ここでは6つの注意点についてご紹介します。

レンタルしている場合、返却前の水抜きを忘れない

購入している方は問題ありませんが、レンタルしている場合、返却前にボトルの水抜きを行ってください。

以下の手順で進めましょう。

返却前の水抜きの手順

1.温水スイッチをオフにし、コンセントを抜く
2.ボトルを取り外す
3.コックから冷水と温水を出す
4.排水キャップを開けて水を抜く
5.排水キャップを閉める

コンセントを抜いたら5~6時間は放置してください。

コックから冷水と温水を出す際は、ロックピンを使いましょう。

6時間経過後、本体の背面にある排水キャップを開けて排水を行います。

小鍋などを用意しておくとやりやすいです。

レンタルの場合、解約金や解約金について確認する

▼解約金とは

契約期間の長さに関係なく、解約する際に発生する金額のことです。

▼違約金とは

一定期間まで契約し続ける期間が決まっているにも関わらず、その期間内に解約をする際に発生する金額のことです。

この場合、メーカーによってはウォーターサーバーの返却費用も別途要求されることがありますので、気をつけてください。

無料で解約できるメーカーは少なく、大半のケースは解約金が発生します。

多くの場合、最低利用期間が半年~2年で解約金の相場は1~2万円程度です。

空のボトルの処分方法も事前に調べておく

レンタルしている場合、レンタル先の販売店やメーカーに空のボトルを返却します。

自己判断で処分してはいけないので注意しましょう。

必ず自宅で空のボトルを保管しておいてください。

中には家庭用ゴミとして折り畳んで捨てられるものもあります。

メーカーによって異なるため、気になる方は直接問い合わせて確認しましょう。

自治体が収集を受け付けてくれるか確認する

ウォーターサーバーは粗大ゴミとして出し、自治体に回収してもらうことも可能です。

その際、廃棄のルールや料金は自治体によって異なります。

中にはウォーターサーバーを粗大ゴミとして捨てられない場合もあります。

事前にホームページの「粗大ゴミ受付センター」にて詳細を確認してください。

もし回収を行ってくれる場合、その場で申し込みを行って粗大ゴミ回収券を購入しましょう。

回収券はコンビニで簡単に買えます。

回収してもらう場合、自治体によっては規定のサイズを超えるものは回収してくれないことがあります。

事前にウォーターサーバーの大きさ(幅・高さ・奥行き)を測っておくと安心です。

ウォーターサーバーを売却する際のコツ

ウォーターサーバーは必ずしも処分する必要はありません。

売却して利益を得たり、他に使いたい人に譲ったりする方法もあります。

ここでは、ウォーターサーバーを売却する際のコツについて解説します。

コンディションが良いかどうか確認する

フリマアプリやネットオークションで出品したり、リサイクルショップに売りたいと考えている人もいるでしょう。

その際は極力高値で買い取ってもらいたいと思うものです。

・ウォーターサーバーの使用年数
・ボトルと本体がセットになっていること
・使用感や汚れが少ないこと

上記の3つを満たしている場合、査定額が高くなる傾向にあります。

ウォーターサーバーは毎日使うものなので、清潔感は大きく影響します。

見た目の状態が良くないと買取額も下がる可能性があります。

現在使用中で今後売却を考えている方は、普段から汚れや傷をつけないように、丁寧に扱うことを心がけたいですね。

複数の業者に査定して見積もりを出してもらう

ウォーターサーバーは購入から年数が経つほど価値が下がっていきます。

メーカーによって差異があり、買取額も変わってきます。

まずは2~3の業者から見積もりを出してもらいましょう。

なるべく高く買い取ってもらえるところに依頼することがおすすめです。

空のウォーターサーバーを処分する方法

ウォーターサーバーの処分方法は、ボトルの種類や素材によって異なります。

ここでは、リターナブル方式のガロンボトル、ワンウェイ方式のペットボトル、ワンウェイ方式のボトルの3つのタイプについて詳しく見ていきます。

リターナブル方式のガロンボトルの場合

リターナブル方式のガロンボトルはリサイクルするタイプのボトルです。

使い終わったらすぐに処分せず、空のボトルを自宅に保管しておきましょう。

購入先のメーカーに連絡をし、自宅まで引き取りに来てもらってください。

リターナブル方式のガロンボトルは回収後に使い回すことが特徴です。

そのため、ボトルがきちんと洗浄されているか。

品質や管理体制はどうなっているかなど細かく確認されます。

事前に綺麗な状態に整えておきましょう。

メーカーが回収してくれる点がメリットなので、自分でボトルを廃棄するのが面倒だと感じる方におすすめです。

ワンウェイ方式のペットボトルの場合

ワンウェイ方式の場合、自宅で処分が可能です。

素材はペットボトルと同じため、ペットボトルを捨てる際と同じやり方で廃棄します。

キャップ部分が不燃ゴミ扱いになり、ボトル部分はリサイクルすることが可能です。

ただ、自治体によって捨て方に多少の差異があるため、事前に詳細をチェックしておいてください。

近年のウォーターサーバーはワンウェイ方式のものが主流です。

女性や高齢の方でも簡単にボトルを潰せるような工夫が施されています。

ただ1つ注意点として、自分で処分する手間がかかります。

廃棄する際はキャップとボトル部分を分別する必要があります。

また、ボトルの梱包材として段ボールが使われているため、その処分も自分で行わなければなりません。

ゴミ捨て場に行く回数も増え、面倒に感じるかもしれません。

ウォーターサーバーを今すぐ処分するなら不用品回収業者がおすすめ

今回ご紹介した処分方法も参考に、安全に手間をかけずウォーターサーバーを処分する場合、不用品回収業者に依頼することがおすすめです。

新しい物に買い替える時や、引っ越しシーズンにはウォーターサーバーを始め、さまざまな不用品が出てきます。

不用品回収業者が最も一般的で利便性も高く、コスト面でのメリットも大きいです。

ウォーターサーバーを処分する際は、ぜひ利用を検討してみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事