太陽光パネルの処分方法2選|廃棄・捨て方・処分費用をご紹介します | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

太陽光パネルの処分方法2選|廃棄・捨て方・処分費用をご紹介します | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

太陽光パネルの処分方法2選|廃棄・捨て方・処分費用をご紹介します

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
太陽光パネルの処分方法2選|廃棄・捨て方・処分費用をご紹介します

「太陽光パネルを処分したいけど具体的なやり方がわからない」

「処分費用ってどのくらいかかるのかな」

太陽光パネルは、自宅の屋根や産業用として設置することが多いです。

故障やメンテナンスのために古いものを処分したいと考える方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、太陽光パネルの処分方法や処分費用、注意点について解説していきます。

太陽光発電設備の積み立て制度についても詳しく解説するので、気になる方は参考にしてください。

目次

太陽光発電設備の積立制度について

2022年7月から、太陽光発電設備の積立制度が義務化されました。

これは、使用済みの廃棄費用を積み立てる制度のことです。

対象者はFIT制度と呼ばれる固定価格買取制度による認定事業者です。

FIT制度とは2012年から開始した、再生可能エネルギーで発電した余剰電力の固定価格買取制度のことを指します。

これが導入されて以来、太陽光発電事業が拡大しました。

15年後には太陽光発電の廃棄が増える

太陽光パネルの寿命は20~30年で、2035~2040年までには太陽光発電設備の廃棄が増えると言われています。

カドミウム、鉛、セレンなどの有害物質を多く含むため、寿命を迎えて使用ができなくなったものや、台風や地震など自然災害によって使用不可になったものは、速やかに廃棄する必要があります。

しかし、専門スキルのある資格保有者以外に処分を任せることは困難です。

そのような状況の中、今後使用済みの太陽光パネルの不法投棄や用地が増えるのではないかという懸念の声が上がっています。

太陽光パネルの処分方法2選

太陽光パネルの処分方法はたくさんありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。

処分方法は1つだけではなく、時と場合によって適切なやり方があります。

大切なのは自分に合った処分方法を選ぶことです。

太陽光パネルの処分を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

粗大ゴミとして出す

1番簡単な方法は、粗大ゴミとして処分することです。

費用はかかりますが、自治体が引き取ってくれるので誰でも手間をかけずに廃棄できます。

各自治体の公式サイトを見て、費用を確認してください。

ただ全ての地域で太陽光パネルの処分に対応しているとは限らないため、役所に直接問い合わせることがおすすめです。

指定された場所に廃棄しなかった場合、不法投棄扱いになる可能性もあります。

不法投棄は犯罪であり、最悪の場合は5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金を課せられます。

ゴミ捨て場以外のところに放置すれば、その土地の管理者に迷惑をかけることにもなりかねず、環境破壊の原因にもなります。

適切なやり方で処分するように心がけてください。

専門の処理業者に依頼する

太陽光パネルを処分する場合、電気工事士の資格が必要です。

この資格を保持せずに自分のやり方で取り外しをすることはできないため、注意しましょう。

専門的スキルがない状態で太陽光パネルを触ると放電の危険もあります。

屋根の上という高い場所での作業となるため、足を滑らせて転んで怪我をする恐れもあります。

粗大ゴミとして出すよりも費用は高くなりますが、安全面を考慮すると、専門の処理業者に依頼することがおすすめです。

太陽光パネルを処分する主なケース

太陽光パネルを処分するケースは多岐に渡ります。

寿命と同時に廃棄する場合もあれば、自然災害を理由に撤去する場合もあります。

ここからは、太陽光パネルを処分するケースを5つご紹介します。

これから太陽光パネルの導入を考えている方や、処分方法に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

家のリフォームで撤去する場合

建て替えや改築など家のリフォームを理由に撤去する場合もあるでしょう。

この場合、解体工事を行う業者が撤去を行うことが多いです。

太陽光パネルの処分を依頼する際は、解体業者に撤去と排出の両方をお願いしてください。

撤去した後は産業廃棄物の中間処理業者に処分を依頼する流れになります。

これは解体業者が行ってくれるため、所有者がやる必要はありません。

瓦の張り替えや塗装工事をする場合

太陽光パネルは一般の住宅用と産業用に分かれますが、住宅用の場合、瓦の上に太陽光パネルが載っています。

瓦の張り替えや塗装工事をする場合は一度、撤去する必要が出てきます。

その後も使用する場合は瓦の張り替え工事が終了したと同時に、再度設置します。

処分するのか再設置するのか、事前に処理業者に伝えておきましょう。

その方がスムーズにやりとりが進むのでおすすめです。

太陽光パネルの不具合や故障で取り替える場合

これが1番多いケースです。

太陽光パネルの劣化による不具合や故障によって取り替える場合、販売店や施工店に依頼してください。

撤去から排出まで全て行ってもらえます。

故障の原因が製品のメーカーの不備の場合、保険適用になるため、一部費用を負担してくれて料金を安く済ませることが可能です。

ただ、不具合や故障の原因が別にある場合、費用は自己負担になります。

排出事業者に関してもメーカーとは別の業者に依頼する可能性が高くなります。

太陽光パネルを使用していて何かトラブルが発生した際は、購入先のメーカーに問い合わせて事情を詳しく説明しましょう。

保険適用の有無についても聞いておくことが大切です。

FITの期間が満了あるいは老朽化した場合

太陽光パネルにはFIT制度と言う固定価格買取制度があります。

廃棄費用として、資本金の5%を積み立てる必要があります。

この制度の期間は20年と決まっており、満了になった場合は発電事業から撤去しなければなりません。

自然災害で破損した場合

台風や地震などの自然災害で破損した場合も処分の対象となります。

破損しただけの場合、太陽光パネルの不具合や故障の取り替えと同じやり方で撤去します。

しかし、大雨や風によって太陽光パネルが地面に落下した場合、太陽光発電の所有者本人が排出者として処分する必要があります。

破損を発見した際は、自治体の廃棄物担当者に連絡しましょう。

発電所の容量が50kW未満の場合は、販売業者や施工業者に連絡をします。

50kW以上の場合は専門スキルのある資格保有者(電気工事士)に連絡をし、撤去作業の依頼をしてください。

その他の詳細が気になる方は、環境省の「太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドライン」を読んでください。

太陽光パネルの処分費用の相場

ここまで、太陽光パネルの処分方法や処分する主なケースについてお伝えしました。

実際に処分費用がどのくらいかかるのか気になる方もいるでしょう。

ここからは、太陽光パネルの処分費用の相場について解説します。

撤去にかかる費用

撤去する場合、費用の内訳は以下の通りです。

費用の内訳

・人件費
・足場代
・作業費
・安全対策費
・諸経費

太陽光パネルを屋根から取り外す作業が作業費に含まれますが、人件費と合わせて約10万円程度です。

費用は太陽光パネルの枚数によって異なりますが、1枚あたり5000円前後です。

また、業者によっては作業数で費用を換算するところもあります。

作業日数×スタッフ数×人件費の計算式で算出し、1人あたり2万円前後が妥当です。

安全対策費は足場の設置費用を指します。

瓦の張り替えや塗装工事を行う際の落下防止のために使われるものが足場です。

高い場所で作業する場合に必要不可欠なアイテムとなります。

足場代は、足場架面積(足場の全長+8m)×平米単価×日数で計算します。

その他、諸経費として事務費や交通費、工事車両費などがかかります。

処分にかかる費用

太陽光パネルを処分する際は、適切な方法で産業廃棄物として廃棄する必要があります。

kW毎に相場が異なり、以下に表をまとめましたので参考にしてください。

50kW以上                   2万円前後
30kW                     約60万円
75kW                     約150万円

上記の金額はあくまで一例です。

設置済みの太陽光パネルの多くは20~30年の寿命をまだ迎えていないことが多く、

処分の事例が少ないのが現状です。

そのため、はっきりとした相場が把握しづらいことが難点として挙げられます。

上記以外にかかる費用

撤去費と処分費以外にかかる費用は、運搬費などです。

例えば4tトラック1台で2~3万円前後が相場となります。

現場から処理場までの距離によって金額が加算されていきます。

地域や業者によっても細かい費用に差が出るため、詳しい内容は自治体のホームページを確認したり、直接業者に問い合わせてみましょう。

太陽光パネルを処分する手順

ここからは、太陽光パネルを処分する手順について詳しくご紹介します。

①専門業者に撤去を委託する

まずは専門業者に撤去を委託しましょう。

自分で廃棄することも可能ですが、放電の危険性があります。

万が一太陽光パネルを落として割れてしまった場合、怪我をする恐れもあるため、専門業者に処理してもらってください。

②屋根案件を専門にしている太陽光パネルの施工会社を選ぶ

使用中の太陽光パネルの処分が決まったら、施工会社を選びます。

屋根案件を専門にしているところを選定するのがおすすめです。

委託契約書、産業廃棄物管理票に太陽光パネルと記入します。

そして、廃棄物の適切な処理法についての情報提供を行なってください。

具体的には、有害物質が含まれているかどうかなどの情報を公表します。

その後、産業廃棄物管理票の交付をしてもらい、対価の支払いを行います。

③複数の処理業者に連絡を取って見積もりを計算する

専門業者に依頼する際は、あらかじめ複数の業者に連絡を取ってください。

費用の相場を比較検討することができ、最安値のところで作業を依頼できる可能性もあります。

コストを抑えたい、より効率的な処理を行ってほしいと思っている人は、複数社に問い合わせることをおすすめします。

ただ、極端に安い業者には注意してください。

他の業者と比べてあまりにも金額が安い場合、不適正な処理を行う恐れもあります。

適正な処理を行ってくれる産業廃棄物処理業者かどうか見極めることが大切です。

太陽光パネルの処分方法のメリット・デメリット

太陽光パネルの処分方法は、専門の業者に排出を依頼することです。

メリット

適切な方法で処分できる

太陽光パネルは産業廃棄物に分類され、「廃プラスチック類」「金属くず」「ガラス・コンクリート・陶磁器くず」に該当します。

太陽光発電設備は太陽光パネルの他に、接続箱・パワーコンディショナー・変電設備などを含みます。

太陽光パネル以外の機材は粗大ゴミとして廃棄することが可能です。

しかし太陽光パネルはそれができず、専門の業者に依頼しなければなりません。

有害物質を含んでいるため、専門スキルを持った業者が処分する必要があります。

産業廃棄物は撤去した後、廃棄法と呼ばれる法律を基にきちんと処理することが求められています。

専門スキルのない方や資格を持っていない方が処分しようとすると放電する危険性もあります。

デメリット

費用がかかる

自分で廃棄する場合と比べて、業者に依頼する場合は作業代以外に人件費を始め諸経費がかかります。

経済的に負担がかかりやすく、コストを抑えて処分したい方にはあまり向いていません。

太陽光パネルを処分するタイミング

前述した通り、太陽光パネルの寿命は20~30年です。

国税庁が定めている法定耐用年数は17年と言われています。

ただ、この年数には1つ注意が必要です。

これは減価償却が行える期間のことを表し、太陽光パネルそのものの寿命を指しているわけではありません。

実際は短くても20年ほど使用できることが多いです。

家電製品は10年程度で破損や故障になり使えなくなることが多いですが、太陽光パネルは可動部分が少ないため、長期間に渡って使用することができます。

設置してから20~30年ほど経ち、不具合やトラブルの発生が増えてきたと感じた時が処分のタイミングと言えるでしょう。

太陽光パネルを処分する前に確認すべきこと

太陽光パネルを処分する前に確認すべきことはいくつかあります。

雨漏りがないかどうか、買い取ってもらえるかどうかなど、それぞれの詳しい内容を解説していきます。

屋根から雨漏りがないかどうか

太陽光パネルを設置する際にきちんと施工されていない場合、屋根から雨漏りが起こります。

近年の住宅用の屋根は一般的に瓦屋根かストレート屋根が主流です。

雨漏りを防ぐ防水シートを敷き、その上に瓦などを固定します。

しかし何かしらの原因で、撤去の際に問題が発生すると、屋根から雨漏りすることがあります。

処理業者が作業中に誤って瓦を割ってしまったり、架台を固定していたところに穴が空いていたりすることもあります。

処分を依頼する前に雨漏りが発覚した場合、事前に処理業者に伝えておきましょう。

再利用ができるかどうか

使用していた太陽光パネルは再利用可能かどうか、確認しましょう。

近年、太陽光パネルのリサイクルが課題となっています。

2012年から始まった再生可能エネルギーのFIT制度により導入されたことが背景です。

一部の太陽光パネルは故障や不具合によって、寿命を迎える前に廃棄されている現状があります。

このような課題を解決し、使用済み太陽光パネルがリユースできるかどうか、処分前にチェックしてください。

実際に太陽光パネルが再利用されている事例をご紹介します。

自然災害で一部破損した太陽光パネルは「被災認定」されることがありますが、その多くはまだ使える状態のものです。

専門業者が使用状況、型番、メーカー名などをもとに、その太陽光パネルを購入し、リユースしました。

現在廃棄を検討している太陽光パネルが再利用可能な場合、まずはリユース業者に連絡をして買取依頼をしましょう。

その際、産業廃棄物の品目も確認してください。

使用済みの太陽光パネルは「ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず」などの混合物に分類されます。

処理予定の太陽光パネルの有害物質の含有状況や廃棄物データシートを確認し、パネルメーカーへ問い合わせしましょう。

太陽光パネルを再利用する際の流れ

太陽光発電は2012年のFIT制度が導入されてから急激に普及しましたが、不適正な処理方法を行ったり、不法投棄を行うケースが相次いでいます。

高額な費用がかかることが1番の難点です。

2035~2040年あたりに太陽光パネルの寿命を迎えると言われている中、今後ますます廃棄物が多く発生することが予想されています。

しかし実際は、使用済みの太陽光パネルは廃棄せずに再利用できるものも多いです。

では、太陽光パネルを再利用する際はどんな流れになるのでしょうか。

再利用が可能かどうか判断する

使用が終わり処理することになった時点で、再利用が可能かどうかを判断します。

そして専門業者に撤去工事の依頼をします。

再利用が可能と判断した場合、撤去作業を実施し、その後業者によって収集と運搬をしてもらいます。

産業廃棄物処理業者は、使用済みの太陽光パネルの処理をいくつかの段階に分けて行っていく必要があります。

リユースだけでなく、リサイクルや熱回収、埋立処分など、それぞれに優先順位をつけながら進めていきます。

再利用における課題点とは

太陽光パネルの再利用において、現在日本ではどのような課題があるのかを知っておきましょう。

EVA樹脂と呼ばれる封止材で貼り付けられているガラスを剥がす工程が手間がかかると言われています。

他の一般廃棄物の選別だと効率的なリサイクルができないためです。

太陽光パネルの構成部品の大部分を占めるガラスは、グラスファイバ原料や土木資材になります。

太陽光パネル以外のものを処分する場合

ここまでは太陽光パネルの処分方法や、処分するタイミングなどについてご紹介しました。

ここからは太陽光パネル以外のものを処分する方法を詳しく解説します。

太陽光パネル以外のパーツは、パワーコンディショナをはじめ、蓄電池、分電盤、接続箱、架台などがあります。

パワーコンディショナ

パワーコンディショナとは、太陽光パネルで収集した電気を交流に変えるためのものです。

20~30年の寿命がある太陽光パネルとは違い、比較的早い段階での廃棄となります。

大体10~15年程度です。

太陽光パネルの寿命を迎えるまでに最低1回は交換する計算になります。

処分方法は、メーカー保証がある場合だと業者に取り外しや交換を無料で行ってもらえます。

蓄電池、分電盤

蓄電池はゴミとして廃棄した場合、発熱や発火の恐れがあります。

そのため基本的には粗大ゴミとして出すことはできません。

処分する際は購入先の販売店やメーカーに問い合わせをし、相談してください。

適正な方法で処分してもらえます。

架台

架台とは、太陽光パネルを屋根に設置する際に取り付けるパーツのことです。

太陽光パネルを処分する際、架台も一緒に処分する必要があります。

接続箱

処分することも可能ですが、まだ発電できる場合は売却することをおすすめします。

再利用ができる上に、臨時収入を得ることもできます。

処理業者も再販しやすいというメリットがあるため、積極的に買取をしてくれます。

売る場合は、パワーコンディショナとセットで売ることがおすすめです。

太陽光パネルを処分する際の注意点

太陽光パネルを処分する場合、基本的には専門の処理業者を利用して処分します。

しかしケースによっては自分で破棄する場合もあるでしょう。

有害物質が含まれていたり、廃棄費用の積み立てが必要だったりなど、ここからは太陽光パネルを処分する際の注意点を解説します。

有害物質が含まれている

太陽光パネルの主な処分方法は、専門の処理業者に依頼することです。

有害物質を含んでいるため、スキルや知識がない方が撤去すると危険です。

費用を抑えるために自分で撤去を検討する方もいるかもしれませんが、誤って落としてしまったり、割れたガラスで怪我をしてしまったりする恐れもあります。

作業中に雨が降って浸水した場合、感電する可能性もあります。

太陽光パネルが雨で濡れたことで有害物質が流出する危険性もあるため、念頭に置いておきましょう。

廃棄費用を積み立てておく

太陽光パネルの処分には最低でも20~30万円程度の費用がかかります。

今はまだ廃棄の予定がなくても、将来的に処分することを考慮して廃棄費用を積み立てておきましょう。

廃棄費用の積立制度は、再エネ特措法の改正によって廃棄費用の外部積立が義務化されることで、2022年7月に開始しました。

積立の方法は外部積立と内部積立の2種類です。

買取価格から積立費用を差し引いて源泉徴収のように積み立てることを外部積立と言います。

電力広域的運営推進機関が管理しています。

内部積立とは、発電事業者本人が積み立てるものです。

詳細が気になる方は、2021年に資源エネルギー庁が公表したガイドラインをご覧ください。

処分の専門業者を選ぶ際のポイント

ここでは、太陽光パネルを処分する際の専門業者の選び方についてご紹介します。

3つのポイントに分けて解説しますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

複数の業者から見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取る場合は、見積もりサイトを利用することがおすすめです。

見積もりサイトを利用すれば、無料で見積もりを取ってくれます。

個人情報を入力し、対応可能な業者に見積もりを依頼し、金額を提示してもらいます。

自分で1社ずつ電話やメールをして確認する方法もありますが、手間がかかってしまいます。

すでに用意されている見積もりサイトを利用した方が、自分の希望条件に合った複数の業者の見積もりを取れます。

金額だけでなく、サービス内容も確認する

見積もり額を提示してもらって依頼する業者が決まった後は、サービス内容を確認しましょう。

どこまで作業してくれるのか、撤去だけでなく収集や運搬まで行ってくれるのか。

再利用する場合はその後の対応も引き受けてくれるのか。

撤去作業以外のものも見積もり額に含まれるのか事前にチェックしておいてください。

やってもらえない場合、自分の手間が増えてしまいますので注意しましょう。

太陽光パネルの処分は一長一短!自分に合った方法を選びましょう

太陽光パネルの処分において最も重要なのは、その方法が自分に合っているかどうかです。

経済事情や時間を考慮して、適切な方法で太陽光パネルを処分しましょう。

今回の記事の内容を踏まえて、手間なく楽に処分したい方は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

不用品回収業者は費用がかかりますが、まとめて処分するやり方が1番コストを抑えることができます。

気になる方は、まずは無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事