キーボードの処分方法8選|お得な処分方法は?簡単な処分方法は? | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

キーボードの処分方法8選|お得な処分方法は?簡単な処分方法は? | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

キーボードの処分方法8選|お得な処分方法は?簡単な処分方法は?

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
キーボードの処分方法8選|お得な処分方法は?簡単な処分方法は?

「新しいパソコンのキーボードを買ったので、古いものを捨てたい」「キーボードが壊れたので、処分したい」などの場合、どのように処分すればいいのかご存じでしょうか。

キーボードは不燃ごみになるように思われるでしょうが、それで問題ないのでしょうか。

この記事では、パソコンのキーボードの処分方法について詳しく解説していきますから、実際に処分するときが来た時のためによく覚えておいてください。

キーボードの処分方法8選【納得の処分方法を】

パソコンのキーボードの処分方法は8つあります。

以下のような方法です。

パソコンのキーボードの処分方法

1.ごみとして処分する
2.メーカーに回収してもらう
3.小型家電回収ボックスに投入する
4.売却する
5.人に譲る
6.専門業者に依頼する
7.家電量販店で引き取ってもらう
8.不用品回収業者に回収してもらう

それぞれのキーボードの処分方法の特徴をチェックしてみましょう。

①ごみとして処分する

キーボードの一番簡単な処分方法は、不燃ごみやプラスチックごみとして出すことです

どちらになるのかは自治体によって違います。

また、金属ごみ扱いにする自治体もあります。

キーボードの材質にもよる部分です。

これはコンパクトなキーボードの場合で、大型のキーボード、例えば一番長い辺が50cmを超えるようなものは粗大ごみ扱いになることがあります

どのようなごみの扱いになるか、例として東京都千代田区と神奈川県横浜市、川崎市の処分方法をご紹介しましょう。

東京都千代田区の場合・粗大ごみ扱い
神奈川県横浜市の場合・燃やすごみとして処分
・一番長い辺が50cm以上のものは粗大ごみ扱い
神奈川県川崎市の場合・小物金属として処分
・一番長い辺が30cmを超えるものは粗大ごみ扱い

以上のように同じキーボードの種類でも自治体ごとに扱い方が違いますから、ごみとして出す前に確認を取っておいてください。

キーボードを粗大ごみとして出す手順を確認しておきましょう。

ここでは、東京都港区の例を取り上げます。

1.粗大ごみ受付センターに申し込む(電話またはインターネットで)
2.有料ごみ処理券取扱所で有料粗大ごみ処理券を購入する
3.有料粗大ごみ処理券に必要事項を記入して、キーボードに貼る
4.収集日の午前8時までの指定の収集場所にキーボードを出しておく

有料粗大ごみ処理券は「有料ごみ処理券取扱所」の標識のあるお店、スーパー、コンビニ、みなとリサイクル清掃事務所などで購入できます。

これは港区の例ですが、ほかの自治体でも手続きの流れに大きな違いはありません。

なお、粗大ごみは自宅の部屋からは持ち出してくれませんから、玄関前や指定の回収場所に指定時間までに出しておきます。

②メーカーに回収してもらう

パソコンを製作しているメーカーにいらなくなったキーボードを回収してもらうこともできます

新たなパソコンやキーボード購入時に回収してもらうのが普通です。

ただ、購入して不要になったパソコンやキーボードと違うメーカーのものだと、回収してくれない場合があります。

③小型家電回収ボックスに投入する

キーボードは小型家電リサイクル法の対象品目にもなっています。

そのため、ごみとして捨てる以外にも小型家電回収ボックスでの回収も行われています

ショッピングセンターや公民館、公共施設、家電量販店などに小型家電回収ボックスが設置されているので、そこにキーボードを投入すれば、処分完了です。

ただ、そこまでもっていく手間がかかるのと、大きなキーボードの場合はボックスに入りきらない場合があります。

そのような場合は、面倒でも別の方法で処分しなおす必要があります。

④売却する

不要になったキーボードでもまだ使えるものなら、売却することもできます

売却相手は、リサイクルショップリユース業者ネットオークションサイトフリマアプリなどです。

売却できれば、いくらかのお金になりますから、買い替えの費用に充てることもできます。

有名メーカーのキーボードで状態のいいものなら、10,000円以上で売れることもあるようです。

リユース業者の場合、キーボード1品では買取ってくれない場合もあります。

その場合は、マウスや他のパソコン周辺機器と一緒に持ち込むといいでしょう。

売却をする場合に面倒なのがキーボードの持ち込み。

車が利用できれば、持ち込みはしやすいですが、利用できない場合はちょっと不便。

そのようなときは、出張買取サービスを利用するのも一つの方法です。

リサイクルショップやリユース業者の場合、キーボード処分に伴うトラブルにも対処してくれますから、後後の心配もありません。

インターネットオークションやフリマアプリで売却する場合は、郵送料や郵送の手続きが必要ですが、気軽に売るという点では利用がしやすいです。

こちらの問題点は、トラブルが生じた時に自分で対処しなければいけないことです。

⑤人に譲る

まだ使えるキーボードを売却することもできますが、パソコンが好きな人に譲ることもできます

周囲にキーボードを求めている人がいないか探してみてください。

そのような人が見つかれば、キーボードを再利用してもらえ、ただ捨てるよりもずっと有益な処分方法になります。

⑥専門業者に依頼する

パソコンの専門業者にキーボードの回収を依頼することもできます

パソコンの専門業者に依頼するメリットは、どこのメーカーのキーボードでも受け付けてくれることです。

壊れていても大丈夫です。

ただし、梱包は自分で行います。

また、キーボードのようなパソコン周辺機器のみは有料で回収というケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

⑦家電量販店で引き取ってもらう

家電量販店に小型家電回収ボックスが設置されていることがありますが、それとは別に引き取ってくれる場合があります。

新しくパソコンやキーボードを購入した場合で、無料で回収してくれます

梱包の必要はなく、そのままの状態で持ち込めばOKです。

ただ、購入と引き換えの回収になるので、何も購入せずにキーボードだけ引き取ってもらうことはできません。

⑧不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者でもキーボードの回収をしています

粗大ごみとしてキーボードを出すのは少し面倒ですが、不用品回収業者を利用すれば、余計な手続きもなく持って行ってくれます。

準備も梱包作業も不要で、業者が来るまで待っているだけです。

そして、即日回収してくれるところもあり、スピーディーにキーボードの処分ができます。

キーボード1個だけの回収だと、不用品回収業者に依頼する料金が割高になりますが、他にも不用品が出た場合、まとめて依頼すれば割安料金になります。

利用方法も簡単で、電話で頼むだけ。

気軽に処分ができます。

キーボード処分費用の相場

キーボード処分費用の相場を以下の表にまとめてみましょう。

▼キーボード処分費用の相場

処分方法費用相場
ごみとして処分する・一般ごみなら無料
・粗大ごみなら300円~400円
メーカーに回収してもらう・無料の場合が多い
小型家電回収ボックスに投入する・無料
売却する・無料
・売却で手元にお金が入る
人に譲る・無料
専門業者に依頼する・基本的に無料だが、有料になる場合も
家電量販店で引き取ってもらう・無料
・新たなパソコンやキーボードの購入が必要
不用品回収業者に回収してもらう・基本料金3,000円~5,000円+処分費用

キーボードの処理にはお金がかからないのが普通です。

粗大ごみの場合は、料金がかかりますが、それでも300円~400円程度。

不用品回収業者に依頼する料金は高めですが、キーボード1品の処分ではなく、他の不用品もまとめて依頼すれば、かえってお得になります

キーボードの処分方法ごとのメリット・デメリット

キーボードの処分方法を8つご紹介しましたが、それぞれの処分方法ごとのメリット・デメリットを見てみましょう。

処分方法メリットデメリット
ごみとして処分する・簡単に処分できる
・粗大ごみ以外は無料
・どの地域でも回収してくれる
・ごみの出し方を確認する必要がある
・回収日にちが指定されている
メーカーに回収してもらう・パソコンと一緒に処分できる
・無料で処分できるメーカーもある
・パソコンを購入しないと回収してくれない
・別メーカーのキーボードは引き取ってくれないことが多い
小型家電回収ボックスに投入する・簡単に捨てられる
・無料
・リサイクルがされる
・責任をもって処分してくれる
・故障した製品でも大丈夫
・ボックスに入らない場合がある
・設置場所まで持っていく手間がかかる
・設置場所が見つからなければ、投入できない
売却する・小遣いが入り、新しい製品購入代金に回せる
・出張買取サービスなら持ち込む手間は省ける
・キーボードをまた使ってもらえる
・リサイクルショップの場合は、持ち込む手間が必要
・フリマアプリなどでは、梱包の手間と送料が必要
・売れない場合がある
人に譲る・相手が喜んでくれる
・費用は発生しない
・再利用ができる
・友達との仲が良くなる
・故障したものを譲ってはいけない
・相手を探す手間がかかる
・きれいに掃除して譲る必要がある
・希望者が見つからない場合がある
専門業者に依頼する・パソコンと一緒に処分できる
・どのメーカーのキーボードも回収してくれる
・梱包が必要
・有料になる場合がある
家電量販店で引き取ってもらう・無料の場合が多い
・梱包しないでいい
・キーボードの回収だけは依頼できない
・新たな製品の購入の必要あり
不用品回収業者に回収してもらう・キーボード以外の不用品もまとめて処分できる
・回収までが速い
・好きな日時を指定できる
・依頼方法が簡単
・部屋まで取りに来てくれる
・キーボード単品の処分では割高になる
・家の中が見られてしまう
・悪徳業者がある

キーボードをごみとして処分、特に一般ごみとしての処分は最も簡単な方法です。

料金もかからず、収集日にごみ収集所までもっていくだけで済みます。

ただし、どのようなごみ扱になるのかは自治体ごとに違うので、要確認です。

メーカーに回収してもらう方法なら、パソコンと一緒に処分することも可能で、無料処分になることも多いです。

パソコンを新たに購入、別メーカーのキーボードは引き取らないなどの条件は付きます

小型家電回収ボックスは設置場所さえ見つけられれば、簡単にキーボードを捨てられます。

投入された製品も責任をもってリサイクルしてもらえるので、安心です。

故障したキーボードでもボックスに入れられますが、ボックスのサイズに合わないものは投入できません

その場合は、持ち帰って別な処分方法を考えなければいけませんが、面倒ですね。

売却は最もお得なキーボードの処分方法です

うまくいけば10,000円以上手元に入ってきて、次のパソコンやキーボード購入費用に充てられます。

ただ、必ず売れると決まっているわけではなく、売れ残りということも考えられます。

知人や友人にキーボード譲れば、相手も喜んでくれるし、自分もただ捨てるよりもうれしいものです。

人に譲る場合は、当たり前のことですが、きれいに掃除してからにしましょう。

故障しているものを譲ってはいけません。

専門業者に依頼すれば、メーカーと同じようにパソコンと一緒に処分できますが、こちらはどのメーカーのキーボードも回収可能

回収してくれないのではと心配する必要がありません。

梱包は必要ですが、おすすめ度の高い方法です。

家電量販店では、新たなパソコンやキーボードの購入に伴って、古いキーボードの回収をしてくれる場合があります。

購入なしでは回収してもらえませんが、購入予定があるのなら、手っ取り早い方法です

不用品回収業者に回収してもらう方法は料金はかかりますが サービスは行き届いています。

即日回収、他の不用品と一緒に回収、部屋まで取りに来てくれるなど、他の回収方法よりも便利です。

キーボードの寿命・廃棄のタイミングは?

キーボードの寿命は5年くらいだといわれています。

ただ、キーボードのタイプによっても寿命が違うので、廃棄のタイミングも変わってきます。

それぞれのタイプごとの寿命を見てみましょう。

メカニカル式キーボードの寿命

メカニカル式キーボードはキー1つ1つが独立したスイッチのようになっています。

そのため、キー1つが不具合を起こしても、そこだけ交換すればよく、また普通に使用できるようになります。

つまり、修理が効きやすいので、寿命が長いです。

5000万~1億5000万回の打鍵も可能です。

パソコンを使う機会が少ない人なら、そのまま寿命が来ないでずっと使える場合もあります。

普通に使っていても10年以上、スイッチが光学式なら20年以上持つかもしれません。

それだけに当面は処分や買い替えを考える必要がないでしょう。

メカニカル式キーボードは高価ではありますが、その分耐久性が非常にいいです。

パンタグラフ式キーボードの寿命

パンタグラフ式キーボードはノートパソコンでよく使われるタイプ。

それぞれのキートップの下に電車のパンタグラフのような機構があります。

パンタグラフ式キーボードの寿命も長く、10年くらいは使えるようです

メンブレン式キーボードの寿命

メンブレン式キーボードはデスクトップパソコンでよく見られるタイプで、全体が1枚のシートスイッチでカバーされています。

キーを押すと、上下のシートが接して反応します。

メンブレン式キーボードは1つ1つのキーが独立していないので、1か所でも故障すると、全体を修理しなければいけません。

そのためか、廃棄して、買い替える人も多いです。

安価で大量生産がされるタイプではあるものの、寿命が短く、修理が効きにくいのが難点

メンブレン式キーボードをお持ちの方は、この記事で紹介した処分方法を良くチェックしておいてください。

キーボードの寿命の判断方法

キーボードの寿命はどのようなことで判断すればいいでしょうか。

次のようなポイントを押さえておいてください。

・キーボードを押しても定位置に戻ってこない
・キーを押しても反応しない
・キーを押すと、違う文字が入力される

キーボードを押しても定位置に戻ってこないと、押した文字が連続入力される場合があり、非常に困ります。

逆に、キーを押しても反応しないようでは、使い物にならないでしょう。

キーを押して違う文字が入力されるのも問題。

そんな状態では、キー打ちはできません。

これらの症状がキーボードに生じた場合、修理も考えるでしょうが、修理代金が意外に高くついたり、修理そのものができなかったりする場合もあります

そのようなときは処分を検討してください。

キーボードを処分する際の注意点

キーボードを処分する際には注意しなければいけないことがあるので、まとめてみます。

サイズを確認する

キーボードをごみに出す際に確認しなければいけないのがサイズ。

最大辺がどのくらいの長さになっているかで、一般ごみか粗大ごみか出し方が分かれます

基準は自治体によっても違いますが、最大辺が30cm以上では粗大ごみとなっている場合も多いです。

そうかと思えば、大きなキーボードを一般ごみとして運ぶとしている自治体もあります。

そこで、まずは自分が処分するつもりのキーボードのサイズを測っておくとともに、お住いの自治体の対応も確認しておきましょう。

他に処分するものがないか確認

キーボード単体以外にも、他に処分するものを加えたほうが回収してもらいやすくなる場合があります。

メーカーに回収してもらう、専門業者に依頼する、不用品回収業者に回収してもらうなどの場合です。

特に不用品回収業者に回収してもらう場合は、他の不用品とまとめて依頼するほうがお得

大量に不用品が出ても、手際よく運び出してくれます。

キーボードを処分したくなったときは、他にも不用品があるかどうかもよく調べて、一番いい方法を選択してください。

キーボードを破壊してはいけない

粗大ごみとして大きなキーボードを出すのが面倒、料金がかかるから、真っ二つにしてみてはどうだろうか思う人がいるかもしれません。

しかし、やめておきましょう。

破片でけがをする恐れがあります

2つに割る手間も大変です。

キーボードは丈夫にできていますから、簡単には折れません。

粗大ごみに出すといっても、300円~400円程度のことですから、そのくらいの料金を出し渋る必要もないでしょう。

無許可の不用品回収業者に依頼しない

キーボードなどの不用品を早く回収してもらいたいと思うあまり、不用品回収業者の選別をおろそかにしてはいけません。

必ず許可を取得した業者に依頼してください

許可を取得していない業者に依頼すると、後で高額請求されたり、不用品を不法投棄されたりなどのトラブルが発生することがあります。

不法投棄は行った業者だけでなく、不用品を出した本人にまで罰則が及ぶことがありますから、要注意です。

許可の取得状況は業者のホームページなどで確認できます。

キーボードだけでは回収されない場合も

キーボードの処分方法によっては、単体では回収されない場合があります。

その場合は、パソコンや他のパソコン周辺機器を一緒に処分する必要が出てきます。

キーボードだけでも回収しますよとなっていても、料金が発生するかもしれません。

新製品の購入との条件が付いている場合もあります。

キーボードの回収を依頼する場合は、条件がどうなっているかしっかり確認をしておきましょう

売却をする際や譲る際はきれいに掃除をしておく

中古のキーボードでもまだ使えるものなら、売却したり人に譲ったりできますが、その際はきれいに掃除しておくのが絶対条件です

売りに出す場合、少しでも汚れたりキズがあったりすると、売値は大きく下がります。

下がるだけならまだしも、売りに出せないこともあるでしょう。

それではいつまでも売れ残ってしまい、処分が完了しません。

また、人に譲る際も汚れたものや傷んだものでは、相手に失礼です。

そんなものを送られたほうも怒ってしまうかもしれません。

友人との関係にも悪影響が生じるかもしれませんから、この場合もきれいにしてから引き渡すのが大事です。

キーボードの処分Q&A

ここまでの説明で、キーボードの処分についての基本的な知識は得られたでしょうが、まだわからない点や不明点があるかもしれません。

そこで、Q&A形式でいくつかの質問に答えていきますから、参考にしてください。

Q1.故障したら修理したほうがいい?処分したほうがいい?

キーボードが故障した場合、修理をするか処分するかの2つの選択肢があるでしょうが、迷うところです。

ではどちらを選べばいいかというと、相当使い込んだものでかなり古くなっていれば、思い切って処分して、買い替えてみてはいかがでしょうか。

そろそろ新製品を購入する頃合いだと思います。

そこまで古くないキーボードの場合は、修理費用が基準になるでしょう。

修理代が予想外に高くつくようであれば、新製品を購入したほうが割安になる場合があります

そんな時は、この記事で紹介した処分方法に従ってください。

Q2.粗大ごみに出すのが面倒なのですが?

大きいキーボードの場合、自治体では粗大ごみとして扱うのが普通です。

ただ、粗大ごみに出すとなると、粗大ごみ処理センターに予約して、粗大ごみ処理券を購入して、キーボードに貼って、指定日に玄関前に出すなどの手間がかかります。

これが面倒だと思っている人も多いようです。

それなら、料金はかかりますが、不用品回収業者に依頼するのもおすすめ。

不用品回収業者ならキーボード処分のための準備は必要なく、梱包もしなくて大丈夫です

ただ電話して、申し込むだけ。

速ければ当日中に回収してくれますから、部屋も早く片付いて、スペースの有効活用ができます。

不用品回収業者の場合、キーボード単品の回収では料金が割高になることがありますが、他にも不用品があれば、まとめて処分してくれて、コスパも良くなります。

Q3.キーボードのメーカーに回収を依頼したら、断られました。どうしてでしょうか?

メーカーでキーボードの回収をしていると書きましたが、これはパソコンメーカーの場合です。

キーボードのメーカーでは、普通回収を行っていません

パソコンメーカーに依頼する場合、購入したパソコンと合わせてキーボードを回収するのが普通です。

購入したパソコンと関係のない別メーカーのキーボードは引き取ってくれないことが多いです。

この場合は、別の処分方法を考える必要があります。

キーボードを手間をかけずにすぐに処分するなら不用品回収業者がおすすめ

ここまで、さまざまなキーボードの処分方法を紹介しました。

キーボードは一般ごみとしての処分もできますが、大きさによっては粗大ごみ扱いになります。

一般ごみの場合は捨てやすいものの、粗大ごみを出すのは少し面倒な場合があります。

それなら、他の処分方法も利用できますが、その中でも不用品回収業者がおすすめ。

料金はかかりますが、他の不用品もまとめて処分してくれます。

特に不用品が多く出た時は、とても助かります。

キーボードを手間をかけずにすぐに処分したくなったら、ぜひ不用品回収業者の利用を検討してみてください

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事