物置の処分方法5選|簡単な解体の仕方から気になる費用まで解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

物置の処分方法5選|簡単な解体の仕方から気になる費用まで解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

物置の処分方法5選|簡単な解体の仕方から気になる費用まで解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
物置の処分方法5選|簡単な解体の仕方から気になる費用まで解説

自宅の庭やベランダ、ガレージの中など屋外にある空いたスペースを有効活用し、物を収納するにはとても利便性に富んでいる「物置」ですが処分方法にお困りになった事はありませんか?

ホームセンターやインターネットでも購入する事が可能で、後付けでいつでも収納場所を増やせるので活用しているという人も多いのではないでしょうか。そうそう簡単に壊れる物でも無い為いざ処分しなくてはならなくなった時にあなたならどうしますか?

基本的に屋外に設置する物置は雨風に曝される事も多く、そのまま使わない状態で何年も放置していると経年劣化が起こり大変危険な状態になります。そのまま放置するのではなく、きちんと処分時期を見極める事がとても重要になってきます。

いつ処分しなくてはいけない状況がくるかわかりません。是非、この記事をチェックして一緒に処分方法をおさらいしてみましょう。

物置の処分方法5選

一言で処分と言っても物置を処分しなくてはいけない状況になる場合、背景にはいろいろな要因が考えられます。壊れたり老朽化してもう使えなくなってしまった時、遺品整理や生前整理で家を片付けたい時、引っ越しがきまり次の家に持っていくわけにもいかず処分してしまいたい時など様々な状況や理由があると思います。大きくわけるとまだ使えるか、使えないかによってもおすすめしたい処分方法が異なってきます。いろいろな状況を想定したうえでの処分方法をご紹介致します。

粗大ゴミとして物置を処分する。

物置のようなサイズの物でも粗大ゴミとして出すことができるのか疑問に思われる方も多いと思いますが
実は物置はそのまま粗大ゴミとして自治体に収集してもらう事はできずちょっとしたコツが必要となります。
そのコツとは解体する事です。

近年の自宅に置けるサイズや物置は組み立て式での販売をしてる事が多く、逆に解体をして運び出す事のできるサイズになれば粗大ゴミとして処分することが可能です。
コストも各自治体ごとに違いますが粗大ゴミ収集券の費用だけで済むので手間はかかりますが比較的安価な処分方法とも言えます。
ここで各地域別の物置の粗大ゴミとしての取り扱いを表にまとめてみましたのでご参考までにご覧ください。

【地域】【料金・ポイント】
大阪府大阪市・料金…1,000円
・スチール製品組み立て式の場合、解体してからまとめて出す。
東京都太田区・料金…解体してあるもの:2,000円 簡易的で一人で持ち運べるもの…1,200円
・スチール製品や通常の物置の場合は解体が必須です。
神奈川県横浜市・料金…最も長い辺が1m未満の場合:1,000円 
・最も長い辺が1m以上で解体済みのもの:1,500円
・サイズによって価格が変わります。大型の物は解体が必須になります。
福岡県福岡市・料金…(幅+奥行き+高さが4m以下のもの:500円
(幅+奥行き+高さが4m以下のもの):1,000円
・サイズによって解体が必要となります。
兵庫県西宮市・料金…物置(小)解体済、半畳以下:600円 
・物置(大)解体済、1畳以下:900円
・サイズによって価格が変わります。どちらのサイズも解体が必須になります。


各自治体によって処分にかかる料金は様々ですが、安いところだと解体さえできれば500円で粗大ゴミ回収をしてもらえます。
しかし、ほぼ全ての自治体で解体が必須になるため手間と時間はとてもかかります。
また、解体するとパーツが増えるためすごい数の粗大ゴミ収集券が必要になるのではと不安になった方もいると思いますが、その点はご安心下さい。
粗大ゴミの回収指定場所に出すときに運び出せるサイズにまで解体していれば大体の自治体で「倉庫」1個分の処理費用で処分する事ができます。

粗大ゴミ回収の方法

1.自治体のホームページや電話などでの物置の捨て方のルールを確認し粗大ゴミ収集センターに連絡し回収日を決めます。※地域ごとに異なるため、必ずお住まいの地域の情報を確認しましょう。
2.自治体の定めるルールに従い物置を解体し、まとめます。自分で解体する場合怪我をしないように注意して行いましょう。
3.指定された回収日に粗大ゴミ収集券を解体した物置に貼り付け指定場所に排出すれば処分が完了です。

フリマアプリやオークションに出す

不要になった物置の処分方法としてコストが手数料しかかからないものと言えばフリマサイトやオークションの活用もおすすめです。
物置となると小型といっても普通に宅配便で送るというわけには行きません。
配送を不可にしておく事で、購入者自身に自宅まで取りに来てもらう事が必須になります。
見ず知らずの人を家に招くという事にもなりますので、信頼できる相手かどうか見極めてからの販売をお勧めします。
また、有名ブランドの物置や人気商品でない限り出品してすぐに買い手が見つかるとは限りません。早めに処分したい場合は並行して他の処分方法も検討しましょう。

地域密着型掲示板等で譲る。

大型のものがほとんどで運搬にとても不便である物置の処分方法の一つとして地域密着型掲示板を使うという方法があります。
比較的奇麗であり、まだ使用できるので捨てるのは勿体無いという時は是非必要としている人に譲るという方法もご検討ください。
遠方の方に譲るのは大変でも、地域密着型掲示板などを利用した近場の人に譲るのであれば車などで移動する事が可能です。プロの業者に運搬や解体、持ち運びを依頼するわけではないので怪我が無い様に気を付けて受け渡しを行うことが大切です。
こちらも注意しなくてはならない点としてフリマサイトやオークション同様、見ず知らずの人との対面での取引になるため可能であれば一人ではなく誰か他の人について来てもらうなど対策をしておいた方が無難でしょう。

解体業者に依頼する。

もし家を引っ越す、リフォームする、引き払うなど解体も必要とする場合は解体業者へ家と一緒に依頼する事ができます。家と一緒であれば家の解体費用に+α程度での解体が可能ですが、単体で解体してもらうとなると5万円ほどの費用がかかります。
物置を処分したいという理由によってはついででお願いする事が出来るので手軽ですが、物置の解体だけを依頼するとなるととにかく高くつくためあまり向いていない方法と言えます。
解体だけであれば手間はかかりますが後ほどご紹介する自分自身でできる方法もあるのでそちらも参考にしてみてください。
処分したいと思う時の状況によって解体業者への依頼を検討してみてください。

不用品回収業者にお任せする。

今回ご紹介する物置の処分方法の中で一番手間がかからず楽な方法は不要品回収業者にお任せする事です。中身を空にする必要も無く、事前準備も必要が無いため、思い立った時にすぐに即日処分できるというのも大きな利点の一つ。物置だけでは無く、物置の中身や家に他に不要品がある場合それでも含めて引き取ってもらえるので一気に片づけることが可能です。
費用面では8,800円~と少し高く感じるかもしれませんが他の不要品の買い取りとの相殺制度を使えば費用を各段に抑えることが可能です。

物置の処分費用の相場

燃えるゴミの様に自治体の回収日にただ捨てるというわけにはいかない物置の場合、処分する時には処分費用が掛かる場合あります。費用相場と処分する時のポイントについてまとめてみました。

【処分方法】【処分費用相場】【ポイント】
粗大ゴミ回収に出す。500円~・地域によって違うが大体の場所で必ず解体が必要になります。
フリマサイト・オークションを利用する。手数料のみ・直接対面での取引になるため、信頼できる取引相手を探す必要があります。
地域密着型掲示板を活用する。無料・フリマサイト・オークション同様に
対面での取引になりますので信頼できる相手との取引をしましょう。
解体業者に依頼する。50,000円~・自宅と一緒に解体する場合は+αですみますが、単体だと高額になります。
不用品回収業者にお任せする。8,800円~・ほかに不要品がある場合は相殺することができるので実際にもっと安くなる場合があります。

一番安く処分できる方法はやはり地域密着型の掲示板です。ノーコストで不要な物置を処分する事ができます。また、今回この表にまとめているのは処分にかかる費用ですが、実は処分する際に地域密着型掲示板やフリマサイト、オークションなどを活用して販売という形をとれば結果プラスで収入になる場合もあります。
ただし、販売にはそれ相応のリスクや時間、手間がかかるため時間がある人へのおすすめの方法となります。

逆に時間が無い人にむけておすすめしたいのは方法としては不要品回収業者がマストです。初期費用でいえば解体屋への依頼よりは安くはすむものの、それなりに費用がかかります。
しかし即日処分が可能で準備がいらないため、普段忙しく働いている人や急ぎの引っ越しなどには最適です。

物置の処分方法についてのメリットデメリット

ひとえに物置を処分するといってもこれだけの処分方法がある事がわかった所で処分方法ごとのメリットとデメリットを確認していきましょう。
すべてバラバラの角度から処分をする方法になるため、メリットデメリットを比べると本当にさまざまなポイントがみうけられます。まずはこの表をご覧ください。

処分方法メリットデメリット
粗大ゴミ回収に出す。・今回ご紹介した中では一番身近な方法なのでわかりやすい。
・安ければ処分費用がワンコイン程度ですむ。
・回収までのスパンが長い。最長で2週間ほどかかる可能性がある。
・自分で解体する手間がかかる。
・解体した物置を自力で収集場所まで持ち運ばなければならない。
・ゴミ収集券を用意する手間がある。
フリマサイト・オークションを利用する。・自分で好きな時に出品できる。
・値段設定を自由にすることができる。
・処分するだけでなく、お小遣い稼ぎにもなる。
・必要としている人の手に渡って大切にしてもらえる。
・実際に手元を離れるまでに時間がかかるのでその間保管しておかなければならない。
・宅急便で送るのはほぼ不可能なサイズと重さなので、購入者と直接受け渡しをしなければならない。
・出品時の情報入力や写真撮影に手間がかかる。
地域密着型掲示板を活用する。・無料~自分で設定した値段まで自由にお譲りする金額を決めることができる。
・本当に必要としている人に、次に大切にしてもらえる。
・インターネット上の情報になるので幅広い人に見てもらうことができる。
・こちらもフリマサイト・オークションと同様に宅急便での発送が不可能なので知らない人と直接会って取引する事になるので信頼できる人を選ぶことが大切。
・情報入力の手間がかかる。
・実際譲り先が決まるまで自宅で保管しなくてはいけないので場所をとるのですぐにすっきりさせたい人には不向き。
解体業者に依頼する。・プロに解体してもらえるので労力が最大限に抑えられる。
・引っ越しなどの家の解体と同時に行う場合は個別の解体費ではないのでついでで解体してもらうことができる。
・解体から処分まで一気にお願いできる。
・引っ越しではなく単体での解体だととても費用がかかる。
・他の処分方法にくらべると明らかに価格が高い。
不用品回収業者にお任せする。・他の不要品も一緒に回収してもらうことができる。
・物置の中を片づける必要がないので労力がかからない。
・自宅ま来てくれてすべて業者側で行ってくれるので忙しい人たご高齢の方などには最適。
・買い取り相殺が可能なので他の不要品と一緒に依頼した場合に結果処分費用がほとんどかわらない場合がある。
・物置単体での引き取りの場合はコストがかかる。
・まれに悪徳業者があるので口コミや問い合わせ時の対応を参考にししっかりとした業者を見極める必要性がある。

今回ご紹介した5種類の物置の処理方法全てにおいてメリットデメリットが発生します。コストが安ければやはり手間はかかりがちなのに対しコストが高ければ処分方法としては自分にかかる手間は問い合わせ位と本当に楽になります。どこに重点を置くかは人それぞれなので、是非自分に合った方法を検討してみてください。

物置を解体してゴミに捨てる方法

物置の処分方法5選でも少し触れましたが、大きなままでは捨てにくい物置も実は解体すれば粗大ゴミとして処分できる場合があります。自力での解体作業の場合は少しコツがいりますのでその方法をご紹介いたします。
まず大前提としてやはり自分での解体は怪我をする危険性がありますので必ず対策をしながら行ってください。
できれば二人以上で確認をしながら一緒に進めていくことが一番安全です。
余裕があれば一人での解体はできる限り避けましょう。怪我防止に軍手を用意するのも忘れないように注意が必要です。

自力で行う物置の解体方法

【用意すると便利なもの】
・スパナ
・レンチ
・ドライバー
・脚立
・ハンマー
・軍手

1.中に棚がある場合はまずはじめに棚を外します。
2.ボルトやナットを外し屋根をとるところから始めます。※倒壊の恐れがあり危険なので必ず上から下へむかって解体していきましょう。
3.ドアを外します。
4.壁を外します。
5.最後に床からすべて外して解体完了です。

今ご紹介した通りドライバーで解体をするには多くの時間と労力がかかり、簡単に解体するためには特殊な道具や重機を使うため、自宅で自分一人では余程時間が余っているか知識がある場合でないと解体をする事はあまり現実的ではないでしょう。できる限り二人以上で、慣れている人と共に作業をするか業者に頼みましょう。
また、後ほど記載致しますが物置には老朽化があり、設定された耐用年数を超えた物置の解体は素人では大変危険です。できるかぎりプロにお任せするようにしましょう。

物置を処分するタイミング

1.引っ越しをすることになった。

家庭の事情や、急な転勤で引っ越しが決まった時に大型の荷物となってしまうため、引っ越し費用がかさむ原因となりますし、かといって置いていくわけにもいきません。
引っ越しやリフォームなどをすることになったらどうしても必要な時以外は思い切って処分してしまうのも検討しましょう。
捨てるにはもったいない、まだ使えるという時は処分するのではなく人に譲るという方法をおすすめします。

2.物置の老朽化。

大体の物置の場合、その強さを売りにしている商品が多い為、一度買えば永遠に使えるというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
実は物置には耐用年数があるのをご存知ですか?

物置の耐用年数…8年から15年

7年間という大きな振れ幅がありますが、これは材質の違いによるものです。
今現在販売されている物置は主に金属でできているものが殆どなので約15年という耐用年数を当てはまると良いでしょう。
稀に、もう使われなくなった古い家や、高齢者の一人暮らしの家などの庭先に木製の物置があるのを見かけることがありますが、実はこの木製の物置はすでに危険な状態である可能性があります。
先程お伝えした通り、木製の物置の耐用年数は多少の前後はしますが大体8年ほどになります。それを超えての使用は大変危険です。
耐用年数を超えた物置は、外で雨風にさらされながらどんどん劣化していきます。
今まで耐えることができていた雨や強風、大雪などにもいつ対応できなくなり倒壊するかもわからない状態です。
大けがを負ったり、事故が起きる前に早めになんとかしましょう。
この記事を読んでいる人今が処分するタイミングなのかもしれません。是非処分を検討してください。

物置を処分する時の注意点

1.解体後の土台は一緒に粗大ゴミに出せない。

自力で解体した場合上の倉庫本体の部分は粗大ゴミとして処分する事が出来ますが、下に引いてあるコンクリートの土台は実は粗大ゴミでは回収してもらう事ができません。
またコンクリートブロックの場合は産業廃棄物としての扱いになるため、自治体での回収を行っている場所が極めて少ないという問題点があります。
まずはお住まいの地域の市役所などの自治体に問い合わせをして回収をしてもらえるか聞いてみましょう。物置を粗大ゴミとして出す時に一緒に出せるのがベストですが、コンクリートブロックを粗大ゴミとして回収してくれるのは一部の地域に限られてしまうので断られた場合は産業廃棄物回収業者の問い合わせ先を教えてもらいましょう。
どちらにしても、一度ですべてを簡潔できないので自分で解体した場合処分をする時は非常に手間がかかります。

2.老朽化した物置の処分には十分に注意する。

一度設置すると長い間外で雨風に晒され続ける物置を処分する時は倒壊や破損により怪我をしないように十分に注意しながら行いましょう。
先ほどご紹介した通り、物置には耐用年数というものが設定されており、それを超えての継続した使用は大変危険です。台風はもちろんですが、雪が多い地域では冬場物置の上に雪が積もることも多いと思います。
毎年雪の重みに耐えている物置でも耐用年数を超えて使用しているうちに急に倒壊する事も予想ができます。
そうなる前に早めに処分を検討しましょう。
また、処分を決めた際自分で解体するという場合に崩れる可能性も否定はできないので十分に気を付けながら作業を進めましょう。

3.犯罪を防ぐ。

普段はあると便利な物置ですが、実は犯罪の目印に使われるのにぴったりな場所でもあるのです。
近年火災の原因の上位に挙げられている「放火」これも実は物置への放火がとても多いのをご存知ですか?
住居とは離れていたり人目につかない場所にあることの多い物置は、放火魔にとっては好条件が揃っている場所なのです。
空の状態で放置されている物置は犯罪者にとっての隠れ場所になったり、その家にどれくらいの年齢層の人が住んでいるかなど情報を知る鍵になる可能性もありますので、使っていないのであれば防犯の面からも早急に処分してしまいましょう。


物置を楽に処分したいなら不用品回収業者がおすすめ!

今回は、なかなか処分するような状況に遭遇することが少なく、いざその状況になった時には処分方法に迷いがちになる「物置」のおすすめの処分方法5選と、それに付随したさまざまな情報をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
自分の中で「これだ!」という処分方法は見つかりましたか?

ご家庭にある処分を検討している物置、中にまだ物が入っている状態だという方も多いのではないかと思います。
そんな場合は特に不用品回収業者への依頼をおすすめします。
今現在、ご自宅の庭先などにある物置の中に何が入っているが把握はしていますか?

と、いうのも他の処分方法を使うと物置の中身を全て出しているもの、いらないものに分別する手間が更に増えてしまいますが、不用品回収業者であれば中身ごと引き取ってもらえます。
それを逆手にとれば、このタイミングに物置本体を処分するだけでなく一緒に物置の中身まで断捨離することができるのです。
更には物置は外にずっと出しっぱなしで実はあかず物置状態という家庭の場合、実は高価買取のお宝が眠っている可能性も夢ではありません。断捨離をしながら買取もして貰えば、処分費用を相殺できる事もあるので結果、他の処分方法よりお得に物置を処分できる事もあります。
手つかずの状態の物置ほど不要品回収業者にお任せしてしまうのがおすすめです。

もちろんご家庭の状況、住んでいる自治体によって一番処分しやすい方法は変わってきますので、今回ご紹介した5種類の中から処分したい物置の状態などいろいろと加味したうえで後悔しない処分方法を実践してみてくださいね。
参考になりましたら幸いです。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事