傘の処分方法6選・かかる費用、メリットデメリット、解体方法を解説。 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

傘の処分方法6選・かかる費用、メリットデメリット、解体方法を解説。 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

傘の処分方法6選・かかる費用、メリットデメリット、解体方法を解説。

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
傘の処分方法6選・かかる費用、メリットデメリット、解体方法を解説。

私たちが普段生活する上で必ず必要になる。1本も持っていないという人はおそらくほとんど居ないのではないかと言っても過言ではないアイテムです。
天気予報できっちりと確認してから家を出ても、天気というものは気分屋で急な雨に打たれてしまった経験がある人も多いと思います。
時間があれば雨宿りをするという手もありますが、時間が無かったり暫くやまない事がわかった時はコンビニや100円均一、スーパー等で気軽に手に入れる事ができるのでついつい購入してしまいますよね。
そんな状況を繰り返すといつの間にか家に傘が大量に…なんて事もあるはずです。
また、暴風雨や台風、ビルの隙間風等でもビニール傘や軽量の折り畳み傘だと、すぐに骨がおれたり壊れてしまいます。出先でそのまま捨てるわけにもいかず、壊れた傘を持ち帰ってきてそのままため込んでいたりはしていませんか?
家にたくさん不要な傘がたまっているという状況に心あたりがある人も居るのではないでしょうか。
色々な素材が使われている傘は案外捨てるのにも手間がかかり後回しにしがちになりますよね。
今回はそんな私たちにとって大切な存在でありながら、処分をするときは少し困りものの傘のケース別の処分方法から解体の仕方まで掘り下げながらご紹介していきたいと思います。


分別方法は地域によって異なる

やはり傘の処分で真っ先に思い浮かぶのは地域のゴミ回収だと思います。結果的に言えば傘は地域や自治体のゴミ収集に出すことができます。ただし、その分別方法は地域によって様々なためお住まいの地域でどのように処分するかを調べる必要があります。
一部地域での傘の処分、分別の方法を表にまとめたので一緒に確認してみましょう。

地域分別捨て方
東京都北区骨…金属ごみ
布…可燃ごみ
骨と布に分別をし、それぞれの回収日に回収場所に出す。
宮城県仙台市家庭ごみ緑色の家庭ごみの指定袋に入れる。
千葉県千葉市不燃ごみ10リットルまたは20リットルの不燃ごみの指定袋に入れて捨てる。
大阪府大阪市普通ごみ普通ごみの回収日に回収場所に出す。
埼玉県川口市骨…金属ごみ
布…一般ごみ
骨と布に分別をし、それぞれの回収日に回収場所に出す。

今見て頂いただけでも地域によって本当に傘の処分方法はさまざまです。そして数が増えれば増えるほど手間や時間がかかる作業になるので、面倒でも壊れたらその時に分別してゴミに出す事が大切なのではないでしょうか。

傘の捨て方6選

1.自治体の回収に出す

手間はかかりますが本数が少なければ傘を処分しやすい方法として自治体の回収に出すという方法からご紹介していきます。処分費用もゴミの袋代や金属部分をまとめるビニール紐の分だけしかかからず非常に安価で傘を処分する事ができます。
しかし、簡単にゴミの収集に出すと言っても各自治体によって処分方法や分別はさまざま。
例えば長さや素材によって分別が変わったり、解体して各パーツごとに分けて出さなくてはならないなどお住まいの地域のルールに従う必要があります。極端に大きいサイズのものは粗大ゴミとして収集を依頼しなければならないものもありますので注意しましょう。粗大ゴミとしての捨て方は次の項目でご説明いたします。
まずは、自治体のホームページをチェックしたり、電話やメールで問い合わせるなどして必ず確認してからゴミとして出すことが重要です。

自治体の回収に傘を出す方法

1.ホームページの掲載情報やメール、電話などで各自治体の傘の捨て方のルールを確認します。
2.自治体のルールに沿って傘を解体しましょう。※解体不要な地域もあります。
3.不燃物・可燃物・金属などの決められたゴミの回収の日に、決められた方法でゴミ置き場に捨てに行けば完了です。

2.粗大ゴミとして出す。(大型の場合)

こちらも地域によって変わりますが傘の長さが50cmを超えるものの場合粗大ゴミとして分別される自治体があります。粗大ゴミとして出す場合は収集までに電話やホームページから申し込みをしてから実際に回収してもらえるまでに最大で2週間程度のタイムラグが発生する事も頭に入れておかなければなりません。
急な引っ越しや、一気に家を片付けたい時にはあまり向かない方法ですが分別をしなくても良いという利点もあります。

傘を粗大ゴミとして出す場合

1.お住まいの自治体の粗大ごみ収集センターに問い合わせて、粗大ゴミの収集日を決める。
2.当日までに粗大ゴミ収集券を用意する。
3.粗大ゴミ回収指定日に指定の場所へ収集券(収集シール)を貼りつけて出しておく。

3.リサイクルショップを利用する。

ビニール傘などには不向きな方法ですが、例えばブランドものや限定品など元の価格が効果な傘の場合はリサイクルショップで買取対応している場合があります。
たとえばルイヴィトンやバーバリー、フェンディ、アナスイ、オロビアンコなど人気ブランド各社も折り畳み傘や長傘を販売しており、ハイブランド好きからの需要も高い商品になります。
中には数千円~数万円もする高値で買い取ってもらえる場合もありますので、もし高価な傘をお持ちで処分に困っているという方がいらっしゃればリサイクルショップの活用をご検討してみてはいかがでしょうか。

4.フリマサイト、オークションを利用する。

自分には不必要な傘でも、比較的綺麗な状態のものや折り畳み傘などは需要があり、フリマサイトやオークションを使って次の持ち主を探し販売するという手段もあります。
特に通勤通学に便利な軽量の折り畳み傘や、壊れにくいもの、小さなお子様向けのものは需要があります。
お子様用の傘の場合は特に成長にあわせサイズが変わっていくものなのでその時期の雨の日にしか使わないとなるとそんなに汚れたり壊れたりする事も少ないと思います。
その時は是非次の必要としている人に譲るという手段を検討することをおすすめします。もう使わない傘を処分できるだけでなく次の傘を購入するためのちょっとしたお小遣いになるかもしれません。
是非、今処分しようとしている傘の状態を人に譲れる可能性はないかもう一度見直してみてください。

フリマサイトやオークションを利用する場合

1.自分の販売したいフリマサイトやオークションを探す。
2.傘で検索してみて、自分の販売したい物と類似している商品の金額をチェックする。
3.商品を写真にとり、サイトの手順に沿ってアップする。この時先ほどチェックした傘の値段の相場前後で値段を設定する事で販売率が上がります。
4.商品が売れたら取引ナビに従って購入者とのやり取りや発送を行う。
5.相手の元へ商品が届いた報告が来たらお互いに評価をして終了です。

5.寄付をする。

まだまだ使える傘や、未開封のものなどはNPO法人や団体を通じて傘を必要としている発展途上国に寄付をするという手もあります。通常の長傘やおりたたみ傘だけでなく、ビニール傘なども寄付が可能です。
日本では無駄に捨てられている傘ですが、海外では貴重な物資として必要とされています。
ただし寄付をすると言っても回収費用は有料になりますので、お得に処分したいというよりは誰かの役にたつ事をしたいという気持ちの方におすすめの方法です。
また、実は日本国内での寄付を募っている団体もあり、まだ使える不要なビニール傘をちょっとお洒落にリメイクして都内の提携店に置いておき誰でも使えるようにするという活動も近年発足しています。
誰でも使う事ができ、雨が止んだらまた提携店に返却する事で渋谷で使う事のできるクーポンをもらう事ができるなどお得な要素も加わったリユース活動です。

6.不用品回収業者を利用する。

最後にご紹介したいのは不用品回収業者に引き取りを依頼する方法です。多少の費用はかかる場合がありますが、電話やメールなどで下準備もいらず即日あっという間に解決できるため、今ご紹介した中では一番手軽な処分方法になるのではないでしょうか。家にたまりがちになってしまう傘を一気に処分したいという時も不用品回収業者の場合はまとめて引き取ってもらえるので思い立ったらすぐに片付ける事ができ、悩みが解決するというメリットがあります。
時間があまりない方や、本数がたまってしまい解体するには手間がかかりすぎるというお悩みを持つ方には特に不用品回収業者への依頼がおすすめです。壊れている、錆びている、穴が開いているなどの状態もいちいちチェックする必要は無いので圧倒的に時間の節約になります。
また、例えば引越しなどで大量の不用品が出た時はその他の不用品とあわせて引き取ってもらえるので不用品すべての捨て方を調べる必要もありませんし直接自宅まで来てくれるので運び出さなくては行けないという手間もありません。お金が少しかかっても心理的負担、体力的負担を減らしたい時に便利な方法です。

傘を処分する時にかかる費用

ここまで5種類の傘の処分方法を紹介してきましたが、やはり処分にかかる費用面も気になる人は多いのではないでしょうか。各処分方法にかかる費用相場とポイントをまとめてみたので参考にご覧ください。

【処分方法】【費用相場】【ポイント】
自治体のゴミ収集~300円程度(ゴミ袋、ビニール紐代のみ)地域によっては解体の手間はあるが安価での処分が可能。
粗大ゴミ粗大ゴミ収集券代収集券の価格や粗大ゴミ回収にかかる費用は自治体によって異なる。
リサイクルショップ無料ブランド物なのど場合、高いものだと数万円で買取してもらえる可能性があるので結果的に+になる場合の方が多い。
フリマサイト・オークション手数料のみサイトごとの手数料がかかってくるのでそれを踏まえ値段設定をしましょう。また、送料の負担を自分でするか購入者がするかを決めなければならないので送料も踏まえた値段設定をする事をおすすめします。
寄付をする約2,400円~
(国内宛だと無料の所もあり)
まだ使える状態の物であれば発展途上国への寄付が可能です。運賃や送料の負担が必要になるため無料引き取りではないので注意が必要です。
不用品回収業者8,800円~傘の他にも不用品があり、それが買取対象品だった場合には引き取りにかかる費用から差し引き可能。

傘を処分する際の方法別のメリットデメリット

次にそれぞれの処分方法についてのメリットとデメリットをまとめて再度確認してみましょう。

【処分方法】【メリット】【デメリット】
自治体のゴミ収集・一番気軽であり、マイペースに作業できればコストもほとんどかからずに処分する事ができる。
・分別が必要ない地域であればそのままゴミとして専用の袋にいれて処分ができるので手軽である。
・数本ため込んでしまっている場合など解体が必要な場合は手間がかかり、分別によって回収日が異なるので1日で処分を完全にする事が出来ない。
・まとめて捨てるには不向きである。
粗大ゴミ・分別する手間が無く、そのままの状態で収集してもらう事ができる。・粗大ゴミ収集を申し込んでから実際に回収をしてもらえるまでに長くて2週間程のタイムラグが発生する為、急ぎの人には向かない。
・粗大ゴミ収集券をわざわざ買いに指定の販売先までいかなければいけない。
・まとめて回収してもらうにはコストがかかりすぎる。
リサイクルショップ・高価買取をしてもらえる可能性があり、特にブランド物や未使用の子供用傘など需要が高いものは買い取ってもらいやすい。・傘の処分率で一番高いビニール傘の処分方法としては向かない。未使用で買い取ってもらえたとしても5円程にしかならない。
・リサイクルショップまで買取をしてもらうために出向かなければいけない。
・買取を今まで依頼した事が無い場合は身分証の提示など時間と手間もかかる。
フリマサイト・オークション・自分の希望した価格で販売する事ができる。
・ちょっとしたお小遣い稼ぎになる。
・必要としている人の手に渡す事が出来る。
・アップしてからすぐに売れるとは限らないため、長期傘を保存しておかなければならない場合がある。
・商品を登録したり、購入者とのやりとりや発送などの手間がかかる。
寄付をする・発展途上国などの本当に必要としている人に使ってもらえる。
・エコ活動に貢献できる。
・申し込み時、引き取りの希望日を決める事が出来、自宅まで回収に来てもらえる。
・寄付とはいえど送料や運賃がかかるので有料での引き取りになる。
・壊れているものは寄付出来ない。
・段ボールへの梱包は自分で行う。
不用品回収業者・とにかく手間がかからず即日対応可能。
・大量に一気にひきとってもらう事が出来るので引越し等で他に不用品が出た場合はそれも含めて回収が可能。
・他にもまとめて処分したい物がある場合処分費用との相殺ができる場合がある。
・他の方法と比べて基本のコストがかかる。

今ご紹介した2つの表を見比べると安ければ安いなりのデメリットが存在し、高ければ高いなりのメリットも存在する事がわかります。費用の安さをとるか、時間や手軽さをとるか、ご自身の生活スタイルに合わせて選択しましょう。

傘の簡単な解体方法

傘を自治体の回収に出す場合解体を必須とする地域もあるので、まずは一般的なビニール傘の簡単な解体方法から一度おさらいしておきましょう。

ビニール傘の解体方法

ビニール傘の解体方法

【あると便利な道具】
・はさみ
・ペンチ
・カッター
・軍手など
※一般的なビニール傘であればはさみ以外の道具を使わずに素手でも解体することが出来ます。女性一人で解体する場合などは道具があるとスムーズにできるでしょう。

1.まずは閉じた状態で、ビニール傘の骨組みの先端の小さなプラスチックでできているつゆ先を外します。
2.傘の先端にある長いプラスチックの石突という部分を、半時計回しで回転させ外します。
3.ここまで出来たら傘を開き、傘布(ビニール部分)を骨組みからはさみを使って外していきます。糸でつながれている物が多いため、糸を切り離す事で簡単に取り外す事が可能です。
4.持ち手を引っ張って金属の骨組みから外します。怪我をしないように軍手などがある人は使用しましょう。外れにくい時はペンチを使うと解体しやすいのでおすすめです。

長傘の解体方法

次に簡易的に解体ができるビニール傘とは違い、少し手間のかかる長傘の解体方法をご紹介していきます。
ビニール傘よりはしっかりした作りではありますが、やはり強風などでは壊れる事があるのでそんな時の為に知っておくと便利なのではないでしょうか。

長傘の解体方法

【必要な道具】
・はさみ
・ペンチ
・カッター
・軍手など
※道具はビニール傘と同じではありますが、作りがしっかりしている為必ず用意したほうが良いでしょう。

1.傘を閉じた状態で先端のつゆ先を外していきます。
2.傘の先端にある長い石突という部分を、半時計回しで回転させ外しましょう。ただし、長傘の場合はビニール傘とは違いこの部分が金属であったり外しにくく固定されていたりしますのでその場合は無理にははずさず骨組みにつけたままにして根本の布をカッターなどで切って離しましょう。
3.骨組みに傘の生地が繋がっているのでそれをカッターかハサミですべて外していきます。ここまでで骨組みと布部分に分かれた状態になると思います。
4.最後にペンチを使い取っ手部分を外していきます。この時手を怪我しないように気を付けて作業しましょう。

折りたたみ傘の解体方法

最後に少し複雑な作りの折りたたみ傘の解体方法をご紹介したいと思います。持ち運びには便利な折りたたみ傘ですが、耐久性は長傘より弱いイメージが拭えません。
暴風雨の時などに使用していて、骨組みが壊れてしまったという記憶がある人もいるはずです。
そんな壊れた折りたたみ傘も解体をすれば自治体の回収で処分する事ができますのでチャレンジしてみてください。

折りたたみ傘の解体方法

【必要な道具】
・はさみ
・ペンチ
・カッター
・軍手
※折り畳み傘は骨組みが細かく鋭利なものが多いので怪我をしないようにかならず軍手をして作業をすることをおすすめします。

1.開いた状態で作業しましょう。まずは生地と骨組みをつないでいる糸を全てカッターやはさみで切っていきます。
2.生地を骨組みから外したら傘をたたみます。
3.先端にある先端の石突の部分を反時計回りに回して外します。
4.骨組みから生地を外します。この時細い骨に指がはさまったりしないように注意しましょう。
5.ペンチなどをつかい手元を外します。回したらとれるタイプの物もあるので解体したい傘の仕組みに合わせて外してください。

以上の手順で解体すると、骨組み(金属)、傘布、プラスチックの3種類に分別する事ができるので、各回収日にゴミとして処分しましょう。
もちろん自治体によってはそのまま袋に入れてごみとして処分できる地域もあり、その場合は解体する必要はありませんのでそのままルールに従って処分することが可能です。

傘を処分する時の注意点

それではここまでの内容を踏まえた上で傘を処分する時の注意点をまとめていきます。

自治体のルールを必ず確認しましょう。

お住まいの地域によって捨て方がまったくもって異なる傘なので、例えば引越しをした方の前に住んでいた地域と今住んでいる地域では分別が異なる場合があります。
自分の中で当たり前だと思っている常識が通じない事もあるので、必ず今住んでいる地域の自治体のルールを再確認してみましょう。
この時に必ず分別が必要か、袋に入れる必要はあるのかなども一緒に確認すると良いのではないでしょうか。

解体する時は怪我に注意しましょう。

傘をパーツごとに解体する場合は、骨組み部分の先端の鋭利な部分や、指が挟まってしまうような細かい組み合わせの部分など危険な箇所が存在しているので怪我に注意して解体を行いましょう。
また、捨てる時には自分だけでなく回収をする業者の方が怪我をしないような配慮をしてごみに出せる気配りを心がけましょう。

傘を処分する時は不用品と共にまとめて引き取ってもらうのがおすすめ。

今回は傘の処分方法についてご紹介してきましたいかがでしたでしょうか?
日本国内ではビニール傘はやはり使い捨てというイメージも強いようで、なんと年間に約8000万本の傘が捨てられています。折り畳み傘や通常の傘も加えると驚くことにその本数は約1億3000万本にも上ります。
数字だけでもわかるとおり傘の大量消費問題は近年注目され問題視されている部分でもあります。

中には処分方法がわからず壊れたまま道に放置されたり、忘れ物としていろいろな場所に放置されたりする傘もあります。もっとたくさんの人に傘の処分方法が伝わり、意識を改革する事で傘の無駄が無くなると良いですよね。

引越しやため込んでしまった不用品の回収などで、他にもたくさん処分品が出る場合は手間をかけずに一気に片付けをする事ができる不用品回収業者への依頼がおすすめです。
いちいち分別する必要が無く、傘の状態にかかわらず一気にひきとってもらう事ができ、外にずっと放置し雨ざらしになっていた傘や錆びているものでも気兼ねなく回収を依頼する事が可能なのは不用品回収業者ならでは。

気になるコスト面も引越しや自宅の断捨離などで他にも不用品が出て、それが買取可能のものである場合は依頼費用を買取費用で相殺する事もできるので結果無料でひきとってもらえる事もあります。
なんといっても即日引き取ってもらう事が可能なので、急ぎで家をすっきりさせたい時や思い立った時にすぐに処分したい時などにはぴったりの方法と言えます。
不用品回収業者も各社さまざまなプランやパックを用意しているので自分で納得のできる業者にお任せしましょう。


分別方法がめんどくさかったり、処分がついつい後回しになりがちな傘。
捨てるのが面倒だからと玄関に放置しておくことでせっかくの素敵な家のイメージも台無しになります。
良い運気は玄関先から舞い込むとも言われていますのですっきりした気持ちで毎日を過ごすためにも、是非今回ご紹介した傘の処分方法をご活用ください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事