レンガの処分方法6選|気になる費用からメリットデメリットまでご紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

レンガの処分方法6選|気になる費用からメリットデメリットまでご紹介 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

レンガの処分方法6選|気になる費用からメリットデメリットまでご紹介

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
レンガの処分方法6選|気になる費用からメリットデメリットまでご紹介

昔からその温かみのある質感やデザインの美しさから家のガーデニングや塀など、身近な場所の建築に使われているレンガですが、欠けてしまったり経年劣化で状態が悪くなってしまった等不要になったけれど処分の方法に迷っている方もいるのではないでしょうか。
引越しや予期せぬ出来事によって家を丸ごと片付ける必要が出てきて急にレンガを処分しなくてはならない場合もあると思います。引っ越しなどの場合は特に、驚くほどの量のレンガを処分する状況に陥ってしまうパターンが多いですよね。
そもそもレンガを処分するという状況になる確率は極めて低いので、何ゴミに出したらいいかすらわからないのが普通です。
レンガはもともと捨てにくいもの。自分が損をしたり後悔しないように処分するにはそれ相応の知識や情報を集めておき、納得のいく方法を探して処分することで後々後悔しないで済むので情報収集は怠らないようにしましょう。
今回はそんなレンガを処分する為に必要な知識を詰め込んで、レンガを処分する方法や、処分にかかる費用、方法別のメリットデメリットなどをまとめてご紹介していきたいと思います。

そもそもレンガはゴミとしては処分できない

買い換えたい時や引っ越し等で不要になった場合、一番初めに思いつくのはゴミとして処分する事だと思います。
しかし、結論からいうとレンガはゴミとして捨てる事はできません。
お住まいの地域の自治体に問い合わせてみても、レンガの回収を行ってくれる所はほとんど無いでしょう。
稀に粗大ゴミとしてなら回収してくれる自治体も存在しますが、ほとんどの地域では回収は出来ないと言った方が良い程とてもレアなケースになります。

たとえレンガを回収できないと言われたからと言って必要のなくなったレンガを処分せず手元にずっと持っているわけにも行きません。まして、外で使う事の多いレンガは不必要なものを放置している事で景観を損ねる可能性があります。
それではどうしたら不要になったレンガを効率よく処分できるのでしょうか。
現状私たちがすぐに出来るレンガの処分方法を掘り下げつつご紹介していきますので一緒に見て行きましょう。

レンガの処分方法6選

前提として先ほどご紹介した通り、レンガは家庭の一般ゴミとして処分する事ができません。その為自治体のゴミ回収に頼らずにレンガを処分する方法を探さなければいけません。不要になったからといってすぐ処分する事が困難で、非常に手間がかかってしまうレンガのさまざまな処分方法を5つまとめてみましたので一緒に確認していきましょう。

1.産業廃棄物として処分する。

産業廃棄物処理業

自治体から許可を受け、産業廃棄物の収集運搬から処分までを請け負う事ができる業者の事をいいます。

先ほど冒頭でレンガはゴミとしては処分できないという事をお伝えしましたが、自治体に問い合わせをすると産業廃棄物の処理業者を紹介してもらえます。(一部地域では粗大ゴミとしての収集が出来る場合もあります。粗大ゴミの収集については次の項目でご説明します。)
きちんとした手順を踏んでいる産業廃棄物処理業者であれば違法な不法投棄なども絶対に行われないため安心してレンガを引き取ってもらう事が出来ます。
市役所など自治体の行政機関に電話をしてみましょう。ただし、即日処分できるわけではなく粗大ゴミ収集のときのように事前に日にち指定や料金の指定があります。レンガの場合はがれき扱いになるため1立方メートルあたり9,000円~15,000円もの費用が発生します。
費用はかかりますが、安全で確実にレンガを処分したい人におすすめの方法です。

2.粗大ゴミに出す

先ほど少し触れましたが、地域によってはレンガを粗大ゴミとして回収してくれる自治体がほんの一部ではありますが存在します。ただ、通常の粗大ゴミとは異なり持ち込み限定や個数制限などルールが設けられている場合もありますのでまずはお住まいの自治体に確認してみましょう。
自治体別の粗大ゴミの収集価格と条件などを一部ご紹介致します。

【地域】【粗大ゴミとしての回収条件】
東京都八王子市・回収依頼をかけるか、処理施設に直接持ち込みが必要。
手数料…10キロまで350円/以降、10キロごろに350円ずつ加算。
神奈川県相模原市・個数制限あり…1回15個までの回収が可能。
・手数料…10キロまで150円。
埼玉県さいたま市・個数制限あり…4個で1品換算、最大8個までの収集が可能。
・手数料…1品(4個)で550円。

抜粋して見ただけでも、各自治体によっての条件、金額共にバラバラなことがわかると思います。
まずは回収自体をしてもらえるかの確認もこめて自治体に連絡をしてみましょう。

自治体への粗大ごみ回収依頼の方法

自治体へ問い合わせをした時にもし粗大ごみとしての回収が可能と言われた場合の処分方法をご紹介いたします。

1.お住まいの自治体に問い合わせて、レンガを粗大ゴミとして回収が可能か確認をし、収集してもらう日時を決める。
2.当日までにお住まいの地域のルールに沿って、販売場所で粗大ゴミ収集券を購入し用意する。
氏名や番号などの記入欄がある場合は忘れないようにあらかじめ記入してしまいましょう。
3.粗大ゴミ回収指定日に指定の場所へ収集券(収集シール)を貼りつけて出しておく。
※自治体によっては収集センターへの持ち込みを指定してくる場合があるのでその場合は指定日、指定時間に収集センターへ持ち込みます。

3.引き取り手を探して譲る。

近年DIYが流行している影響で、実はレンガの需要が高くなっています。中には割れていたり、使用感がある劣化している物の方が味があると探している方も少なくはありません。また、ハンドメイドブームの影響でレンガをハンドメイドに使いたい人も一定数存在しています。
レンガにひと手間加え、オリジナルのインテリアにするなど使い古しのレンガを上手に活用している人たちにはレンガの需要が大きいのです。
ハンドメイドに使う場合は1個からでも譲ってほしいという方も少なくはありません。
ただしレンガは個数が増えると重量があるため持ち運び、配送共に困難になりますので車を使った運搬は必須になります。近場で引き取ってくれる人を探すと良いかもしれません。
地元の掲示板など地域密着型のサイトで引き取り手を探すと近場の人が見つかるので、引き取り手の募集をかけてみる事も良いのではないでしょうか?

4.ホームセンターでの引き取りをお願いする。

レンガを販売している店舗で引き取りをお願いするという手段もあります。実は、レンガを販売しているごく一部の店舗では不要になったレンガの引き取りを行っている場合があります。ここで注意しなくてはいけないのは購入した店舗でしか引き取りは基本的に行われない事です。
必ずその店の購入履歴が確認できるレシート等を持参する事が求められます。
ただし基本的には産業廃棄物であり、ゴミとして簡単には捨てられないレンガなので引き取りを行っている店舗でもそれほど多くは引き取ってはもらえません。
また、レンガを販売している場所としてはポピュラーな大手のホームセンターでも引き取りを行っていない所の方が多いのでまずはレンガを購入した店舗に必ず確認を入れてから持ち込むことをおすすめ致します。

5.フリマサイトやオークションを利用して販売する。

フリマサイトを利用して少しでも高めにレンガを処分したい場合。


1.自分の販売したいフリマサイトやオークションを見つける。
2.レンガなどのキーワードで検索しをかけて、自分の販売したい物と類似している商品の金額をチェックする。
3.見た人が「欲しいな」と思うような写真をアップする事が大切です。例えば晴れた日など明るい日に写真を撮る、画角にこだわるなど写真1枚で見ている人からのイメージが変わってきます。適当に撮影することはせず、こだわってみましょう。
その後サイトの手順に沿ってアップする。この時先ほどチェックしたレンガの値段の相場前後で値段を設定する事で販売率が上がります。
4.商品が売れたら取引ナビに従って購入者とのやり取りを行いますが、複数まとめての販売の場合はかならずここで信頼できる相手であるかの確認を怠らないようにしましょう。重大な事件に巻き込まれてしまう可能性もあります。
5.相手に商品の受け渡しが完了出来たらお互いに評価をして終了です。

フリマサイトやオークションを活用すれば、レンガを販売する事が出来ます。その場合3,000円~10,000円位が販売価格の相場という、高額での取引が行われていることが多いです。
片付くだけでなく、お小遣いも手に入れることが出来るのでまさにフリマサイトやオークションでの販売は一石二鳥と言っても過言ではないのではないでしょうか。
しかし、先ほどの人に譲る方法と同様にこちらも複数になると宅急便などで配送する事が困難になりますので近場の人を探す必要があります。かならず説明欄に引き取り限定の旨を記載しましょう。
また、その場合対面での受け渡しをすることになるので必ず信頼が出来そうな人に販売をすることと、特に女性の場合は受け渡し場所に一人でいかず誰かについてきてもらうをおすすめ致します。
他にも近年のハンドメイドブームもありフリマサイトの場合、レンガを1個からのばら売りで求めている人も居ます。まずは試しに出品をしてみて様子を伺う事も可能です。
逆に自分でリメイクしたレンガが売れる可能性も多いにあります。手先に自身があって時間に余裕のある人はインテリアになりそうなリメイクを施して付加価値をプラスして販売してみてはいかがでしょうか。
探している人に出会え、思わぬ喜びを得る事ができるかもしれません。
ただし、販売すると決めてサイトにアップしたとしても即日購入者が決まるとはかぎりません。レンガの場合は場所をとるものなので即日処分したい人や、保管場所が用意できない人にはあまり向いている方法ではないでしょう。

6.不用品回収業者にお願いする。

一番手間もコストもかけずに処分できる方法としておすすめなのが、不用品回収業者への依頼です。
1個1個が重く、持ち運ぶだけでも困難なレンガですが処分をする場合は一気に片付けたいという人がほとんどだと思います。不用品回収業者へ依頼する場合、即日対応してもらえるだけでなく家まで来てもらえる事、下準備がいらない事、プロにお任せで余計な負担はかからない事などほかの処分方法と比べても圧倒的にレンガの処分には適していると言えるでしょう。

レンガの処分にかかる費用相場

レンガを処分する際にかかる処分方法別の費用とポイントを表にまとめてみました。
ゴミとして処分できないレンガは、すぐに処分しようと思うとそれ相応の費用や手間がかかります。
しかし、ずっといらない物を家に置いておくわけにもいかないので、是非それぞれの方法にかかる費用を比較し自分で納得のいく処分方法を探しましょう。

【処分方法】【費用相場】【ポイント】
産業廃棄物収集業者に依頼する。1立方メートルあたり9,000円~15,000円・市役所などの自治体へ連絡して自治体が依頼する産業廃棄物収集業者の問い合わせ先を入手しましょう。
粗大ゴミに出す150円~・ごく一部の地域でレンガを粗大ゴミとして受け入れている。各自治体によって処分費用や方法は異なるので問い合わせが必要。
引き取り手を探す。無料・掲示板や近所の人の中から引き取り手をさがすため費用はかかりません。
ホームセンターで引き取りをお願いする。無料・大手のホームセンターでは引き取りを行っていない所がほとんどなので、あまり期待が出来ない。
フリマサイトやオークションを利用して販売する。手数料・手間はかかるが処分に費用がかかるどころかお小遣いを稼げる可能性がある。
不用品回収業者にお願いする。・処分したいときに気軽に依頼でき、即日片づけることができる。 

レンガの処分方法別のメリット、デメリット

【処分方法】【メリット】【デメリット】
産業廃棄物収集業者に依頼する。・確実に処分する事ができる。
・不法投棄など違法行為の心配が無いので安心して処分することが出来る。
・面積によって処分費用が変わってくるシステムの所が多いので場合によっては高額の費用がかかってしまう。
・まず自治体に連絡し、お住まいの地域の産業廃棄物処理業者を紹介してもらう手間がかる。
・即日の対応は出来ず、問い合わせ時に回収日や時間を決めるのでタイムラグが発生する。
粗大ゴミに出す。・通常の粗大ゴミと同じように処分が可能。・一部の地域でしか行っていない。
・個数制限や、重量制限が設けられている所が多い。
・自治体によって費用が違う。
・回収の場合はタイムラグが発生する。
・持ち込みでしか対応してくれない場所もある。
引き取り手を探す。・無料で引き取ってもらうことができる。
・捨てるには忍びないレンガも有効活用してもらえるので安心して手放すことができる。
・DIYなどの需要により割れたレンガや通常だと不用品に思われがちな物でも引き取ってもらえる可能性が大きい。
・宅
急便などで発送する事がほぼ不可能なので近場の人にしか受け渡しをすることが出来ない。
・運搬の際には車が必須になってくる。
・知らない人との直接の取引になるのでそれなりに覚悟が必要になる。
ホームセンターで引き取りをお願いする。・無料かつ、販売先なので安心して回収をお願いできる。
・電話での問い合わせがしやすい。
・ごく一部の店舗でしかレンガの引き取りサービスを行っていない。
・大量のレンガの引き取りは、たとえ購入店舗であっても断られる場合がある。
・レシートなど、購入日や購入履歴のわか証明が必要になるためレシートを取っていなければ引き取りはほぼ不可能に近い。
フリマサイトやオークションを利用して販売する。・有料での販売になるのでお小遣いを稼げる。
・ハンドメイドなどの需要により、1個からの販売が可能である。
・自らがリメイクしたレンガも付加価値をつけて販売する事ができる。
・希望した金額での販売をする事ができる。
・人に譲る方法同様で、個数まとめての販売の場合は近場の人に限定する必要性がある。
・写真をとったり、商品の詳細をことこまかに記入し出品する手間がある。
・まとめて販売する場合は購入者と直接対面する必要があるので女性一人の場合はあまりおすすめ出来ない。
不用品回収業者にお願いする。・圧倒的に手間が無い。
・無料で見積もりを出してもらえる。
・下準備が不要。
・状態に関係なく引き取ってもらうことができる。
・移動運搬の心配もなく、プロが家まで来てすべて行ってくれる。
・不要だと思ったときに即日対応可能。
・他に不用品がある場合で、買取可能なものがあれば相殺も可能。
・最低でも相場8,800円~の費用がかかる。
・一部違法業者もあるのでかならずホームページなどの情報を確認して信頼できる業者を選択する必要性がある。

レンガを処分する時の注意点

ここまで6つのレンガの処分の仕方をご紹介してきましたが、ここで改めてレンガを処分する時に注意しなければならない点をまとめておさらいしいていきたいと思います。

まずは自治体にレンガを捨てる方法を聞いて検討しよう。

誰でも当たり前の感情だとは思いますが、コストも時間も手間もかけずに不用品を処分したいのが本音だと思います。まずはレンガを処分する一番簡単な方法を知る為にまずは自治体に問い合わせをしてみましょう。
ここで必ず確認したいのは「粗大ゴミとして回収出来るか・出来ないか」です。
基本的には普通に自治体回収のゴミの日にはレンガを出すことはできませんが、一部地域では粗大ゴミなら個数を絞って引き取ってもらう事ができますし、もし産業廃棄物処理業者に依頼する必要があれば、ここで問い合わせ先も教えてもらう事が出来ます。
まずは粗大ゴミとして引き取ってもらえないかの確認をしてから、自分が捨てたいレンガの個数の重量や個数と照らし合わせ検討してみましょう。
粗大ゴミ回収が出来ない場合や、重量がオーバーしそうな場合はやはり他の方法を検討する必要があります。

直接取引をする場合は信頼できる人を選びましょう。

近所の顔見知りにレンガを譲る場合はさほど気にしなくても良い問題ですが、例えばフリマアプリやオークション、地域密着型の掲示板を利用して次の引き取り手を探した場合、レンガの重量や個数によっては宅配や運送業者を利用する事は大変難しいため、直接次の譲り先と会ってやりとりをしなくてはいけないというデメリットがあります。
基本的にそのようなサイトで取引をする場合は顔も知らない人を相手にする事がほとんどだと思うので、必ず相手が信用できるに値する人物かを見極めてから実際にレンガの受け渡しをしましょう。
得に女性や小さなお子様連れの場合は注意が必要です。自宅まで取りに来てもらう場合は、すなわち自宅を知られる事にも繋がります。
立ち合いをしてくれる信頼してくれる人と共に行く、相手の住所氏名を把握しておくなどの自己防衛も万が一にそなえしておくと良いでしょう。

砕いたり細かくしても処分の方法は変わらない。

そのままの形では非常に捨てにくいからといって、レンガを砕いたり細かくしても普通のゴミとして処分する事は不可能ですので絶対にやめましょう。
レンガをはじめとする家庭内の庭などででる植木や石などは「産業廃棄物」となりますので自治体のゴミ回収日に捨てる事は実質不可能です。
怪我をする恐れも多いにありますし、砕いたりする分、無駄で余計な手間がかかるだけですので絶対に止めましょう。

レンガを手間無く簡単に処分するなら不用品買い取り業者がマスト。

今回の記事では引越しや家のリフォーム、何かのトラブルで壊れてしまったりした時に不用品として出るレンガの処分方法について詳しく説明してきましたがお探しの情報は見つかりましたか?
自治体回収の通常のゴミの日にゴミとして出すことのできないレンガの処分方法は本当に限られています。
尚且つ、レンガ1個1個にとても重量感があるため処分をするにしても人手や運搬に必要な車などさまざまな観点から思い立った時にすぐ行動するのが難しい状況に陥りがちの不用品の一つでもあります。
ただし近年のハンドメイドやDIYブームで必要としている人も増えているのは確かなものでもあります。
今回ご紹介した処分方法をまとめてみると、一番手間がかからず、尚且つ費用の面でも抑えられる可能性があるのは不用品回収業者なのではないでしょうか。
経年劣化しているレンガや、ガーデニングに使われているレンガの場合特に処分する際に1個1個を外し、綺麗にし、積み上げるなど本当に驚くほどの手間がかかります。不用品回収業者に頼むと業者の方がそれを全て請け負ってくれるため、その労力がすべてカットされます。
また、一見コストがかかりがちに見える不用品回収ですが実は買取相殺が可能となっていて頼む業者によってはレンガ自体を1個200円で買い取ってくれ、それを作業費用に充填するという方法をとってくれる所もあります。
引越しやリフォームなどで多くの不用品がほかにも出る場合は更に他の買取できる家電や家具の価格でほぼ相殺できる可能性が大きいので、引っ越しやリフォームの場合はまず不要品回収業者に相談してみましょう。
基本的に相談や見積もりや初回の相談は無料になっている業者が多いため、まずはざっくりと不要なレンガの個数や面積、ほかにどんな不要品があるかなどを伝えて見積もりを出してもらいその後じっくり考えてみるのも手なのではないでしょうか。

庭先や家庭の壁など目につく所にありがちな不用品のレンガ、出来るだけ早く処分してすっきりと新生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事