テーブルの処分方法8選│無料・有料のテーブルを処分する方法とは | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

テーブルの処分方法8選│無料・有料のテーブルを処分する方法とは | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

テーブルの処分方法8選│無料・有料のテーブルを処分する方法とは

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
テーブルの処分方法8選│無料・有料のテーブルを処分する方法とは

「テーブルが古くなったので、新しく買い替えたい」
「引っ越しをするので、テーブルを処分したい」
「子供が一人暮らしを始めたので、テーブルを処分したい」

様々な理由でテーブルを処分する必要がある方が、いらっしゃると思います。

ここでは、テーブルを処分する8つの方法について、紹介していきます。ご自身の目的に合ったテーブルの処分の仕方を、探してみてください。

テーブルは、何ゴミで処分できる?


テーブルは自治体のゴミで処分する場合には、何ゴミで処分できるかご存知ですか。テーブルを自治体で処分する際には、粗大ゴミで処分できる地域が多いです。

もちろん自治体によってゴミの分別が決められているので、一概には言えませんが、一般的には粗大ゴミで出せます。

基本的には、ゴミの一辺が30センチメートル以上のものを、粗大ゴミとして扱っているからです。

テーブルを処分する場合には、実際の粗大ゴミとして出すことができるのですが、その方法については後ほど詳しく説明していきます。

テーブルの処分方法

テーブルは、大きなサイズのため、どう処分していいかわからないかと思います。ここでは粗大ゴミとして出す方法など8つの処分方法について紹介していきます。

テーブルの処分の方法は、以下の方法があります。

テーブルの処分方法

1.自治体の粗大ゴミにより処分する
2.解体・分解して普通ゴミ(燃えるゴミ・燃えないゴミ)で処分する
3.買い替え時に販売店に引き取ってもらう
4.リサイクルショップに引き取ってもらう
5.フリマアプリで販売する
6.不用品回収を利用する
7.引越し業者に引き取ってもらう
8.家族や友人に譲る

テーブルの処分の方法について、それぞれ説明します。

自治体の粗大ゴミにより処分する

テーブルを処分する方法の一つ目として、自治体の粗大ゴミとして出すという方法があります。一辺30cm以上のサイズのテーブルの場合には、ほとんどが粗大ゴミとして処分することが可能です。

ただし、素材や大きさなどによっては、自治体で粗大ゴミとして処分することができない場合があるので、問い合わせてみると良いでしょう。

自治体へのお問い合わせ先は、インターネット検索で「自治体名 粗大ゴミ 問い合わせ」等と検索すると出てくるでしょう。

またテーブルのサイズが一辺30cm以下の場合であれば、不燃ゴミや可燃ゴミとして捨てられる場合があります。こちらも自治体に問い合わせてみて下さい。

自治体の粗大ゴミで出す場合の特徴は、以下の通りです。

自治体の粗大ゴミで出す場合の特徴

・処分費用が安い
・手続きが必要
・運ぶ手間がかかる
・平日にしか対応できない場合が多い

解体・分解して普通ゴミ(可燃ゴミ・不燃ごみ)で処分する

テーブルを処分する方法として、解体・分解して普通ゴミとして出す方法があります。テーブルの素材によって、可燃ゴミや不燃ゴミに分かれますが、粗大ゴミとしてではなく、普通ゴミとして出すことができる場合があります。

粗大ゴミの費用は、1,000円から2,000程度の費用はかかりますが、普通ゴミであれば、ゴミ袋代しかかかりません

ただしノコギリや工具により自分で分解する必要があるため、手間と時間がかかります。

また家の中や家具を傷つけないように気をつけながら、やっていく必要があります。

また自治体によっては、解体しても粗大ゴミとして出さなければいけないところがあるため、問い合わせでおいた方が良いでしょう。

テーブルを解体・分解して処分する特徴

・処分費用がかからない
・時間と手間がかかる
・自治体によって、解体しても粗大ゴミとして出さなければいかない場合がある

買い替え時に販売店に引き取ってもらう

次のテーブルの処分方法は、買い替え時に販売店に引き取ってもらうという方法です。

テーブルを買い換えるタイミングで、販売店が引き取ってくれる場合があります。

例えばニトリや大塚家具といった販売店では、テーブルによっては、引き取ってもらえます。

引き取ってもらえるテーブルの種類や価格などが変わってくるので、問い合わせておいた方が良いでしょう。

お店によっては、無料で引き取ってくれる場合もありますが、購入代金とは別に、料金がかかる場合もあります。

買い替え時に販売店に引き取ってもらう方法の特徴

・テーブルを運び出す手間が省ける
・販売店によっては、別途費用がかかる場合がある

リサイクルショップに引き取ってもらう

テーブルの状態が良かったり、人気のブランドのテーブルである場合にはリサイクルショップで買取してもらえば、高く価格がつく場合があります。

リサイクルショップによって違いますが、テーブルによっては数千円の値段がつく場合もあります。

ただしリサイクルショップには、買取の条件があり、持ち込んでも買取してもらえない場合があるので注意が必要です。

大きなテーブルを直接店舗に持っていくには、手間がかかることも知っておきましょう。

出張で来てもらう場合にも、出張費がかかることがあるため、ある程度綺麗な状態やブランドのテーブルの場合にのみ、リサイクルショップを使うようにしましょう。

リサイクルショップで買い取ってもらう場合の特徴

・人気のブランドであれば、高価買取の可能性がある
・出張買取であれば、自宅にいながら査定してもらえる
・持ち込む場合には、車の手配をして、持ち運ぶ手間がかかる

フリマアプリで販売する

メルカリやラクマなどのフリマアプリやヤフオク等のネットオークションで販売するという方法もあります。

折りたたみテーブルなど小さなテーブルの場合には、販売料金も安いため比較的売れやすい傾向があります。

しかしテーブルが、良い状態でないと売れ残ってしまう可能性もあります。

またフリマやネットオークションで売る場合には、送料がかかるため送料も考慮して価格を設定しておく必要があります。

送料は、ヤマト運輸の場合には2,388円から28,289円までかかります。

フリマやネットオークションで販売する場合の特徴

・売却でプラスになる可能性がある
・売れ残る可能性がある
・送料が高い
・発送の手間がかかる
・売れるまでに時間がかかるため、時間に余裕のある方向け

不用品回収を利用する

不用品回収業者に依頼してテーブルを処分するという方法もあります。不用品回収業者に依頼するメリットとしては、運び出す手間がなく、最短即日対応してもらえるということです。

自治体の粗大ゴミとして処分する場合には、日程が決まっており回収まで1週間程度時間がかかります。

また、一度に出せるゴミの個数も決まっています。

そこで、すぐにテーブルを処分したい場合には、不用品回収の利用がおすすめです。

またサイズによっては、自治体のゴミで回収してもらえない場合があります。

そして、不用品回収であれば、スタッフが自宅まで回収に来てくれて、運び出してもらえます。

不用品回収業者に依頼する場合の特徴

・運び出しは、全てやってくれる
・解体の依頼ができる
・最短、即日対応してもらえる
・その他の不用品と一緒に回収してもらえる
・場合によっては、買取してもらえることもある
・粗大ゴミよりは、費用がかかる

引越し業者に引き取ってもらう

引っ越し業者ではテーブルの引取処分をしてもらえる場合があります。引っ越しをする際に、引越し業者を利用する場合には問い合わせてみると良いでしょう。引っ越しする際に、その他の不要なものも引き取ってもらう可能性があるので、手間が省けます。

引越し業者に依頼する場合の特徴

・引っ越しをするときに、一緒に処分してもらえる
・対応してもらえないこともある

家族や友人に譲る

家族や友人で欲しがっている人がいれば、テーブルを処分できます。家族や友人であれば、運び出しも一緒にすることができるので、大きなテーブルでも持ち運びできます。

また、家族や友人など身近な存在で、テーブルを欲しい人がいない場合には、ジモティなどのサイトを利用すれば、テーブルを欲しい人が見つかる可能性があります。

ジモティで募集する際には、テーブルを持ち運びしてもらえる方や、一緒に運んでくれるというような条件を付けておくといいかもしれません。

物が良ければ、価格を付けても、欲しい人は現れるのではないでしょうか。

家族や友人に譲る場合の特徴

・一緒に運べる
・知っている人にテーブルを使ってもらえる

テーブルを粗大ゴミで出す流れ

テーブルを粗大ゴミで処分する流れは、以下の通りです。

テーブルを粗大ゴミで処分する流れ

1.自治体でテーブルを粗大ゴミで処分する予約を取る
2.テーブルを処分するのに必要な「粗大ゴミ処理券」を購入する
3.テーブルに「粗大ゴミ処理券」を貼り付ける
4.予約した日に、テーブルを指定場所に運び出す

粗大ゴミは、このような手間がかかりますが、時間のある方は、費用が少ないのでおすすめです。

あまりに大きなテーブルの場合には、自分一人で運び出すのが難しい場合などあります。そのようなときは、協力してもらえる人に頼むか、不用品回収などに依頼するといいでしょう。

テーブルを分解し、普通ゴミに出す方法

テーブルを解体・分解すれば、自治体の可燃ゴミや不燃ゴミに出す事が可能です。

テーブルの解体方法は以下の通りです。

テーブルの解体方法

1.テーブルを反対にひっくり返す
2.テーブルについたネジを外して、テーブルを解体する
3.一辺が30センチメートル以上の場合には、ノコギリで切断する

ノコギリを使用して、テーブルを切断する必要がある場合は、手を怪我しないように手袋をはめて行うと良いでしょう。

そして家や家具等を傷つけないように、気をつけながらやりましょう。

ただし、自治体によっては解体しても粗大ゴミ扱いになる地域もあるので、あらかじめ問い合わせておきましょう。

テーブルを分解し処分する際の注意点

テーブルを自分で外まで搬出し処分する場合には、家の中のものにぶつけて傷つけないように、気をつけましょう。

また運ぶ際には、柱などに養生することで傷がつくのを防ぐ事が可能です。

テーブルは重いため少人数で運ぶのではなく、2〜4人など多くの人数で運ぶようにすると良いでしょう。

また先ほどもお伝えしましたように、解体する必要がある場合には、充分注意をして解体するようにしましょう。

木辺の尖った部分やネジ等を踏みつけて、怪我をする可能性があります。

また小さい子供がいる場合には、子供が触れない場所で切断するようにしましょう。

誤飲の原因などになります。

また粗大ゴミで出す場合や不用品回収に依頼する場合、自治体やその会社のルールをあらかじめ聞いて、そのルールに則って出すようにしましょう。

処分に注意が必要な素材

テーブルを処分する場合にいくつか気をつけた方が良い素材のテーブルがあります。まずは、大理石のテーブルです。大理石のテーブルは、多くの自治体で回収してもらえないため、不用品回収に出すことになる場合が多いです。

ただし、不用品回収業者の中でも、大理石のテーブルを回収していない会社もあります。

不用品回収に依頼する場合には、あらかじめ大理石のテーブルであることを伝え、回収できるかどうかを聞いておいた方が良いでしょう。

また、一枚板のテーブルを処分する場合にも、注意が必要です。一枚板のテーブルは、100キロ以上の重いテーブルのため自分一人で粗大ゴミに出す事は難しいです。

そのため不要品回収の会社に頼むことになりますが、あまりにも重いテーブルの場合には、多くの人で運ぶ必要があります。

運ぶ人の人数が増えるほど人件費がかかり、必要な費用が増えてくるため、あらかじめ大きさや材質を伝えて費用の見積もりをしてもらったほうが良いでしょう。

テーブルの処分で不用品回収を利用するメリット

テーブルの処分を不用品回収業者に依頼するという方法があります。不用品回収業者は、粗大ゴミに比べれば費用がかかりますが、それでもいくつかメリットがあります。

これから不用品回収を使おうか迷っている方に、参考になるようにメリットについて紹介していきます。

テーブルの処分を不用品回収業者に依頼した場合のメリットは、以下の通りです。

テーブルの処分を不用品回収業者に依頼した場合のメリット

・大きなテーブルでも簡単に処分してもらえる
・自分の予定を優先できる
・テーブル以外の不用品も回収してもらえる
・買取してもらえる場合がある

テーブルの処分を不用品回収業者に依頼した場合のメリットについて、それぞれ説明します。

大きなテーブルでも簡単に処分してもらえる

ダイニングテーブルのような大きなテーブルの場合でも、不用品回収業者に依頼すれば、簡単に処分してもらうことが可能です。

ダイニングテーブルのような大きなテーブルの場合には、1人で運び出すのは不可能に近いでしょう。

そこで不用品回収業者に頼めば、複数人のスタッフがテーブルを外まで持ち運び、処分してくれます。

自分で運ぶのが困難な大きいテーブルの場合には、不要品回収業者に頼むと良いでしょう。

自分の予定を優先できる

不用品回収に依頼すれば、自分の予定を優先できるというメリットがあります。不用品回収会社に依頼する際に、自分の予定を伝え、空いてる時間に来てもらうことが可能です。

また不用品回収であれば、最短即日で来てもらうことも可能です。

1週間から2週間かかる粗大ゴミや、売れるまでの時間がかかるフリマアプリなどと比べればすぐに処分することが可能なのです。

このように時間の調整がスムーズにでき、最短すぐに処分できるのは、不用品回収の大きなメリットです。

テーブル以外の不用品も回収してもらえる

不用品回収業者の場合であれば、テーブル以外の不用品も一緒に処分してもらえる事が可能です。引っ越しをするなどにより、一度に多くの不用品が出る場合には、不用品回収業者はとても便利です。

テーブル以外にも、椅子やテレビ、エアコンなどの家電製品や棚、カーペットなどあらゆるものが回収してもらえます。

あまりに多くの不用品がある場合には、自治体のゴミに自分で出すのはとても手間がかかりますが、不用品回収業者であれば楽に処分してもらえます。

引っ越しや子供が独立した場合などに、一度に多くの不用品がある場合には、不用品回収業者を使うと便利でしょう。

買取してもらえる場合がある

テーブルの処分を、不用品回収に依頼した場合、買取してもらえる場合があります。有名なブランドであったり、質の良いテーブルである場合には、高価買取してもらえれえます。

粗大ゴミに出してしまっては費用がかかってしまいますが、買取してもらう可能性を考えて、不用品回収に見積もりを出してもらうといいかもしれません。

買取してもらう可能性がありそうなテーブルの場合には、不用品回収にお願いするといいでしょう。

テーブルの処分費用の相場

テーブルの処分代にかかる平均的な相場は、以下のようになっています。

処分方法費用の相場
自治体による粗大ゴミ回収500円〜1,000円
※テーブルのサイズや自治体により金額は異なってきます
下取りサービス4,000円前後
※各販売店により金額が異なってきます
不用品回収業者1,000円〜2,000円
※不用品回収業者により金額が異なってきます

テーブルの買取相場


テーブルの中でも、特にダイニングテーブルは買取してもらったときに高く値がつく場合があります。買取価格というのは、いくつかの要素によって決まってきます。

買取サービスや不用品回収会社がなんとなく決めているわけでは無いのです。

一般的には、製造の年数により価格が変わってきます。

テーブルにも流行や新技術に対応したテーブルというものがあるため、古くなればなるほどニーズが少なくなり買取価格は低くなってきます。1つの目安として、10年以上前のテーブルの場合には、買取価格が下がっていく傾向にあります。

そしてどれぐらいのニーズがあるかということも、買取価格に大きくかかわってきます。

人気があるテーブルであればあるほど、買取価格は上がっていきます。

自分が処分しようとしているテーブルは、どのような種類で、いつ頃製造されたのかによって買取価格が変わってくるため、ある程度見当がつきます。

次に、いくつかのメーカーのテーブルの買取価格相場について紹介していきます。

IDC大塚家具

IDC大塚家具のIDCとは、インターナショナル・デザイン・センターのことです。デザインセンターとはアメリカでよく見られるインテリアコーディネーターが一緒に訪れるインテリア専門店のことです。

IDC大塚家具では、家具を購入するお客様は、専門家と一緒に家具を選んでいくという形になっています。

IDC大塚家具のテーブルは比較的高品質で優れたものが多く、買取は高めに設定されている可能性があります。ダイニングテーブルなどの大きなテーブルでは、80,000円程度の高値が付くこともあります。

買取価格は、不用品回収会社によって異なるので、あらかじめどの程度の価格になるか問い合わせるといいでしょう。

カッシーナ

高級家具として有名なイタリアのメーカー、カッシーナ。カッシーナのブランドは、大きく分けて「イ・マエストリ」と「コンテンポラリー」の2つのコレクションがあります。

デザイン性が非常に高く、品質も良く、世界中から愛されているメーカーです。

チッコニーニョのテーブルでは、買取相場が、10,000円〜30,000円程度です。ヴェントの買取相場が、2,000円〜25,000円という相場になっています。

LC6のガラステーブルは、買取相場が1,000円〜40,000円です。

買取するときの価格は、テーブルの年数や傷・汚れ・使用感について変わってきます。

無印良品

無印良品のテーブルはシンプルで、部屋を選ばないデザインが特徴です。比較的手ごろな価格帯のテーブルで、様々な年代に使われています。

買取相場としては、例えばリビングでもダイニングでも使えるテーブルソファーチェア3点セットが10,000円程度で買取されています。

使用状態が良ければ、それなりに高い価格で買い取ってもらう事は、可能でしょう。

高価買取されるテーブルの種類

テーブル、特にダイニングテーブルが高く売れるかどうかは、メーカーだけではなくどんな種類であるかということが関係しています。

例えばIKEAを代表する北欧テイストのテーブルであると、高く売りやすい傾向がありす。

余計な装飾がなくシンプルで使い勝手の良い北欧テイストのテーブルは、人気があり高く売れやすいです。

その他にも素材にウォールナットや大理石が使われているものも、高く売れる可能性があります。素材が良いと高く売れる可能性があるのです。

特に、大理石のものは、自治体で処分できないことが多いので、買取してもらったほうがいいでしょう。

また高さが変えられるダイニングテーブルも高く、売れる可能性があります。

昇降式や伸長式のダイニングテーブルです。

テーブルは手間をかけずにすぐ処分するなら不用品回収業者がおすすめ

テーブルは様々な大きさがありますが、それぞれの種類や大きさによって合っている処分の仕方が変わってきます

テーブルの処分の方法は、以下の方法があります。

テーブルの処分の方法

1.自治体の粗大ゴミにより処分する
2.解体・分解して普通ゴミ(燃えるゴミ・燃えないゴミ)で処分する
3.買い替え時に販売店に引き取ってもらう
4.リサイクルショップに引き取ってもらう
5.フリマアプリで販売する
6.不用品回収を利用する
7.引越し業者に引き取ってもらう
8.家族や友人に譲る

小さいテーブルであれば、自分で持ち運びができるため、自治体の粗大ゴミに出すことが可能かもしれません。またある程度の大きさのテーブルであれば、自分で解体・分解し普通ゴミに出せます

またある程度良いブランドであったり、使用状態が良ければリサイクルショップフやフリマアプリで販売し、お金を得られるかもしれません。

また、急な用事ですぐにでも処分したい場合や買取の可能性を考えたい場合は、不用品回収がおすすめです。

不用品回収で処分するメリットは、以下のようなものがあります。

不用品回収で処分するメリット

・大きなテーブルでも簡単に処分してもらえる
・自分の予定を優先できる
・テーブル以外の不用品も回収してもらえる
・買取してもらえる場合がある

ご自身のテーブルの処分の参考にして下さい。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事