ドライヤーの処分方法7選│ゴミとしての捨て方や廃棄・買取相場も解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ドライヤーの処分方法7選│ゴミとしての捨て方や廃棄・買取相場も解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

ドライヤーの処分方法7選│ゴミとしての捨て方や廃棄・買取相場も解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
ドライヤーの処分方法7選│ゴミとしての捨て方や廃棄・買取相場も解説

日々のヘアケアに欠かせないドライヤー。

様々な機能を備えた製品が販売されているだけでなく、比較的寿命の短い家電製品のため、新しいドライヤーへの買い替えを検討されている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、不要になったドライヤーを処分する際に役立てていただけるように、様々なドライヤーの処分方法やそれぞれの費用相場、メリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます

さらに、ドライヤーの寿命についてもご紹介しますので、捨てるタイミングの参考にしてください。

ドライヤーの処分方法7選【ゴミとしての廃棄処分から買取まで】

ドライヤーの処分方法を7つご紹介します。

お手持ちのドライヤーの状態や処分したいタイミングを考慮して、ご自分に合った処分方法を見つけてくださいね。

①燃えないゴミ、粗大ゴミとして処分する

壊れたドライヤーや古いドライヤーの捨て方としては、「燃えないゴミ」もしくは「粗大ゴミ」として処分する方法が一般的です。

ほとんどの自治体で、ドライヤーは「燃えないゴミ」に分類されます

この場合「燃えないゴミ」の日にいつものゴミ回収場所に出すだけで廃棄することが可能です。

ただし、ドライヤーの大きさが、1辺30cmを超えてしまうと「粗大ゴミ」に分類されることもあります

粗大ゴミを出す手順

①自治体の電話や公式サイトなどで回収を依頼する
②コンビニや郵便局などで粗大ゴミ処理券を購入し、ドライヤーに貼り付ける
③指定された収集日になったら規定の場所にドライヤーを運搬する

「粗大ゴミ」として廃棄処分する場合は、まずお住まいの自治体に回収の申込みをします。

そして、コンビニなどで粗大ゴミ処理券を購入し、指定された日時に回収場所まで自分で運ぶ必要がある点は注意しましょう。

ちなみに、一部の地域では「燃えないゴミ」とは異なる分類になっていたり、「粗大ゴミ」として扱われるサイズに違いがあったりしますので、事前に自治体のルールを確認してから捨てるようにしましょう

②小型家電回収ボックスに入れる

ドライヤーは多くの自治体で、「小型家電リサイクル法」の対象品目になっています。

この「小型家電リサイクル法」に基づいた処分方法の一つが、小型家電回収ボックスの中にドライヤーを入れるという方法です。

ただ廃棄するのではなく適正にリサイクルされるため、資源を有効に再利用できます

小型家電回収ボックスの主な設置場所

・自治体の公共施設や役所
・スーパー
・ホームセンター
・家電量販店

詳しい設置場所、対象品目や回収方法に関する情報は、自治体のホームページなどで確認してください

③購入店に引き取りしてもらう

新しいドライヤーを購入した際に、購入店が古いドライヤーを引き取ってくれることがあります。

この場合、新しいドライヤーを購入すると同時に古いドライヤーを無料で処分できるので、手間と費用がかかりません

ただし、引き取りに条件を設けていたり、そもそも引き取りをしていなかったりと、お店によって対応が異なります

必ず購入前に相談しておきましょう。

④リサイクルショップ・中古家電買取店で買取してもらう

中古のドライヤーでも、購入してから日の浅いものや、豊富な機能があるもの、人気のメーカーが製造しているものであれば、リサイクルショップや中古家電買取店で買取してもらえる可能性があります

特に定価の高い高級ドライヤーと呼ばれる製品は、中古の需要があり、高値で買取りしてもらえる可能性が高いです。

ただし、同じ製品でもお店によって買取価格が異なります。

まずはお手持ちのドライヤーが買取対象になるかを確認した上で、複数のお店に買取価格の査定をお願いしてみましょう

⑤フリマ・オークションに出品する

まだまだ使えるドライヤーを買取してもらう方法として、フリマアプリやインターネットオークションに出品するという手もあります。

新しいものやメーカー品、見た目が綺麗なものに買い手がつきやすいです。

業者を通さないため、思いがけず高値で売れる可能性もありますよ。

さらに、リサイクルショップで断られてしまったドライヤーでも、まだ十分に使えるものであれば買取してもらえるかもしれません

しかし、商品情報の登録から購入希望者とのやり取り、梱包・発送までをすべて自分で行う必要があるため、かなり手間のかかる処分方法と言えるでしょう。

⑥友人・知人・近所の人に譲る

処分したいドライヤーが壊れていない場合、ドライヤーを必要としている友人や知人がいないか確認してみるのも有効な手段です。

ドライヤーは小型のものが多く気軽に譲ることができますし、知り合いであればトラブルになることも基本的にはないでしょう。

また、知り合いだけでなく、近所でもらい手を探すことができる「ジモティー」などのサービスを利用するのもひとつです。

ただし、こちらは相手との直接取引になりますので、トラブルにならないよう気をつけて利用しましょう。

⑦不用品回収業者に回収を依頼する

手間や時間をかけないドライヤーの捨て方として、不用品回収業者に回収をお願いするという方法もあります。

指定した日時に自宅まで回収に来てくれるので、自分で回収場所まで運ぶ手間や事前の準備は必要ありません

最短即日で回収に来てくれます。

ドライヤーだけを回収してもらうとコストがかかりますが、大掃除や引っ越しのタイミングなどで他の不用品と一緒に回収してもらえれば、結果的にお得な処分方法と言えます。

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

ドライヤーの処分費用の相場

上記でご紹介した処分方法にかかる費用の相場をまとめました。

処分方法】費用相場】
燃えないゴミとして処分する原則無料(ゴミ袋代)
粗大ゴミとして処分する200~1,000円
小型家電回収ボックスに入れる無料
購入店に引き取りしてもらう0円(手数料は要確認)
リサイクルショップ・中古家電買取店で買取してもらう0円(宅配・出張買取を利用する際にかかる費用は要確認)
フリマ・オークションに出品する販売手数料(出品者負担の場合は送料、梱包代)
友人・知人・近所の人に譲る0円(場合によって送料)
不用品回収業者に回収を依頼する500円〜(出張費は要確認)

費用が安いからといって処分に手間がかからないとは言えません

下記でご紹介するメリット・デメリットも参考にして、ご自分に合った処分方法を検討してみてください。

ドライヤーの処分方法ごとのメリット・デメリット

こちらでは、ご紹介した処分方法ごとのメリット・デメリットをまとめました。

処分方法】【メリット】【デメリット】
燃えないゴミ、粗大ゴミとして処分する・燃えないゴミの場合は他のゴミと一緒にゴミ袋に入れるだけで廃棄処分できる
・粗大ゴミの場合でも格安で廃棄処分できる
・自治体によって捨て方のルールが異なるため事前の確認が必要
・決められた収集日時に回収場所までドライヤーを運ぶ必要がある
小型家電回収ボックスに入れる・再利用されるので環境にやさしい
・自分の都合に合わせて無料で処分できる
・利用は設置されている施設の営業時間内に限られる
・設置されている場所まで自分で持ち込む必要がある
購入店に引き取りしてもらう・買い替えと同時に処分できるので手間がかからない
・下取りサービスとして新しく購入するドライヤーを割引いてくれる場合がある
・一定の条件をクリアしなければいけない場合がある
・手数料がかかる場合がある
リサイクルショップ・中古家電買取店で買取してもらう・買取の際に手数料がかからない
・買取後のトラブルはお店が対応してくれる
・高級ドライヤーや人気のメーカー品は高値で買取してもらえる可能性がある
・状態の良いドライヤーでも買取してもらえるとは限らない
・お店によって買取価格が異なるので、買取価格にこだわる場合は複数のお店で査定してもらい比較する必要がある
フリマ・オークションに出品する・販売価格を自分で設定・変更できる
・リサイクルショップで断られたドライヤーでも出品できる
・個人間のやりとりなので、手間がかかりトラブルになると面倒
・購入されるまで保管しておく必要がある
友人・知人・近所の人に譲る・必要としている人に譲るため喜んで使ってもらえる
・受け渡しのやりとりだけで譲ることができるので、あまり手間がかからない
・直接受け渡しできない場合は送料や運搬の手間がかかる
・高額なドライヤーでも高い値段を提示しにくい
不用品回収業者に回収を依頼する・都合のいい日時に自宅まで回収に来てもらえる
・回収から処分まで全ておまかせできる
・他の不用品と一緒にまとめて回収してもらえる
・ドライヤーだけの処分だと割高になる
・複数の業者で見積もりをしてもらい回収料金の相場を調べておく必要がある

どの処分方法にもメリットとデメリットがあります。

お手持ちのドライヤーの状態やご自分の状況に合わせた処分方法を選びましょう。

ドライヤーの寿命はどのぐらい?捨てるタイミングは?

ドライヤーの寿命がどのぐらいかご存知ですか?

寿命を超えて長期間使用すると、髪の毛を痛めるだけでなく、急に壊れてしまったり、火災などの思わぬ事故につながったりする可能性があります

また、廃棄以外の処分方法を考えている場合には、処分予定のドライヤーの寿命を把握しておくことが必要です。

思わぬ事故やトラブルを未然に防ぐためにも、ドライヤーの平均寿命を確認しておきましょう。

ドライヤーの寿命はどのくらい?

一般的にドライヤーの平均寿命は3年から4年と言われています

これは、ドライヤーに搭載されているモーターの消耗期間が3年から4年であるためです。

使えば使うほどモーターは消耗しますので、髪が乾くまでに時間がかかるようになったなという方は、ドライヤーの寿命がさらに短くなっている可能性があります

捨てるタイミングは?

ドライヤーを捨てるタイミングとして、寿命を過ぎたもの以外に、ドライヤー自体が寿命の近づいてきたサインを出すことがあります。

急に故障して困ることがないように、このサインを見逃さないようにしましょう

ドライヤーの寿命が近づいてきたサイン

・ドライヤーの本体自体が熱くなる
・焦げ臭いニオイがしたり火花が散ったりする
・異音がする
・スイッチをオンにしても電源が入らないことがある

上記のような症状が出てからも使用を続けていると、思わぬケガや事故を引き起こす可能性がありますので、買い替えを検討してください。

ドライヤーを他の不用品とまとめて今すぐ処分するなら不用品回収業者がおすすめ

「ドライヤーの処分に手間をかけたくない」

「他の不用品もまとめて処分したい」

という方には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

電話などで依頼をしたあとは、回収に来てくれるのを待つだけなので面倒な手間がかかりません。

さらに不用品回収業者は、不用品の種類を問わずまとめて回収してくれ、他にも処分したい不用品がある場合には大変便利なサービス と言えます。

無料で見積もりをしてくれる不用品回収業者もあります。

まずは一度ご相談ください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~23時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~23時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事