コンクリートブロックの処分方法5選│処分費用や正しい捨て方を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

コンクリートブロックの処分方法5選│処分費用や正しい捨て方を解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

コンクリートブロックの処分方法5選│処分費用や正しい捨て方を解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
コンクリートブロックの処分方法5選│処分費用や正しい捨て方を解説

近年は園芸の縁石やDIY、インテリアなどで一般家庭でもコンクリートブロックは使われています。

しかしいざ処分するとなると、処分方法に迷う方も多いでしょう。

コンクリートブロックは重く、またリサイクルショップやメルカリなどで引き取ってもらうことは難しいように感じる方も多いです。

結論を言うと、コンクリートブロックはいくつか処分方法があり、場合によっては売ることもできます。

この記事では、どんな処分方法があるのか、実際にどのようなコンクリートブロックであれば売れるのか、注意点も詳しく解説するので、処分の際の参考にしてください。

コンクリートブロックの正しい処分方法5選【捨て方・買取依頼の手順】

コンクリートブロック

通常の粗大ゴミであれば、解体して粗大ゴミに出したり、不燃ごみに出したりすることができます。

しかし、コンクリートブロックは「産業廃棄物」に分類されており、一部の自治体以外は一般的なゴミの捨て方である粗大ゴミや不燃ゴミとしての廃棄はできません。

コンクリートだからといってそこらへんに捨ててしまうと、多額の罰金が科せられる恐れがあります。

そのため、ゴミ収集場に持っていくことは出来ないので、それ以外の方法から自分にあった処分方法を見つけるのがよいでしょう。

①ホームセンター(購入店舗)で回収してもらう

コンクリートブロックは通常、ホームセンターなどで購入します。

購入したホームセンターに持っていき、店員に回収を依頼することで処分できる可能性があります。

しかし、大手のホームセンターでは引き取りを行っていない場合が多いです。

とはいえ中には無料で回収してくれるお店もあるので、電話で問い合わせてみましょう。

このとき購入時のレシートが必要な場合や、コンクリートブロックをお店まで自力で運搬する必要があるので注意が必要です。

②リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップでコンクリートブロックを買い取りしてくれるイメージはないかもしれません。

しかし、一部のリサイクルショップでは建材を扱っており、コンクリートブロックを買い取って貰えます。

コンクリートブロックに需要があるのか不安に思う方もいるかもしれませんが、実はコンクリートブロックは車止めや土止め、花壇、インテリアなどの再利用に使えるため、高い需要があります。

ただし、当然ながら状態が悪い場合は買い取って貰えないこともあります。

また、建材を取り扱うリサイクルショップは少ないため、この方法は近くにある場合のみに限られるでしょう。

③友人知人・近所の人に譲る

DIYや園芸を趣味にしている友人や近所の人がいる場合は、コンクリートブロックを譲って処分できる可能性も。

しかし、近所の人に手渡しする場合以外は、一般的な大きさ(39cm×19cm×10cm)のブロックは重さがあるため送料がかかります。

そこでコンクリートブロックが欲しい近所の人や友人が見つからない場合は、「ジモティー」という地域密着型の不用品を譲り合うサービスがあるので、利用すると引き取り手を見つけることが楽になるでしょう。

ただし、必ず引き取り手が現れるというわけでは無く、人の居ない地域や逆にコンクリートブロックをあまり利用しない都心などでは引き取り手が見つからない恐れがあります。

また、こちらも必ず譲れるわけではないということを覚えておきましょう。

④不用品回収業者・産業廃棄物処理業者に回収してもらう

1人では持ち運べないくらい大量のコンクリートブロックを処分したい、家まで回収に来てほしいと言う場合は、不用品回収業者(産業廃棄物処理業者)がおすすめです。

不用品回収業者は、自治体が引き受けていないコンクリートブロックの処分が可能なだけでなく、他に捨てたい粗大ゴミがあれば一緒に処分できます。

不用品回収業者に回収してもらう方法は、他の方法と比べて手間がかかりません。

ただし、ある程度コストがかかることは注意してください。

⑤外溝業者に回収してもらう

外溝業者とは、庭や外壁などの外観にまつわる工事をする業者のことで、普段からブロック塀やレンガを扱っています。

外溝業者も最終的には産業廃棄物処理業者に依頼しますが、ある程度の量になるまで自社で保管している場合が多いです。

業者によっては工事を依頼しなくとも、コンクリートブロックを回収してくれるので、近くに外溝業者がある場合は依頼してみましょう。

コンクリートブロックの処分費用の相場

費用相場

不用品回収業者・産業廃棄物処理業者に回収してもらうような有料でのコンクリートブロック処分の場合、費用の相場はおよそブロック1個あたり1,000円~2,000円ほどと考えた方がよいでしょう。

不用品回収業者・産業廃棄物処理業者はグラムあたりで値段設定している場合が多く、1kgあたり100~200円ほどに設定しています。

コンクリートブロックは単体だとおよそ10kg前後なので、1,000円~2,000円あたりの費用が必要です。

また、不用品回収業者は出張費が3,000円ほどかかる場合が多いので、事前にさまざまな業者で見積もり依頼することでコストを抑えられます。

不用品回収業者は多くの市区町村にあり、確実に処分できる方法なのでおすすめです。

コンクリートブロックの処分方法ごとのメリット・デメリット

メリット・デメリット

ここまではコンクリートブロックの処分方法について解説しました。

不用品の処分に重要なのは「コスト面」「手間面」を考えて、自分に合った処分方法を選択することです。

コスト面を重視する人は多いですが、手間を無視すると結果的にコストが大きくかかる恐れもあります。

ここでは改めて処分方法ごとのメリット・デメリットをまとめましたので、処分方法を選ぶ際の参考にしてください。

①ホームセンター(購入店舗)で回収してもらう

メリット

・無料で引き取ってくれる

デメリット

・ホームセンターまでコンクリートブロックを運ばなければいけない

・レシートが無いと受け取ってもらえない場合がある

・大手のホームセンターは回収しないところが多い

②リサイクルショップに買取してもらう

メリット

・お金に変えられる

・再利用してもらえるので環境にやさしい

デメリット

・状態が良くないと売れない

・建材を扱っているリサイクルショップが見つかりにくい

・自分で運搬する必要がある

③友人知人・近所の人に譲る

メリット

・処分費用がかからない

・再利用してもらえるので環境にやさしい

デメリット

・自分で運搬する必要がある

・欲しい人がいるかわからない

④不用品回収業者・産業廃棄物処理業者に回収してもらう

メリット

・すぐに回収してもらえるので確実で時間がかからない

・ほかに捨てたいものがある場合は一緒に回収してもらえる

デメリット

・他の処分方法と比べて費用がかかる

⑤外溝業者に回収してもらう

メリット

・再利用してもらえるので環境にやさしい

デメリット

・外溝業者が近くにいない場合がある

・自分で持っていく必要がある

コンクリートブロック処分の際の注意点

注意点

はじめに説明したように、多くの自治体ではコンクリートブロックを粗大ゴミや一般ゴミとして処分することはできません。

「とりあえずどうにかしてくれるだろう」と、コンクリートをゴミ収集場に置かないようにしましょう。

本記事で紹介した方法で適切に処分してください。

他にもいくつかコンクリートブロックを処分する際の注意点を紹介します。

買取してもらう場合はきれいな状態が前提

コンクリートブロックを売る際は、綺麗な状態で売ることが前提です。

土や汚れが付いていないか確認し、汚れている場合は水や高圧洗浄機で洗浄するなど、綺麗にしてから売りましょう。

また、長年使用してボロボロになったコンクリートブロックなどは、買い取って貰えないことがほとんどです。

園芸などに使っており、汚れが落ちない場合も受け取ってもらえないことがあるので、その際は廃棄処分を検討してください。

友人や近所の人に譲る場合も、最低限のマナーとして汚れを落としておきましょう。

持ち運びの際はケガに十分注意する

コンクリートは重量があり、1個だけでも約10kgあります。

落として足に当たった場合は簡単に骨折する恐れがあるので、持ち運びの際はケガに注意しましょう。

持ち運びの際はまとめて運ばずに、できるだけ1個ずつ運ぶのが無難です。

持ち運びが難しい場合やケガが怖い場合は、家まで来て回収してくれる回収業者に依頼しましょう。

コンクリートブロックをすぐに処分したいなら不用品回収業者がおすすめ

コンクリートブロックの処分方法と注意すべきことについてお伝えしました。

コンクリートブロックは置いておくと害虫の住処になったり、お子さんの居る家庭だとケガの原因になったりします。

そのため、コンクリートブロックはできるだけ早く処分した方が良いでしょう。

コンクリートブロックを今すぐ処分したい、ほかの不用品も一緒に整理したい方は不用品回収業者の利用がおすすめです。

廃棄物処理業者として、他の選択肢より確実に手間をかけずに処分・回収ができます。

ぜひ利用してみてください。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事