学習机・勉強机の処分方法7選│机の捨て方・費用相場を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

学習机・勉強机の処分方法7選│机の捨て方・費用相場を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

学習机・勉強机の処分方法7選│机の捨て方・費用相場を解説!

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
学習机・勉強机の処分方法7選│机の捨て方・費用相場を解説!

「子供が高校に進学したけど学習机ってどう処分すればいいんだろう」

「勉強机の処分方法が分からなくてずっと置きっぱなしになっている」

「学習机の処分費用っていくらくらいかかるのかな」

小学校へ入学する子どもへ両親や祖父母が買い与えるものの一つに学習机(勉強机)があります。

長く大切に使用していた学習机もいずれ子どもが成長し、進学や就職また劣化や破損による買い替えなどによって処分する場面が訪れるでしょう。

しかし、滅多に処分する機会のない学習机をどのように処分すればいいのか、また費用はいくらくらいかかるのかは意外と知られていません。

そこで、この記事では学習机の処分方法や費用などを解説いたします。

学習机・勉強机の処分方法7選

学習机

学習机や勉強机の処分方法はいくつかあります。

一つずつ順番に解説していきますので、ご自分に合った処分方法をお試しください。

①粗大ゴミとして処分する

まずは自治体に粗大ゴミとして回収処分してもらう方法です。

最も一般的な方法であり、自治体に回収を任せるため安心して処分できます。

最寄りのスーパー・コンビニ・郵便局などで粗大ゴミの回収券を500円~1,000円ほどで購入し、それを学習机に張り付けて粗大ゴミの回収日に出せばOKです。

自治体によっては予め電話で予約をすれば家まで回収に来てくれるので、その場合は学習机を運ぶ手間が省けます。

注意点として粗大ゴミの回収日は比較的少ない自治体が多く、回収日が限られています。

また、学習机は非常に重たいものですので、運ぶ際に怪我をしないようにご注意ください。

学習机を粗大ゴミとして処分する手順

1.スーパー・コンビニ・郵便局などで粗大ゴミの回収券を購入
2.お住まいの地域の役場に連絡
3.粗大ゴミの回収日に指定の場所へ学習机を持っていく

②解体して燃えるゴミとして捨てる

ご自身で学習机を細かく解体し、燃えるゴミとして処分する方法です。

この方法で掛かる費用は、燃えるゴミ用のゴミ袋代だけで済むためリーズナブル。重たい学習机を運び出す必要がありません。

そして、回収日が多い燃えるゴミの日に出すことができるのも大きなメリットでしょう。

自治体で指定されている燃えるゴミ用の袋に解体した学習机のパーツを入れて、しっかりと口を結ぶことができればOKです。

ただし、解体には電動ノコギリなどの工具が必要なので、解体作業中に怪我をしないように注意しましょう。

また、どうしてもゴミ袋に入りきらない大きさのパーツがある場合は、別の方法で処分してください。

学習机を燃えるゴミとして処分する手順

1.学習机を電動ノコギリなどの工具を使用して細かく解体する
2.自治体指定の燃えるゴミ袋に入れて口をしっかり結ぶ
3.燃えるゴミの日に指定の場所に出す

③ネットオークション・フリマアプリに出品する

大きな破損も無くまだまだ使える学習机であれば、ネットオークションやフリマアプリに出品する方法もあります。

落札されればいくらかでもお金になることが一番のメリットです。

注意点として送料は出品者と落札者のどちらが負担するのか、予めしっかりと決めておかないと後々トラブルに発展する可能性があります。

また、学習机は大きくて重たいため、思った以上に梱包が大変ということを予め把握しておきましょう。

落札者に直接取りに来てもらったり、場所を指定して待ち合わせをしたりして引き渡すといった方法が取れれば費用をさらに抑えることができます。

学習机をネットオークション・フリマアプリに出品する手順

1.学習机をネットオークションやフリマアプリに出品をする
2.落札されたら落札者と必要なやり取りをして、学習机の梱包をする
3.宅配業者に発送を依頼する

④友人・知人に譲る

これは親しい友人やお世話になっている知人に譲る方法です。

友人・知人の子どもが近々小学校へ入学するようなタイミングであれば、一度話を持ち掛けてみると喜ばれるかもしれません

売りに出す方法と比べたら、梱包や運び出しなども比較的神経を使うことがなく気楽です。

ただし、学習机やランドセルなど、小学校入学時に必要なものは親や祖父母が買ってあげたいという想いがあるかもしれないので、まずは軽く提案してみるのが良いでしょう。

⑤家具の買い替え時に販売店に引き取ってもらう

これは他の家具の買い替えを検討している場合に、家具を購入するお店の引き取りサービスを利用して学習机を引き取ってもらう方法です。

費用はお店によってさまざまですが、「他の家具を引き取ってもらうついでに学習机も」という形なので、結果的に費用が安く抑えられる可能性があります。

こちらを利用する場合は、家具は自分でお店まで持っていくのか、お店の方が自宅まで引き取りに来てくれるのかを事前に確認しておきましょう。

家具の買い替え時に販売店に学習机を引き取ってもらう流れ

1.お店で家具を購入する際に、引き取りサービスの利用を申し込む
2.手続きを行い、引き取り日を決定
3.引き取り日にお店の方へ他の回収家具と一緒に学習机を引き渡す

⑥リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに買い取ってもらう場合、営業時間内であればいつでも査定してもらえる上に、買い取ってもらえたらいくらかにでもお金になることが大きなメリットです。

ただし、出張査定してもらえる場合は学習机を運ぶ必要はありませんが、そうでない場合はご自身で学習机をリサイクルショップまで運ばないといけません。

さらに、年単位で使用していたであろう学習机は状態によっては買い取ってもらえない可能性もありますので、過度な期待は持たずに査定に出すことをおすすめします。

リサイクルショップに買い取ってもらう流れ

1.リサイクルショップへ学習机の買い取り査定を依頼する
2.学習机をリサイクルショップへ持っていく、または出張査定で学習机を見てもらう
3.買い取ってもらえる場合は、価格に納得できれば買い取ってもらう

⑦不用品回収業者に回収を依頼する

不用品回収業者に学習机を回収してもらうことには、多くのメリットがあります。

学習机だけではなく他にも不用品があればまとめて引き取ってもらえますし、不用品回収なので破損や劣化も問題ありません。

また、不用品回収業者へ連絡をする際ご自身の都合に合わせて引き取り日を決められる上、自宅まで引き取りに来てもらえるので学習机を運び出す手間も省けます。

ただし、学習机のみで利用する場合は結果的に費用が高くつく可能性があるので、学習机のほかにも不用品がある場合に利用を検討してみましょう。

不用品回収業者に回収を依頼する流れ

1.不用品回収業者へ連絡して見積もりを依頼する
2.見積り金額に納得したら回収日を決める
3.回収日に学習机や他の不用品をまとめて引き取ってもらう

学習机・勉強机の処分費用の相場

費用相場

次は実際に処分する際に掛かる費用を解説します。

自治体やお店などによって費用は上下しますので、あくまでも参考程度にお考えください。

処分方法費用相場
粗大ゴミとして処分粗大ゴミ回収券代で約500円~1,000円
解体して燃えるゴミとして捨てる解体道具がある場合はゴミ袋代のみ
ネットオークション・フリマアプリに出品する売れた場合はお金が入ってきますが、梱包代と場合によっては送料が抱える(利用する宅配業者とどちらが送料を持つかで変動)
友人・知人に譲る無料
家具の買い替え時に販売店に引き取ってもらう数千円程度から(お店によって変動)
リサイクルショップに買い取ってもらう査定結果による
不用品回収業者に回収を依頼する不用品全てまとめて10,000円程度から

学習机を処分する際に気をつけること

注意点

次に学習机を処分する際に注意すべきこと・気を付けるべきことを解説します。

先に解説した内容と重複することもありますが、ぜひチェックしてください。

①重さと大きさがあるため処分するのに手間がかかる

学習机は家具の中でも重くて大きな部類に入ります。

そのため運搬や解体などを自身でやろうとすると、かなりの手間が掛かることは予め理解しておきましょう。

②学習机の運び出しや解体には危険が伴う

子ども部屋が2階以上にある、マンションに住んでいるという方は、学習机の運搬に階段やエレベーターを使わなくてはなりません。

また、1階に住んでいたとしても重くて大きな学習机の運び出しは相当苦労します。

また、解体する際に使用する電動ノコギリなどの工具にも危険はつきものなので、安全第一に作業を行いましょう。

③中古の机は売却しづらい

学習机は小学生から中学生、ご家庭によっては高校生まで使用することがあります。

子どもが使うものということもあって、傷が付いていたり劣化していたりすることが多く、高い査定額が付くことは非常に稀です。

また、査定額が付くなら良いですが、状態が良くないことから買い取りしてもらえないケースも珍しくありません。

放置されている学習机・勉強机は実家の整理のタイミングで処分するのがオススメ

学習机だけを処分する場合は、対する費用や手間が掛かってしまうケースが多いです。

そこでおすすめなのが、不用品回収業者に依頼することです。

学習机が不要になるタイミングは卒業シーズンが最も多く、新生活シーズンでもあります。

そこでこの時期にほかの不用品と一緒に不用品回収業者へ回収を依頼しましょう。

諸々の費用と手間を考えると結果的にリーズナブル、そして手間もかかりません。

または年末の大掃除シーズンにも多くの不用品が出てくると思いますので、その時期に利用するのも良いでしょう。

見積り無料の不用品回収業者に連絡して、とりあえず見積りだけでも依頼してみると良いですよ。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事