衣類の処分方法7選│不要になった服や衣類の捨て方を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

衣類の処分方法7選│不要になった服や衣類の捨て方を解説! | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

衣類の処分方法7選│不要になった服や衣類の捨て方を解説!

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
衣類の処分方法7選│不要になった服や衣類の捨て方を解説!

衣類は生きていく上で欠かせないもの。

しかし、購入したものの結局着なかった服や、趣味が変わって着なくなってしまった服・サイズが合わなくなってしまった服など、不要な衣類がクローゼットに眠ったままになっていませんか?

正しい衣類の処分方法を知らないと、いざ捨てたいと思った時に困ってしまいます。

そこで今回は、不要になった衣類の処分方法をご紹介していきます。

衣類の処分方法7選

衣類

みなさんは、朝着替えようとクローゼットを開けたときに「着たい服がないな……」と思ったことはありませんか?

「購入したもののあまり似合わなかった」「店員さんの押しに負けて購入してしまった」「子供が大きくなって着れなくなった」など、不要な衣類を処分せずにクローゼットに入れておくと、本当に着たいと思う服が目に付かなくなってしまいます。

とはいえ捨てたいとは思っていても、正しい処分方法が分からずに放置してしまっている方も多いのではないでしょうか。

衣類には、一般ゴミとして捨てる方法やフリマアプリで売る方法・不用品回収業者を利用するなど、様々な処分方法があります。

一番に思いつくのはやはり一般ゴミとしての処分かと思いますが、この方法は簡単に捨てられる反面、自治体ごとのルールを事前に把握しておかなければいけないという注意点も。

このようにどの処分方法にもメリット・デメリットはありますが、今回はそれらを分かりやすく解説しながら、7つの処分方法をご紹介します。

ぜひ参考にして、ご自身に合った処分方法を探してみてくださいね。

①自治体のゴミに出す

まずは一般ゴミとして捨てる方法です。

自治体によってルールは異なりますが、基本的に衣類は燃えるゴミとして捨てることができます。

住んでいる地域によっては資源ゴミとして出すルールがあったり、リサイクルボックスが設置されていたりすることもあるので、事前に自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

この方法は思いついたときにすぐ捨てられるかつ、ゴミ袋代しかかからないというメリットの反面、金具を多く使用した衣類など特殊な製品の場合は焼却場で燃やせない部品を切り取ってから処分しなければいけないというデメリットがあります。

また、引越しや断捨離のタイミングで大量に不要な衣類が出てきた場合は運び出すのが大変なので、その際は他の処分方法を検討しましょう。

②いらない服を寄付する

処分するのは勿体無いと思う方には、寄付がおすすめです。

不要になった衣類を社会のために活用しているNPOや市民団体に寄付すると、衣類を売ったお金を募金や発展途上国の支援に使用したり、まだ着れる服を望む人たちに提供してくれたりします。

基本的に段ボールに詰めて発送するだけでOKな団体が多く簡単に寄付できますが、運営費用が限られている団体への寄付の場合は配送料や手数料を自らが負担しなければいけないケースが多いです。

また、回収品目や寄付の方法も団体によって異なるため、興味がある方は直接問い合わせてみてください。

③リサイクルショップに買い取ってもらう

状態の良い衣類や人気ブランドの服は、リサイクルショップに持ち込めば買い取ってもらえる可能性も。

基本的に自分で衣類を持ち込むシステムのところが多いですが、お店によっては宅配買取や出張買取を行っているところもあるので、査定してもらいたい衣類の量が多くても安心してください。

もちろん、いずれの方法でも査定額に納得がいかなければキャンセル可能です。

リサイクルショップで買い取ってもらうことの一番のメリットは「不用品をお金に換えられる」という点です。

しかし、状態が悪いものや古いデザイン・需要のない衣類は買い取ってもらえないこともあるというデメリットもあると言うことを覚えておきましょう。

「一生懸命仕分けして大量に持ち込んでも、全然値段が付かなかった……」なんてこともあるので、使い古した衣類の処分や奇抜すぎるデザインの衣類の処分に困っている方には向かないかもしれません。

④フリマアプリやネットオークションで販売する

出来るだけ希望額で引き取ってもらいたい方には、フリマアプリやネットオークションの利用がおすすめです。

無料会員登録さえ済ませば誰でも簡単に出品することができて、自分の希望額を設定できるためリサイクルショップよりも高値で売れる可能性があります。

特に人気ブランドの新しい型など需要の高い衣類は出品してすぐに売れることが多いです。

  • 会員登録
  • 衣類の撮影
  • 商品の説明記載
  • 価格の設定
  • 出品

ここまでたったの15分程度で完了するのでとても簡単です。

ここまでだと一見メリットが多いように思いますが、フリマアプリやネットオークションの利用は残念ながらデメリットもあります。

  • 状態の綺麗なものでないと売れない
  • 売れなければ家が片付かない
  • 値段交渉をされることがある
  • 売れたら梱包して発送しなければいけない

これらがフリマアプリやネットオークション利用時の主なデメリットとしてあげられます。

そのため、一気に不要な衣類を片付けたい方や値段交渉・梱包作業が面倒だと思う方には向かないかもしれません。

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

⑤友人・知人に譲る

無料で友人・知人に譲るという方法もあります。

この方法はリサイクルショップやフリマアプリ・ネットオークションなどで知らない相手に譲るよりも、素性の知れている友人に譲る方が抵抗が少ないという方におすすめです。

年齢や体型がある程度似ていてファッションの趣味が合う友人がいれば、聞いてみても良いかもしれませんね。

また、汚れやすいのにすぐにサイズアウトしてしまう子供服などは、いくらあっても困らないので喜ばれる可能性が高いですよ。

しかし、いくら友人・知人とはいえ、着古した衣類を譲るのはおすすめしません。

クリーニングに出しても落ちない汚れがある服や首元や裾が伸びてヨレヨレになってしまった服の処分をしたい場合は、こちらの方法は避けた方がいいでしょう。

⑥衣類回収ボックスを利用する

衣類の回収サービスを利用して処分する方法もあります。

店舗に設置された専用ボックスに入れるだけなので、お買い物ついでに手軽に処分できておすすめです。

回収された服は再利用されたり貧困層の国に届けられたりするため、引き取ってもらうことで社会貢献にも繋がります。

ここで、衣類回収ボックスが設置されている有名販売店の対象商品や回収方法を例として表にまとめてみました。

ブランド回収対象商品回収方法
ユニクロ・GUユニクロ・GUの製品のみ店舗設置の回収ボックスあり
H&M衣類・毛布など(ブランドに関わらず回収可能)レジまで持参
ZARA衣類(ブランドに関わらず回収可能)店舗設置の回収ボックスあり(一部の店舗のみ)
無印良品無印良品の繊維製品(靴下・下着は除く)店頭スタッフに問い合わせ

常時設置しているか・期間限定で設置しているかは店舗によって異なるので、事前に確認してみてくださいね。

⑦不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に回収してもらうという方法もあります。

基本的に不用品回収業者はどんなものでも回収してくれるため、「クローゼットごと引き取ってほしい」「衣類以外にも不要なものがあるからまとめて処分してほしい」なんて要望もOKです。

電話やネットから簡単に予約することができて、最短即日で対応してくれる業者もあります。

なるべく早く一気に家の中を片付けたいと考えている方におすすめの方法です。

他の処分方法と比べると費用が少しかかってしまう可能性もありますが、スタッフが自宅まで来て運び出しまで全て行ってくれるので分別の手間もありません。

また業者によっては深夜や早朝に対応してくれるところもあります。

日中忙しくて家にいないことが多い方にもぴったりですよ。

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

衣類・服の処分費用相場

処分費用

ここまでご紹介した7つの処分方法の費用相場を表にまとめてみました。

処分方法処分費用相場
自治体のゴミに出すゴミ袋代1枚40円程度(各自治体により異なる)
いらない服を寄付する0〜2,000円程度
リサイクルショップに買い取ってもらう0円
フリマアプリやネットオークションで販売する売却した金額の8〜10%の手数料
友人・知人に譲る0円
衣類回収ボックスを利用する0円
不用品回収業者に回収してもらう3,000〜5,000円程度

こちらの表を参考に大体の費用を把握した上で、ご自身に合った処分方法を比較してみてくださいね。

衣類を処分する前に気を付けること

注意点

次に、衣類を処分する際の注意点を紹介します。

迷ったときは絶対に勝手な判断はせず、きちんと確認した上でルールを守って処分しましょう。

①汚れたり、濡れていたりする衣類は資源ゴミに出せない

汚れが目立つ衣類や濡れている衣類は資源ゴミとして回収できません。

また、雨の日は回収してもらえない地域もあるので事前の確認が必要です。

自治体で資源ゴミとして回収された衣類は中古衣類として再利用されるため、できるだけ綺麗な状態にしておきましょう。

破れていたり劣化が激しかったりして再利用できない衣類は、資源ゴミではなく燃えるゴミとして処分してください。

②服を燃やして処分するのは法律違反になる

不要になった衣類は、基本的に燃えるゴミとして処分可能です。

しかし、焚き火で燃やして処分するのは法律上禁止されています。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、焼却施設以外で廃棄物を処分すると「5年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金」が科せられます。

また、いくら燃えるゴミだからと言って、自分で衣類に火をつけるのは大変危険です。

そのため処分方法に困っても、衣類を燃やすのは絶対にやめましょう。

衣類を処分するタイミング

大量の衣類

「せっかく購入したのに勿体無い」「また着るかもしれない」と、処分する決断がなかなかできない方は多いのではないでしょうか。

そんな時はざっくりで良いので、服を処分するときの基準を作っておくことをおすすめします。

こうすることで基準をクリアした衣服は自然と処分対象になるため、不要なものがクローゼットに溢れかえってしまう心配もありません。

処分するタイミングの基準をご紹介していくので参考にしてみてください。

服が劣化してきた

いくら素敵な服でも擦り切れていたり毛玉が目立ったりしていると、着ているだけで台無しになってしまいます。

同じくクリーニングでも落ちないシミが付いてしまった服・ヨレて首元がだらしなくなってしまった服なども処分するベストタイミングです。

体型や趣味が変わって1年以上着ていない

クローゼットの中に、1年以上着ていない服はありませんか?

また着るかもしれないと思って取っておいた服も、1年以上着ていないとなると今後も活躍する可能性は低いですよね。

「去年着なかった服は今年も着ない」と、思い切って処分してみてはいかがでしょうか。

収納スペースがなくなったとき

不要な服がクローゼットを陣取ってしまい、新しい服が入らない状態では本末転倒です。

収納に余裕があれば多少残しておいても良いと思いますが、スペースがなくなってきたら不要な服は潔く処分しましょう。

衣類・服の処分は他の不用品とまとめて処分するのがオススメ

不要になった服を処分すると着る服に悩む時間が減って時間を有効活用できたり、無駄な出費を抑えられたりと、生活の質向上にも繋がります。

処分したい衣類が見つかった際、他にも不要なものがある場合は不用品回収業者がおすすめです。

不用品回収業者を利用すれば、分別をして重たいゴミを何度も運び出すという手間が省けます。

「不用品をまとめて回収してほしい」「一気に家をきれいにしたい」という方はぜひ検討してみてくださいね。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:8時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:8時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事