自転車の処分方法!費用やケースごとのメリット・デメリットも解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

自転車の処分方法!費用やケースごとのメリット・デメリットも解説 | お助け屋BLOG | 不用品 粗大ゴミ回収業者なら【お助け屋】

自転車の処分方法!費用やケースごとのメリット・デメリットも解説

不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
不用品回収×不用品買取=おトクにお片付け
お助け屋なら全てコミ
お助け屋なら全てコミ

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜
自転車の処分方法!費用やケースごとのメリット・デメリットも解説

乗る予定のない自転車があるなら、処分方法に困る方も多いことでしょう。
その辺に置いてくるなら、廃棄物処理法第16条違反となり、法律で罰せられます。
正しい知識を身につけて、自転車を処分する必要があります。
買取をおこなったり友人に譲ったりする方法も選択肢の中の一つです。
不用品回収業者に依頼するなら、即日処分も可能です。
今回の記事では、自転車を処分する方法、メリット・デメリット、かかる費用についてご紹介いたします。

自転車の処分方法

自転車の買い替えのときに販売店に引き取ってもらう

自転車の処分方法の一つに、買い替えのときに販売店に引き取ってもらう方法があります。
新しい自転車を購入する機会がある方におすすめです。

処分の手順

自転車の買い替えのときに販売店に引き取ってもらう手順は以下となります。

1.新しい自転車を買うときに販売店に古い自転車の引き取りをお願いする
2.処分費用を確認する
3.自分で持ち込む・取りに来てもらい古い自転車を処分する

メリット/デメリット

自転車の買い替えのときに販売店に引き取ってもらうメリットは、手間暇がかからないことです。
買い替えのついでとなるため、スムーズな取引が期待できます。

自転車の買い替えのときに販売店に引き取ってもらうデメリットは、場合によっては追加費用がかかることです。
しかし、最小限の価格に抑えられていることが多いです。

費用

自転車の買い替えのときに販売店に引き取ってもらう目安の処分費用は500〜1,000円です。

また、店舗によっては無料で引き取りが可能となります。
ぜひ、買い替えを希望する店舗に問い合わせてみてください。

粗大ゴミとして処分する

自転車の処分方法の一つに、粗大ゴミとして処分する方法があります。
買い替えの予定はなく、最小限の費用で処分をおこないたい方におすすめです。

処分の手順

自転車を粗大ゴミとして処分する方法の手順は以下となります。

1.お住まいの自治体の自転車の処分方法を調べる
2.電話またはインターネットから回収を申し込む
3.スーパーやコンビニで粗大ゴミ処理券を購入する
4.必要事項を記入する
5.自転車に処理券を貼り付ける
6.指定場所・日時に自転車を出す

メリット/デメリット

自転車を粗大ゴミとして処分する方法のメリットは、費用を安く抑えられることです。
一部は税金で賄われているため、個人が負担する費用は最小限で済みます。

自転車を粗大ゴミとして処分する方法のデメリットは、手間暇がかかりやすいことです。
自治体のホームページを確認したり、粗大ゴミ処理券を購入したりする必要があります。
思い立ってすぐに処分することはできません。

費用

自転車を粗大ゴミとして処分するときにかかる費用は500円前後です。

自治体によって費用の変動があるので確認してみてください。

オークションサイト・フリマアプリを利用する

自転車の処分方法の一つに、オークションサイト・フリマアプリを利用する方法があります。
処分費用をかけたくない方、お小遣いが欲しい方におすすめです。

処分の手順

自転車をオークションサイト・フリマアプリを利用して処分する手順は以下となります。

1.オークションサイト・フリマアプリで同ブランドの自転車の相場をチェックする
2.製品の情報・状態を記載した上で、写真添付をおこない出品する
3.売れた場合、自転車を梱包して購入者に配送する

メリット/デメリット

自転車をオークションサイト・フリマアプリを利用して処分するメリットは、思わぬお小遣いが得られることです。
有名ブランド、希少性が高いものは、高値がつく場合があります。

自転車をオークションサイト・フリマアプリを利用して処分するデメリットは、自分で発送をおこなう手間暇がかかることです。
自転車は比較的大きい荷物となるので、梱包に慣れていない方は面倒と感じる場合があります。
また、取引のトラブルに関しても双方で解決しなければなりません。
人によっては、精神的負担がかかりやすいです。

費用

自転車をオークションサイト・フリマアプリを利用して処分する際にかかる費用は0円です。

送料も購入者負担を選択する場合、無料です。
しかし、梱包するための資材が家にあるもので賄えない場合、別途費用をかける必要が出てきます。

友人に譲る

自転車の処分方法の一つに、友人に譲る方法があります。
気軽に処分したい方におすすめです。

処分の手順

自転車を友人に譲る処分の手順は以下となります。

1.自転車を欲しい人が周りにいないかリサーチする
2.希望する方に、製品の特徴・状態を伝える
3.現物を見てもらう
4.状態に納得してもらえたら、自転車を譲り渡す

メリット/デメリット

自転車を友人に譲り処分するメリットは、手軽さがあることです。
親しい友人であるなら、気持ちのよい取引がおこなえるでしょう。
比較的トラブルも起きにくいです。
場合によっては、お金をもらえたり、お礼と称して食事を奢ってもらえたりするかもしません。

自転車を友人に譲り処分するデメリットは、欲しい人がいない場合、なかなか手放せないことです。
無理やり押し付けるなら友情にもヒビが入ります。
最短で自転車を処分したい方には不向きな方法です。

費用

自転車を友人に譲るときの処分費用は0円です。
相手に自宅まで取りに来てもらうなら、運搬料などもかかりません。

不用品回収業者に処分の依頼をする【おすすめ】

自転車の処分方法の一つに、不用品回収業者に処分を依頼する方法があります。
自転車の購入店が近くにない方、いらないものをまとめて処分して欲しい方におすすめです。

処分の手順

不用品回収業者に自転車の処分を依頼する手順は以下となります。

1.自転車を対象とした不用品回収業者を見つける
2.電話・お問い合わせフォームから気軽な相談をおこなう
3.見積もりを出してもらう
4.回収日の予約をおこなう
5.指定した日時に自転車を引き取ってもらう

メリット/デメリット

不用品回収業者に自転車の処分を依頼するメリットは、即日対応も可能なことです。
空いている場合、スムーズな取引が期待できます。
平日はもちろん、土日祝日にも対応可能です。
急な引っ越し、今日にでも自転車を手放したい方におすすめと言えます。

不用品回収業者に自転車の処分を依頼するデメリットは、費用がかさみやすいことです。
自治体のルールに従い処分するよりも高くなります。
しかし、他にいらないものもまとめて処分してもらうなら、結果的に一番お得になる場合があります。

費用

不用品回収業者に自転車の処分を依頼するときにかかる費用は2,000円前後です。

また、不当に高額請求を提示してくる業者には気をつけましょう。
安心安全に対応してくれる業者を自身で見つける必要があります。

まとめ

自転車の処分方法は、特徴ごとにメリット・デメリット、費用の変動があるので、自身に合う方法を選ぶことが大切です。

急な引っ越しや、すぐに自転車の処分をおこないたい方は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。

自宅まで出張にきてくれますし、予定が空いている場合、即日対応も可能となります。
他にもまとめていらないものを処分したいなら、結果的に最もお得になる処分方法と言えます。

自転車の間違った廃棄方法は、法律で罰せられるため、適切な方法で処分をおこないましょう。

今回の記事では、自転車を処分する方法、メリット・デメリット、かかる費用についてご紹介いたしました。
ぜひ、不要な自転車をお持ちの方は、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか。

お助け屋
お助け屋不用品回収業のキャリア5年目の30代です。東京都内を中心に日々現場に訪問し、お客様のご相談をヒアリングさせていただいています。脱臭や除菌に関する資格やスキルも日々勉強中です。
お助け屋でできること
お助け屋でできること

お見積り・ご相談は何度でも無料です

お気軽にお問合せ下さい!!他社より1円でも高い場合はご相談下さい!
お電話1本で!
お客様は立ち会うだけ
お見積りbox
営業時間:9時~21時
昼
夜
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
営業時間:9時~21時
深夜・早朝の相談も承っております。
詳しくはお問い合わせください
昼
夜

関連記事